マントラとは?

あまり意味を持たない音の連なりで、頭の中で唱える呪文のようなものです。マントラ自体に何か深い意味があるとか、何かパワーがあるとかいうわけではなく、たんに「雑念」を際立たせるための道具として使用します。

 

マントラを唱える意味は?

瞑想中は雑念を減らして無思考に近づきたいので、出てくる雑念をどんどん片付ける作業をします。雑念を片付けるためには、思考していることに素早く気づくことが必要です。マントラはそういった雑念を際立たせるために使用します。

 

マントラにはどんなものがあるの?

  • 「オーム」「ナーム」「アーム」
  • 「アーメン」
  • 「スーハー」
  • 「ひとーつ、ふたーつ」 (数を数える。数息観)
  • 「掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦」 (般若心経の大明呪)
  • オーン、ナーム、スバーハー

 

瞑想する時にマントラをどう使用するの?

  1. 頭の中でマントラを唱えます。それに意識を集中させます。
  2. マントラを唱えている時は、それ以外のことは雑念になりますので、他のことを考えていることに気づいたら、、、
  3. またマントラに戻る、ということをくり返します。

 

そうするとマントラ以外の雑念をどんどん片付けていくことができます。やがて考えることがなくなり頭が静かになってきたら、最後にはマントラ自体も手放します。そうすることで最終的には頭が「無」の状態になります。

 

マントラというと「宗教っぽい」とか、「何か深い意味がある」とか、「パワーがある」と思われがちですが、マントラは「雑念を際立たせるためのもの」ということを知っていると、余計な雑念に振り回されなくていいですね。

マントラの目的を理解して使用することで、どんなマントラを使用するのでも大丈夫だとわかります。あの人のマントラが良さそうとか、もっとパワーのあるマントラを唱えると深い瞑想状態に入れるとかはないので、その辺に惑わされないようにしてくださいね。(笑)

 

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: