ハーブカラーとは? その種類とは?」の続き。

ハーブカラーにもいろんな種類があるので、大きく3つに分類してみました。

 

今回は【タイプ1】の天然ハーブカラーについて、もう少し詳しく説明してみます。

 

このタイプのハーブカラーは製品に使用されるものすべてが天然成分です。

主に天然のヘナや、
ヘナにインディゴと言われる他のハーブを混ぜて使用するものが多いです。

最大のメリットは、やはり天然成分100%で構成されているということで、自然由来のものだけでカラーリングをおこなことができます。

究極に身体にやさしい天然ヘアカラーです。

最近は、化学薬品といったケミカルなものをなるべく使用したくないという人も増えてきました。そういった人に最適なヘアカラーです。

 

その他のメリットとしては、、、

  • 髪を傷めずにカラーリングできるので、何度染めても、ずーっとカラーリングを続けても、ダメージヘアになることはありません。

  • カラーにアレルギーがある人でも、染めることができます。

一般的なカラー剤はジアミンという化学染料を使用します。
カラーアレルギーの人は、このジアミンに対してアレルギー反応を起こします。

天然100%タイプのハーブカラーは、ハーブからでる天然の色素を利用するので、
ジアミンアレルギーがある人でも、染めることができます。

 

  • カラーリング時に頭皮へのエステ効果があります。
    主に新陳代謝を促したり、頭皮や毛穴の汚れを取り除いたり、栄養を与えます。

  • 髪へのトリートメント効果
    髪にハリやコシを与えます。ツヤ感がアップします。
    ダメージして弱った髪を補強します。

どんな製品にも一長一短がありますので、この天然100%タイプのハーブカラーにも、
長所ばかりではなく短所もあります。

 

デメリットとなる部分を挙げてみますと、、、

  • 天然のものしか使わないので、染める力が弱いです。
  • 塗った後の、待ち時間も長めです。

髪質により染まり具合が左右されますので、人によってはあまり染まらない場合もあります。

  • 髪はダメージしませんが、脱色ができないため、明るく染めることができません。
  • 選べる色が少ないです。

 

ヘナパウダー天然100%のハーブカラーは一般的なカラーと比べると、とても個性的なカラーです。

普通のカラーに慣れている人は、このタイプのハーブカラーはあまり好きになれない傾向が見られます。

明るく染められない、色が少ない、草っぽい匂いが気になる、思った通りの仕上がりにならない、などの理由からです。

この天然100%タイプのハーブカラーを選ばれる人は、
カラーリングをおしゃれとして楽しむよりは、

「気になる白髪をなるべく身体に良いもので染めたい」
「これからもずっと続けるカラーだから、天然のもので染めたい。」

といったことを最優先に置かれる人が多いような気がします。

 

ハーブカラーで普通のカラー剤と同じようなことができるものをお探しの方は、
香草カラー 」や「タイプ3のハーブカラー」がおすすめです (^o^)

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: