お客様の声

弱酸性パーマのビフォーアフター 01 [ロング]

  • 「弱酸性パーマって何ですか?」
  • 「通常のパーマより髪にいいんですか?」
  • 「どんな髪でも大丈夫ですか?」

という質問をいただくことがあります。

今回はパーマモデルさんにご協力いただきましたので、実際のビフォーアフター画像を確認しながらチェックしてみてください。その方が分かりやすいかなと思います。

まずは簡単に「弱酸性パーマ」の特徴をご説明します。

 

弱酸性パーマ、弱酸性縮毛矯正のイメージ画像

「弱酸性パーマ」とは?

特徴

ダメージの大きな要因となるアルカリ剤を取り除き、髪やお肌と同じ弱酸性の薬剤を使用するパーマです。現在使用されているものの中では、低刺激で一番痛みにくい部類の薬剤になります。

「弱酸性パーマ」が優しい理由

  • 弱酸性パーマは施術の際に髪を膨潤させたり、キューティクルを無理に開く必要がありませんので、それによるダメージを与えることがありません。
  • またダメージの原因になるアルカリ剤を使用していないので、パーマの後にアルカリが髪に残留しダメージを与えてしまうといったことがありません。
  • お肌と同じ弱酸性なので刺激が少なく、頭皮への負担を減らすことができます。
  • 多くの人が一度は経験したことがある、パーマ液特有の「ツン」としたアルカリ剤による刺激臭もありません。

こういった理由から「弱酸性パーマは低刺激で髪や体に優しい、ダメージの少ないパーマ」ということができます。

  • すでにダメージしてしまった髪へ
  • ヘアカラーしている髪へ
  • 優しいパーマをお探しの人へ

ぴったりなのが「弱酸性パーマ」です。

 

「弱酸性パーマ」のメリット

  • 髪のダメージを減らすことができる。
  • 髪や頭皮に優しい。低刺激。
  • ヘアカラーしている髪に最適なパーマ剤。
  • 柔らかい質感。ナチュラルな感じに仕上がる。

「弱酸性パーマ」のデメリット

  • 「髪が傷んでない健康毛」や「パーマがかかりにくい髪質」へは、パワー不足の時がある。

 

「弱酸性パーマ」のビフォーアフター

髪質データ

  • [髪の太さ] 普通
  • [ 毛 量 ] 普通~やや多い
  • [ クセ毛 ] 大きなうねり
  • [ダメージ] やや有り
  • [髪の長さ] ロングヘア

カウンセリング

  • 以前のパーマが取れてきているので、またパーマをかけたい。
  • 長さはあまり変えたくないので、痛んでいる毛先を中心にカットしてほしい。
  • なるべくダメージを減らしつつパーマがしたい。
  • 手入れが楽なパーマがいい。

 

弱酸性パーマ(前)

弱酸性パーマのビフォーアフター画像01

知り合いのご紹介で、今回パーマモデルにご協力くださいました。ありがとうございます。

以前パーマをかけていて、それが徐々にゆるくなってきているところですね。ちょうどパーマをしたいと思っている時に、モデルの話しが入ったみたいで、お互いにグッドタイミングです。

パーマのお手入れが上手で、まだまだキレイに仕上がっていますね。

パーマがゆるくなってくると、いつもよりやりづらい時が多くなりますので、もう少ししっかり目にパーマをかけて、カールを出しやすいようにしていきます。

カットは毛先とボリューム調整を中心に行うことにしました。

  • 以前のパーマが残っていてパーマがかかりやすいこと
  • パーマのお手入れが上手なこと
  • ツヤ感を損ないたくないこと

などの理由から、あまりレイヤーを入れすぎないようにと、毛先を軽くしすぎないように意識してカットしています。

 

弱酸性パーマ(後)

弱酸性パーマのビフォーアフター画像01 弱酸性パーマのビフォーアフター画像01 弱酸性パーマのビフォーアフター画像01

カールが毛先の方にしか残っていなかったので、もう少し上の方、中間ぐらいからかけるようにしました。

お手入れがしやすい大きめカールに仕上がるように巻いています。

弱酸性パーマは通常のパーマよりも柔らかい仕上りです。乾かす時にカールが大きくなっていくので、通常のパーマよりも1段階小さめのロット(髪を巻きつける器具)を使用しています。

髪が濡れている時は少し強めにかかっているぐらいの方が、ちょうど良い加減です。今回はしっかり目にかけたかったので、少し熱で温めるようにしました。

ざっと髪を乾かして、最後に手でクルクルと内巻きにネジると、キレイにカールを出すことができます。

この方法を覚えておくと、パーマがゆるくなってきた時でも、カールを出すことができるので便利です。パーマをかけている人はぜひやってみてくださいね。

??弱酸性パーマのアフター画01弱酸性パーマのアフター画像01?

 

「弱酸性パーマ」の感想

弱酸性パーマの感想01・お客様の声・口コミ

パーマがけっこう強くかかってていい感じ。
さわったらキシキシしてなくてうれしい。
時間が長くなってもダメージレスのがうれしいです!!
めっちゃ痛むパーマはしたくない。

 

関連記事

「弱酸性パーマ」ではかかりにくい人には、「低アルカリパーマ」を使用します。

あわせて読みたい
低アルカリパーマのビフォーアフター 01低アルカリパーマのビフォーアフターです。 今回は『岩﨑』が担当しました。(^o^) 低アルカリパーマとは... 低アルカリパ...

自然素材にこだわって作られているパーマもあります。

あわせて読みたい
「オーガニックパーマ」とは? なんと「95%」が自然由来成分の「オーガニックパーマ」 「お肌や頭皮に優しいものでパーマをしたい!」そんな声から生まれたのが、この...

パーマの仕組みや種類について書きました。

あわせて読みたい
パーマのワインディング中
「パーマの仕組み」についてパーマは1液と2液(1剤と2剤)を使用する方法が一般的です。2つの種類を使用するので、2浴式と呼ばれます。 1液と2液を冷たい状態で使...
あわせて読みたい
パーマの種類について 『デジパーと普通のパーマは何が違うんですか?』 『エアウェーブとデジパーって、どう違うの?』 仕事中によく質問されます^^...
あわせて読みたい
「エアウェーブ」とは? | パーマの種類を解説パーマの仕組みは、こちら。 エアウェーブとは... 機器を使用してパーマをかけるシステムです。 髪を巻いて形状を記憶させる器...
あわせて読みたい
「デジタルパーマ」 | パーマの種類を解説パーマの仕組みについては、こちらをご覧ください。 エアウェーブの説明は、こちらをご覧ください。 デジタルパーマとは... デ...
関連記事
弱酸性パーマのビフォーアフター 02  弱酸性パーマのビフォーアフターです。   弱酸性パーマとは。。。 ダメージの原因となりやすいアルカリ剤を取り除いたもので、髪や頭皮と同じ弱酸性で刺激が少なく、髪にもカラダにもやさしくパーマをすることができます。現在美容室が取り扱うことができるパーマ剤の中では、弱酸性タイプが一番マイル...
低アルカリパーマのビフォーアフター 01 低アルカリパーマのビフォーアフターです。 今回は『岩﨑』が担当しました。(^o^)   低アルカリパーマとは... 低アルカリパーマは、ダメージの原因となるアルカリ剤の使用を最小限に抑えたものです。髪への負担が少なく、よりダメージを抑えたパーマをすることができます。髪を伸ばしてい...
弱酸性パーマのビフォーアフター 06 弱酸性パーマのビフォーアフターです。 今回は『岩崎』が担当しました。(^o^)   弱酸性パーマとは... 弱酸性パーマは、髪や頭皮と同じペーハーの優しいパーマ剤を使用します。そのため髪にも身体にも負担が少なく、よりダメージレスなパーマをかけることができます。髪を伸ばしている最...
弱酸性のパーマ ビフォーアフター05  弱酸性パーマのビフォーアフターです。   弱酸性のパーマとは... 弱酸性のパーマは、髪や頭皮と同じペーハーのとっても優しいパーマ剤を使用します。そのため髪にも身体にも負担が少なく、よりダメージレスなパーマをかけることができます。髪を伸ばしている最中の人や、お肌が敏感な人、パーマのダ...
弱酸性パーマのビフォーアフター 09 弱酸性パーマのビフォーアフターです。 今回は『岩﨑』が担当しました。(^o^)   弱酸性パーマとは... 弱酸性パーマは、髪や頭皮と同じペーハーの優しいパーマ剤を使用します。そのため髪にも身体にも負担が少なく、よりダメージレスなパーマをかけることができます。髪を伸ばしている最...