髪のイメージ画像

ヘアカラーするとアレルギー反応を起こす場合があることは、多くの人がご存知だと思います。

アレルギーを引き起こす原因として、「ジアミン染料」があります。

アレルギー原因となりえるジアミン染料を取り除き、その代用として安全性の高い「化粧品染料」を使用したものが「トリートメントカラー」です。

 

また「脱色剤」「色」「トリートメント」「2剤」などを組み替えられるので、髪の状態に合わせてより細かく調整でき、従来のヘアカラーよりもダメージの少ないカラーリングができます。

トリートメントカラーだと「より安全に、より優しく、より低ダメージで」カラーリングが楽しめます。

トリートメントカラーならジアミンアレルギーでもおしゃれ染め&白髪染めOK

  • 安全性の高い化粧品染料を使用。ノンジアミン染料。
  • ジアミンアレルギーでもカラーリングできる。
  • 色彩も豊富。
  • 「おしゃれ染め」も「白髪染め」も可能。
  • シャンプーの度に少しずつ色落ちする。
  • 色持ちは1~2ヶ月。

トリートメントカラーは安全性の高い「ノンジアミン染料」を使用

多くのヘアカラーはジアミン染料を使用しているので、一旦ジアミンアレルギーになると使用できませんが、トリートメントカラーはノンジアミン染料なのでジアミンアレルギーでもカラーリングできます。

染料には「HC染料」「塩基性染料」を使用します。これらは安全性が高いため化粧品染料に分類されます。

トリートメントカラーは脱色剤を組み合わせるので、おしゃれ染めも白髪染めもOK

  • おしゃれ染めOK
  • 白髪染めOK

市販のカラートリートメントは暗い色しかできませんが、当美容院ではこれに脱色剤を組み合わせられるので、おしゃれ染めも白髪染めもできます。

デメリットはシャンプーの度に色落ちすること

メリットが多いトリートメントカラーですが、一方でメリットもあります。

染まりにくくて、色落ちが早い」ことです。

シャンプーする度に少しずつ色落ちしていくので、ジアミン染料を使用するヘアカラーと比べて、色落ちが早くなります。

  • おしゃれ染めは、今まで通りの色持ち。
  • 白髪染めは、1~2ヶ月の色持ち。

おしゃれ染めは明るい髪色のため、もともと濃い色を配合していません。そのためトリートメントカラーでも従来のヘアカラーと同じぐらい色持ちしてくれます。

濃い色に染める白髪染めの場合は、色落ちを感じやすいため約1~2ヶ月ほどの色持ちになります。

トリートメントカラーは髪に合わせてカスタマイズするから「低ダメージ」

従来方式のカラーリングは「既存の中から選ぶだけ」

ヘアカラーは1剤と2剤の組み合わせで、仕上りの明るさや色を決定します。

2剤は1剤の活性剤なので、明るさや色を決めるのは1剤になります。

今までのヘアカラーでは「この色にしたいから、この1剤を使う」という方法でした。

 

例えば、今日のお客様のご要望は、、、

  • 控えめの明るさで柔らかい色をご希望されているので、オレンジブラウンの「7OB」を使おう。
  • 明るめのアッシュを希望されているので、「12AB」にしよう。
  • 赤みを消したマットな質感がほしいので「10MB」にしよう。

などといったチョイスを担当美容師がします。

 

従来方式のメリットは、簡単で失敗が少ない

この従来方式のメリットは、メーカーが「この色(1剤)を使ったら、この仕上りになりますよ」とレシピを作ってくれているので、仕上りの計算が誰にでも簡単で分かりやすく、カラーリングの失敗を減らすことができます。

 

従来方式のデメリットは、どの美容院で施術しても同じ

一方でデメリットは、同じカラー剤を使用するなら、どこの美容院で施術しても同じ仕上りになります。

髪のダメージに対しては、2剤の選択ができる点では市販カラーより良いですが、トリートメントカラーと比べるとカスタマイズ性が少なく、余計なダメージを減らすことができません。

トリートメントカラーは「組み合わせる」カラーリング方法

トリートメントカラーのデメリット、使いこなすには経験が必要

トリートメントカラーは髪の状態や希望する仕上がりに合わせて、カスタマイズして使うヘアカラーです。

そのデメリットとしては、組み合わせをマスターするには経験が必要で、はじめから誰にでも簡単にできるわけではないことです。

 

トリートメントカラーのメリットは、カスタマイズ性が高くより低ダメージ

「脱色剤」「色」「トリートメント」「2剤」などを組み替えられるので、より細かく調整でき、従来のヘアカラー方式よりもダメージを減らすことができます。

また色も組み合わせて作るので、より多彩なカラーリングができます。

トリートメントカラーは使いこなすのは難しいが、より低ダメージで幅広いカラーリングが可能なヘアカラー。

明るさコントロールすることが、ヘアカラーのダメージ低減につながる

従来ヘアカラーは「見た目以上に傷んでいる」

従来のヘアカラーは、「7OB」「10MB」「12AB」といって、1剤を選ぶことで明るさと色を決めます。

この方法だと、明るさと色の濃さが固定されてしまうので、髪の下地となる色が必要以上に明るくなってしまいます。

<従来式ヘアカラーで10レベルに仕上げる場合>

  • 「12レベルまで脱色し、着色し2レベル下げて、仕上りが10レベル」という作業をしています。
  • 仕上りは10レベルですが、髪の下地は12レベルであり、髪のダメージも12レベル分傷んでいます。
美容室では髪の明るさをレベルで表します。黒髪で5レベル、金髪は13レベル、数が上がるほど髪色も明るくなります。

1~2週間ほどして色落ちすると、もとの12レベルの明るさに戻ってしまいます。

退色した髪が明るくなり、黄ばんで見えるのはこのためです。

なぜ仕上がりの髪色以上に「下地を明るくしている」のか?

理由は3つあります。

  • 着色することで、髪色が暗くなるから。
  • 仕上がり以上に明るくしておいて着色する方が、繊細でキレイな色味にできるから。
  • 塗りムラが起こっても隠しやすいから。

トリートメントカラーは下地を明るくし過ぎないから「低ダメージ」

トリートメントカラーでは「明るさ」と「色の濃さ」を分けて作れます。

髪色を仕上がりちょうどの明るさにしておいて、薄く着色すれば暗くなることもありません。

このカラーリング方法だと、従来式ヘアカラーと比べて2レベル分のダメージを削減できます。

<トリートメントカラーで10レベルに仕上げる場合>

  • 10レベルまで脱色し、薄く着色すれば、仕上りは10レベルのまま。
  • 従来ヘアカラーの12レベルまで脱色する方法と比べて、2レベル分のダメージがなくなります。

トリートメントカラーはアレルギー対応できる以外にも、ダメージを減らす工夫ができるのも大きなメリットといえます。

どんな人が「トリートメントカラー」に向いているの?

  • ジアミンアレルギーだけどおしゃれ染めがしたい。白髪染めがしたい。
  • ダメージの少ないヘアカラーを探している。
  • 頭皮や体へ配慮したヘアカラーがしたい。
  • 匂いの少ないヘアカラーを探している。

ビフォーアフターで仕上がりをチェック!

髪のデータ

  • [髪の太さ] 普通
  • [毛量] 普通
  • [クセ毛] ゆるいうねりのくせ毛
  • [ダメージ] ダメージ毛
  • [レングス] ショートヘア

カウンセリング内容

  • 「ハイライト&ローライト」を入れているので、その部分を残したい。
  • 明るい髪色をキープしたい。
  • オリーブみたいなマット系色が希望。
  • カットはなし。

トリートメントカラー(前)

トリートメントカラー・CTFカラー01(前)トリートメントカラー・CTFカラー02(前)トリートメントカラー・CTFカラー03(前)

かなり明るめですね。根元は1cmぐらいが新生毛。

ハイライト&ローライトが入っています。パーマもときどきするとか。

そんなこんなでかなりハイダメージで、毛先は枝毛が多い状態です。

1ヵ月ほど前にだいぶん傷んだところをカットしたみたいです。

 

今回スタジオ・ココではトリートメントカラーのみの施術です。

カットはなし。

カラーだけでどこまで直せるのか、挑戦してみましょう!

これぐらいのダメージヘアになってしまうと、枝毛は絶えず出やすい状態です。少し伸びたら毛先だけでもトリムカットする方が質感良く仕上がります。

今の髪の状態は、根元・中間・毛先の3段階で染まりが違っていて、それにハイライト&ローライトが混じって、ムラが強調されています。

トリートメントカラー(後)

トリートメントカラー・CTFカラー01(後)トリートメントカラー・CTFカラー02(後)トリートメントカラー・CTFカラー03(後)トリートメントカラー・CTFカラー04(後)

ハイライト&ローライトを残しつつ、マット系で明るさをキープしながら、少し落ち着いた感じに仕上げました。

色褪せて黄色っぽい部分がなくなるだけても、見た感じのダメージ感はずいぶん減りますね。

 

いつも通りヘアアイロンや洗い流さないトリートメントを使用せずに、ごまかしなしの状態で撮影しました。

手でざっと乾かしただけ、素髪の状態です。

フラッシュ撮影もしていませんが、かなりツヤツヤに仕上がりましたね。手触り感もGOOD!

他の仕上がりもチェック!

画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

トリートメントカラーのビフォーアフター01(後) [ミディアム]トリートメントカラーのビフォーアフター03(後) [ロング]トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 4》トリートメントカラーのビフォーアフター05-2(後) [ロング]トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 6》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 8》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 10》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 11》トリートメントカラーのビフォーアフター12(後) [ショート]白髪染めトリートメントカラー 《ビフォーアフター 13》トリートメントカラーのビフォーアフター 15 [ロング]トリートメントカラーのビフォーアフター 16トリートメントカラーのビフォーアフター 17トリートメントカラーのビフォーアフター 18

お客様の声・口コミ

トリートメントカラーの感想・お客様の声 15

来たときの自分のイメージがすごく変わっていて嬉しかったです。

指通りもよくなって、ドライヤーをした後もサラサラ感が見て分かったので、今回のモニターに選ばれて良かったです。

カラーをしてダメージをそんなに受けてなかったので、すごいと思いました。

トリートメントカラーの感想・お客様の声 16

いつもは思い通りのカラーにならないのに、ここは想像以上のカラーになってお気に入りです!

髪もサラサラでツヤもあって大満足です♪

トリートメントカラーの感想・お客様の声 17

施術後は髪がツヤツヤになったのが、見ただけですぐ分かりました。

触るとトリートメントをした時みたいに指通りが良かったです。カラーによるダメージは全くなく、カラーをした事で髪にツヤが出ました。

天使の輪も出て感動しました。次もここでカラーをしてみたいと思いました。

カラーをする度に髪がキレイになっていくのは素敵だから、リピートしようと思います。

トリートメントカラーの感想・お客様の声 17

丁寧に説明して下さり、メッシュが入ってるのを活かしてカラーして下さり、すごく良い色になりました。

またヘアカラーをしてもらいたいです。

ご案内 ◇ 髪と体に優しい姫路市の美容院「スタジオ・ココ」

当店に初めてご来店される方へ「お試しクーポン」をご用意いたしております。ご来店の際にご利用ください。

当店では「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

その日1日だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望まれるのは、

今だけではなく将来にわたって「キレイになりたい」「キレイを維持したい」

ということだと思います。

 

そのためには髪のダメージケアはもちろん、頭皮や体の健康もとても大切になります。

わたしたちが取り扱うメニューは、自分たちでも色々と調べて納得したものを厳選していますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

ネット予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター