オーガニックパーマ 「エッセンシティ」

目次

オーガニックパーマとは?

「お肌や頭皮に優しいものでパーマをしたい!」そんな声から生まれたのが、この「オーガニックパーマ」です。

化学的なものの使用を最低限にとどめ、オーガニックエッセンスや自然由来成分を積極的に取り入れた結果、なんと「約95%」が自然由来成分で出来上がったパーマです。

どんなものにさえ過敏にアレルギー反応を起こしてしまう時代です。

絶対安心できるものはないに等しいですが、それでも可能な限り化学的なものを排除し、信頼できる原料を使用することで安全性を追求しています。

「パーマなんだから化学的なのは仕方ない」という今までのイメージを打ち破って、「約95% が自然由来成分でできている」という驚くべき製品に仕上がっています。

オーガニックパーマ のコンセプトは、「安心・安全」「クオリティー」

オーガニックやナチュラル志向の製品によくみられる「自然派志向なのはいいんだけど、使い勝手が良くない!」ということのないように、クオリティーにも妥協していません。

特徴

  • 約95% が自然由来成分(平均値)
  • 植物性トリートメント成分を使用
  • 2つのラインナップで幅広い髪質や、ダメージヘアに対応
  • 低アルカリ処方(=ダメージの軽減)
  • 低刺激処方
  • パーマ時のツンとした刺激臭がない
  • 香り付けには100%天然のエッセンシャルオイルを使用

オーガニックパーマに使用される自然由来成分

オーガニックカラー [エッセンシティ カラー] 天然由来成分イメージ01

 

100%天然のセージエッセンシャルオイルをはじめとして、アロエエキス、海藻エキス、ローズマリーエキスなどが使用されています。

オーガニックパーマに配合されているこれらの成分は、頭皮を刺激から保護するため、髪をダメージから守るため、髪や頭皮にうるおいを与えて保湿するためなどに役立ちます。

5つの無添加(不使用成分)

  • シリコン
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 合成着色料
  • 合成香料

 

極力省略できるものは使用しないようにし、パーマ剤に配合されている成分を少なく、シンプルな処方にしてあります。

配合成分を減らすことでお肌への低刺激性にも配慮。アレルギーやかぶれを引き起こすリスクも低減。

パーマのあのツンとした刺激臭を隠すために、よく合成香料をマスキング剤として使用しますが、天然エッセンシャルオイルをその代わりに使用しています。

こういったこだわり一つ一つはささいなことですが、小さな改善を積み重ねていくことで、やがて大きな違いになります。

オーガニックパーマの「メリット」「デメリット」

メリット

  • とにかくナチュラルにこだわったパーマ剤。約95% が自然由来成分からできている。
  • アルカリ剤の使用を減らした低刺激処方で、ダメージも軽減。
  • 2つラインナップで幅広い髪質やダメージに対応できる。
  • 植物性トリートメント成分で頭皮や髪のダメージを保護し、潤いを与える。
  • パーマ時のツンとした刺激臭がない。
  • 香料にも100%天然のエッセンシャルオイルを使用している。

デメリット

特にデメリットらしいものは今の所みあたりませんが、しいて言うなら、デジタルパーマやエアウェーブなどのホット系パーマよりもかかりが弱い(=低ダメージでパーマができる。)

オーガニックパーマよりも弱酸性パーマの方がダメージヘアに対応できる、などでしょうか。(※ボロボロの髪へパーマすること自体、おすすめではない。)

デジタルパーマ、エアウェーブ、一般的なパーマ、弱酸性パーマの違いについては、下記の「Q&A」をご覧ください。

どんな人が「オーガニックパーマ」に向いているの?

おすすめな人

  • ナチュラル志向、自然素材にこだわったものでパーマがしたい人。
  • ヘアカラー毛やダメージヘアで、パーマのダメージを減らしたい人。
  • 敏感肌でなるべく優しいものでパーマがしたい人。
  • パーマの匂いが気になる人。

不向きな人

  • デジタルパーマやエアウェーブなどのホット系パーマの強いかかり方が好きな人。
  • すでにダメージで髪がボロボロになっている人。

スタジオ・ココの「使用する薬剤に対しての取り組み」

現在美容室が取り扱う薬剤には、少なからず安全性が疑わしいものも存在しているのが実情です。

安全性が疑わしいことを知っていながら、それを隠しつつ低価格や効果を売りにして、販売するメーカーやディーラーもあります。

新しく発売されるパーマ剤や縮毛矯正剤にはよく使用される成分で、カブレやすいものもあります。

薬事法改正後の新原料です。

ダメージが少なくパーマや縮毛矯正をかけられるといった理由からです。

 

しかし、カブレるリスクをおかしてまで、パーマをかけたいでしょうか?

縮毛矯正したいでしょうか?

ダメージが少なければ、なんでも良いのでしょうか?

 

こういった問題に早くから注目し、自分たちでも情報を収集し、疑問を感じることはメーカーへの問い合わせを徹底しました。

満足いく答えがもらえない時は、そういったメーカーとの取引をやめたりして、一つ一つ納得のいくものを揃えていきました。

スタジオ・ココは他メーカー製品と比べて高価でも、良い物であれば取り入れるようにしています。

スタジオ・ココは安いからといって、品質が???なパーマ剤、縮毛矯正剤などの薬剤を一切使用しません。

どれも自信を持っておすすめできるものだけです。

 

これらのもので、現状での最高の施術ができるように励んでいます。

使用薬剤や施術でお悩みの際は、当店を一度お試しください。

お客様のお役に立てることができれば幸いです。

料金 & クーポン

ご予約

Q & A | オーガニックパーマの疑問にお答えします

他のパーマとの違いが分かりません。教えてください。

デジタルパーマ、エアウェーブ、オーガニックパーマ、弱酸性パーマの違いについて簡単にご説明します。

 

■デジタルパーマは熱を利用するパーマで、髪を巻く器具(ロットといいます)が熱くなります。それによりしっかりパーマをかけることができますが、髪のダメージは大きくなります。

■エアウェーブも熱を利用しますが、デジタルパーマではダメージが大きいという理由から開発されました。ロットから温風が出てきてパーマをかけます。

■オーガニックパーマは一般的なパーマと同じジャンルに入ります。パーマがかかる仕組みは一緒ですので、かかりや持ちなども一般的なパーマと同じぐらいです。

■弱酸性パーマは弱酸性域でパーマの施術を行うので、通常のパーマよりもダメージが少なくなりますが、かかりにくい髪質があったり、パーマが取れやすいこともありますので、使用に適した髪を選ぶ必要があります。

 

■髪が傷みやすいのは、左からダメージの大きい順に、

「デジタルパーマ ⇒ エアウェーブ ⇒ オーガニックパーマ ⇒ 弱酸性パーマ」となります。

■パーマのかかりやすさや長持ちさは、左から順に、

「デジタルパーマ ⇒ エアウェーブ ⇒ オーガニックパーマ ⇒ 弱酸性パーマ」となります。

 

パーマがかかりにくい髪質でダメージが少ない場合でしたら、デジタルパーマやエアウェーブなどでもいいですし、ダメージヘアやかかりやすい髪質の場合は、弱酸性パーマやオーガニックパーマが良いと思います。

ご自分では判断が難しいと思いますので、美容師に相談するのが良いのではないでしょうか。

どんな髪質でも大丈夫ですか?

オーガニックパーマは2つのラインナップがあり、かかりにくい髪質~ヘアカラー毛などのダメージヘアまで幅広く対応することができます。

巻き髪風のパーマがしたい場合は、より強い(=ダメージも大きくなる)デジタルパーマやエアウェーブの方が適していると思います。

ダメージしている細毛・軟毛のかかりやすい髪へは、弱酸性パーマの方が適している場合もあります。

髪のダメージがひどいです。オーガニックパーマなら大丈夫ですか?

残念ですが、施術自体をしばらく控えた方がいいと思います。

オーガニックパーマといえども、髪を傷めずにパーマができる訳ではありません。とすれば、すでにダメージがひどい髪へ、さらにダメージを重ねてしまうことになります。

超ダメージヘアのベストな対策方法は、傷んだ毛先をカットしながらヘアケアを行い、髪質が改善してくるまで施術を控えることが大切です。

オーガニックパーマの「持ち」はどうですか? すぐに取れてしまうことはありませんか?

オーガニックパーマはコールドパーマと呼ばれるジャンルに入り、パーマがかかる仕組みは、一般的なパーマと同じです。

違いはコンセプトにあり、自然素材をふんだんに使用することや、人や環境への優しさをテーマにしていることです。

なので、パーマの持ちは、一般的なパーマと同じように持ちます。ご安心ください。

くせ毛ですが、オーガニックパーマはどうですか?

これは一概には言えません。

■強いくせ毛で広がるような場合でしたら、パーマ自体をしない方が良いと思います。(今より広がって、お手入れが大変になるから)

■弱いくせ毛で、パーマをすると扱いやすくできる髪質もあります。こういった場合はオーガニックパーマなどでも対応することができます。

ご自身では判断が難しいと思いますので、担当美容師に相談するのがいいと思います。

 

くせ毛に対するお手入れの仕方をまとめた記事もありますので、一度ご参考ください。

パーマの後にヘアカラーしたいのですが、どれぐらい間隔を空ければいいですか?

髪の状態が落ち着いてくる一週間後ぐらいに、ヘアカラーすることをおすすめします。

パーマの間隔・頻度はどれぐらいがいいですか?

パーマの残り具合や気になり方によって答えが変わりますが、大方の目安としてお答えします。

だいたい2~3ヶ月間隔が一番多いパターンです。

もっとパーマが持ちやすい人は、半年に1回ぐらいの場合もあります。

ちょっと気分転換にスタイルチェンジしたい人などは、お好きなタイミングでパーマをすれば良いと思います。

妊婦(妊娠初期~妊娠後期)ですが、パーマしても大丈夫ですか?

ヘアカラーと違ってパーマは妊婦さんでもできますが、長時間同じ姿勢で座ったりすることが大変かもしれません。体調の良い時を選んでするようにしてください。

産後授乳中ですが、パーマしても大丈夫ですか?

上記と同じで、授乳期のママさんでもパーマはできますが、体調の良い時にするようにしてください。

施術した当日の夜に、シャンプーしても大丈夫ですか?

最近は毎日のシャンプーが当たり前になっていますので、当日シャンプーしていただいても大丈夫です。

その後は、完全に乾かし、カールを崩さないように仕上げてください。

他店でのパーマが失敗しました。オーガニックパーマでどうにかなりませんか?

失敗の内容によります。

■パーマがゆるい場合、もしくは取れてしまった場合などは、もう一度パーマをかけ直すことで、ご希望の仕上がりに近づけると思います。

■きつくかかり過ぎたパーマや、ダメージがひどく毛先がチリチリなどの場合は、パーマをもう一度かけても、良い状態に仕上げることはできません。

ストレートパーマなどでパーマを落とすか(ダメージが重なるので、あまりおすすめではない)、傷んだ毛先をカットしながらヘアケアを行い、髪質が改善してくるまで施術を控えることが大切です。