ほとんどが植物成分(97.4%)からなるハイブリットタイプのヘナ&ハーブカラー

カラーでアレルギー(ジアミン アレルギー)がある人でも染められるようにと開発されたヘナベースのカラーです。ノンジアミンで染められるだけでなく、髪にツヤ・ハリ・コシを与え、くり返しのカラーリングでも安心して使い続けられるヘアカラーです。

主成分は「ヘナ&インディゴ」。色素を補うために「HC染料(カラートリートメントの染料)」を使用しています。「HC染料」とは、化粧品などに使用される顔料系のもので、ジアミン染料のようにアレルギーやカブレを起こしやすいものではなく、安全性の高い染料になります。

ヘナとインディゴだけでは「早くしっかり白髪を染められない」「好みの色を選べない」といった弱点がありますが、その弱点を安全性の高い化粧品顔料を使って補うというハイブリットタイプのヘナ&ハーブカラーです。

香草カラー 色葉 <染毛の仕組み>

配合されている植物成分

香草カラー 色葉の各色

 

ジアミンフリーだけでなく、お肌や髪を最大限にいたわる処方

カラーアレルギーの大きな原因である「ジアミン染料」を使用しないだけではなく、一般的なカラー剤に配合されているアルカリなどの脱色剤、その他様々な混合物を取り除き、シンプル処方で最大限にお肌や髪への優しさを実現。

不使用成分

  • ジアミン染料 ・・・ アレルギー要因
  • アルカリ剤 ・・・ 髪をダメージさせる
  • 過酸化水素水 ・・・ 毛髪内部のケラチンを損傷させる
  • 界面活性剤 ・・・ 肌への刺激
  • 防腐剤 ・・・ 肌への刺激
  • シリコーン ・・・ 感触改良剤
  • 香料 ・・・ 染毛には不要

香草カラー色葉でできること

  • カラーアレルギー(ジアミン アレルギー)のある人でも、白髪を染められる。
  • 天然ヘナのみを使用する場合よりも、早くしっかり染まる。
  • 天然ヘナのみよりも色味を選べる。
  • 髪を傷めないで染められる。
  • 細毛・軟毛にハリ・コシを与えることができる。
  • ダメージしている髪へのトリートメント効果。

香草カラー色葉でできないこと

  • 明るく染めることができない。(脱色剤を使用しないため)
  • 固くて太い髪質などの染まりにくい髪へは、香草カラー色葉でも役不足の時がある。

 

Q & A

香草カラーとの違いを教えて?

香草カラーは漢方ベースの植物性カラーですが、しっかり白髪を染められるようにとジアミン染料を使用しています。香草カラーにも2タイプあり、1つは「香草カラーLU」といって、脱色剤入りで髪を明るく染めることができるタイプ。2つ目は「香草カラーMD」といって、脱色剤抜きの傷まない白髪染めタイプ。

香草カラーと香草カラー色葉との大きな違いは「漢方ベース or ヘナベース」「ジアミン染料 or HC染料」になります。髪や頭皮への優しさを追求するなら「香草カラー色葉」、白髪をしっかり染めたい場合や髪を明るく染めたい場合などは、一般的なカラーよりも優しい「香草カラー」が良いのではないでしょうか。

一般的なヘナとの違いは?

一般的なヘナは、ヘナのみを使用している天然100%のヘナカラーです。もしくは、ヘナにインディゴを配合してある天然100%ヘナ&ハーブカラーです。この香草カラー色葉はヘナとインディゴに化粧品顔料であるHC染料を配合し、通常のヘナカラーよりも早くしっかりとノンジアミンで白髪を染めることができます。

「香草カラー」「香草カラー色葉」「天然100% ヘナ&ハーブカラー」どう選んだらいいの?

この3つはスタジオ・ココのメニューですが、選ぶ際の基準をご提案させていただきます。とことん天然志向でとにかく天然のものだけで染めたい場合は、「天然100% ヘナ&ハーブカラー」。天然は嬉しいけれども白髪の染まりが弱い、オレンジっぽく仕上がるのはちょっとという場合は、「香草カラー色葉」。しっかりと白髪を染めたい、もしくは明るく染めたい場合は「香草カラー」といった選び方で良いのではないでしょうか。

スタジオ・ココでは「オーダーメイドカラー」といって、単品使用のカラーリングだけではなく、各カラーを組み合わせながらより良い仕上がりになるように施術することもできます。よく分からない場合は、カウンセリング時にご相談ください。ご希望に添えられる最適なカラーリングをご提させていただきます。