「傷まない縮毛矯正? そんなのあるんですか?」

 

 

縮毛矯正は確かにダメージが大きい施術ではありますが、やり方や薬剤の選び方1つで傷みもずいぶん違ってくるものです。

本来ですと縮毛矯正はすればするほどダメージを蓄積し、最悪な場合、毛先がチリチリになることもあります。

縮毛矯正を避けている人の意見には、やはり「傷み」を気にしていることが多いように感じます。

 

スタジオ・ココの縮毛矯正は、弱酸性タイプの薬剤を使って施術することができます。

 

これは傷みの大きな要因である、アルカリを取り除いた薬剤です。

主にダメージヘアや、パーマなどがかかりやすい髪質や、ストレートした後に必要以上にペタンコになってしまう髪質などに使用することが多いです。

 

髪と同じPh(ペーハー)で最大限の薬剤効果が出るように作られていて、従来の優しい薬剤の、「かかりにくい、とれやすい」といった概念を覆してくれました。

ダメージヘア用なので、傷みのある毛先や既ストレート部にはとてもマイルドに作用します。

これを使って縮毛矯正すると、くり返し縮毛矯正を続けてもキレイな髪の状態を保つことができます。

 

梅雨の時期に、髪が扱いにくくて困っている人は、

髪の傷みが気になる人は、1度この弱酸性縮毛矯正を試してみてください。

きっと手入れが楽になり、スッキリすると思いますよ (^o^)

 

⇒ 弱酸性縮毛矯正のビフォーアフターはこちら。

 

合わせて読みたい
敏感肌の人でも安心して使えるセルフカラー用白髪染め

こんな白髪染めトラブルありませんか?

  • お肌のかゆみ、かぶれ、赤み
  • 頭皮がヒリヒリ痛い、しみる、頭皮湿疹、フケが出る
  • ジアミンアレルギー
  • 髪のダメージ

⇒ 長い間使い続ける白髪染めだからこそ、安心できるものを使いたいじゃないですか。安全性が高いセルフカラー用白髪染めはどれなの?