女性の髪のイメージ画像

髪をコーティングするヘアマニキュアならハリコシ出しやすい。

ハリコシ効果有りのヘアマニキュアなら更にGOOD

  • 白髪染めを続けていると、髪がだんだんと細くなってきた気がする。
  • 明るく染めたいというよりも白髪を隠せればそれでいいので、傷まない白髪染めがしたい。
  • 髪や頭皮に与えるダメージを減らしたい。
  • 白髪染めでハリコシが得られれば、なお良い。

白髪染めをしていると、「髪痩せ」が気になることありませんか?

  • 頭皮がヒリヒリ痛い
  • 赤く腫れる、かゆみが続く
  • 髪がゴワゴワ、バサバサ、引っかかる

白髪染めする度にこんな状況だと、髪にも頭皮にも良いはずがありません。

頭皮に何かしらの違和感を感じている場合は特にです。

かぶれている場合は髪の発育に影響することもあります。

 

上記に挙げた白髪染めトラブルを一挙に解決し、髪のダメージを改善し、本来のツヤ・ハリコシを取り戻せるのが「ヘアマニキュア」です。

  • ヘアマニキュアでの白髪染めは頭皮につけないので、薄毛を促進する心配はありません。
  • もちろん頭皮トラブルの心配もなくなります。
  • 脱色剤を使用しないので髪を傷めることがなく、ボリュームを損なうことがありません。
  • 白髪染めを続けても、いつまでも髪ツヤツヤです。

今回はそんなヘアマニキュアをご紹介します。

「髪痩せ、頭皮トラブル、髪のダメージ」にお悩みの際は一度検討してみてはいかがでしょうか。

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • 髪が傷まずツヤツヤな仕上がり
  • 10分でもしっかり染まる
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

【新発売キャンペーン中 ¥2,500】最安値購入先

目次

ヘアマニキュアは脱色剤&ジアミン染料不使用。髪が傷まない、ジアミンアレルギーでも白髪染めできる酸性ヘアカラー ◇特徴やメリット・デメリット

ヘアマニキュアは脱色剤不使用なので髪のダメージゼロ。くり返しても「髪が傷まない白髪染め」

ヘアマニキュアをアルカリカラー剤の代用として使用すると、カラーリングによる髪のダメージを防ぐことができます。

ヘアマニキュアは髪を脱色しないので、ダメージを与えることがありません。

アルカリカラー剤と違ってヘアマニキュアは何度カラーリングをくり返しても髪が傷まないので、白髪がすぐに気になってしまい、頻繁にカラーリングされている人にはピッタリの白髪染めです。

ヘアマニキュアはノンジアミンカラー、「ジアミンアレルギーがある人に最適な白髪染め」

ヘアマニキュアはアルカリカラー剤に配合されている「ジアミン染料」を使用していないので、ジアミンアレルギーの人でも安心して白髪染めできます。

またカラーリングの際には頭皮につけないように塗布するので、アルカリカラー剤で頭皮がピリピリ痛い・しみるといった刺激を感じていた人もヘアマニキュアなら大丈夫です。

ヘアマニキュアの簡単な特徴

◆ヘアマニキュアは髪を脱色できないので、基本的には白髪染めに使用します。

◆アルカリカラー剤のように髪の内側まで染めるというものではなく、髪の表面をコーティングする感じです。爪のマニキュアをイメージすると分かりやすいですね。

◆アルカリカラー剤は永久染毛剤といって色持ちが良いですが、ヘアマニキュアは半永久染毛剤になり、シャンプーの度に少しずつ色落ちしていきます

じゃあ「白髪の多い髪へは使えないのか?」というとそうでもなく、しっかり塗布することでヘアマニキュアも色持ちするようになります。

※しっかり染めるためのコツに関しては下記参照

 

ちなみにですが、当美容院でヘアマニキュアをされている人は、

  • 白髪の少ない人で2ヶ月~3ヶ月間隔
  • 白髪の多い人で1ヶ月~1.5ヶ月間隔でカラーリングされています。

ほぼ従来の白髪染めと同じ周期で大丈夫です。

(※当美容院でヘアマニキュアした場合です。セルフカラーの場合だともう少し期間が短い印象です。)

 

ヘアマニキュア白髪染めのメリット

  • 髪が傷まない白髪染めができる
  • 頭皮への刺激がない
  • 髪をコーティングしてくれるので「ツヤツヤな仕上り」になる
  • 髪のコーティング効果により「ツルッとした手触り」に仕上がる
  • ハリコシ効果が得られるものもある
  • ジアミンアレルギーある人でも白髪染めできる
  • 妊婦さんでも白髪染めできる
  • カラーの施術時間が早い(放置時間が短い)

ヘアマニキュア白髪染めのデメリット

  • 頭皮に直接塗布できないので生え際の1~2mmぐらい、白髪が染められない部分がある(特にもみ上げ・こめかみなどの顔周り)
  • 髪を脱色することができない(明るい白髪染めはできない)
  • シャンプーの度に少しずつ色落ちする
  • 濡れた髪の状態では衣類やタオルなどの色移りに注意が必要(特にヘアマニキュアしたての2~3日間)
  • 顔や地肌についたときはすぐに拭き取らないと、染めた後では落としにくくなる。

ヘアマニキュアをおすすめできる人は?

  • 従来の白髪染めで髪のダメージに悩んでいる人
  • 傷まない白髪染めがしたい人
  • 白髪染めの頭皮への影響が心配な人
  • 髪のボリュームやコシで悩んでいる人
  • 従来の白髪染めでは頭皮がヒリヒリしみる人
  • 頻繁に白髪染めする人(特にセルフカラーの場合)
  • ジアミンアレルギーで従来の白髪染めができない人
  • 妊娠中でも白髪染めしたい人
  • 短時間で白髪染めしたい人

 

市販の白髪染め用ヘアマニキュアでハリコシ効果があるのはどれ?

【新発売】1回10分で染まる&持続性UP「利尻カラークリーム」

利尻カラークリームのイメージ画像

売上日本一のカラートリートメントメーカー「Sastty」からヘアマニキュアが新発売。

「利尻ヘアカラートリートメント」といえば誰でも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

その Sastty から満を持して「無添加処方にこだわった自然派志向のヘアマニキュア」が新しくラインナップ。

 

1回10分で染まる。

色の持続性も約1ヵ月と大幅にUP。

また細毛や髪痩せした方にもボリュームケアができるように「ハリコシ成分配合」となっています。

 

髪や頭皮の負担を減らしつつ、1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染めです。

  • カラートリートメントでは染まりが物足りないという方
  • 他のヘアマニキュアでは物足りないという方
  • 短時間で染めたいという方
  • 白髪染めのダメージにお悩みの方
  • 髪痩せが気になるので頭皮への負担をなくしたい方

などに「利尻カラークリーム」はおすすめです。

 

「ヘアマニキュアの使い方」と「しっかり染めるコツ」

ヘアマニキュアはお肌につくと取れにくいので、まずは事前準備をしっかりしましょう

ヘアカラー道具&毛染め準備グッズ

  • 顔周りの生え際や汚れが気になる部分に保護クリームを塗ります。
  • 耳にはイヤーキャップをします。(100均で購入できます)無い場合はラップで覆うようにします。
  • 手に付くと取れにくいので、塗布する際は必ず手袋を使います。
  • 服などが汚れないようにカラーリング用のケープがあるといいですね。

顔や地肌についた時は…

  • 濡れたティッシュペーパーで「すぐに」ふき取ります。
  • ヘアカラーリムーバーがあればいいですが、無い場合は石けんや洗顔フォームで代用します。

 

ヘアマニキュアの基本的なやり方

ヘアマニキュアのイメージ画像(カラーリング画像)

白髪の多い部分、気になる部分から塗布します。大抵は「顔周り」「分け目」だと思います。

その際顔につかないように、前から後ろにコームを動かすようにします。(顔の方から後頭部へつむじに向かってコーミングするようにします。)

塗り終わったら髪全体にふんわりとラップをします。(頭皮の温熱効果で先着力アップ、乾燥を防ぎ先着力アップ。)

もし髪が長い場合には、ヘアクリップなどで一旦留めておいて、その上からふんわりラップしてください。(ヘアマニキュアが顔や首筋・服につかないように予防)

 

放置時間は説明書の所要時間を参考にしてください。(※ヘアマニキュアは長い時間をおいたからといって染まりが良くなるわけではありません。染まりにくい髪質の場合は5~10分は可能。)

放置時間終了後はヘアマニキュアの色が出なくなるまで充分すすぎ(手袋をしたまま)、いつも通りにシャンプー&コンディショナーで仕上げて終了です。

 

■ サロンドプロの動画が分かりやすいので、初めて使用する際はこちらもチェックしておきましょう。

ヘアマニキュアをしっかり染めて、長持ちさせるためのコツ

◆液ダレしない程度で、たっぷりと塗布した方がよく染まります。

◆1回目のカラーリングが終わった後、洗い流す前に白髪が特に気になる部分へ更にもう1度重ね塗り(二度塗り)します。

(二度塗りした場合はプラス5分~10分放置時間をおいてから流します。)

その方が濃く染まり、色持ちも良くなります。

 

塗布後は塗った部分を再チェックし、塗った方向と違う角度からクロスさせるようにもう一度コーミングした方が染めムラが起こりにくくなります。

◆全体を塗り終わった後は、ラップをしましょう。

  • 頭皮の地熱で染まりやすくなります。
  • またヘアマニキュアが乾燥すると染まりが悪くなるので、それを予防する効果もあります。
  • 顔や服、まわりを汚さないためにも大切です。

◆髪に余計なもの(スタイリング剤や洗い流さないトリートメントなど)がついている場合は先にシャンプーを行います。

余分な汚れを先に落としておいた方がよく染まります。

 

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • 髪が傷まずツヤツヤな仕上がり
  • 10分でもしっかり染まる
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

【新発売キャンペーン中 ¥2,500】最安値購入先

 

ヘアマニキュアで白髪が染まらない/染まりにくい原因は何? ◇その際の対策方法

ヘアマニキュアで白髪が染まらない/染まりにくい場合の原因は、ほとんど以下の理由からです。

  • 染めたつもりでも塗れていない(特に内側)
  • 塗布量が少ない
  • 放置時間が短い
  • 乾燥してしまっている
  • 選んだ色が薄い(明るすぎる色)
  • 染まりにくい髪質
  • 髪が汚れている

特に最初の2つ「白髪に塗れていない」「塗布量が少ない」である場合がほとんどです。

順に説明します。

染めたつもりでも、きちんと白髪に塗れていない

一番よくあるパターンです。

ヘアマニキュアは頭皮につけて塗布することができないので、他のヘアカラーと比べると若干塗りにくいと思います。

なので全体をきちんとカラーリングしたと思っていても、「塗りやすい部分のみを何度も重ねて塗っているだけ」という結果になっていることがあります。

「髪の表面だけ塗っていて、内側には全然ヘアマニキュアが付いていない」

こういった状況ですと、ヘアマニキュアが付いていない部分には、もちろん染まりません。

 

◆この状況を回避するためには、「染めた後に髪をコーミングしながら再チェックする」ことが大切です。

塗り残しがないか再チェックする際には、同じ方向からスライス(毛束)を取るのではなく、やや毛束を取り分ける角度を変えてチェックするのがポイントです。(前のスライスとクロスする方向にチェックする)

ヘアマニキュアの塗布量が少ない

セルフカラーしているお客様に「カラー剤を使い切るまでに何回使用していますか?」と伺うと、こちらが想定している回数よりもたくさん使用している場合があります。

染まりに満足していればそれでも十分なのですが、もし染まりにくい/染まらないとお悩みの際には塗布量を増やすようにしてみてください。

塗布量が少ない場合には1回で十分染めることができず、「薄くしか染まらない」という結果になります。

メーカーが表示している使用回数はあくまでも目安程度に考えてください。

メーカーはどちらかというと「たくさん使用できる=コスパが良い」部分を強調したいので、使用できる回数を多めに表示している場合があります。

 

私が美容室でお客様にヘアマニキュアを塗布する際には、「記載されている使用量の1.5倍~2倍ぐらい」を使用しています。

薄く染めても結局染まらなかったら、その回のカラーリングはほとんど無駄になってしまいます。

少しもったいなく感じるかもしれませんが、たっぷり塗布して1回でしっかり染めた方が色持ちするので、結果的にはお得に使用できます。

 

自分が思うよりもたっぷりと塗布しましょう。

放置時間が短い

市販のヘアマニキュアは早いもので、放置時間が5分。他のものでも10分ぐらいの放置時間がほとんどです。

これは「手軽にさっと染められる」という部分を強調したいため、短めに時間を設定している場合もあります。

しっかり染めることを前提に考えるならば、できれば15分~20分ぐらいは放置時間を置いた方がベストです。

(※だからといってあまり長時間放置してもヘアマニキュアはあまり効果がないので、必要以上に長時間置く必要はありません。)

 

◆色落ちが早いと感じる際には、10分ぐらい放置時間を延長してみてください。

待ち時間の間に、ヘアマニキュアが乾燥している

塗布後は髪にふんわりとラップを巻いて、放置時間を過ごしましょう。

これには2つの効果があります。

  • ヘアマニキュアの乾燥を予防する
  • 頭皮の熱を利用し、染色力アップする

 

待っている間にヘアマニキュアが乾燥すると、浸透を妨げ、染まりが不十分になってしまいます。

乾燥を予防するためにラップをしてあげてください。

またラップを巻くことで、頭皮からの地熱を利用することができます。

ヘアマニキュアも他のカラー剤と同様に温めると染色力がアップするので、そういった意味でもラップはおすすめです。

選択した色が薄い(明るすぎる色)

ヘアマニキュアはシャンプーとともに色落ちしていくものなので、最初からちょうどいい色合いを選んでいると、「すぐに色落ちする」といった感想になる場合があります。

◆そういった際には色落ちする分を考えて、1段暗めの色選びをすることも大切です。

染まりにくい髪質

ヘアマニキュアに限ったことではありませんが、どのカラー剤でも「染まりにくい髪質」があります。

上記に挙げたことを意識しても改善が見られない場合は、次のことを試してみてください。

  • 塗布量を増やす
  • 放置時間を増やす
  • 暗めの色を選択する
  • 再チェックを入念に行う
  • 先にシャンプーしてから塗布する
  • 二度染めを行う

髪が汚れている

洗い流さないトリートメント、ヘアオイル、スタイリング剤、皮脂汚れなどが髪に残っていて、これらがヘアマニキュアの浸透を妨げている場合があります。

ヘアマニキュアに限らずヘアカラーする際の一番最適な状態は、シャンプー後(トリートメントなし)のすっぴん髪の状態です。

◆髪に余計なものが残っている・付着している際には、面倒でも一度シャンプーしてからカラーリングするようにしましょう。

 

ヘアマニキュアを少しでも長持ちさせたい場合は、色落ち防止対策を

まずは「きちんと染められるようになること」が大前提です。

しっかり塗れていないと、たとえ今から紹介する方法を試しても、「もともと薄染まり」なので色持ちしにくいと思います。

「きちんと中まで塗布する」「たっぷり塗布する」「長めの放置時間を取る」が実践できてから、今から紹介する方法を併用すると、よりヘアマニキュアの効果を引き出すことができます。

  • シャンプーはアミノ酸系のものを使う(洗浄力が弱いもの)
  • リンス/コンディショナー/トリートメントは使わない方が色持ちしやすい
  • シャンプー後はすぐに乾かす
  • 水や汗に注意する
  • カラーシャンプーを併用する

シャンプーはアミノ酸系のものを使う(洗浄力が弱いもの)

市販の安いシャンプー(石油系界面活性剤のもの)は洗浄力がありすぎて、ヘアマニキュアの色が余計に落ち過ぎてしまいます。

シャンプー時の色落ちを極力減らすためには、アミノ酸系シャンプーやヘアカラー専用シャンプーなど、洗浄力がマイルドなものを使用するようにしましょう。

リンス/コンディショナー/トリートメントは使わない方が色持ちしやすい

リンス/コンディショナー/トリートメントはヘアマニキュアと性質が似ていて、これらを洗い流す際にヘアマニキュアも一緒に色落ちしやすくなります。

ショートヘアで髪のダメージが少ない場合などは、リンス/コンディショナー/トリートメントなどを使用せずにシャンプーのみでも良いかも知れません。

 

■ シャンプーのみで仕上げたい場合には、以下のようなオールインワンシャンプーが便利です。

haru 黒髪スカルプ プロ シャンプー

 

しかしミディアム~ロングヘアの場合、髪のダメージが大きい場合など、リンス/コンディショナー/トリートメントが必要になるかもしれません。そういった場合には、しっかり洗い流すことを意識しましょう。

⇒ リンス/コンディショナー/トリートメントは少しヌルヌル感が残るぐらいに洗い流す方が質感良くなりますが、次にシャンプーする際に色落ちを促進させてしまうので、洗い流しはしっかりする方がいい。

シャンプー後はすぐに乾かす

ヘアマニキュアは濡れている際に色落ちしやすい性質がありますので、お風呂上がりは濡れた髪で放置せず、すぐに乾かす方が色落ちを減らせます。

また髪は濡れている時は物理的なダメージに弱いので、髪のダメージを予防するためにも、早く乾かす方がおすすめです。

水や汗に注意する

ヘアマニキュアは濡れていると色落ちしやすいので、

  • プールに入る
  • 半身浴や長風呂が好き
  • 髪を湯船につけている
  • よく汗をかく
  • 帽子をかぶる

といった場合には、色落ちしやすい傾向にあります。

プールに入ったり、お風呂に入ったり、汗をかいたりすることは仕方がないかも知れませんが、こういったことを知っておくだけでも若干意識するので、少しは違うかも知れませんね。

ヘアマニキュアの色持ちに限らず「湯船に髪をつけることは状態を悪化させる」ので、まとめるなどしてなるべく湯船に髪をつけないようにしましょう。

カラーシャンプーを併用する

利尻カラーシャンプー(白髪染めシャンプー)のイメージ画像

こちらの方法はどちらかというと、裏技になります。

ヘアマニキュアが色落ちするのを完全には止められないので、「色落ちする分をカラーシャンプーで補う」と確実に色持ちさせることができます。

カラーシャンプーだけで白髪を染めようと思うとイマイチ物足りないですが、こういうケース(色持ちさせたい場合)に使えば最適です。

 

白髪染めしながらハリコシ作るにはヘアマニキュア「まとめ」

白髪染めしながらハリコシを取り戻したい場合は、「脱色剤不使用の白髪染め」を選ぶことが大切です。

脱色することで髪がダメージしてしまうからです。

ダメージした髪は空洞化することで、本来の強さを発揮できなくなります。

頭頂部がペタンとしやすくなったり、ボリュームが出なくなったり、ヘアスタイルのまとまりが悪くなったりします。

 

さらに、白髪染めで頭皮トラブルを抱えている場合には、髪の発育にも良くありません。

  • 頭皮がヒリヒリして痛い
  • 赤く腫れたり、痒みがある

このような場合には頭皮に負担がかかり、健康的な髪が育ちにくいのは想像できると思います。

 

これらは脱色剤が悪さをしているからです。

脱色剤なしでも白髪染めできるのが、「ヘアマニキュア」です。

 

ヘアマニキュアは「頭皮につけないように塗布する白髪染め」なので、頭皮に対する影響を心配する必要もありません。

髪を傷めないので、本来のコシを取り戻すことができます。

マニキュアのコーティング効果で、ハリコシを強化することもできますし、ツヤツヤの仕上がりにもなります。

 

頭皮につけないように塗るのには若干の慣れが必要、明るく染められないというデメリットもありますが、これらをクリアしてしまえばとても素晴らしい白髪染めです。

何度か使用すれば塗るのにも慣れますし、白髪が増えてきた際にはブラウン色などを選べばそこそこ明るく染めることもできます。

髪のダメージや頭皮トラブル、ボリューム等にお悩みの際はぜひ一度挑戦してみてください。

 

ヘアマニキュアにもいろいろありますが、白髪がしっかり染まって、ハリコシ効果も見込めるものはこちらのものになります。

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • 髪が傷まずツヤツヤな仕上がり
  • 10分でもしっかり染まる
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

【新発売キャンペーン中 ¥2,500】最安値購入先

 

以上、「白髪染めしながらハリコシ作りたいならヘアマニキュア」という内容でした。

 

⇒ 白髪染め 他の体験談はこちら

⇒ ヘアカラー いろんな体験談

 

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

 

■ ヘアカラートラブルがある際のセルフカラーには「ノンジアミンカラー」、白髪染めなら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がおすすめ

 

【市販カラーや美容室の白髪染めを長持ちさせる方法】「すぐ落ちる…」と諦める前にヘアカラー用シャンプー、紫シャンプー、洗い流さないトリートメント、紫外線ケアオイルで対策!

ヘアカラーの理想的な間隔・頻度・最低期間の目安は?疑問に一挙回答⇒セルフカラー/白髪染め/おしゃれ染め/ブリーチ/黒染め/リタッチ期間/パーマ/縮毛矯正など

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ