ヘアカラーにアレルギー反応を起こす方が増えてきているようですね。

Studio CoCoは身体に優しいヘアカラーやパーマを取り扱っているので、
そういった悩みもよく聞きます。

基本的にヘアカラーでアレルギーの反応がでた方は、
同じタイプのカラー剤でのカラーリングはやめたほうがいいと思います。

一番よくアレルギー反応を起こすのは、アルカリカラー剤です。
ドラッグストアなどで売っているヘアカラー剤のほとんどがこのタイプのカラー剤になります。

最近流行っている『泡カラー』なんかも、このアルカリカラータイプです。
利尻昆布のヘアカラーは違うタイプになります。

 

アルカリカラーにはジアミンという染料が含まれています。
そのジアミン染料に対してアレルギー反応を起こすことがほとんどだと思います。

このジアミンに反応するということは、次にカラーリングするときに頭皮や耳周り首周りに付いてしまうと、またアレルギー反応を起こすことになります。

なので、アルカリカラー剤を使用しないことが一番のポイントです。
ほとんどのアルカリカラー剤にはジアミン染料が入っていますので。

花粉症の人が花粉を吸い込まないようにマスクをするのと同じように、アレルギー物質を身体に摂取しないことがベストな対策となります。

 

でも、アルカリカラーが使えないからといって、
ヘアカラーができないのかというと、そうではないのでご安心ください^^

スタジオ・ココではいろんなヘアカラーを取り扱っています。

ジアミン染料を使用しないアルカリカラー『クリアカラートリートメントカラー』もありますし、『天然100%のヘナ&ハーブカラー』や『草木染め』『ヘアマニキュア』なども大丈夫です。

カウンセリング時にご希望を聞いて、最適なカラーリングを最適な方法で施術することで、身体にも髪にもやさしく染めることができます。

おしゃれ染めも、もちろん、白髪染めも大丈夫です(^o^)

 

参考までに、ご自分でヘアカラーをされる場合ですと、、、

『ヘナ』『ヘアマニキュア』最近のものだと『利尻昆布のヘアカラー』なんかも大丈夫だと思います。それぞれ特徴が全然違うヘアカラーなので、使用する時には説明書には目を通すことをオススメします。

※ ケミカルヘナといってジアミン染料を使用するヘナもありますので、ヘナを購入するときは注意が必要です。

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: