オーガニックカラーのイメージ画像「エッセンシティ シュワルツコフ」

  • 敏感肌なので、低刺激なヘアカラーを使いたい。
  • 肌の刺激を減らしたいので、無添加が多い方がいい。
  • 素材に配慮しているヘアカラーを使いたい。
  • カラー剤のツンとした刺激臭が苦手。

これらはヘアカラーによくある悩みです。

カラーリング一回だけだとそこまで気にならないですが、毎回毎回くり返していると、「なるべく優しいヘアカラーを使いたい」と思うのは自然な流れです。

特に30代40代以降に、こういう傾向が強くなります。

  • 髪が痩せてきて、ダメージしやすくなった。
  • 頭皮ケアにも意識を向けるようになった。
  • 以前よりも健康を気遣うようになった。

こういった悩みをサポートできるのが、エッセンシティ・オーガニックカラーです。

  • 約89%が天然由来
  • 防腐剤不使用、4つの無添加
  • 認定済オーガニック成分使用

20代では見た目の仕上がりが優先されがちですが、年齢とともに変化する悩みには、確かな品質のヘアカラーが安心できるのではないでしょうか。

自然派ヘアカラー「オーガニックカラー」をご紹介します。

おしゃれ染めも白髪染めもできる「エッセンシティ・オーガニックカラー」とは?

オーガニックカラーのイメージ画像「エッセンシティ シュワルツコフ」

<シュワルツコフより>

なんと「89%」が自然由来成分でできたヘアカラー

「約89%が自然由来成分からできている」という素材へのこだわりで安全性を追求、安心してカラーリングを続けられるようにと開発されたヘアカラーです。

これからもずっと続けるヘアカラーだからこそ、肌や体に優しいものを使いたい。

そんな声から生まれたのが、この「オーガニックカラー」です。

化学成分を最小限にとどめ、オーガニックエッセンスや自然由来成分を積極的に取り入れた結果、なんと「約89%」が自然由来で出来上がったヘアカラーです。

 

太陽の光にさえ過敏にアレルギー反応を起こしてしまう時代です。

絶対安心できるものはないに等しいですが、それでも可能な限り化学的なものを排除し、信頼性の高い原料を使用することで安全性を追求しています。

「ヘナじゃなくて、脱色剤入りのカラー剤なんだから、化学的なのは仕方ない」という今までのイメージを打ち破って、脱色剤入りのカラー剤でも「約89% が自然由来のヘアカラー」という驚くべき製品に仕上がっています。

オーガニックカラー のコンセプトは「安心・安全」「クオリティー」

ヘアカラーで頭皮がヒリヒリした経験ありませんか?

オーガニックカラーは低刺激なので頭皮の刺激を軽減、ヘアカラーのツンとした刺激臭がないので、施術中のあの嫌な臭いを我慢しなくても大丈夫です。

  • 施術中の嫌な匂いから開放された
  • 頭皮の刺激が楽になった
  • カラーリング中でも快適に過ごせる

との声もお客様から多くいただきます。

オーガニックやナチュラル志向の製品によくみられる「オーガニックや天然なのはいいんだけど、使い勝手が良くない!」ということのないように、クオリティーにも妥協していません。

エッセンシティ・オーガニックカラーの特徴

オーガニックカラーのイメージ画像「エッセンシティ シュワルツコフ」

  • 約89% が自然由来成分(平均値)
  • カラーの色数が豊富で多彩な表現が可能
  • おしゃれ染め~白髪染めまで幅広く対応
  • 低アルカリ処方でダメージを軽減
  • お肌に優しい、低刺激
  • 植物性トリートメントを使用
  • カラーリング時の刺激臭がない

4つの無添加(不使用成分)

「シリコン/鉱物油/パラベン/合成香料」不使用

明るい白髪染めもしっかり染まって低刺激。

ノンシリコンや防腐剤不使用なのも好感が持てます。

くり返しカラーリングしていると、こういった積み重なりも気になるところです。

刺激臭がないのも嬉しいですね。

 

香草カラーをしている時にも「匂いが全然しない」と、喜びの声をもらうことが多くあります。

ちょっとしたことですが、カラー剤の強い匂いや、ツンとした刺激臭が嫌いな人も案外多いのではないでしょうか。

オーガニックカラーに使用される成分

オーガニック成分

エッセンシティ・オーガニックカラー(成分:ザクロ)エッセンシティ・オーガニックカラー(成分:グリーンティー)エッセンシティ・オーガニックカラー(成分:ゴジベリー)エッセンシティ・オーガニックカラー(成分:アロエベラ)エッセンシティ・オーガニックカラー(成分:マルーラオイル)

【オーガニック ザクロ】 女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンを多く含み、髪をすこやかな状態に導きます。

【オーガニック グリーンティー】 雑菌の繁殖を抑えることで消臭作用があり、頭皮をすこやかに保ちます。

【オーガニック ゴジベリー】 り返しのパーマやカラーによる毛髪のダメージを補修して、しっとりすこやかな髪へと導きます。

【オーガニック アロエベラ】 乾燥した毛髪内部へうるおいを与えると共に頭皮をすこやかに保ちます。

【フェアトレード マルーラオイル】 損傷した髪に弾力を与え、保護し、うるおいを与えます。

 

厳選された頭皮ケア・毛髪保護成分

エッセンシティ・オーガニックカラーに使用される成分

【ローズマリー】 <頭皮ケア成分> 地中海沿岸を原産地とする。抗酸化・抗炎症作用があり、古くから薬に使われている。

【キンセンカ】 <頭皮ケア成分> 地中海沿岸を原産地とする。うるおいを与え、しっとりとさせる効果を持つ。

【甘草】 <頭皮ケア成分> 多年草のマメ科の植物である「甘草」の根は抗炎症作用があり、頭皮の炎症を和らげる働きがある。(※ 9レベルおよびハイリフトに配合)

【シアバター】 <毛髪保護成分> シア種子の胚から得られる植物性脂肪。オレイン酸を豊富に含み、毛髪を補修し、ツヤとうるおいを与える。

【アプリコットオイル】 <毛髪保護成分> あんずの種から抽出した天然オイル。うるおい感のあるなめらかな仕上がりを与える。

【ビーズワックス】 <毛髪保護成分> 働きバチが巣を作る際に分泌するロウ。巣を精製して取り出す。ツヤとうるおいを与える。

<シュワルツコフより>

オーガニックカラーに配合されているこれらの成分は、

  • 頭皮を刺激から保護するため
  • 髪をダメージから守るため
  • 髪や頭皮にうるおいを与えて保湿するため
  • ツヤを引き出すため
  • リラクゼーションのため

などに役立てられています。

オーガニックカラーの色見本(おしゃれ染め&白髪染めカラーチャート)

Schwarzkopf(シュワルツコフ)は色彩表現に強みがあるブランドです。

オーガニックカラーといえども、おしゃれ染め~白髪染めまで多彩なカラーリングができます。

また選べる色も豊富で、発色がキレイなカラー剤です。

オーガニックカラー「エッセンシティ(essensity)」のおしゃれ染め色見本

オーガニックカラー「エッセンシティ(essensity)」の白髪染め色見本

他のオーガニックカラーとの違いは?

たった数%だけしかオーガニック成分を配合しないヘアカラーもある中で、自然由来成分約89%というこだわり抜いたヘアカラーです。

オーガニック製品によくありがちな「優しさを優先しているので、デメリット部分は我慢してください。」といった使いづらさがない。

たとえば、、、

  • 明るくできない
  • 色を選べない
  • 草っぽいニオイがある
  • 染めるのに時間がかかる
  • 染まりにくくて、色落ちしやすい

これらはのことは、シュワルツコフのオーガニックカラーならすべて解決できます。

 

シュワルツコフはヘアカラーメーカーとして歴史があり、発色の美しさには定評があります。

色彩表現に強みがあるブランドなので、仕上がりがキレイ。

商品を発売して終わりではなく、リニューアルを重ねて今なお進化し続けている。

 

またシュワルツコフのオーガニックカラーを選ぶことで、自身の健康や安心に配慮できるだけでなく、環境への配慮や社会貢献にまで参加できます。

  • 生分解性に優れた成分を使用
  • 生態系を崩さない植物性原料を使用
  • エアゾール不使用
  • シュワルツコフの社会貢献活動への一助となる

オーガニックカラーの「メリット・デメリット」

<メリット>

  • おしゃれ染め〜白髪染めまで幅広いカラーリングに対応。
  • カラーバリエーションも豊富。
  • 約89%が天然由来。素材に配慮しているヘアカラー。
  • 防腐剤(パラベン)無添加。
  • 肌に優しい低刺激処方。
  • 髪のダメージを減らす低ダメージ処方。
  • ツンとした刺激臭なし。100%天然エッセンシャルオイルの微香タイプ。
  • オーガニック認定された確かな成分使用。
  • 天然成分での頭皮ケア、頭皮保護。
  • オーガニック製品にありがちな物足りなさがない。

<デメリット>

  • 幅広いニーズや白髪染めにも対応するため、ジアミン染料は使用している。
  • ジアミンアレルギーの場合は使用できない。トリートメントカラーがおすすめ)
  • 植物成分たっぷりなので、まれに植物に反応する人がいる。

オーガニックカラーはどんな人におすすめ?

  • オーガニック製品で「おしゃれ染め」がしたい。「明るい白髪染め」がしたい。
  • 素材に配慮しているヘアカラーを使いたい。
  • 敏感肌なので、低刺激なヘアカラーを探している。
  • 髪のダメージが気になる。
  • 頭皮への刺激が気になる。
  • ヘナでは物足りない。(明るくできない、色が選べないなど)
  • ニオイの少ないヘアカラーを探している。(施術中の刺激臭や後に残る匂いが気になる。)

オーガニックカラーの仕上がりをビフォーアフター画像でチェック

髪質のデータ

  • [髪の太さ] 普通~やや太め
  • [毛量] 多い
  • [クセ毛] ストレートヘア
  • [ダメージ] あまりなし
  • [レングス] ショートヘア

カウンセリング内容

カットのご希望は、普段はご自分でセルフカットをされていて、

  • 自分ではやりづらい後ろの部分を軽くして欲しい。
  • 全体のバランスを整えて欲しい。

とのことです。

カラーリングのご希望は特になかったのですが、毛先の色が抜けていたのでそこの補色を行うのと、少し季節感も取り入れて赤系の色をすることにしました。

 

今回はオーガニックカラーを根元の伸びてきた部分(リタッチ部分)に使用し、毛先には香草カラーMDといって、傷まないカラー剤があるので既染部にはこれを使いました。

頭皮には「ゼロタッチ」といって、頭皮につけないカラーリング方法をしています。

カラー剤を頭皮につけるのが気になる方、敏感肌の方、などにおすすめのカラーリング方法です。

オーガニックカラー (前)

オーガニックカラーのビフォーアフター 01オーガニックカラーのビフォーアフター 02オーガニックカラーのビフォーアフター 03

 

根元2cmぐらい伸びてきています。

毛先の色が抜けて、やや黄色っぽくなってますね。

 

セルフカットをどのようにしているのかカラーリング中に伺ってみると、スキバサミで全部カットしているそうです。すごく器用でビックリしました。

私は美容師ですけど、「スキバサミだけでカットしてちょうだい!」ってオーダーされてもできません。

途中で冷や汗かきながら「ハ、ハ、ハサミくれ~」って叫ぶかも。

カラーリング中に妙に関心しました(笑)

 

オーガニックカラーのビフォーアフター 04

 

頭皮につけない「ゼロタッチ」でカラーリングするので、それのビフォーの状態です。

根元が伸びてるのも確認できますね。

 

オーガニックカラー、香草カラーの薬剤 01

 

今回使用したヘアカラーです。

「オーガニックカラー」と「香草カラー」

 

オーガニックカラーは「安心」「安全」「クオリティ」がコンセプトで、脱色できるカラー剤としては驚異的な「約89%が自然由来のものから作られた」ロハスなカラー剤です。

 

今回使用した香草カラーMDは、髪が傷まないカラー剤です。

毛先の既染部をダメージさせることなくカラーリングを行えるのでチョイスしました。

傷んでいる毛先も改善したいのでサラッとタイプの香草トリートメントも組み合わせて使用しています。

香草カラーは上品な色合いが好評で、今回は透明感のある淡いレッドをイメージして作りました。

 

これらのカラー剤を髪の部分部分で塗り分けて使用します。

一人一人の髪の状態、アレルギーの有無、頭皮につけるつけないなど、カスタマイズしてオーダーメイド式でカラーリングを行います。

この辺りが当店の強みですね。

 

頭皮につけないカラーリング 「ゼロタッチ」

 

ゼロタッチの塗りあがりです。

頭皮にはつけていません。

オーガニックカラー(根元)と香草カラー(既染部分)の質感の違いが分かりやすいですね。

 

香草トリートメントだけでなく香草カラー自体にも、植物成分で髪を強化する働きがあるので髪質改善を促します。

ここからラップして、所定時間おいて、仕上がりをチェックします。

オーガニックカラー (後)

オーガニックカラーのビフォーアフター 施術後01オーガニックカラーのビフォーアフター 施術後02オーガニックカラーのビフォーアフター 施術後03

 

カット&カラーが終わりました。

カットは、全体的な長さはさほど変えてないのですが、後頭部の丸みを作るのと、えり足のボリュームを削りました。

スキバサミでカットしてあったので、全体的に毛先が軽くなってたところを、適切に厚みを作ってメリハリをつけました。

 

オーガニックカラーのビフォーアフター 施術後04頭皮につけないカラーリング 「ゼロタッチ」 施術後01

 

ゼロタッチのアフター画像です。

根元まで染まっているのが確認できますね。

カラーの色はほんのりと赤みが出るように仕上げています。

 

ダメージを抑える様にカラーリングしているので、ツヤがよく出ました。

今回のカラーリング方法ですと、根元のリタッチ部分以外は、たとえ全体をカラーリングしても傷むことがありません。

退色している髪の補色に最適です。

他の仕上がりもチェック!

画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

オーガニックカラー「お客様の声・口コミ」

オーガニックカラーの感想・お客様の声 01

カラー液の見た目からつややかで、塗った時点でも、カット中でもしっとりしなやかで、髪に馴染んでいる感覚がありました。

ムラなくキレイに染まって、皮膚への刺激も感じないストレスのない自然な仕上がりに、思わず笑みがこぼれました。

定期的にカラーリングお願いしたいです。ありがとうございました。

オーガニックカラーの感想 02

オーガニックカラーの意味をよく知らなかったので、知れました!

いい感じに仕上がりました。カラーでのダメージは感じていないです。またしてみたいですね!

髪の毛にも負担をかけなさそうなので良いと思いました!

オーガニックカラーの感想・お客様の声 03

初めてカラーモデルをしたのでどんな風になるかなと思ってましたが、お店の雰囲気も良くて、お店の方もイメージを聞いてくれてアドバイスしてくださったので、とてもいい感じに仕上がりました。

髪の毛が傷んでいたけど、施術後はすごくサラサラになりました。ツヤも出て良かったです。

カラーが髪や頭皮に優しいものだと聞いて、ダメージも今回ないように思います。

頭にプツッとできたりしやすいので、今度もこのカラーをしたいなと思いました。ありがとうございました! (^o^)

オーガニックカラーに関する「Q&A」

オーガニックカラーで髪色を暗くすることできますか?黒染めできますか?

はい、大丈夫です。

オーガニックカラーは白髪染めにも対応しているので、「明るい髪を暗くすること」も「黒染め」もできます。

しかしこういった場合は、当店では香草カラーの取り扱いもありますので、そちらを使った方がダメージレスな施術ができます。

オーガニックカラーと香草カラーを組み合わせて施術する「オーダーメイドカラー」というメニューもありますので、どのタイプのヘアカラーを使うと一番良い仕上がりになるのか、カウンセリング時にもご提案させていただきます。

オーガニックカラーの色持ちはどうですか?早く色落ちしないですか?

オーガニックカラーは天然染料ではなくジアミン染料を使用しています。

なので、色持ちはしっかりとありますし、色落ちも非常に少ないヘアカラーです。

一般的なおしゃれ染めや白髪染めと同じように考えていただいて大丈夫ですので、ご安心ください。

オーガニックカラーはノンジアミン?ジアミンアレルギーでも染められますか?

残念ながら、オーガニックカラーはノンジアミンではありません。

幅広い人やニーズに対応できるようにジアミン染料は使用しています。なので、ジアミンアレルギーがある場合は使用できません。

オーガニックカラーは「ナチュラル素材をたっぷり使用して、髪や頭皮に優しく染める」「ヘナよりも使い勝手が良く、明るいカラーリング~白髪染めまで対応する」がコンセプトのヘアカラーです。

ジアミンアレルギーに対応するために作られたカラー剤ではありません。

 

当店には色々なメニューがありますので、ジアミンアレルギーの場合は「香草カラー色葉」か「天然100% ヘナ&ハーブカラー」や「トリートメントカラー」などを選ぶと、白髪染め・おしゃれ染めどちらのケースにも対応できます。

⇒ 詳しくは「メニューの選び方」をご参考ください。

オーガニックカラーは染まりにくい、白髪が染まらないと聞いたことあります。

オーガニックカラーは草木染めなどの天然染料を使用するヘアカラーではなく、ジアミン染料を使って着色しています。

なので、よく染まり、色持ちもしっかりとあります。

白髪もしっかりと染まりますので、ご安心ください。

匂いが臭いヘアカラーは嫌です。オーガニックカラーはどうですか?

オーガニックカラーは合成香料不使用で、その代わりに100%天然のエッセンシャルオイルを香り付けに使用しています。

また微香タイプとなっていますので、匂いに敏感な方でも快適に過ごせるかと思います。

オーガニックカラーと香草カラーの違いを教えてください。

オーガニックカラーと香草カラー、どちらも天然由来成分をたっぷりと使用していたり、防腐剤不使用だったり、似た性質のヘアカラーです。

違いをここに挙げておきます。

  • 【オーガニックカラー】は香草カラーよりも天然由来成分の使用率が高い。色の表現が上手なブランドですので、多彩なカラーリングが可能。仕上がりはふわりしなやか。
  • 【香草カラー】はハリコシが得られる、ゆえにトリートメント効果も実感しやすい。明るく染めない白髪染めなら、全く傷まない施術もできる。

どういう場合にどちらのヘアカラーを選んだら良いのか、一例をここに挙げておきます。

  • 【オーガニックカラー】 天然由来成分をできるだけ多く配合したものでヘアカラーしたい場合。よりファッション性の高いカラーリングがしたい場合。
  • 【香草カラー】 施術後にハリコシ効果が欲しい場合。白髪だけ染まればいいので、なるべく髪を傷めたくない場合。

こういった選び方が良いのではないでしょうか。

カウンセリング時にご提案もさせていただきますので、ご安心ください。

オーガニックカラーでもかゆい/かぶれることがあります。どうしてですか?

原因は2つあります。

  • 植物に反応している。
  • ジアミン染料に反応している。

エッセンシティ・オーガニックカラーは、天然由来成分をたくさん使用しているヘアカラーです。

⇒ そのため配合される植物成分の一部に反応している場合があります。

エッセンシティは幅広いニーズや白髪染めにも対応するため、ジアミン染料は使用しています。

⇒ そのジアミン染料に対して反応している場合があります。

かぶれたりかゆみがある場合は、体に合っていないので、残念ですがエッセンシティの使用はやめましょう。

ジアミンアレルギーがある場合だと、トリートメントカラーで代用できますのでそちらをおすすめします。

植物アレルギーの場合だと、イチゴカラーがダメージ少なく色持ちも良いのでおすすめです。

オーガニックカラーした後、きしむ感じがあります。

エッセンシティ・オーガニックカラーではこういったフィードバックをいただいたことがありませんので、他のオーガニックカラーではそういった仕上がりになるのかもしれません。

エッセンシティは仕上がりの質感が良いのでキシミを感じにくいですが、もし仮にきしむ感じがあるようでしたら、それを緩和するトリートメントを使うこともできます。

キシミが気になる際は、カウンセリング時にお伝えください。改善方法をご提案させていただきます。

妊娠中ですが、オーガニックカラーなら大丈夫ですか?授乳中はどうですか?

オーガニックカラーは従来のヘアカラーと同じで、妊娠中は使用できません。

妊娠中のヘアカラーには、「ヘナ&ハーブカラーヘアマニキュア香草カラー色葉トリートメントカラー」などをご利用ください。

出産後や授乳中などは、どのヘアカラーを使用しても大丈夫ですので、オーガニックカラーもご利用いただけます。

 

ご案内 ◇ 髪と体に優しい姫路市の美容院「スタジオ・ココ」

当店に初めてご来店される方へ「お試しクーポン」をご用意いたしております。ご来店の際にご利用ください。

当店では「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

その日1日だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望まれるのは、

今だけではなく将来にわたって「キレイになりたい」「キレイを維持したい」

ということだと思います。

 

そのためには髪のダメージケアはもちろん、頭皮や体の健康もとても大切になります。

わたしたちが取り扱うメニューは、自分たちでも色々と調べて納得したものを厳選していますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

ネット予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター