[Qマーク01] 髪の傷みと縮毛矯正
傷みにくい縮毛矯正? そんなのあるんですか?

 

[画像01] 傷みにくい弱酸性縮毛矯正を姫路の美容院ですると?縮毛矯正は確かにダメージが大きい施術ではありますが、

やり方や薬の選び方1つで傷みもずいぶん違ってくるものです。

本来ですと縮毛矯正はすればするほどダメージを蓄積し、

最悪な場合、毛先がチリチリになることもあります。

 

縮毛矯正を避けている人の意見には、

やはり「傷み」を気にしていることが多いように感じます。

 

姫路駅前美容院[スタジオ・ココ]の縮毛矯正は、

弱酸性タイプの薬剤を使って施術することができます。

 

これは傷みの大きな要因である、アルカリを取り除いた薬剤です。

主にダメージヘアや、パーマなどがかかりやすい髪質や、

ストレートした後に必要以上にペタンコになってしまう髪質、

などに使用することが多いです。

 

髪と同じPh(ペーハー)で最大限の薬剤効果が出るように作られていて、

従来の優しい薬剤の、「かかりにくい、とれやすい」といった概念を覆してくれました。

 

ダメージヘア用なので、

傷みのある毛先や既ストレート部にはとてもマイルドに作用します。

これを使って縮毛矯正すると、

くり返し縮毛矯正を続けてもキレイな髪の状態を保つことができます。

 

梅雨の時期に、髪が扱いにくくて困っている人は、

髪の傷みが気になる人は、1度この弱酸性縮毛矯正を試してみてください。

 

きっと手入れが楽になり、スッキリすると思いますよ (^o^)

 

弱酸性縮毛矯正のビフォーアフターはこちら。

関連記事
弱酸性縮毛矯正のビフォーアフター 4 弱酸性縮毛矯正のビフォーアフター。 今回の担当者は『かな』です。     弱酸性縮毛矯正のビフォーアフター 髪質のデータ  普通毛  多め  強めのクセ。カールやウネリというよりは、広がるようなクセ。  毛先に枝毛あり。  ミディアム ...
「白髪染め」と「おしゃれ染め」の違いとは? 注意点、選び方、Q&Aなど 「最近、白髪が出始めてきたので、どっちをしようか迷ってます・・・」 「白髪染めっていう響きが嫌!おしゃれ染めで白髪を染めることはできるの?」 など、どのヘアカラーを選択すればよいのか、迷ってしまうこともありますよね。 白髪が出始めた場合 白髪が増えてきた場合 髪をダメージさ...
カラーリング頻度と髪の毛の痛みは比例する(ダメージを減らす方法) カラーリング頻度が高いと髪の毛の痛みが大きくなる 髪の毛の痛みとカラーリングは切り離せない問題です。 カラーリング頻度が高くなるほどに髪の毛の痛みが大きくなり、パサついたり、もつれがひどくなったり、枝毛が発生することもあります。また敏感な人は頭皮へのダメージも心配です。 痛みが大きくなるに連れ...
草木染め(ボタニカルカラー)とは。。。 草木染め(ボタニカルカラー)とは。。。 1000年以上も続く、日本古来の草木による染色技術をヘアカラーに応用した、植物生まれのノンジアミンカラーです。 もともと草木に備わる色彩を生かして染めていきます。天然素材100%です。 草木染めは、合成染料では表せない、透明感のある優しい色が特徴です...
【Q&A】 ヘナで髪を明るく染めることはできますか? ヘナは普通のヘアカラーと違って、髪を明るく染めることは出来ません。 一般的なヘアカラー(アルカリカラーと呼ばれるもの)などと違って化学的なものが入っていないので、髪を脱色することができません。その代わりに髪を傷めません。体に優しく刺激もありません。 ※天然100%のヘナの場合です。 最...