髪の悩み



就活などで黒染めした髪を、もう1度明るくする(茶髪に戻したい)場合はどうすればいいですか?

黒染めに関するよくある質問です。

おしゃれ染めや白髪染めなどのヘアカラー(これらのことをアルカリカラー剤と呼びます)では、黒染めした髪を明るくできません。

明るくしたい場合は、先に黒染めの染料を取り除く必要があります。

黒染めのように真っ黒、もしくはそれに近いぐらいの暗さに染めた場合は、髪に濃い染料が残ります。これは白髪染めで暗くなってしまった場合も同じです。

この濃くて暗い染料はなかなかとれないんですね。(美容師泣かせです 笑)

茶髪など明るく染めるには「ブリーチ」や「脱染剤」などを使って「除染・脱染」を先に行う

黒染めの濃い染料を取り除くためには、「ブリーチ」か「脱染剤」を使う必要があります。

染料を取り除くことを「除染」もしくは「脱染」といいますが、この作業を行わなずにアルカリカラー剤でカラーリングしても、黒染めの方が勝ってしまって変化なしです。

カラーリングのダメージで髪が傷むだけになります。

アルカリカラー剤には染料を取り除く力がない

アルカリカラー剤でいつも髪を明るく染められるのは、「脱色」しているからです。髪の毛にもともとある「メラニン色素を分解している」から明るくなります。

アルカリカラー剤には化学染料を分解する力がありません。

間違いやすいポイント

  • 「黒染め後」アルカリカラー剤を使っても髪は明るくならない。
  • 「黒染めしていない」髪を明るくするのは、アルカリカラー剤でOK。

茶髪に戻すためのステップ

  1. 「ブリーチ」か「脱染剤」で黒染め落としをする
  2. アルカリカラー剤で髪のムラや色を調整する(必要に応じて)

という流れになります。

 

こちらで黒染め落としの詳細をご説明しています。

カラーリングの準備

カラーリング用のケープ、イヤーキャップ、手袋、クシの4点セットです。ヘアカラーの際に必須のアイテムですね。

顔や唇、全身どこにでも使えて、保湿や傷口の保護まであらゆる用途に使える万能クリームです。ヘアカラー時の顔周りのプロテクトクリームに最適です。

脱染剤を使って染料を落とす

ブリーチは髪のダメージが激しいのでおすすめしていません。ここでは「脱染剤」を使った方法をご紹介します。

ヘアカラーの染料を取り除くことが主目的の商品です。髪が傷まないというわけでないですが、ブリーチするよりもダメージを減らすことができます。

脱染剤の使用方法 (レブロン レブロニッシモ カラーリムーバーの場合)

脱染剤の使用方法は、従来のヘアカラーを塗るのと同じです。

1剤・2剤を1対1で混ぜて、塗布し、所定時間を置いてシャンプーするという流れです。

使用する際のポイントをご説明します。

チェックはこまめに行う

  • 黒染め以前はどれぐらい明るかったのか?
  • 今回はどれぐらい明るくしたいのか?
  • 明るくなりやすい/明るくなりにくい髪質

などによって放置時間を適切に調節する必要があります。

どれぐらい明るくなってきているか、度々チェックしてシャンプーするタイミングを見計らってください。(説明書の放置時間はあくまで目安程度に)

色戻りがある場合も

この脱染剤は製品の特性上、ブリーチと違って、明るくなっても1~3日ぐらいで暗く戻ることがあります。

再び真っ黒になるわけではないですが、希望している明るさよりも暗い場合は、もう一度脱染剤を使用すると更に明るくできます。(2回目の放置時間は短めを意識する)

2度の脱染剤の使用でも、1度のブリーチよりダメージは少なくできるので、やはり脱染剤を使って黒染め落としをするほうがおすすめです。

色戻りを防止するために

脱染剤使用直後や数日間は、しっかり目にシャンプーを行います。(2シャンプー以上がおすすめ)

その際は洗浄力の強い石油系シャンプー(市販の安いシャンプーですね)を使用すると良いでしょう。

アルカリカラー剤の使用は数日経ってから

脱染剤を使用して明るくなっても、また少し色が戻って暗くなるケースがありますので、数日経過して髪の状態を確認することをおすすめします。

その後にアルカリカラー剤を使用する方が、希望色に近づけやすいですね。

脱染剤使用直後のアルカリカラー剤は少し明るめを選ぶ

脱染剤使用直後に(日にちを空けずに)アルカリカラー剤を使用する場合は、明るくなりにくい状態ですので、希望色より少し明るめの色を選ぶと良いでしょう。

独特の匂いがある

製品特有の匂いがあります。無臭ではないので、匂いに敏感な人は注意が必要です。

  • 匂いが気になる人はブリーチの方がマシ(ダメージ大)
  • ダメージを減らすのために脱染剤の匂いを我慢するか

どちらかになります。



ちょっと待って! 少し明るくしたいぐらいならシャンプーでいいかも

ケースによりけりですが、「黒染め前の髪が金髪、もしくは明るい茶髪」だった場合は、色落ちが早く、思ったよりも早めに明るくなることがあります。

このケースの場合、茶髪に近いぐらいまでなら、2~3ヶ月後ぐらいには戻るかと思います。

早く色落ちさせたい場合は、「石けんシャンプー」で毎日2回シャンプーすると退色のスピードが早まります。

 

シャンプーで色落ちを促進させる方法が、髪への負担が一番少ないのでおすすめです。

今すぐ明るくしたいというわけでない場合は、こういった方法をまず試してみることをおすすめします。

もし次に黒染めすることがあるのなら・・・

髪をダメージから守るためにも、以下の方法も検討してみてはどうでしょうか。

黒染めほど真っ黒に染めなくても、今より暗めに染めるぐらいでよい場合

1、白髪染め用カラートリートメントを使う

【ポーラ】白髪染め用カラートリートメント (⇒ 公式ページへ)



こういった商品の濃い色(ダークブラウン、ブラックなど)を選び、2時間以上置いてしっかり染めることで、かなり暗い色にまで染めることができます。

⇒ 「カラートリートメント」で長めに放置時間をおいてしっかり染める方法

2、ヘアマニキュアを使う

放置時間がたったの5分で染まるヘアマニキュアです。染めた後あまり待ちたくない人におすすめです。

泡タイプのヘアマニキュアです。クシの間から泡で出てくるのでお手軽に塗布できます。

 

これら白髪染め用ヘアマニキュアを使って黒染めを行います。色はダークブラウンやブラックなどの濃いめの色がおすすめ。

ポイントは所定時間よりも少し長めに放置時間を取る、たっぷり塗布するを意識すると良いでしょう。

⇒ ヘアマニキュアとは? 特徴、使い方、コツなどをご説明します。

カラートリートメントやヘアマニキュアを使う黒染めの「メリット」

  • カラーリングで髪が傷まない
  • シャンプーのたびに少しずつ退色するので、一時的に黒染めしたい場合に便利

カラートリートメントやヘアマニキュアを使う黒染めの「デメリット」

  • 真っ黒に染めるには手間がかかる(2回染めるなど)
  • 暗く染めた後に、またすぐに明るくすることはできないので、注意が必要。
  • 色のチェンジがしにくくなる

これらのものはアルカリカラー剤で黒染めをするよりも色落ちが早いので、なるべく早く明るくしたい場合は、毎日2回シャンプーすると良いでしょう。

その日1日だけ黒染めしたい場合

一時的な「黒染めヘアスプレー」を使用するのがおすすめです。

シャンプーするだけで落とせるので便利です。

美容室で黒染めをするなら

髪が傷まない「香草カラーMD」で黒染めするのがおすすめです。

しっかりと染めることができて、色落ちもしにくく、なにより髪のダメージを気にしないで染められることがメリットです。

 

「市販のアルカリカラー剤の黒染めは一番最後の選択肢」としてとっておいてください。

もし、どういうふうに黒染めするといいのか分からない場合は、行きつけ美容室の担当美容師に聞いてみるのがいいと思います。きっと丁寧なアドバイスをくれると思いますよ。

 

PS. スタジオ・ココでは「黒染めを落として、明るく染め直す施術」を現在していません。

この施術は終わり時間が読みにくいからです。一人営業スタイルには厳しい・・・あしからず。

 

関連記事
【Q&A】 ケミカルヘナって何? その種類は? Studio CoCoではケミカルヘナの取り扱いをしていませんが、簡単に説明だけしておきます。ご自分でヘナカラーをされる場合など、参考にしてみてください。   どうしてケミカルヘナがあるのか?天然ヘナのみじゃダメなの? は、こちらを見てね。→→→ https://coco3...
【Q&A】頭皮にかさぶたができました。原因を教えて下さい! 仕事上、お客様の頭皮を毎日見ています。 その中には『脂漏性皮膚炎』かな?と思う方もチラホラいます。 この脂漏性皮膚炎とは・・・? Yahoo! ヘルスケアより抜粋。 脂(あぶら)の分泌が盛んな部位、すなわち顔、頭皮などに湿疹を生じる病気です。脂漏性皮膚炎の起こり方にはマラセチア菌という...
【Q&A】 草木染めは天然で優しいと聞きましたが、髪を明るくできますか? 草木染めは天然の草木を利用する自然派ヘアカラーとなっています。無添加、無香料、防腐剤不使用。化学的な成分は含まれません。それゆえに、髪の脱色作用はありません。 髪を茶色く染めるには、アルカリカラー剤が必要になります。 草木染め+アルカリカラーの組み合わせ(施術方法)が、取り扱いのあるヘアサロ...
【Q&A】縮毛矯正とストレートパーマの違いについて 縮毛矯正とストレートパーマって何が違うの?   って質問を、ときどき仕事中にされることがあります。 なので、簡単に説明してみます。   ストレートパーマは薬剤の力のみで、クセ毛をまっすぐに伸ばそうとする方法です。 1剤で髪のクセを伸ばしやすい状態にし...
ナチュラル100% 「ヘナ&ハーブカラー」とは… 姫路駅前の美容院のヘナ&ハーブカラーは 『草木染め、植物染め』に使用されるナチュラル100%のハーブ達です。   ※ ここでは当美容院のヘナ&ハーブカラーの説明になります。各美容院によってハーブカラー、オーガニックカラー、オーガニック・ハーブカラーなど様々な呼び名がありますので、...

 



 

「とにかく時短でオールマイティーにケアしたい」という人へおすすめ! 100%天然由来からできているオールインワン・オーガニックシャンプー。

シャンプーするだけでヘアケア、頭皮ケア、薄毛予防、白髪予防までをカバーできてしまうトリートメント不要のシャンプー。100%天然由来、10の無添加など品質へのこだわりはもちろん、育毛成分ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるキャピキシル配合、その他ヘマチン、欧州ホップエキス、リンゴ果実培養細胞エキスなど挙げたらキリがないぐらいたくさんの有効成分を配合。頭皮の荒れやフケ・かゆみ、薄毛にハリ・コシ・ボリュームアップ、抜け毛・白髪の予防まで、とにかく髪で悩んだら一度は試してみたいシャンプーです。この品質でこの価格はサロンシャンプーではあり得ない。公式サイトをチェックharu 黒髪スカルプシャンプーレビュー記事はこちら

【半額キャンペーン中!】100%天然由来、いろんな用途に使える高品質オーガニック・コンディショナー。1本あれば大活躍間違いなし!

インバスコンディショナーとしてだけでなく、ヘッドマッサージ用クリームや頭皮の保湿、UVケア、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ブローローション、寝癖直しウォーターなど多機能に活躍する無添加コンディショナー。ノンシリコンなのにサラサラ、ふんわり柔らかい質感が気持ちイイ。これ1本あれば他のヘアケアアイテムをぐっと減らせます。コスパ最高!用途別使用方法はこちらで解説><公式サイトをチェック

マイナチュレ カラートリートメント

よく染まる白髪染めカラートリートメント! 染めるだけでヘアケア、白髪ケア、頭皮ケア、エイジングケア、4つの効果!

数あるカラートリートメントの中でもよく染まる一品。お手軽に白髪をカバーすることができ、色も長持ち。染めるだけで手間いらず、4つのケアを同時に行えます。白髪を染める、髪へのトリートメント、頭皮ケアで環境を整える、エイジングケアで年齢の衰えに備えられる、今までにないカラートリートメントです。赤味が出にくいナチュラルなブラウン色に仕上がるので、髪色問わず合わせやすい。公式サイトをチェックおすすめ使用方法はこちら