定点とは?

瞑想中に意識を集中させるための一定の点。意識が集中から外れることに気づくためには、意識を一箇所に集中させることが必要です。 その集中させる点のことを「定点」と呼びます。

定点を設けて意識を集中させる目的は、瞑想中に雑念を片付けて、減らして、無思考に近づくためです。

 

定点は大きく分けて2つに分類できる

  • 「感覚」に集中する定点 (呼吸)
  • 「思考」に集中する定点 (マントラ、考案、イメージ)

 

定点の使い方

まずは定点を何にするのか決めます。

定点は何を採用してもいいのですが、雑念に素早く気づくために使用するものなので、難しいものや、雑念があまり出てこないものは不向きです。

定点にしばらく集中していると、雑念が次々と出てくるようなものが良い定点になります。その方が雑念の片付けが進み、瞑想が早く深くなるからです。

よくあるのは「マントラ」「呼吸」などです。とくに決まったものがない人は、こちらの定点もおすすめです。

意識を集中する点が決まったら、座って瞑想し、瞑想3手順をくり返します。

 

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: