ヘナ、ハーブカラー、香草カラー、オーガニックカラー等のイメージ画像

 

ハーブを使用するヘアカラーのことをひとまとめにして「ハーブカラー」と呼びます。

ですが、ひとくちに「ハーブカラー」といっても、いろんな種類があって違いが分かりづらいと思います。

そこで大きく3つに分類してみました。

この3つのポイントを意識すると「どのハーブカラーが自分に合っているのか」分かりやすいので、選択しやすくなると思います。興味のある人はご一読ください。

それぞれの種類にメリット・デメリットがありますので、その特徴をご紹介してみます。



ハーブカラーの種類別「メリット・デメリット」

1、化学的なものを一切使用しない「完全に天然タイプ」

完全に天然のみで構成されたハーブカラーとは、「ヘナ」のことを指します。

ヘナの特徴

ハーブの一種であるヘナは、それ自体がオレンジの色素を持ちます。ヘナを細かく砕いたものをお湯で溶いて、ヘナペーストを作り、カラーリングすることでオレンジ色に髪を染めることができます

ヘナの天然色素は化学染料と違って、短時間で着色することができません。髪質にもよりますが、しっかり染めるためには1~2時間ぐらい必要となります。

ヘナは髪を明るくすることはできないので、主に白髪染めに使用します

またヘナは優れたトリートメント効果がありますので、痛んだ髪へのトリートメントとしても使用できます。(透明ではないので、色も一緒に着色します)

ヘナには、「インディゴ」 を一緒に混ぜて使用することもあります。これはヘナのみだとオレンジ色にしか染まらないので、白髪が多くある人などへは、オレンジが強調され派手な仕上りになってしまうからです。

インディゴの特徴

インディゴもハーブの一種で、「濃い青色」「藍色」の色素を持ちます。ヘナと一緒に混ぜて使用したり、ヘナカラーの後にインディゴだけで染めることもあります。

ヘナのオレンジにインディゴのブルーを合わせることで、ブラウンに近い色を作ることができます。白髪が多くなってきたり、白髪を暗めでしっかりカバーしたい時など、インディゴを合わせる方法を使います。

ヘナと違ってインディゴは、それのみで染める場合、ピリピリとした違和感を感じることがあります。インディゴは体質に合わない人もありますので、使用する場合はインディゴ100%で染めるよりも、少しでも良いのでヘナ混ぜて使用する方が刺激を緩和できます。

※ヘナという呼び方について

一般的に「ヘナ」と呼ぶ場合は、ヘナのみを使用する場合だけではなく、インディゴを混ぜて使用するものも、大きなくくりで「ヘナ」と呼んでいる人が多いと思います。

  • ヘナのみを使用するものを「ヘナ」
  • インディゴ混ぜて使用するヘナを「ヘナ&インディゴ」

と呼んだほうが分かりやすくて良いのですが、ここで説明する場合は、一般的な呼び方に合わせることにします。以降「ヘナ」と呼ぶ場合は「ヘナ単品の使用」と「ヘナとインディゴの混合使用」があるとご理解ください。

ヘナもインディゴも、いずれにしても化学的なものを一切使用していないので、「完全に天然だけのヘアカラー」になります。

※ヘナなのに「短時間でブラウンに染まる」商品は、下記の「化学染料配合のほぼ天然タイプ」であることが多い。

これらの商品は通常のヘナと違って放置時間を取りすぎると、アレルギー反応(ジアミンアレルギー)がでやすくなりますので注意が必要です。

説明書の放置時間をチェックすると、どのタイプなのか分かるので、確認してから染めましょう。

  • 「完全に天然タイプ」のヘナは、1~2時間ぐらいの長めの放置時間を推奨していることが多い。
  • 「ほぼ天然タイプ(ジアミン染料を使用)」のヘナは、30分前後の放置時間を推奨していることが多い。

ヘナの「メリット」

  • 完全に天然成分のみでカラーリングができる
  • 頭皮に対するエステも同時に行える。
  • 髪や頭皮へのトリートメント効果があり、それをカラーリングと同時に行える。
  • 髪が痛まない
  • ヘアカラーにアレルギーがある人(ジアミンアレルギー)でも染めることができる

ヘナの「デメリット」

  • 短時間では染まりにくいため、時間がかかる。(2時間ぐらいが推奨)
  • 髪を明るく染めることができない。(脱色剤などの化学的なものを使用していないため)
  • おしゃれ染めはNGで、主に白髪染めに使用します。
  • イメージしていた色に染まらない場合もあります。
  • 選べる色が少ない
  • ヘナ特有の匂いがある。(草っぽい、抹茶っぽい匂い)
当店のメニューだと、完全に天然タイプのハーブカラーは「天然100% ヘナ&ハーブカラー」になります。



2、ほとんど天然だけど、少しの化学染料は使用する「ほぼ天然タイプ」

ほぼ天然タイプのハーブカラーには

  • 「化学染料入りのヘナ」
  • ヘナ以外のハーブや自然由来成分を使用する「化学染料入りのハーブカラー」

があります。

この2つのカラーは化学染料以外の大部分(約90%以上)は「ヘナ」や「他のハーブ」や「自然由来成分」でできています。なので「ほぼ天然タイプ」と分類しています。

ほぼ天然タイプのハーブカラーが存在する理由

ヘナのみしか使用しない場合だと(インディゴを混ぜる場合も含む)

  • 短時間で染まらない
  • 白髪の染まりが弱い
  • 色が選べない

といったデメリットがありますので、それらの弱点を少しの化学染料(3%以下)を用いてカバーしようというわけです。

ほぼ天然タイプのハーブカラーの種類(一例)

  • 化学染料入りのヘナ
  • 香草カラー色葉
  • 香草カラーMD
  • 和漢彩染
  • アロマカラー

ほぼ天然ハーブカラーの「メリット」

  • ヘナよりも早く染まります
  • ヘナよりもしっかり(濃く)染まります
  • 染まり方も安定している。
  • 色数がヘナよりも豊富。
  • 髪が痛まない

ほぼ天然ハーブカラーの「デメリット」

  • ヘナと同じく脱色ができないので、明るく染められない。
  • おしゃれ染めはNG、白髪染めに使用します。
  • 化学染料にアレルギーがある人は使用できません
当店のメニューだと、ほぼ天然タイプのハーブカラーは、「香草カラー色葉」や「香草カラーMD」になります。

3、従来のカラー剤(アルカリカラー剤)にハーブを配合する「エッセンスタイプ」

従来のカラー剤をイメージしてください。「おしゃれ染め」「白髪染め」どちらでも構いません。そのカラー剤にハーブを配合しているものです。

エッセンスタイプのハーブカラーが必要な理由

「ヘナ」や「ほぼ天然タイプのハーブカラー」では補えない所をカバーするためのカラー剤です。

  • 「髪や頭皮に優しいのはいいけれど、暗いのは嫌!」
  • 「明るい白髪染めがしたい!」
  • 「しっかり白髪を染めて!」
  • 「カラーリングに長時間かかるのは疲れる・・・」
  • 「色が選べないのは嫌!アッシュカラーにして!」

といったニーズがあります。というか、これらのご要望が大半なのではないでしょうか。

私の感覚では、約8割ぐらいの人が従来のカラー感覚で染められないと、興味本位で試すことはあっても、これら「完全に天然タイプ」「ほぼ天然タイプ」のハーブカラーをずっと続けようとならないと思います。

エッセンスタイプのハーブカラーは、まだまだ必要とされているんですね。

エッセンスタイプのハーブカラーの「メリット」

  • 従来のカラー剤と同じように、幅広いカラーリングができる。
  • おしゃれ染めができる
  • 白髪染めができる。(明るい白髪染めも)
  • 短時間で染めるられる
  • 選べる色も豊富。
  • 髪質によって染まりに影響することがない。
  • 色持ちもしっかり

エッセンスタイプのハーブカラーの「デメリット」

  • 従来のカラー剤と同じく、髪が痛む。
  • 従来のカラー剤と同じく、アレルギー反応を引き起こすことがある。
  • 従来のカラー剤と同じく、カラーリング時に頭皮の刺激を感じることもある。
  • ハーブを使用している良さを感じにくい。
当店のメニューだと、エッセンスタイプのハーブカラーは「オーガニックカラー」になります。

 

以上、ハーブカラーの種類や特徴、メリット・デメリットなどを挙げてみました。

ご参考になれば幸いです。

 

各種類のハーブカラーをさらに詳しく

「天然100%タイプのヘナ」の特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

香草カラーMDとは? 特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

オーガニックカラーとは? 特徴とメリット・デメリットをご説明します。

 

関連記事
【Q&A】頭皮にかさぶたができました。原因を教えて下さい! 仕事上、お客様の頭皮を毎日見ています。 その中には『脂漏性皮膚炎』かな?と思う方もチラホラいます。 この脂漏性皮膚炎とは・・・? Yahoo! ヘルスケアより抜粋。 脂(あぶら)の分泌が盛んな部位、すなわち顔、頭皮などに湿疹を生じる病気です。脂漏性皮膚炎の起こり方にはマラセチア菌という...
クリアカラーとは... ジアミンを使わないノンジアミンカラー ヘアカラーでアレルギー反応を示す方がいることは、多くの人がご存知だと思います。 そのヘアカラーアレルギーの大きな要因の1つに、 ジアミンなどの染料の問題があげられます。   このジアミンなどの染料を取り除いてしまえば、 アレルギーがある人にも優しいカラーリングをすることができます...
ヘナ&ハーブカラーとクリアカラーのビフォーアフター 2 ヘナ&ハーブカラーとクリアカラーのビフォーアフターです。   ヘナ&ハーブカラーとは... ヘナやその他のハーブだけを使用する植物性ヘアカラーです。天然100%にこだわり、化学薬品使用していません。その時々でいろんなヘアカラーが発売されますが、究極的にはこのヘナ&ハーブカラーが一番体...
髪の明るさを測る道具『レベルスケール』 レベルスケールとは? 髪の明るさを測るための道具を「レベルスケール」と呼びます。 美容室でカラーリングのカウンセリングを行なう時などに使用されます。 髪の明るさを数値で表すことができ、どれぐらいの明るさに仕上げるのか数値化でき、またイメージを共有しやすいので大変便利です。   ...
クリアカラーのビフォーアフター 2  クリアカラーのビフォーアフターです。 今回の担当者は、『かな』です。   クリアカラーはノンジアミンのヘアカラーで、 カラーに対してアレルギーがある方でもカラーリングができるヘアカラーです。 白髪染めには対応していないので、白髪染めをしたい方は『天然100% ヘナ&ハーブ...

 



 

「とにかく時短でオールマイティーにケアしたい」という人へおすすめ! 100%天然由来からできているオールインワン・オーガニックシャンプー。

シャンプーするだけでヘアケア、頭皮ケア、薄毛予防、白髪予防までをカバーできてしまうトリートメント不要のシャンプー。100%天然由来、10の無添加など品質へのこだわりはもちろん、育毛成分ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるキャピキシル配合、その他ヘマチン、欧州ホップエキス、リンゴ果実培養細胞エキスなど挙げたらキリがないぐらいたくさんの有効成分を配合。頭皮の荒れやフケ・かゆみ、薄毛にハリ・コシ・ボリュームアップ、抜け毛・白髪の予防まで、とにかく髪で悩んだら一度は試してみたいシャンプーです。この品質でこの価格はサロンシャンプーではあり得ない。公式サイトをチェックharu 黒髪スカルプシャンプーレビュー記事はこちら

【半額キャンペーン中!】100%天然由来、いろんな用途に使える高品質オーガニック・コンディショナー。1本あれば大活躍間違いなし!

インバスコンディショナーとしてだけでなく、ヘッドマッサージ用クリームや頭皮の保湿、UVケア、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ブローローション、寝癖直しウォーターなど多機能に活躍する無添加コンディショナー。ノンシリコンなのにサラサラ、ふんわり柔らかい質感が気持ちイイ。これ1本あれば他のヘアケアアイテムをぐっと減らせます。コスパ最高!用途別使用方法はこちらで解説><公式サイトをチェック

マイナチュレ カラートリートメント

よく染まる白髪染めカラートリートメント! 染めるだけでヘアケア、白髪ケア、頭皮ケア、エイジングケア、4つの効果!

数あるカラートリートメントの中でもよく染まる一品。お手軽に白髪をカバーすることができ、色も長持ち。染めるだけで手間いらず、4つのケアを同時に行えます。白髪を染める、髪へのトリートメント、頭皮ケアで環境を整える、エイジングケアで年齢の衰えに備えられる、今までにないカラートリートメントです。赤味が出にくいナチュラルなブラウン色に仕上がるので、髪色問わず合わせやすい。公式サイトをチェックおすすめ使用方法はこちら