デジタルパーマ、ホットパーマのイメージ画像

デジパーと普通のパーマの違いは何?

エアウェーブとデジパーの違いは?

 

これ、仕事中によく質問されます(笑)

 

超、超、超、分かりやすく、簡単にいうと、

デジタルパーマ(デジパー)は「熱」を利用します。

エアウェーブは「低熱(風)」を利用します。

一般的な普通のパーマは熱を利用しません。(以降、コールドパーマと表記)

 

デジタルパーマは熱を利用しカールを固定させていくので、ブローする際に再現しやすくなります。(エアーウェーブも同じ)

髪が濡れている時よりも、乾かした時にカールが出やすいのが、「デジタルパーマ」「エアウェーブ」です。

コールドパーマは髪が濡れている状態でカールを固定させるので、濡れている時にカールが強くでて、乾かすとダレやすくなります。

 

パーマが強くかかるものを上から順に並べると、

デジタルパーマ
 ↓
エアウェーブ
 ↓
コールドパーマ

といった順番になります。

 

パーマのダメージが大きいものを上から順に並べると、

デジタルパーマ
 ↓
エアウェーブ
 ↓
コールドパーマ

といった順番になります。

 

デジタルパーマは強くかかって長持ちもするけど、ダメージが大きいパーマ。

コールドパーマはデジタルパーマほど強くかからないけど、ダメージが少ないパーマ。

エアウェーブはちょうどその中間辺り。

 

余談ですが、新規で来店されるお客様で、たまに、「デジパーって髪に優しい」と思ってる方がいらっしゃいます。

この辺りは、美容師の説明不足なんでしょうね。

(もしくは、デジパーおすすめしたいがためのセールストークかも・・・)

 

ちなみに髪に作用がマイルドなコールドパーマですが、その中でも一番優しいのが「弱酸性パーマ」になります。

どのパーマをするのかは

  • 求めるスタイル
  • 髪質
  • 髪の状況

などによって違うので、その辺は担当美容師さんに相談して決めるのがいいと思いますよ。

 

以上、パーマの種類「デジタルパーマ/エアウェーブ/普通のパーマ」の違いについてでした。