[Qマーク] オーガニックカラーとは?「オーガニックカラーって、オーガニックのものだけでできているカラーですよね?」

 

実は、そうではないんです。。。

たまに仕事中に質問を受けることがあり、少し紛らわしいので、ここでも「オーガニックカラー」を簡単に説明しておきますね。

 

オーガニックカラーとは?

オーガニックのものをカラー剤に使用しているもの。

数%ぐらいの少量を使用するだけでも、一応オーガニックカラーと呼べますし、まだハッキリとした基準がないので、少し紛らわしいですね。全ての材料がオーガニックだけのカラーという意味ではありません。

 

よくあるパターンは、

などになります。

 

[イメージ画像02] オーガニックカラーとは?

約90%が自然由来成分からできているカラー剤も最近は発売されていて、オーガニックカラーだけじゃなくても、他のカラー剤でも少しずつ進歩が見られます。

昔と違ってたくさんあるカラー剤の中から、必要なものを選んで使用できる状況は、美容師としては嬉しいです。お客様により最適なものを選べますから。

 

オーガニックカラーに話は戻りますが、オーガニックカラーとはいえ、少しは化学的なものも使用しているので、そこは理解しておいた方がいいと思います。

よりお肌に優しく、自然派志向のヘアカラーという位置づけで考えると分かりやすいですね。

 

完全に天然のものだけしか使用しないヘアカラーをお探しなら、一般的な「ヘナ」やスタジオ・ココでいう「天然100% ヘナ&ハーブカラー」がおすすめです。

これらのものは、オーガニック認定こそは受けていませんが無農薬栽培です。ヘナやハーブに水を混ぜて使用するものなので、化学的なものは含まれません。

 

あっそうそう、スタジオ・ココでは、「天然100& ヘナ&ハーブカラー」にオーガニック・ホホバオイルを混ぜてペーストを作るので、カラー剤メーカーの感覚で言うと、これも一応、オーガニックカラーと呼べますね。(笑)

というか、市販されているいたって普通のカラー剤でも、このオーガニック・ホホバオイルを混ぜると、オーガニックカラーになりますね。(笑)

 

PS. ハーブカラーもオーガニックカラーと同じように考え分類することができます。

ハーブカラーとは?」の記事も読んでみてね。(^o^)

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: