きれいな髪のイメージ画像

ヘアカラーに対してアレルギー反応を起こす人がいることは、多くの人がご存知だと思います。

アレルギーを引き起こす原因として、「ジアミン染料」があります。

アレルギー原因となりえるジアミン染料を取り除き、その代用として安全性の高い「化粧品染料」を使用したものが「トリートメントカラー」です。

従来のヘアカラーよりも、より安全に、より優しく、カラーリングを楽しめます。

トリートメントカラーは、髪の状態に合わせて作るヘアカラー

アルカリカラー剤(おしゃれ染め・白髪染めなどの一般的なヘアカラー)は1剤と2剤の組み合わせで、仕上りの明るさや色を決定します。

2剤は1剤の活性剤なので、明るさや色を決めるのは1剤になります。

今までのヘアカラーでは「この色にしたいから、この1剤を使おう」といった選択方法でした。

 

例えば、今日のお客様のご要望は、、、

  • 控えめの明るさで柔らかい色をご希望されているので、オレンジブラウンの「7OB」を使おう。
  • 明るめのアッシュを希望されているので、「12AB」にしよう。
  • 赤みを消したマットな質感がほしいので「10MB」にしよう。

などといったチョイスを担当美容師がします。

 

この従来方式のメリットは、メーカーが「この色(1剤)を使ったら、この仕上りになりますよ」とレシピを作ってくれているので、仕上りの計算が誰にでも簡単で分かりやすく、カラーリングの失敗を減らすことができます。

一方でデメリットは、同じカラー剤を使用するなら、どこで施術を受けても同じ仕上りになります。

髪へのダメージに対しては、2剤の選択ができるという意味では市販のホームカラーよりは良いですが、トリートメントカラーと比べるとカスタマイズ性が少なく、余計なダメージを減らすことができません。

 

トリートメントカラーではお客様の髪質、現在の髪の状態、仕上がりの明るさや色を計算し、

  • 脱色剤
  • トリートメント

などを組み合わせてカラーリングの薬剤を完成させます。

 

1剤の中に先に全部を混ぜて配合していれば、美容師側はカスタマイズできないので、ダメージケアも限定的にしかできません。

組み合わせで作るトリートメントカラーの場合は、様々な状況に対応することができます。

トリートメントカラーの特徴

  • 脱色剤で明るさをコントロールし、不要なダメージを減らす。
  • 「赤・黄・青・ブラウン・黒」を混ぜ合わせて、多彩な色を表現する。
  • 使用する化粧品染料の「HC染料」「塩基性染料」はお肌に優しく、それ自体がトリートメント効果がある。
  • 髪質や髪の状態に合わせてトリートメントを使い分けるので、より質感を高めることができる。

 

トリートメントカラーのメリットは、カスタマイズ性が高いので様々な状況に対応できることです。

たとえば、

  • ダメージを減らす施術を追求できる。
  • ノンジアミン染料でアレルギーや体への配慮ができる。
  • トリートメントで質感アップができる、などがあります。

 

一方デメリットとしては、各薬剤やトリートメントの特徴を把握し使いこなすのには勉強と経験が必要で、はじめから誰にでも簡単にできるというわけではないことです。

仕上りの計算が難しいので、はじめは特に失敗が多くなりやすいことです。

明るさをコントロールすることでダメージを削減

従来のヘアカラーでは、「7OB」「10MB」「12AB」といって、1剤を選ぶことで明るさと色を決めることができます。

この方法だと、明るさに合わせて色が固定されてしまうので、髪の下地となる色(アンダートーンと呼びます)が必要以上に明るくなってしまいます。

(美容院では髪の明るさを「トーン」で表します。黒髪は5トーン、金髪は13トーンなど。)

■従来のヘアカラーでは10トーンに仕上げたい場合、「まずは12トーンぐらいまで脱色し、色を着色することで2トーン下げて、仕上りが10トーンぐらいになる」という作業をしています。

■仕上りは10トーンになっていますが、髪の下地の明るさは12トーンであり、「髪のダメージは12トーンにした分だけ傷んでいる」ということです。

約1~2週間ほどして退色して色落ちすると、もとの12トーンの明るさに戻ってしまいます。

また退色した髪は傷んで見えてしまうことも、あまり好ましくありません。

 

では、一体なぜカラーリングの際にこんなことをしているか?

理由は3つあります。

  • 染める・着色することで、色が暗くなるから。
  • アンダートーンをいったん明るくしておいて、着色するほうが色をキレイに表現できるから。
  • また塗りムラが起こっても隠しやすいから。

 

トリートメントカラーでは「明るさ」と「色」を分けて作ることができるので、アンダートーンをちょうどいい希望の明るさにしておいて、着色であまり暗くならないように、薄い色を着色するといったことができます。

■たとえば10トーンの仕上りが欲しい場合では、「10.5トーンの明るさにしておいて、0.5トーンの着色をすれば、髪のダメージは10.5トーン分だけ」になります。

■着色をしないで良い場合は、10トーンの明るさにしておけば、10トーン分のダメージだけしか与えずに済みます。「従来のカラー剤と比較して1.5トーン~2トーン分のダメージを削減できる」というわけです。

トリートメントカラーは染料がノンジアミンで、アレルギー体質の人など体に優しいカラーリングできるのもメリットですが、ダメージを減らす工夫がいろいろできるのも大きなメリットといえます。

トリートメントカラーで「できること」

  • 美容師がお客様の髪の状態をチェックし、それに合わせて作るヘアカラー(=ダメージの軽減)
  • 染料にはお肌に優しい「化粧品染料」を使用。
  • トリートメントをふんだんに使用する。また化粧品染料自体もトリートメント効果がある。
  • トリートメントをたっぷり使用するので、ふんわり柔らかい仕上がりになる。
  • ジアミンアレルギーの人でもカラーリングできる。
  • 妊婦さんでもカラーリングができる。

どんな人が「トリートメントカラー」に向いているの?

  • ジアミンアレルギーでおしゃれ染めがしたい人。
  • 妊婦さん。
  • 授乳中のママさん。
  • 頭皮や体へ配慮したヘアカラーがしたい人。
  • ヘアカラーの匂いが気になる人。

ビフォーアフターで仕上がりをチェック!

髪のデータ

  • [髪の太さ] 普通
  • [毛量] 普通
  • [クセ毛] ゆるいうねりのくせ毛
  • [ダメージ] ダメージ毛
  • [レングス] ショートヘア

カウンセリング内容

  • 「ハイライト&ローライト」を入れているので、その部分をなくさないようにしたい。
  • 明るめをキープしたい。
  • オリーブみたいなマット色をご希望。
  • カットはなし。

トリートメントカラー [前]

トリートメントカラー・CTFカラー01(前)トリートメントカラー・CTFカラー02(前)トリートメントカラー・CTFカラー03(前)

かなり明るめですね。
根元は1cmぐらいが新生毛。

ハイライト&ローライトが入っています。
パーマもときどきするとか。

そんなこんなでかなりハイダメージで、毛先は枝毛が多い状態です。

1ヵ月ほど前にだいぶん傷んだところをカットしたみたいです。

 

今回スタジオ・ココではトリートメントカラーのみの施術です。

カットはなし。

カラーだけでどこまで直せるのか、挑戦してみましょう!

 

(※この状態になってしまうと、枝毛は絶えず出てきやすい状態です。少し伸びたら毛先だけでもトリムカットするほうがおすすめです。)

 

今の髪の状態は、根元・中間・毛先の3段階で染まりが違っていて、それにハイライト&ローライトが混じって、ムラが強調されています。

トリートメントカラー [後]

トリートメントカラー・CTFカラー01(後)トリートメントカラー・CTFカラー02(後)トリートメントカラー・CTFカラー03(後)トリートメントカラー・CTFカラー04(後)

ハイライト&ローライトを残しつつ、マット系で明るさをキープしながら落ち着いた感じに仕上げています。

色あせて黄色っぽくなっている部分がなくなるだけても、見た感じのダメージ感はずいぶん減りますね。

 

いつも通りヘアーアイロンや洗い流さないトリートメントを使用せずに、ごまかしの効かない状態で撮影しました。

手でざっと乾かしただけの素の状態です。

フラッシュ撮影もしていませんが、かなりツヤツヤに仕上がりましたね。

手触り感もGOOD!

他の仕上がりもチェック!

⇒ トリートメントカラーのビフォーアフター
⇒ 全メニューのビフォーアフター

画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

トリートメントカラーのビフォーアフター01(後) [ミディアム]トリートメントカラーのビフォーアフター03(後) [ロング]トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 4》トリートメントカラーのビフォーアフター05-2(後) [ロング]トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 6》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 8》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 10》トリートメントカラーの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 11》トリートメントカラーのビフォーアフター12(後) [ショート]白髪染めトリートメントカラー 《ビフォーアフター 13》トリートメントカラーのビフォーアフター 15 [ロング]トリートメントカラーのビフォーアフター 16トリートメントカラーのビフォーアフター 17トリートメントカラーのビフォーアフター 18

お客様の声・口コミ

トリートメントカラーの感想・お客様の声 15

■来たときの自分のイメージがすごく変わっていて嬉しかったです。

指通りもよくなって、ドライヤーをした後もサラサラ感が見てわかったので、今回のモニターに選ばれて良かったです。

カラーをしてダメージをそんなに受けてなかったので、すごいと思いました。

 

トリートメントカラーの感想・お客様の声 16

■いつもは思い通りのカラーにならないのに、ここは想像以上のカラーになってお気に入りです!

髪もサラサラでツヤもあって大満足です♪

 

トリートメントカラーの感想・お客様の声 17

■施術後は髪がツヤツヤになったのが見ただけですぐわかりました。

触るとトリートメントをした時みたいに指通りがよかったです。カラーによるダメージは全くなく、カラーをした事で髪にツヤが出ました。

天使の輪も出て感動しました。次もここでカラーをしてみたいと思いました。

カラーをする度に髪がキレイになっていくのは素敵だから、リピートしようと思います。

 

トリートメントカラーの感想・お客様の声 17

■ていねいに説明して下さり、メッシュが入ってるのをいかしてカラーして下さり、すごく良い色になりました。

またヘアカラーをしてもらいたいです。

Q & A | トリートメントカラーの疑問にお答えします

どういう時にこのトリートメントカラーを選べばいいの?

  • ノンジアミンでおしゃれ染めがしたい時
  • ジアミンアレルギーがある場合
  • 髪のダメージが気になる時
  • カラーリングのダメージを減らしたい時
  • お肌に優しいカラーリングがしたい時
  • 妊娠中や授乳中の場合

などが良いのではないでしょうか。

ジアミンアレルギーがあるけど染められますか?

はい、大丈夫です。

ジアミン染料を使用しないので、ジアミンアレルギーの人へもカラーリングができます。

まれにジアミン染料だけにアレルギーがあるのではなく、ヘアカラー自体にアレルギーがある人があります。

そういった場合は、このトリートメントカラーでも合わない場合があることには、ご留意ください。

妊婦(妊娠初期~妊娠後期)ですが、トリートメントカラーをしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

化粧品染料のヘアカラーは妊婦さんでも使用することができます。

妊娠初期やつわりの時など、体調がいつもより敏感になっていますので、まずは体調の良い時を選んで、無理をしないようにすることが大切です。

トリートメントカラーでも心配でしたら、頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、カウンセリング時などにご相談ください。

 

妊娠とヘアカラーについて書いた記事もご参考ください。

産後授乳中ですが、トリートメントカラーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

産後の授乳期などはトリートメントカラーに限らず、どのヘアカラーでも施術を行って良いことになっていますので、トリートメントカラーでももちろん大丈夫です。

頭皮などへの刺激を減らしつつカラーリングできるので、産後の体調が敏感な時や、授乳期などのママさんにはぴったりだと思います。

 

体調の良い時を選んで、カラーリングを受けるようにしてください。

頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、ご心配でしたらカウンセリング時などにご相談ください。

ご案内 | 料金・クーポン・ご予約

スタジオ・ココに初めてご来店される方へ、お試しクーポンをご用意いたしております。

ご来店の際は、ぜひご利用ください。

当店は「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

その日1日だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望んでおられるのは、今だけではなく将来にわたって

「キレイになりたい」「キレイを維持したい」ということだと思います。

 

そのためには髪だけでなく、頭皮や体の健康もとても大切になります。

取り扱うメニューは、わたしたちが納得したものを厳選しておりますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。