ヘナカラー、ハーブカラーのイメージ画像

香草カラー色葉(いろは)の特徴

ほとんどが植物成分(97.4%)からなるハイブリットタイプのヘナカラー

カラーに対してアレルギーがある人(ジアミンアレルギー)でも染められるようにと開発されたヘナベースのカラーです。

ノンジアミンで染められるだけでなく、髪にハリ・コシ・ツヤを与え、くり返しのカラーリングでも安心して使い続けられるヘアカラーです。

香草カラー色葉で髪が染まる仕組み

メインとなるのは「ヘナとインディゴ」。

この2つの植物で髪を染めますが、これだけだと色のバリュエーションが少ないのと、染まりが弱いという弱点があります。

その弱点を補うために、「HC染料(カラートリートメントの染料)」を補助として使用しています。

 

「HC染料」とは、化粧品染料です。

ジアミン染料のようにアレルギーやカブレを起こしやすいものではなく、安全性の高い染料になります。

ヘナとインディゴだけでは「早くしっかり白髪を染められない」「好みの色を選べない」といった弱点がありますが、その弱点を安全性の高い化粧品染料を使って補うという「ハイブリットタイプのヘナカラー」です。

配合されている植物成分

■ナンバンアイ葉 ・・・ 藍色系の天然色素(インディゴ)を持ち、藍染にも使われています。香草カラー色葉では、主に染料として活躍。

■ヘナ(ヘンナ) ・・・ 赤色系の天然色素(ローソン)を持ち、香草カラー色葉では、主に染料として活躍。白髪染めやトリートメントとしても使用。

■カキ葉 ・・・ 毛包細胞の増殖促進効果から育毛効果が期待でき、またアレルギー抑制効果もあると言われる。

■カミツレ花 ・・・ 保湿効果や収れん作用などがあり、健やかな肌を維持する効果も期待できる。

■セージ ・・・ 抗酸化作用、抗菌作用、収れん作用から健やかな肌を維持する効果が期待できる。

■ウンシュウミカン果皮 ・・・ 抗炎症作用、保湿効果から毛髪の水分保持を見込め、パサつきやガサつきの緩和に期待できる。

■ローズマリー葉 ・・・ 抗菌作用があり、フケを抑える効果に期待できる。

<メーカーサイトより抜粋>

香草カラー色葉の色見本

ノンジアミンだけでなく、お肌や髪を最大限にいたわる処方

カラーアレルギーの大きな原因である「ジアミン染料」を使用しないだけではなく、一般的なカラー剤に配合されているアルカリ剤などの脱色剤、その他様々な混合物を取り除いた処方で、最大限にお肌や髪への優しさを実現しています。

7つの無添加(不使用成分)

  • ジアミン染料 ・・・ アレルギー要因になる。
  • アルカリ剤 ・・・ 髪をダメージさせる。
  • 過酸化水素水 ・・・ 髪内部のケラチンを損傷させる。
  • 界面活性剤 ・・・ 肌への刺激になる。
  • 防腐剤 ・・・ 肌への刺激になる。
  • シリコン ・・・ 髪の感触改良剤。
  • 香料 ・・・ ヘアカラーには不要。

香草カラー色葉で「できること」「できないこと」

メリット

  • ジアミンアレルギーの人でも、白髪を染められる。
  • 天然ヘナカラーの場合よりも、早くしっかり染まる。
  • 天然ヘナカラーよりも色が選べる。
  • 髪を傷めずに染められる。
  • 髪にハリとコシを与える。
  • 髪と頭皮へのトリートメント効果がある。
  • 7つの無添加で頭皮やお肌に優しい。

デメリット

※これらの弱点は、同メーカーの「香草カラーLU」や「香草カラーMD」を使用することで補えます。

詳しくは香草カラーのページをご覧ください。

どんな人が「香草カラー色葉」に向いているの?

  • ジアミンアレルギーの人で白髪染めがしたい人。
  • 天然ヘナの染まりではもの足りない人。
  • 頻繁に白髪を染める人。
  • 髪のダメージをなくしたい人。
  • 頭皮の刺激が気になる人。
  • 髪にハリ・コシが欲しい人。

Q & A | 香草カラー色葉の疑問にお答えします

「香草カラー」と「香草カラー色葉」の違いを教えて?

香草カラーは漢方ベースの植物性カラーですが、しっかり白髪を染められるようにとジアミン染料を使用しています。

香草カラーにも2タイプあり、

  • 1つ目は「香草カラーLU」といって、脱色剤入りで髪を明るく染めることができるタイプ。
  • 2つ目は「香草カラーMD」といって、脱色剤抜きの傷まない白髪染めタイプ。

があります。

 

「香草カラー」と「香草カラー色葉」との大きな違いは、

  • 漢方ベース/ヘナベース
  • ジアミン染料/ノンジアミン染料
  • 明るくできる/できない

になります。

 

髪や頭皮への優しさを追求するなら「香草カラー色葉」がおすすめです。

白髪をしっかり染めたい場合や、髪を明るく染めたい場合などは、「香草カラー」を選ぶと良いでしょう。

一般的な「ヘナカラー」との違いは?

一般的にヘナカラーとは、ヘナのみを使用している天然100%のヘナカラーか、もしくは、ヘナにインディゴを配合してある天然100%ヘナ&ハーブカラーのことをいいます。

この香草カラー色葉は、ヘナとインディゴに化粧品染料であるHC染料を配合し、通常のヘナカラーよりも早くしっかりと、ノンジアミンで白髪を染めることができます。

「香草カラー」「香草カラー色葉」「天然100% ヘナ&ハーブカラー」どう選んだらいいの?

この3つはスタジオ・ココのメニューですが、選ぶ際の基準をご提案させていただきます。

  • とことん天然志向で、とにかく天然のものだけで染めたい場合は、「天然100% ヘナ&ハーブカラー
  • 天然は嬉しいけれども白髪の染まりが弱い、オレンジっぽく仕上がるのはちょっとという場合は、「香草カラー色葉」
  • しっかりと白髪を染めたい、もしくは明るく染めたい場合は「香草カラー

といった選び方で良いのではないでしょうか。

 

スタジオ・ココでは「オーダーメイドカラー」といって、単品使用のカラーリングだけではなく、各ヘアカラーを組み合わせながら、より良い仕上がりになるように施術することもできます。

よく分からない場合は、カウンセリング時にご相談ください。

ご希望に添えられるように、最適なご提させていただきます。

ハーブカラーやオーガニックカラーとはどう違うんですか?

こちらの記事で詳しく解説しましたので、ご覧ください。

髪がギシギシといったきしむ感じがあります。どうしてですか?

香草カラー色葉で使用しているヘナは、ダメージしている部分に吸着しやすい性質があります。

施術後のきしみは髪が傷んでいるのではなく、ヘナが吸着しすぎているから起こっている現象です。

施術後に数回シャンプーすることで、きしみがなくなり手触り良くなると思います。

髪が傷んでいるわけではないので、ご安心ください。

 

初めて香草カラー色葉をする時は特にですが、髪が傷んでいるほど、施術後にはギシギシといったきしみを感じることがあります。

香草カラー色葉を続けていくと、ダメージ補修がすすみ、施術のきしみを感じることが減ってくると思います。

もしきしみが気になる場合は、ヘアオイルの量を増やしたり、手触りが良くなるトリートメントなどを混ぜることもできますので、カウンセリング時にお伝え下さい。

匂いが気になります。どうにかならないですか?

残念ですが、ヘナを使用する以上は、その匂いを取り除くことができません。

ナチュラル系ヘアカラーで匂いがほとんどないものをお探しなら、「香草カラー」「オーガニックカラー」「草木染め」をなどをご利用いただくと良いでしょう。

香草カラー色葉で白髪を染める間隔・頻度はどれぐらいがいいですか?

白髪の多さ、白髪の気になり具合、どれぐらい濃く染めたいかによって答えが変わりますが、大方の目安としてお答えします。

  • 白髪の出始めや少ない時期は、カラーリングの頻度は2~3ヶ月間隔でも良いと思います。
  • 白髪が多くある、または白髪が早く気になる人は、3週間~1.5ヶ月ぐらいの間隔を目安に考えてみてください。

カラーの頻度・間隔について詳しく書いた記事がありますので、よろしければ一度ご確認ください。

施術した当日の夜に、シャンプーしても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

最近は毎日のシャンプーが当たり前になってきているので、洗わないと気持ち悪いと思います。

いつもと同じようにお手入れをしてください。

ご案内 | 料金・クーポン・ご予約

スタジオ・ココに初めてご来店される方へ、お試しクーポンをご用意いたしております。

ご来店の際は、ぜひご利用ください。

当店は「安心・安全」を基準に使用する薬剤を取り揃えております。

ヘアカラーにしてもパーマにしても、人生を通して長いお付き合いになるものです。

その日1日だけをキレイに仕上げるのはそれほど難しくありませんが、お客様が本当に望んでおられるのは、今だけではなく将来にわたって

「キレイになりたい」「キレイを維持したい」ということだと思います。

 

そのためには髪だけでなく、頭皮や体の健康もとても大切になります。

取り扱うメニューは、わたしたちが納得したものを厳選しておりますので、安心してご来店ください。

あなたにお会いできることを、心より楽しみにしております。