ノンジアミンカラーのイメージ画像

アレルギーの大きな原因である「ジアミン染料」を使用しないカラー剤

ジアミン染料が必要とされる理由

ヘアカラーでアレルギーを起こす人の大半は、「ジアミン染料」が原因です。

それが分かっているのにまだほとんどのカラー剤、特に白髪染めでは、このジアミン染料を使用しています。

「それは一体なぜなのか?」

答えは単純で、ノンジアミン染料ではジアミン染料と同じ効果が出せず、不便で、満足いかないカラー剤になるからです。

 

ジアミン染料の特徴としては、

  • 早く染まる(待ち時間が少ない)
  • しっかり染まる(黒染めなどの暗い色も大丈夫)
  • 色持ちが良い

などがあります。

ジアミン染料を使用せずにヘアカラーすると

たとえばジアミン染料を使用せずに、白髪染めする場合を考えてみましょう。

 

ヘナで代用する場合

ヘナは植物からの天然色素を使用するので安全性が高いのですが、使用できる範囲が限定されます。

■【短時間で染まらない】 ・・・ 一般的なヘアカラーの放置時間の20分~30分では染まりが弱く、また色落ちが早く、もの足りないと感じる人が多い。白髪をしっかり染めて色持ち良くさせるには、2時間ほどの待ち時間が必要。

■【色が選べない】 ・・・ 好みの色に染めるというよりは、ヘナでできる色で我慢するという感じ。

■【明るく染められない】 ・・・ 化学的なものを使用しないので脱色効果がなく、髪が明るくならない。

 

カラートリートメントで代用する場合

カラートリートメントは、ジアミン染料の代用で化粧品染料という安全性の高い染料を使用します。

デメリットは色を選べるということ以外はヘナと同じで、「早く染められない」「色落ちが早い」「明るく染められない」といったことが挙げられます。

 

ヘアマニキュアで代用する場合

上の2つと比べると、色が選べて色持ちもある方だし、待ち時間も少ないヘアマニキュアですが、「明るく染められない」「頭皮につけて塗布できない」といったデメリットがあります。

明るい白髪染めができず、また頭皮からしっかりと塗布できないので、顔周りなどの気になりやすい部分の白髪が少し残ります。

 

どうでしょうか?

一般的なヘアカラーと比べてデメリットが気になりませんか?

 

白髪染めをしたい人の大半のニーズは、

  • 明るい白髪染めがしたい
  • 白髪をしっかり染めたい
  • 色も長持ちしてほしい

ではないでしょうか。

 

この条件を満たしていないカラー剤では不満が大きいですね。

ジアミンアレルギーがある場合などの特定の条件の人を除いて、とてもそのヘアカラーをし続けようと思わないことでしょう。

白髪染め、特に明るい白髪染めでは、まだまだジアミン染料は必要とされています。

こういった理由からジアミン染料がメインで使用されているのが現状です。

そこで登場したのが、この「ノンジアミンカラー」

ノンジアミンカラーのカラー剤

実はこの「ノンジアミンカラー」は少し前からありましたが、スタジオ・ココでは取扱いしていませんでした。

その理由としては、白髪染めとしては染まりが弱くもの足りない部分があったからです。

しかしこの度新色が発売され、白髪染めとしても実用に足りるようになりましたので、当店でも取扱を開始しました。

ノンジアミンカラーの特徴

  • ノンジアミンでは不可能だった暗い色も、ノンジアミン染料の組み合わせや染料濃度を上げることで、白髪染めができるようになりました。
  • 塗布後の待ち時間も、一般的なカラー剤と同じぐらいで早く染まります。
  • ジアミン染料ほどではないが、色持ちもあります。
  • 何よりも、明るい白髪染めがノンジアミンで可能となりました。

 

当店では、明るくしなくて良いノンジアミンの白髪染めなら、

などのメニューで代用できます。

 

それらのメニューでカバーできない、明るい白髪染めができるノンジアミンのカラー剤が必要でした。

それをこの「ノンジアミンカラー」が担ってくれます。

 

ちなみにノンジアミンのおしゃれ染めの場合は、白髪染めほど厳しい条件でなくても大丈夫なので、すでに取り扱っているメニューの中からもご選択いただけます。

などがあります。

(またこのノンジアミンカラーでも、おしゃれ染めできます。)

 

どういったカラーリングがしたいのかをお伝えくださいましたら、最適なカラーリングをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ノンジアミンカラーの色見本

ノンジアミンカラーのカラーチャート(色見本)

ノンジアミンカラーの「メリット・デメリット」

メリット

  • ジアミン染料を使用せずにカラーリングができる。
  • ノンジアミンで「おしゃれ染め~白髪染め」まで幅広く対応できる。
  • ノンジアミンでかぶれやアレルギーリスクを軽減。
  • ノンジアミンで頭皮への刺激も軽減。

デメリット

  • ダークブラウンぐらいの濃い色にはできるが、真っ黒な黒染めはできない。

どんな人が「ノンジアミンカラー」に向いているの?

  • ジアミン染料配合の白髪染めだと違和感を感じる人。
  • ノンジアミンでヘアカラーしたい人。
  • 他のノンジアミンの白髪染めで満足できない人。(明るくしたい場合とか)

Q & A | ノンジアミンカラーの疑問にお答えします

どういう時にこのノンジアミンカラーを選べばいいの?

ノンジアミンで明るい白髪染めがしたい時、おしゃれ染めがしたい時などが良いのではないでしょうか。

明るくする必要のない白髪染めは、

などがおすすめです。

染まりや色持ちはどうなの?

おしゃれ染めの場合は白髪染めと違って、もともと薄い色でカラーリングするので、染まりも色持ちも十分にあります。

白髪染めの場合はジアミン染料を使用する一般的なカラー剤ほどではないですが、十分に染まったと感じられるレベルだと思います。

白髪染めの色持ちは、カラーリングの間隔や白髪の多い少ないにもよります。(次項を参照ください。)

 

ノンジアミン白髪染めで暗くしっかり染めたい場合は、「香草カラー色葉」「ヘアマニキュア」などのメニューもおすすめです。

染める間隔・頻度はどれぐらいがいいですか?

白髪のあるなし、白髪の多さ、プリン状態の気になり具合によって答えが変わりますが、大方の目安としてお答えします。

  • おしゃれ染めの場合、プリン状態が気になりにくい人は、2~4ヶ月間隔でも良いと思います。
  • 白髪の出始めや少ない時期は、カラーリングの頻度は2~3ヶ月間隔でも良いと思います。
  • 白髪が多くある、または白髪が早く気になる人は、3週間~1.5ヶ月ぐらいの間隔を目安に考えてみてください。

 

カラーの頻度・間隔について詳しく書いた記事がありますので、よろしければ一度ご確認ください。

産後授乳中ですが、ノンジアミンカラーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

体調がいつもより敏感になっていますので、まずは体調の良い時を選んで、無理をしないようにすることが大切です。

頭皮につけないようにカラーリングする方法などもありますので、ご心配でしたらカウンセリング時などにご相談ください。

施術した当日の夜に、シャンプーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

最近は毎日のシャンプーが当たり前になってきているので、洗わないと気持ち悪いと思います。

いつもと同じようにお手入れをしてください。

ご案内 | 料金・クーポン・ご予約

スタジオ・ココに初めてご来店される方へ、お試しクーポンをご用意いたしております。

ご来店の際は、ぜひご利用ください。

当店は「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

その日1日だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望んでおられるのは、今だけではなく将来にわたって

「キレイになりたい」「キレイを維持したい」ということだと思います。

 

そのためには髪だけでなく、頭皮や体の健康もとても大切になります。

取り扱うメニューは、わたしたちが納得したものを厳選しておりますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。