仕事上、お客様の頭皮を毎日見ています。
その中には『脂漏性皮膚炎』かな?と思う方もチラホラいます。

この脂漏性皮膚炎とは・・・?

Yahoo! ヘルスケアより抜粋。

脂(あぶら)の分泌が盛んな部位、すなわち顔、頭皮などに湿疹を生じる病気です。脂漏性皮膚炎の起こり方にはマラセチア菌という一種のカビが関係していると考えられています。マラセチア菌は皮膚の表面に常在している脂が好きなカビで、このカビが増えて起こる病気に癜風(でんぷう)という病気があります。脂漏性皮膚炎は癜風と異なり、マラセチア菌が単に増えたために生じた感染症というわけではなく、その菌が分解した脂の成分による刺激や、マラセチア菌に対する皮膚の反応により、湿疹反応が生じたと考えられます。

【症状】 顔面、頭皮、股、腋(わき)などのいわゆる脂漏部位に、脂っぽいフケのようなものがついた赤みを生じます。かゆみはある場合とない場合があります。

 

この脂漏性皮膚炎になってしまって、痒くてかいたりしていると、
頭皮がジュクジュクし、かさぶたができたりします。

かさぶたができるということは、治りかけているということですが、
この時にまた引っ掻いて、かさぶたをとってしまうかたも多く見られます。

こうなってしまったら早くお医者さんに行って、
適切なお薬をもらって、治した方がいいですよ。

皮膚(頭皮)はなかなか治りづらいですから、早め早めの治療が最善です。

 

今日はそうなる前の、話です。

脂漏性皮膚炎になる前段階では、頭皮に皮脂が過剰にあるという状態になります。

この原因になり得るのは、、、

  • あまり頻繁にシャンプーをしていない。
  • シャンプーやトリートメントをしっかりすすげていない。
  • シリコンなどのコーティング剤が過剰に配合されたシャンプーを使っている。もしくは自分の頭皮や肌質に合っていない。
  • 洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎて、頭皮が足りない油分を補おうと、過剰に皮脂を出している。

要するにシャンプーが自分に合っていないか、シャンプー回数が足りない、もしくは過剰に洗いすぎている、洗い方が良くない、すすぎが足りないといったケースです。

脂漏性皮膚炎の場合は独特の匂いもありますので、私はすぐにわかります。

その場合は「シャンプー、今何使ってるんですか?」っていう話から、やんわりとヘアケアの話をして、頭皮ケアのアドバイスをするようにしています。

脂漏性皮膚炎になってしまわないように、適切な頭皮ケアを覚えましょう!
将来、薄毛に悩まないためにも!

頭皮の状態が気になる、匂いが気になる、頭がかゆいって方は、担当の美容師さんに恥ずかしがらずに聞いてみてね^^

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: