前回の記事『黒染めした後にもう1度明るく染めるには?』の補足です。

前回の記事で黒染めした髪をもう1度明るく染めるには、
髪に対する負担が大きいと書きました。

ブリーチした後に、もう1度カラーリングするので合計2回のカラーリングを行います。2度も染めるとダメージが大きくなるのは当然です。

でも、Studio CoCoではそんなに髪を傷めることなく、この2回のカラーリングができるっていうと、はたして信じてもらえるでしょうか?(笑)

ブリーチはアルカリカラーよりもダメージが大きいです。

 

これが一般的です。

ですが、スタジオ・ココでは、ブリーチの力をコントロールすることができます。

ブリーチの染料を取り除く力だけを残して、髪を明るくする力がないぐらいにまでパワーを弱めて、優しく除染・脱染することができます。この場合のブリーチはアルカリカラーと比べてもダメージしにくくなります。

ブリーチのパワーを弱める段階も、状況に応じて設定できます。黒色が濃く残っている場合なら、少し強めにパワーを残します。黒色が少し褪せてきて取れかけているようなら、パワーも最小で十分です。

ブリーチだけじゃありません。

ブリーチをして髪に残っている染料を取り除いた後のカラーリングも、スタジオ・ココならではです。トリートメントでカラーができるので、1度目のブリーチで多少なりとも傷んだ髪を修復させながらカラーリングを行います。

修復できるトリートメント効果を持ち合わせたヘアカラーとしては、『天然100%ヘナ&ハーブカラー』『香草マイルドカラー』『草木染め』『トリートメントカラー』などがあります。

髪の状態に合わせて使い分けるといいですね^^

 

普通に黒髪を明るく染め直す場合でしたら、ブリーチで髪を傷めて、カラーリングで髪を傷めての、ダブルパンチになります(泣)

この差は大きいですね~ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: