瞑想は頭の中の作業です。

瞑想中の姿勢や呼吸など目で確認できることと違って、頭の中の作業ですので、正しく行っているのか? それとも間違っているのか? 分かりづらく、座ってじっとした後はどういうふうに進めていけばよいのか、その本当に重要な部分が非常に理解しにくいですね。

ここで紹介する「瞑想3手順」を理解すると、この部分がすごくクリアになります。ほとんどの瞑想方法はこの「瞑想3手順」をそれぞれ違ったやり方で行っていることが多いですので、瞑想の重要な軸となる部分を身につけることで、他のいろいろな場面でも応用が効くと思います。

読んで理解した後は、ぜひ実践してみて身につけてください。きっとこれからの人生に役立つことでしょう。

 

 

無思考になるポイント

瞑想して「無」になるといっても、いきなり何も考えないようにはできません。しばらくするとすぐに何かを考え始め思考していることに気づくと思います。

ではどうやって、「無」になるのか?

書いてみるとすごく簡単なのですが(笑) 思考や雑念はもともと放っておいたら勝手に出てくるものなので、これを1つ1つ片付けていくことで、だんだんと思考するネタがなくなり、次第に無思考に近づけるというわけです。

人によって出てくる思考や雑念の量には多い少ないがありますが、片付けが進んでいくと、いずれみんな同じ境地に入れるということです。

では早速、思考や雑念のお片付けができる「瞑想3手順」の説明に入ります。

 

瞑想3手順

瞑想では「集中」「気づき」「棚上げ」という3つの手順をくり返すことで、思考や雑念を片付けて無思考に近づくことができます。

  1. 瞑想は何か集中する対象を決めて、それに意識を集中させる。
  2. 集中が途切れて考え事をしていることに気づいたら、
  3. その考えごとを手放し(棚上げ)、また集中に戻るという作業をくり返します。

 

何かに集中するということも正確には1つの思考なのですが、ごくごく小さい思考です。そのとても小さい思考に集中していると、それよりももっと大きな思考(たとえば普段気にしていること、考え事、心配事など)がどんどん出てきます。

思考のネタがどんどん引っ張り出せるので、それを片付けていくと雑念が減り、考え事が少なくなり、最後に集中の対象である「小さな思考すら手放す」と、、、しーーんとした無思考の境地に「自動的に」入れます。

具体的にやり方を見ていきましょう。。。

 

瞑想3手順:「集中」の方法

意識を集中させる対象を決めます。集中する対象はいろいろありますが「呼吸」「マントラ」「イメージ」などが一般的ではないでしょうか。

おすすめは「マントラ」に集中する方法です。言葉を頭の中で唱えるだけですのでとても簡単で、効率よく雑念の片付けができます。マントラにはどんな言葉を選んでもいいのですが、シンプルで宗教的な意味を含まない、瞑想作業に集中できるものがいいですね。

今回は「オーン、ナーム、スバーハー」を使って説明します。(※「始めよう。瞑想」から引用しました。)

宝彩有菜さんの著書は、瞑想のことが分かりやすく科学的に説明されているので、一読をおすすめします。より深い理解ができると思います。

(※マントラについて)

マントラを唱えている作業が少し宗教っぽいので、よく宗教と結びつけられたり、またマントラにはどんな意味があるんだろう? と思われるかもしれません。この「オーン、ナーム、スバーハー」は、あえて宗教色をなくした、とくに意味ない言葉の羅列です。

一人で行う瞑想は宗教とは一切関係ありませんが、宗教と勘違いされる人もいるため、念の為にお伝えしておきます。

 

話しが少しそれましたが、「集中」の対象をマントラで行うとして、そのマントラを「オーン、ナーム、スバーハー」にするとします。

それに呼吸を合わせて行うと、よりリラックスしやすくなって、思考もゆったりとして捉えやすくなるので、呼吸に合わせてマントラを唱えるようにします。

吸う息に合わせて「オーン、ナーム」。吐く息に合わせて「スバーハー」と行います。これが瞑想3手順の集中作業となります。

 

瞑想3手順:「気づき」と「棚上げ」の方法

呼吸に合わせて「オーン、ナーム、スバーハー」と瞑想していると、途中で集中が途切れ、考え事をしていると思います。

それに気づいたら「今は瞑想中だから、そのことは後で考えよう」と考え事を手放し(棚上げ)、また「オーン、ナーム、スバーハー」のマントラに戻ります。

そうしているとまた途中で集中が途切れ、考え事をしてしまっていると思います。それに気づいたら「今は瞑想中だから、そのことは後で考えよう」とまた考え事を手放し(棚上げ)、「オーン、ナーム、スバーハー」のマントラに戻ります。

この「集中」「気づき」「棚上げ」の3つの手順をくり返し行うことで、考えごとや雑念をどんどん片付けることができ、やがて思考するネタが少なくなり、無思考に入ることができます。

 

瞑想を楽しむ

瞑想中に度々出てきて「棚上げ」しにくい思考は、今自分が気に留めていることだと分かります。そういったことは、瞑想が終わった後に少し考える時間を取り、解決策を考えるなど対策をしておくと次の瞑想では「棚上げ」しやすくなると思います。

初めうちはいきなり無思考になるのは難しいと思います。でもたとえ「無」にならなくても、瞑想をやったらやった分だけ、心や体や頭がすっきりしリラックスもできます。

いきなり完璧を目指さずに、変化を楽しみながら、少しずつ継続することをおすすめします。

 

参考書籍

始めよう。瞑想

始めよう。瞑想

瞑想に関すること、理論や方法などを科学的に説明してあります。瞑想とはどういうものなのかを詳細に書いてあるのでしっかり勉強したい人にオススメです。

瞑想のすすめ

同じ著者の後発本です。初心者に向けて分かりやすく書いてありますので、瞑想とはどんなものか分からないけど、とにかく読んでみたいという人にオススメです。柔らかい感じの本ですので、女性は読みやすいのではないでしょうか。

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: