草木染め(ボタニカルカラー)のイメージ画像

草木は葉、枝、樹皮、幹などに、豊かな色を宿しています。

それらの色が熟成する時期を見極め、天然素材で染める「草木染め」

1000年以上にも及ぶ日本古来の染色技術をヘアカラーに応用したのが、植物生まれの自然派ヘアカラー「ボタニカルカラー」です。

 

合成染料では表現できない透明感のある優しい色。

染めた後の褐色がゆるやかで濁りのない美しい色。

草木に含まれる成分が、髪をいたわりながら上質な質感をつくります。

草木染めの「特徴」と「メリット・デメリット」

メリット

  • 草木を利用する100%天然のカラーリング用トリートメント。
  • 草木から抽出される天然色素を利用。
  • 髪を傷めない。体にやさしい。
  • 素材の特徴を活かした、透明感のある上品な仕上がり。
  • 色を重ねても濁ることなくクリア。
  • カラーリング後の退色がゆるやか。
  • ジアミンアレルギーでも染められる。

デメリット

 

草木染めは脱色剤などの化学的なものを使用していないので、これ単体ではトリートメントにはなりますが、髪を明るくできません。

草木染めを利用して明るく染めたい場合は、ノンジアミンの「クリアカラー」と一緒に使用します。

クリアカラーとは草木染めにピッタリのカラー剤で、化学染料を一切せずに草木染めの天然色素を利用しながら、明るく染めることができます。

この2つのヘアカラーを組み合わせることで、アレルギーがある人、敏感肌の人、体を心配される人でも安心して染められる、安全性の高いカラーリングをお楽しみいただけます。

 

草木染めは透明感のある淡い色合いが特徴です。

色を重ねても濁ることなく、クリアな色を表現できることが長所です。

しかし、白髪染めのような濃い色が出せないので、白髪を隠すことができません。

これらの理由から草木染めは、おしゃれ染めでナチュラルで優しいヘアカラーをお探しの人や、ジアミンアレルギーがある人などへ最適なヘアカラーと言えます。

草木染め「原料」と「色見本」

草木染め(ボタニカルカラー)の原料と説明

どんな人が「草木染め」に向いているの?

ここからの説明は草木染め単体の使用ではなく、「クリアカラーと併用しておしゃれ染めをするケース」を想定しています。(一番多い使用パターン)

おすすめな人

  • 自然素材で髪を染めたい人。
  • ナチュラルで優しいヘアカラーがしたい人。
  • ダメージの少ないヘアカラーをしたい人。
  • ジアミンアレルギーがある人。
  • 妊婦さん、授乳期のママさん。

不向きな人

  • 白髪染めがしたい人。
  • 黒染めしたい人。
  • 植物アレルギーがある人。

スタジオ・ココの「ヘアカラーに対しての取り組み」

どのヘアカラーにも必ずメリット・デメリットがあります。

今の所「このカラー剤があれば、すべてのお客様のニーズを満たすことができる」というヘアカラーはありません。

この現状でお客様により満足していただくためには、様々なヘアカラーを取り揃え、ご希望に合うものを選択する必要があります。

■ナチュラル系のカラーがしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラー / 香草カラー色葉(いろは) / オーガニックカラー / 草木染め

■ノンジアミンの「おしゃれ染め」を楽しみたい

ノンジアミンカラー / トリートメントカラー / クリアカラー / 草木染め

■カラーアレルギーがあるけど「白髪染め」がしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラー色葉 / ヘアマニキュア

■とにかく髪が傷まないカラーがしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラーMD / 香草カラー色葉 / ヘアマニキュア

また各ヘアカラーを組み合わせて使用すると、それぞれが持つ良さを最大限に活かすことができます。

長所を活かし、他のカラー剤の短所を補うこともできます。(⇒ オーダーメイドカラー

これらの理由からスタジオ・ココでは様々なヘアカラーを取り扱い、現状での最高のカラーリングができるように励んでいます。

ヘアカラーでお悩みの際は、当店を一度お試しください。お客様のお役に立てることができれば幸いです。

 

どのヘアカラーが良いのか分からない時は、ご来店時にご相談いただくか、こちらの「メニューの選び方」をご参考ください。

ビフォーアフターで仕上がりをチェック!

髪のデータ

  • [髪の太さ] やや細め~普通
  • [毛量] 多い
  • [クセ毛] あまりなし
  • [ダメージ] 毛先にかけてのダメージ
  • [レングス] ロングヘア

草木染め+クリアカラー [前]

クリアカラー+草木染め(前)クリアカラー+草木染め02(前)

 

根元1cmぐらいが新生部分で、毛先はやや明るめです。

いつもアッシュ系にしているということで、今回は草木染めでそれに近い仕上がりになるようにしました。

草木染めの「藍(あい)色」を使って、ブルー系のアッシュを作ります。

 

草木染めと相性の良い「クリアカラー」で根元1cmのリタッチ部分を明るく染めつつも、毛先は草木染めでトリートメント&染色しました。

髪を伸ばしている最中ということなので、髪を傷めない草木染めはピッタリですね。

すでにダメージして傷んでいる髪へも、ヘアケアしながらカラーリングを行うことができます。

今回は、カットはせずにカラーリングのみの施術になります。

草木染め+クリアカラー [後]

クリアカラー+草木染め(後)クリアカラー+草木染め02(後)

 

藍色がほんのり入って少し落ち着いた感じに見えますが、明るさはそのままキープしてあります。

草木の天然トリートメント効果でパサつきを抑え、広がる髪をまとまりやすく改善できました。

草木染めは、ふんわり柔らかい質感が特徴です。

ほのかに色づく、透明感のある上品な仕上がりになりましたね。

 

草木染めは回数を重ねるほどに、その良さを増していきます。

何度染めてもその部分は傷まないんです。

普通カラーは染めれば染めるほど傷みますよね。

草木染めは染めても染めても、毎回ツヤツヤに仕上がります。

ほんと自然の力はすごいです。

 

クリアカラー+草木染め03(後)

 

写真はざっと手で乾かしただけの状態です。

初めて草木染めをされる時は、ご自身でも分かりやすいように、なるべく髪の素の状態を見てもらうようにしています。

もちろん、フラッシュ撮影はしていません。ストレートアイロンもしていません。洗い流さないトリートメントも足していません。

ごまかしのきかない、本当に素の状態を見てもらいたいからです。

 

ツヤ感たっぷりに仕上りました。

スタイリングをしていないので、誰がブローしてもこういう感じに仕上がります。

簡単でキレイですね。

他の仕上がりもチェック!

⇒ 草木染めのビフォーアフター [まとめ]
⇒ 全メニューのビフォーアフター

画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

草木染めの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 1》草木染めとクリアカラーのビフォーアフター02-2(後) [ロング]草木染めとクリアカラーのビフォーアフター03-2(後) [ロング]草木染めの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 4》草木染めとクリアカラーのビフォーアフター 05 [ショート~ミディアム、アシンメトリーのボブ]草木染めとクリアカラーのビフォーアフター 06

お客様の声・口コミ

草木染め後の感想 4 [お客様の声・口コミ]

■すごくしっとりしていて、ツヤも出てました。ギシギシ感もなく良かったです!

あと香りも良いです。カラーの時はまた来たいです。

カラーがすごく良かったので、カットも次はしてみたいなと思いました。

 

■とても自分でも気に入りました。

ツヤ、髪の軽さを感じることができた。ダメージなどは感じない。

今回のヘアカラーは自分に似合うと思うので、次も同じ風にしたいと思う。

Q & A | 草木染めの疑問にお答えします

どういう時にこの草木染めを選べばいいの?

  • ノンジアミンでおしゃれ染めがしたい時
  • ジアミンアレルギーがある場合
  • なるべく自然素材でヘアカラーがしたい時
  • 髪のダメージが気になる時
  • カラーリングのダメージを減らしたい時
  • お肌に優しいカラーリングがしたい時
  • 妊娠中や授乳期の時

などが良いのではないでしょうか。

ジアミンアレルギーがあるけど染められますか?

はい、大丈夫です。ジアミン染料を使用しないので、ジアミンアレルギーの人へもカラーリングができます。

まれにジアミン染料だけにアレルギーがあるのではなく、植物に対して、またはヘアカラー自体にアレルギーがある人があります。

そういった場合は、この草木染めでも合わない場合があることに、ご留意ください。

染まりや色持ちはどうなの?

白髪染めはできないので、おしゃれ染めの場合の説明をいたします。

「染まり」は、しっかりと薄い色で染まります。

草木染めの特性上、淡い色合いで着色するので、しっかりと時間を置いても濃く暗い色になることがありません。

透明感のある淡い色合いが特徴です。

 

「色持ち」は、もともと淡い色合いなので、色落ちはほとんど感じないと思います。

通常のヘアカラーですと、カラーリング後1~2週間で色落ちが激しいですが、そういったことはありません。

ゆっくりと色落ちしますが、植物染めの方が髪への吸着が良いと思います。

したがって、淡い色が長持ちするという感じになります。

 

もし濃い色をご希望でしたら、ノンジアミンではなくなりますが、同じ植物性ヘアカラーの「香草カラー」をおすすめします。

こちらでしたらしっかり着色するので、濃い色も淡い色も、どれぐらい強く着色するのかも、自由に変更することができます。

染める間隔・頻度はどれぐらいがいいですか?

伸びてきた所(プリン状態)の気になり具合によって答えが変わりますが、大方の目安としてお答えします。

  • プリン状態が気になりにくい人は、2~4ヶ月間隔でも良いと思います。
  • プリン状態が早く気になる人は、1~2ヶ月ぐらいの間隔を目安に考えてみてください。

カラーの頻度・間隔について詳しく書いた記事がありますので、よろしければ一度ご確認ください。

カラーリング中や後に「刺激」や「かゆみ」を感じます。これはかぶれなんでしょうか?

原因は2つ考えられます。

  1. 植物、もしくはヘアカラー使用成分に対するアレルギー反応
  2. 脱色剤の刺激に対する反応(アレルギーではない)

 

(1)は施術中・施術後に「かゆみ」「かぶれ」「腫れ」といった症状が見られます。ヘアカラーに対してのアレルギー反応で、悪化すると危ないので、今後のカラーリングはおすすめできません。

(2)は施術中に頭皮が「しみる」「かゆい」「あつい」という感じが起こることがあります。これは脱色剤の刺激に対する反応で、(1)と比べると、まだ対策を取ることができます。

「頭皮につけない」「脱色剤が少ない暗めの色を選択する」などです。

どういった反応を起こしているのか自分では分かりにくいと思いますので、担当美容師に相談するのが良いと思います。

草木染めで黒染めはできますか?

いいえ。草木染めでは濃い色で染めることができないので、トーンダウンや黒染めなどのカラーリングを行うことができません。

髪に優しいヘアカラーで黒染めができるものをお探しでしたら、ノンジアミンではないですが、同じ植物性カラーの「香草カラーMD」を使えば、髪を傷めずに黒染めができます。

よろしければ、一度ご検討ください。

妊婦(妊娠初期~妊娠後期)ですが、草木染めをしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。草木染めの植物性天然染料は、妊婦さんでも使用することができます。

妊娠初期やつわりの時など、体調がいつもより敏感になっていますので、体調の良い時を選んでするようにしてください。

草木染めでも心配なようでしたら、頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、カウンセリング時などにご相談ください。

産後授乳中ですが、草木染めしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。産後の授乳期などは草木染めに限らず、どのヘアカラーでも施術を行って良いことになっていますので、草木染めでももちろん大丈夫です。

お肌の刺激を減らしつつカラーリングできるので、産後の体調が敏感な時や、授乳期などのママさんにはぴったりだと思います。

体調の良い時を選んで、カラーリングをするようにしてください。

頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、ご心配でしたらカウンセリング時などにご相談ください。

施術した当日の夜に、シャンプーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。最近は毎日のシャンプーが当たり前になってきているので、洗わないと気持ち悪いと思います。

いつもと同じようにお手入れをしてください。

草木染めは淡い色ですが色持ちしますので、1度や2度のシャンプーで大量に色落ちしてしまうことはありません。ご安心ください。

ご案内 | 料金・クーポン・ご予約

スタジオ・ココに初めてご来店される方へ、お試しいただきやすいようにトライアル・クーポンをご用意いたしました。

ご来店の際は、ぜひご利用ください。

当店は「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

1回だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望んでおられるのは、今だけではなく将来にわたって

「キレイになりたい」「キレイを維持したい」

ということだと思います。

そのためには髪だけでなく、頭皮や体の健康もとても大切になります。

取り扱うメニューは、わたしたちが納得したものを厳選しておりますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。