ヘアモデル(柔らかくてツヤのある髪)

おしゃれ染めのように染まる、明るい白髪染めが誕生!

今までの白髪染めといえば、あまり明るく染められないことが常識でした。

白髪をしっかり染めようとすると、暗くなる。

もしくは、明るい白髪染めをするとボカシぐらいにしか染まらず、薄染まりで白髪が光ったり、目立ったりしていました。

それがイチゴカラーの登場で、明るくてもしっかり染まる白髪染めが可能となりました。(特許技術)

 

イチゴカラーは「苺」を使用しているからそう呼ぶのではなく、ヘアカラーの1剤「1倍」に対して2剤を「5倍」混合するので、「1対5=イチゴ」と呼んでいます

従来のヘアカラーでしたら「1対1」の割合で混合しますが、イチゴカラーのこの「1対5」というのがポイントで、この配合にすることにより様々なメリットが生まれます。

  • 明るくてもしっかり白髪が染まる
  • カラーリングのダメージが従来の3分の1
  • 頭皮に対する刺激も3分の1
  • ジアミン染料も従来の3分の1

目次

イチゴカラーの特徴を解説

イチゴカラーのラインナップ(色見本)

イチゴカラーの色見本

 

ラインナップはブラウンの一種類のみですが、アッシュやオレンジ、ピンク系など他の色をしたい場合は、カラートリートメントを配合し、様々な色を作ることができます。

明るさも「暗い色~明るい色」まで幅広く対応できます。

どうして明るい白髪染めができるの?

美容師以外の人へは少し難しい話になりますが・・・

ヘアカラーの1剤に対して混ぜる2剤の量が多いことで、脱色が早く進み黒髪がより明るくなります。

また染料の発色も早めるので、白髪への定着もしっかり行われます。

 

通常ヘアカラーは1剤と2剤を「1対1」で混ぜます。

2剤を過酸化水素と呼びますが、この2剤の濃度は6%です。

1対1で混ぜると、この時の2剤の濃度は「3%」になります

(半分で割ったから3%、計算しやすいですね。)

 

イチゴカラーは1剤と2剤を「1対5」で混ぜます。

2剤6%濃度の過酸化水素を「1対5」で混ぜると、2剤の濃度は「5%」になります

 

1剤に同じ量のアルカリ剤が入っているとして、2剤の濃度が「3%」から「5%」にアップすると、その分、髪を脱色するパワーもアップし、より明るくできるということです。

(明るくなったらダメージも大きくなりそうと思いますよね。実際にはダメージを減らすことができます。その説明は次項に書きます。)

 

明るい色で白髪をしっかり染める場合には、黒髪と白髪の明暗差を減らすこと、染料の定着率を上げることが大切です。

この場合、従来のヘアカラーと比べてイチゴカラーの方が、黒髪をより明るくできるので白髪との差が減り、仕上がりの染まりムラを減らすことができます。

また、染料の定着率も良いので「白髪がしっかり染まる」という訳です。

どうしてカラーリングのダメージが3分の1になるの?

美容師なら誰でもこう感じると思います。「2剤を増やすと髪がダメージするのでは?」

この既成概念は、そもそも間違っていたということを、ヘアカラー講習会に出席した際に教えてくれました。

 

ダメージの加減を決定するのは「アルカリ剤の量」

髪をダメージさせるのは1剤に配合されている「アルカリ剤」の濃度で、2剤でアルカリ剤を希釈すればするほどダメージが弱くなります。

アルカリ剤と過酸化水素を反応させると活性酸素が発生し、ブリーチ・脱色する作用が生まれますが、この時、アルカリ剤の濃度が高いほどに、そのブリーチ・脱色作用が強くなります

  • 1剤に配合されるアルカリ剤は「アルカリ性」、2剤に配合される過酸化水素は「酸性」。
  • 1剤のアルカリ剤が多いほどに「強いアルカリ性」になり、髪のダメージが大きくなります。
  • 髪のpHは弱酸性。そこに近づくほどにダメージを減へらすことができます。

従来の「1対1」では、混合した際にアルカリ剤の濃度が高いですが、2剤の過酸化水素で希釈する量が増えるほどに、薬剤の作用をマイルドにすることができます。(=ダメージが減る)

イチゴカラーの「1対5」では、1剤に含まれるアルカリ剤が3分の1にまで希釈されるので、同じ明るさにするのでも、その分のダメージも軽減できるという理由です。

 

どれぐらい髪のダメージを減らせるのかは、単純に、「1対1」と「1対5」でカラーリングを3回、4回、5回とくり返していくと、髪のダメージ度合いを実際に確認することができます。

もちろん、5回くり返した際に髪のダメージが少ないのは、「1対5」のイチゴカラーの方です。

 

イチゴカラーは「アルカリ剤の量」「ジアミン染料の量」を濃縮しているのではない。

よく勘違いされやすいポイントですが、「希釈するのだから、その分多めに配合しているのでは?」と思われてしまいます。

「同じ明るさであれば、従来のヘアカラーと同じ量のアルカリ剤と、ジアミン染料で作られています。」 (メーカー談)

これってすごくないですか?

  • アルカリ剤の量が3分の1
  • ジアミン染料の量が3分の1

 

同じ8トーンや10トーンの明るさにするしても、その分、髪のダメージと頭皮への刺激を減らすことができるということです

 

いや~素晴らしい。

何回強調しても、したりないぐらいです。

施術をする美容師としても、施術を受けるお客様側としても、最高です。

 

いや~、素晴らしい!!!

(だから特許技術! 笑)

同じ理由から、頭皮に対する刺激も軽減される。ジアミン染料の量も3分の1に減らすことができる。

くり返しになりますが、イチゴカラーは濃縮しているわけではないので、従来のヘアカラーよりも、

  • アルカリ剤の量が3分の1
  • ジアミン染料の量が3分の1

になります。

その分、頭皮への刺激を減らすことができますし、ジアミン染料の量も減らすことができます。

一度ジアミンアレルギーになってしまった人は、いくら量が減ったからといって、ジアミン染料配合のカラーリングをしても良いという理由にはなりません。ここには注意が必要です。

これからも続けていくであろう白髪染めには、こういった配慮をしているヘアカラーがいいですね。

お肌トラブルやアレルギーリスクを、少しでも軽減できるのではないでしょうか。

じゃあ、イチゴカラーの「1対5」にするデメリットはないの?

もちろん、あります。

1つ目は、ジアミン染料の配合量を減らすことには成功していますが、まだノンジアミンで明るい白髪染めができないということです。

これは何もイチゴカラーに限ったことではないですが、他のすべての明るい白髪染めでも、ノンジアミンでしっかり染まる白髪染めができるヘアカラーはありません。

この辺りは、後々の研究開発が待たれる所です。

 

2つ目は、これはイチゴカラーを使っている経験からですが、

  • 薬剤を混合した時の化学反応スピードが早い。
  • 薬剤の反応が早いので、早く塗布しないとムラになりやすい。
  • 薬剤の反応が早いので、早く塗布しないと、白髪の染まりや色持ちに影響する
  • 熱に反応しやすい。

などです。

これらのことは、施術する美容師サイドの問題で、お客様にとってはあまり関係がないと思います。

施術する美容師がヘアカラーの経験値をアップさせて、対応できるようになれば問題解決ですね。

イチゴカラーのメリット・デメリット

メリット

  • 明るい白髪染めができる。しっかり染まる。
  • しっかり染まるので、色持ちが長続きする。
  • 特許技術で従来のヘアカラーよりも、髪のダメージを減らすことができる。
  • 特許技術で従来のヘアカラーよりも、頭皮の刺激を減らすことができる。
  • 特許技術で従来のヘアカラーよりも、ジアミン染料の量を減らすことができる。
  • 施術時のツンとした臭いがない。

デメリット

デメリットとしては、これぐらではないでしょうか。

特徴のない普通のヘアカラーをするなら、断然イチゴカラーがいいと思います。

どんな人が「イチゴカラー」に向いているのか?

おすすめな人

  • 明るい白髪染めがしたい人
  • 白髪をしっかり染めたい人
  • 髪のダメージを減らしたい人
  • 白髪の退色を抑え、色持ちを良くしたい人
  • 頭皮の刺激が気になる人
  • ジアミン染料の使用量を減らしたい人
  • カラーリングの頻度が高い人

不向きな人

  • ジアミンアレルギーがある人

スタジオ・ココの「ヘアカラーに対しての取り組み」

どのヘアカラーにも必ずメリット・デメリットがあります。

今の所「このカラー剤があれば、すべてのお客様のニーズを満たすことができる」というヘアカラーはありません。

この現状でお客様により満足していただくためには、様々なヘアカラーを取り揃え、ご希望に合うものを選択する必要があります。

■ナチュラル系のカラーがしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラー / 香草カラー色葉(いろは) / オーガニックカラー / 草木染め

■ノンジアミンの「おしゃれ染め」を楽しみたい

ノンジアミンカラー / トリートメントカラー / クリアカラー / 草木染め

■カラーアレルギーがあるけど「白髪染め」がしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラー色葉 / ヘアマニキュア

■とにかく髪が傷まないカラーがしたい

天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラーMD / 香草カラー色葉 / ヘアマニキュア

また各ヘアカラーを組み合わせて使用すると、それぞれが持つ良さを最大限に活かすことができます。

長所を活かし、他のカラー剤の短所を補うこともできます。(⇒ オーダーメイドカラー

これらの理由からスタジオ・ココでは様々なヘアカラーを取り扱い、現状での最高のカラーリングができるように励んでいます。

ヘアカラーでお悩みの際は、当店を一度お試しください。お客様のお役に立てることができれば幸いです。

 

どのヘアカラーが良いのか分からない時は、ご来店時にご相談いただくか、こちらの「メニューの選び方」をご参考ください。

「Q&A」イチゴカラーの疑問にお答えします

イチゴカラーで「おしゃれ染め」できますか?

はい。明るい色もラインナップしていますし、ライトナーといって、さらに明るくするためのカラー剤もありますので、おしゃれ染めも大丈夫です。

その際は、髪のダメージ、頭皮の刺激、ジアミン染料の量なども、白髪染めと同じように減らすことができますか?

はい、大丈夫です。イチゴカラーは明るく染めても暗く染めても、その仕組みは同じですので、従来のヘアカラーで同じ明るさにするよりも、3分の1のダメージ、ジアミン染料の量になります。

アッシュ色にできますか?

はい。大丈夫です。イチゴカラーはブラウンの一種類のみですが、カラートリートメントを配合することによって、様々な色を作ることができます。

イチゴカラーで黒染めはできますか?

はい、できます。が、黒染めにする場合でしたら脱色剤なしのヘアカラーで行う方が、ノーダメージのカラーリングができますので、香草カラーMDをおすすめします

イチゴカラーの色持ちはどうですか?

髪のダメージが減る分、色持ち良くなっています。(= 髪がダメージするほど、退色が早く、色落ちが激しい。)

イチゴカラーはノンジアミンですか? ジアミンアレルギーがありますが、染めても大丈夫ですか?

残念ならがイチゴカラーはノンジアミンではありません。ジアミン染料を使用しているので、カラーでかぶれたことがある人へは使用できません。

「ヘアカラーに対しての取り組み」にもご説明していますが、どのカラー剤にもメリット・デメリットがあります。

イチゴカラーは「アルカリ剤の量を減らして、ダメージの少ないカラーリング」「ジアミン染料の量や頭皮への刺激を減らす」がコンセプトのヘアカラーです。ジアミンアレルギーに対応するために作られたカラー剤ではありません。

ジアミンアレルギーの場合は、この「香草カラー色葉」か「天然100% ヘナ&ハーブカラー」や「トリートメントカラー」などのメニューがおすすめです。

⇒ 詳しくは「メニューの選び方」をご参考ください。

カラーリング中や後に「刺激」や「かゆみ」を感じます。これはかぶれなんでしょうか?

原因は2つ考えられます。

  1. ジアミン染料に対するアレルギー反応
  2. 脱色剤の刺激に対する反応(アレルギーではない)

 

(1)は施術中・施術後に「かゆみ」「かぶれ」「腫れ」といった症状が見られます。ヘアカラーに対してのアレルギー反応で、悪化すると危ないので、今後のカラーリングはおすすめできません。

(2)は施術中に頭皮が「しみる」「かゆい」「あつい」という感じが起こることがあります。これは脱色剤の刺激に対する反応で、(1)と比べると、まだ対策を取ることができます。

頭皮につけない」「脱色剤が少ない色を選択する」などです。

自分ではどういった反応を起こしているのか分かりにくいと思いますので、担当美容師に相談するのが良いと思います。

施術した当日の夜に、シャンプーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。最近は毎日のシャンプーが当たり前になってきているので、洗わないと気持ち悪いと思います。いつもと同じようにお手入れをしてください。

イチゴカラーは色持ちが良いので、当日シャンプーしたからといって、色落ちしてしまうことはありません。

ヘアカラーで白髪を染める間隔・頻度はどれぐらいがいいですか?

白髪の多さや気になり具合によって答えが変わりますが、大方の目安としてお答えします。

  • 白髪の出始めや少ない時期は、カラーリングの頻度は2~3ヶ月間隔でも良いと思います。
  • 白髪が多くある、または白髪が早く気になる人は、3週間~1.5ヶ月ぐらいの間隔を目安に考えてみてください。

 

カラーの頻度・間隔について詳しく書いた記事がありますので、よろしければ一度ご確認ください。

妊婦(妊娠初期~妊娠後期)ですが、イチゴカラーをしても大丈夫ですか?

残念ですが、イチゴカラーは控える方が良いと思います。

妊娠初期や妊娠中などは、いつもより体調が敏感になっています。アレルギーやかぶれを起こしやすいので、そういった反応を起こしやすいジアミン染料配合のヘアカラーはしないことをおすすめします。

妊娠とヘアカラーについて書いた記事もご参考ください。

産後授乳中ですが、イチゴカラーしても大丈夫ですか?

産後の授乳期などは、イチゴカラーでもカラーリングを行うことができます。

やはり体調がいつもより敏感になっていますので、まずは体調の良い時を選んで、無理をしないようにすることが大切です。

頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、ご心配でしたらカウンセリング時などにご相談ください。

ご案内 | 料金・クーポン・ご予約

スタジオ・ココに初めてご来店される方へ、お試しいただきやすいようにトライアル・クーポンをご用意いたしました。

ご来店の際は、ぜひご利用ください。

当店は「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

1回だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望んでおられるのは、今だけではなく将来にわたって

「キレイになりたい」「キレイを維持したい」

ということだと思います。

そのためには髪だけでなく、頭皮や体の健康もとても大切になります。

取り扱うメニューは、わたしたちが納得したものを厳選しておりますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。