ハーブカラー

ハーブを使用するヘアカラーのことをひとまとめにして「ハーブカラー」と呼びます。ですがひとくちに「ハーブカラー」といっても、いろんな種類があって違いが分かりづらいと思います。

そこで大きく3つに分類してみました。

この3つのポイントを意識すると「どのハーブカラーが自分に合っているのか」分かりやすいので、選択しやすくなると思います。興味のある人はご一読ください。

 

 

それぞれの種類にメリット・デメリットがありますので、その特徴をご紹介してみます。

 

ハーブカラーの種類別「メリット・デメリット」

1、化学的なものを一切使用しない「完全に天然タイプ」

完全に天然のみで構成されたハーブカラーとは、「ヘナ」のことを指します。

ヘナの特徴

ハーブの一種であるヘナは、それ自体がオレンジの色素を持ちます。ヘナを細かく砕いたものをお湯で溶いて、ヘナペーストを作り、カラーリングすることでオレンジ色に髪を染めることができます

ヘナの天然色素は化学染料と違って、短時間で着色することができません。髪質にもよりますが、しっかり染めるためには1~2時間ぐらい必要となります。

ヘナは髪を明るくすることはできないので、主に白髪染めに使用します

またヘナは優れたトリートメント効果がありますので、痛んだ髪へのトリートメントとしても使用できます。(透明ではないので、色も一緒に着色します)

ヘナには、「インディゴ」 を一緒に混ぜて使用することもあります。これはヘナのみだとオレンジ色にしか染まらないので、白髪が多くある人などへは、オレンジが強調され派手な仕上りになってしまうからです。

 

インディゴの特徴

インディゴもハーブの一種で、「濃い青色」「藍色」の色素を持ちます。ヘナと一緒に混ぜて使用したり、ヘナカラーの後にインディゴだけで染めることもあります。

ヘナのオレンジにインディゴのブルーを合わせることで、ブラウンに近い色を作ることができます。白髪が多くなってきたり、白髪を暗めでしっかりカバーしたい時など、インディゴを合わせる方法を使います。

ヘナと違ってインディゴは、それのみで染める場合、ピリピリとした違和感を感じることがあります。インディゴは体質に合わない人もありますので、使用する場合はインディゴ100%で染めるよりも、少しでも良いのでヘナ混ぜて使用する方が刺激を緩和できます。

 

※ヘナという呼び方について

一般的に「ヘナ」と呼ぶ場合は、ヘナのみを使用する場合だけではなく、インディゴを混ぜて使用するものも、大きなくくりで「ヘナ」と呼んでいる人が多いと思います。

  • ヘナのみを使用するものを「ヘナ」
  • インディゴ混ぜて使用するヘナを「ヘナ&インディゴ」

と呼んだほうが分かりやすくて良いのですが、ここで説明する場合は、一般的な呼び方に合わせることにします。以降「ヘナ」と呼ぶ場合は「ヘナ単品の使用」と「ヘナとインディゴの混合使用」があるとご理解ください。

ヘナもインディゴも、いずれにしても化学的なものを一切使用していないので、「完全に天然だけのヘアカラー」になります。

 

ヘナなのに「短時間でブラウンに染まる」商品は、下記の「化学染料配合のほぼ天然タイプ」であることが多い。これらの商品は通常のヘナと違って放置時間を取りすぎると、アレルギー反応(ジアミンアレルギー)がでやすくなりますので注意が必要です。

説明書の放置時間をチェックすると、どのタイプなのか分かるので、確認してから染めましょう。

  • 「完全に天然タイプ」のヘナは、1~2時間ぐらいの長めの放置時間を推奨していることが多い。
  • 「ほぼ天然タイプ(ジアミン染料を使用)」のヘナは、30分前後の放置時間を推奨していることが多い。

 

ヘナの「メリット」

  • 完全に天然成分のみでカラーリングができる
  • 頭皮に対するエステも同時に行える。
  • 髪や頭皮へのトリートメント効果があり、それをカラーリングと同時に行える。
  • 髪が痛まない
  • ヘアカラーにアレルギーがある人(ジアミンアレルギー)でも染めることができる

 

ヘナの「デメリット」

  • 短時間では染まりにくいため、時間がかかる。(2時間ぐらいが推奨)
  • 髪を明るく染めることができない。(脱色剤などの化学的なものを使用していないため)
  • おしゃれ染めはNGで、主に白髪染めに使用します。
  • イメージしていた色に染まらない場合もあります。
  • 選べる色が少ない
  • ヘナ特有の匂いがある。(草っぽい、抹茶っぽい匂い)

 

当店のメニューだと、完全に天然タイプのハーブカラーは「天然100% ヘナ&ハーブカラー」になります。

 

2、ほとんど天然だけど、少しの化学染料は使用する「ほぼ天然タイプ」

ほぼ天然タイプのハーブカラーには

  • 「化学染料入りのヘナ」
  • ヘナ以外のハーブや自然由来成分を使用する「化学染料入りのハーブカラー」

があります。

この2つのカラーは化学染料以外の大部分(約90%以上)は「ヘナ」や「他のハーブ」や「自然由来成分」でできています。なので「ほぼ天然タイプ」と分類しています。

 

ほぼ天然タイプのハーブカラーが存在する理由

ヘナのみしか使用しない場合だと(インディゴを混ぜる場合も含む)

  • 短時間で染まらない
  • 白髪の染まりが弱い
  • 色が選べない

といったデメリットがありますので、それらの弱点を少しの化学染料(3%以下)を用いてカバーしようというわけです。

 

ほぼ天然タイプのハーブカラーの種類(一例)

  • 化学染料入りのヘナ
  • 香草カラー色葉
  • 香草マイルドカラー
  • 和漢彩染
  • アロマカラー

 

ほぼ天然ハーブカラーの「メリット」

  • ヘナよりも早く染まります
  • ヘナよりもしっかり(濃く)染まります
  • 染まり方も安定している。
  • 色数がヘナよりも豊富。
  • 髪が痛まない

 

ほぼ天然ハーブカラーの「デメリット」 

  • ヘナと同じく脱色ができないので、明るく染められない。
  • おしゃれ染めはNG、白髪染めに使用します。
  • 化学染料にアレルギーがある人は使用できません

 

当店のメニューだと、ほぼ天然タイプのハーブカラーは、「香草カラー色葉」や「香草マイルドカラー」になります。

 

3、従来のカラー剤(アルカリカラー剤)にハーブを配合する「エッセンスタイプ」

従来のカラー剤をイメージしてください。「おしゃれ染め」「白髪染め」どちらでも構いません。そのカラー剤にハーブを配合しているものです。

 

エッセンスタイプのハーブカラーが必要な理由

「ヘナ」や「ほぼ天然タイプのハーブカラー」では補えない所をカバーするためのカラー剤です。

  • 「髪や頭皮に優しいのはいいけれど、暗いのは嫌!」
  • 「明るい白髪染めがしたい!」
  • 「しっかり白髪を染めて!」
  • 「カラーリングに長時間かかるのは疲れる・・・」
  • 「色が選べないのは嫌!アッシュカラーにして!」

といったニーズがあります。というか、これらのご要望が大半なのではないでしょうか。

私の感覚では、約8割ぐらいの人が従来のカラー感覚で染められないと、興味本位で試すことはあっても、これら「完全に天然タイプ」「ほぼ天然タイプ」のハーブカラーをずっと続けようとならないと思います。

エッセンスタイプのハーブカラーは、まだまだ必要とされているんですね。

 

エッセンスタイプのハーブカラーの「メリット」

  • 従来のカラー剤と同じように、幅広いカラーリングができる。
  • おしゃれ染めができる
  • 白髪染めができる。(明るい白髪染めも)
  • 短時間で染めるられる
  • 選べる色も豊富。
  • 髪質によって染まりに影響することがない。
  • 色持ちもしっかり

 

エッセンスタイプのハーブカラーの「デメリット」

  • 従来のカラー剤と同じく、髪が痛む。
  • 従来のカラー剤と同じく、アレルギー反応を引き起こすことがある。
  • 従来のカラー剤と同じく、カラーリング時に頭皮の刺激を感じることもある。
  • ハーブを使用している良さを感じにくい。

 

当店のメニューだと、エッセンスタイプのハーブカラーは「オーガニックカラー」になります。

 

以上、ハーブカラーの種類や特徴、メリット・デメリットなどを挙げてみました。ご参考になれば幸いです。

 

各種類のハーブカラーをさらに詳しく

 

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター