ヘアマニキュアをトリートメントとして使用しました。

今マニキュアってあまり人気ないんですよ。

でも、使い方によっては役立つアイテムなので、要はどう使うかですよね。

 

ヘアマニキュアの簡単な特徴

  • サラサラした質感
  • キレイなツヤ感
  • カラーアレルギーがある人でも大丈夫
  • 髪が傷まない

などが挙げられます。

この辺はマニキュアの良いところですよね。

 

逆にマニキュアの弱点として、「トーンアップ(髪を明るく)できない」ということです。

 

髪を明るく染められないので、主な用途は白髪染めになります。

ですが今回は、トリートメントとして使用しました。

 

ヘアマニキュアはサラっとするので枝毛がある人など、髪が引っかかりやすい人へ、トリートメントとして使用することもできます。

一般的なトリートメント、もしくは集中トリートメントなどでは修復しきれない超ダメージ毛な枝毛を、ツヤを与えつつ、指通り改善させることができます。

トリートメントの効果が長続きしない人でも、マニキュアはしっかり実感出来る人が多いようです。

 

ヘアマニキュアのビフォーアフター(前)

マニキュア(前)01マニキュア(前)02

 

細めで傷みやすい髪質です。

毛先数センチが引っかかりはじめてきたので、マニキュアで指通りを改善させることにしました。

本当はダメージしている毛先を少しカットすると、さらに良くなるのですが、今回は髪を伸ばしている最中なので、伸ばす方を優先しカットはなしです。

 

ヘアマニキュアのビフォーアフター(後)

マニキュア(後)01マニキュア(後)02マニキュア(後)03

 

今回はトリートメントとして使用するマニキュアなので、クリア(ツヤ出しと指通り効果)とオレンジ(退色した毛先の補色)を使用しました。

マニキュアの特徴として、わりと色がズバッと入り奇抜な色になりやすいので、オレンジをクリアで薄めています。

 

ほのかに色が入って、柔らかい感じに仕上がりました。

ツヤ感は見ての通り、ツヤツヤです。

そのままの仕上がりを見てもらいたので、手でザッと乾かしただけです。

フラッシュ撮影もしていません。

 

サラっとした髪質が欲しい人、ツヤ感をアップさせたい人、トリートメント効果が長続きしない人など、マニキュアのトリートメントを試してみるのもいいですよ。

 

関連記事です。

ヘアマニキュアとは?ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ、セルフの使い方、コツなど

カラーリング頻度と髪の毛の痛みは比例する(ダメージを減らす方法)

妊娠初期、妊娠中、産後(授乳期)などのヘアカラーについて

 

関連記事