心が苦しむのは強欲を持っているからで、その強欲も突き詰めると、たったの3つに集約されます。

  • 「世の中は変わらないでほしい」
  • 「人生を楽に生きたい」
  • 「みんな私のものにしたい」

それぞれどんな強欲なのか、それにどう対処するのか、見ていきましょう。

お釈迦様の言葉がとっても良いのでご紹介していますが、宗教を勧めているわけではありません。(笑)…核心をついていることは時代を経ても変わらないのですね。(^o^)

 

 

「世の中は変わらないでほしい」と思う強欲

恋人といつまでも一緒にいたい。この関係が変わらないでほしい。若さをいつまでも保ち続けたい。両親にはいつまでも元気でいてほしい。などなど、いっぱいありますね。しかし世の中は常に移り変わっていますので、変わらないものは何もありません。

⇒ 変わらないものは何もないのだと理解すると、多くの苦しみのもととなっている強欲をなくすことができます。(諸行無常)

 

「人生をラクに生きたい」と思う強欲

もっとラクに生きたい、ラクしたいと思っていると、あらゆることが苦しみになります。

⇒ ラクをして生きたいと思うので強欲が生まれます。もともと人生は楽ではないと思っていれば、少々の苦しみに嘆くことはなくなります。(一切皆苦)

 

「みんな私のものにしたい」と思う強欲

お金、愛情、名誉、権力など、何でも自分のものと思っていると、それを失うこと、失うと思うことで苦しくなります。

⇒ 地球上のありとあらゆるものは、自分の身体も含めて『自分のものでない』と思えば、すぐにその苦しさから抜けることができます。(諸法非我)

 

引用&参考書籍

心がどんどん明るくなる! お釈迦様の言葉

心がどんどん明るくなる!お釈迦さまの言葉

日々の生活の悩みにどう対処していくのか、お釈迦様の言葉を分かりやすく説明してあります。2500年以上も前から人が苦しむポイントは同じなんですね。なるほどと思うことばかりです。

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: