白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

お試しキャンペーン中 実質1本無料 >>> 公式サイト

ひょっとして、こんな「白髪染めの悩み」ありませんか?

 

白髪染めする際いつも頭皮がヒリヒリ痛い。ひどい時には我慢できなくて途中で洗い流すことも…

頭皮がジュクジュクになって「フケ」と「かさぶた」ができて、しばらく大変でした。

とても怖い思いをしたことを覚えています。でもこんな状況だけど我慢しないと染められないし、白髪染めってそんなものだと自分を納得させてました。

 

ジアミンアレルギーになってしまうと白髪染めできなくなると聞きましたが、今はカラーリング中だけじゃなくて、終わってからもしばらくかゆみが続いているので、とても不安です…。

妊娠中だけど白髪が気になります。妊婦でも安心して白髪染めできるもの教えて。

白髪染めを続けると薄毛になっていくと聞いたことがあります。都市伝説だとは思いますがやっぱり気になるので、少しでも頭皮に優しい白髪染めがいいな。

 

お肌に優しくて、安心して使い続けられる白髪染めってないですか? 

 

髪の悩み

 

これらの言葉は美容師をしていると本当によく聞きます。白髪染めをやめるわけにもいかないし、困りますよね。

 

そんな時に当美容院で「セルフカラー用の白髪染め」としてお客様におすすめしているのは、「マイナチュレ カラートリートメント」です。

  • お肌に優しい白髪染めができる。
  • 髪のダメージもない。
  • かぶれたりアレルギーの心配がないので、安心して続けられる。
  • 美容院との併用がしやすい。
  • 妊婦さんでも安心して使用できる。

などたくさんのメリットがあります。

 

 

マイナチュレ カラートリートメントの口コミ評判

マイナチュレ 公式サイト

 

そうはいってもわたしに合うかどうか分からないし、もっと商品のこと知りたいわ。

 

ごもっともな意見です。はい。

マイナチュレが「あなたに最適なのかどうか判断しやすいように、徹底的に分析」してみました。

 

また、

  • カラートリートメントを使う際につまずきやすいポイント「対処法」
  • 上手に染めるための「コツ」
  • 悪い口コミから学ぶ「同じ失敗をしないための対策」

すでにカラートリートメントを使っている方も、知っていると便利な情報を合わせてご紹介します。

興味のある方はチェックしてみてください。

この記事は「美容師歴20年以上の現役美容師」が書いています。記事内容は自身の体験、仕事で得た知識や経験、サロンワークでの出来事、お客様の体験談などを元にしています。

目次

マイナチュレ カラートリートメント 商品情報

マイナチュレ カラートリートメント
色数 マイナチュレ カラートリートメント 「ブラウン色」マイナチュレ カラートリートメント 「ダークブラウン色」
特徴
無添加 ジアミン染料、シリコン、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、合成香料、サルフェート、法定タール色素
染料 HC染料、塩基性染料(ノンジアミン染料)
染まり/色持ち
(※1)

★★★★★ (5/5点)

染まり・色持ちともに非常に良い

価格(税込)
  • 【定価】5,203円(+送料750円)
  • 【2本定期利用】初回 64%オフ 3,718円(送料無料、1本あたり1,859円、全額返金保証付)
  • 【2本定期の継続価格】2回目以降 約29%オフ 7,436円(送料無料、1本あたり3,718円)
定期解約方法 10日前までに電話連絡(0120-02-7710)
月コスト(※2)
  • 【初回の2本定期キャンペーン利用時】1ヶ月あたり「929円」(約4ヶ月分)
  • 【2本定期での継続時】1ヶ月コスト「1,859円」
最安値購入先 マイナチュレ 公式サイト
おすすめな人
  • 傷まない白髪染めがしたい方
  • 敏感肌で肌に優しい白髪染めを探している方
  • しっかり染まるカラートリートメントを探している方
  • ジアミンアレルギーがあり、白髪染めしたい方
  • 髪痩せが気になり始めた方
  • 妊娠中に白髪染めしたい方

(※1)乾いた髪に染める方法、1回30分で染めた場合の比較。
(※2)リタッチ染めの使用を想定し、1本で約2ヵ月分として試算。

 

【最安値 購入先】お試しキャンペーン中で実質1本無料

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト

 

今はキャンペーン中で2本が1本以下の価格で買えます。

これだけあったら当分は白髪染めの心配しなくてもいいですね。

1本はタダでゲットできたと思って、練習用にしてみてください。最初は不慣れでも1本使い終わる頃には上達できます。

 

上手く使えないと思ったら、下記の「上手に染めるコツ」や「染まりにくい場合の対処法」などをチェックしてみてくださいね。

 

マイナチュレ カラートリートメント「おすすめできる人 / できない人」

マイナチュレは「合う」「合わない」がはっきりしている白髪染めです。

「自分に合わない」と思った場合は、時間とお金が無駄になってしまうので、使わないようにしましょう。

まずは、あなたのご希望に添えるものかどうか確認してみてください。

 

マイナチュレをおすすめできない人は?

NGのイメージ画像

  • 明るい白髪染めが好きな人(脱色剤不使用なので明るくできない)
  • リタッチ染めに使う分には、すでに明るい髪へも使用できます
  • 従来の白髪染めに特に不満を感じていない人
  • 従来の白髪染めと同じ感覚で使用できるものを探している人(使用方法が違うから)

これらの条件に当てはまる人はマイナチュレでは満足できないと思うので、他の白髪染めを探しましょう。

 

マイナチュレが最適な人は?

OKのイメージ画像

  • 髪や体に優しい白髪染めを探している人。
  • 白髪染めの際に頭皮が痛かった人。かゆみが出ていた人。
  • 今までの白髪染めでは肌トラブルがなくならなかった人。
  • ジアミンアレルギーがあり、従来の白髪染めでは染められない人。
  • 妊娠中でも白髪染めできるものを探している人。
  • 抜け毛や薄毛が気になっていて頭皮を大切にしたい人。
  • 白髪が気になりやすいので、頻繁に白髪染めしたい人。
  • 美容院の合間にセルフカラーをする人。

今ここに挙げた条件に合う人は、「マイナチュレ」がお悩み解決に役立ちます。

 

マイナチュレなら敏感肌でもジアミンアレルギーでも妊娠中でも大丈夫「お肌に優しい&安全な白髪染め」

マイナチュレ カラートリートメントのイメージ画像

<マイナチュレより>

マイナチュレは脱色剤不使用、敏感肌でも痛くならない

白髪染めするたびに頭皮がヒリヒリして痛かったんだけど、それがなくなる? 

 

そうです。

マイナチュレは脱色剤を使用しないトリートメントタイプの白髪染めなので、今までカラーリング中に感じていた頭皮の刺激や痛みといった不快感から解放してくれます。

快適に白髪染めできるのはもちろん、染める度に感じていた罪悪感「また染めるのか…」って気持ちが楽になりますよね。

 

マイナチュレは他の市販品と比較しても「安心安全へのこだわりが一番」

マイナチュレ カラートリートメント 敏感肌の方へのイメージ画像

わたし敏感肌なんだけど、マイナチュレは大丈夫?

 

マイナチュレは「3つもの皮膚刺激テスト」を実施しています。

  • パッチテスト
  • アレルギーテスト
  • スティンギングテスト

「パッチテスト」とは、単回使用による皮膚の炎症反応を確認するテストを言います。カラートリートメントをガーゼ等に浸み込ませて皮膚に貼り、24時間後、貼布部位の赤みや腫れなどの反応を観察し判定します。

「アレルギーテスト済み」に関しては、「RIPT試験(累積刺激及び感作試験)」を行い、その結果を表示しています。RIPT試験とは連続使用によるアレルギー症状を確認するテストを言います。カラートリートメントを一定期間連続塗布し、それを数回くり返し、皮膚の反応を検査することで、カラートリートメントを継続使用した時に、アレルギーの症状が出るかどうかを判断します。評価・判定については、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

「スティンギングテスト済み」に関しては、「スティンギングテスト」を行い、その結果を表示しています。スティンギングテストとは敏感肌の方を対象にした感覚的な刺激を確認するテストを言います。対象者(敏感肌の方)の皮膚にカラートリートメントを塗布し、一過性のかゆみ・ほてり・痛みなどの不快となる感覚刺激を評価します。評価・判定については日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

※ すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないと言うことではございません。

<マイナチュレより抜粋>

他のメーカーは大抵「パッチテスト」「アレルギーテスト」の2つの検査のみですが、マイナチュレはそれに加えてもう一つ「スティンギングテスト」をしています。

 

これは敏感肌の方への皮膚刺激テストですが、お肌が敏感な方でもより安心安全に使用してほしいという想いからです。

こういった所にまで配慮がされているのはとても好感が持てますよね。

 

マイナチュレ カラートリートメント 3つの皮膚刺激テスト「パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト」

<マイナチュレ HPより>

 

マイナチュレは無添加&低刺激【植物由来94%】

マイナチュレ カラートリートメント 「無添加成分」

マイナチュレ カラートリートメント 「無添加&植物由来原料 約94%使用」

<マイナチュレ HPより>

 

無添加低刺激処方なので、かぶれる心配を最大限減らしてくれます。

また今まで「白髪染めのツンとした臭い」が嫌だった方も、マイナチュレには刺激臭が有りませんので安心して使用できます。

 

マイナチュレならジアミンアレルギーがあっても大丈夫

わたしジアミンアレルギーがあるんだけど… 

  • マイナチュレはアレルギーの原因である「ジアミン染料不使用」
  • ジアミンアレルギーがあっても白髪染めOK

カラーリング中やその後にかゆみを感じている人、かゆみがしばらく続く人は、ジアミン染料によるアレルギーの可能性が十分に考えられます。

まだそこまで大きなトラブルには発展してませんが、そのままジアミン染料配合の白髪染めを続けるのは危険ですのでやめましょう。

 

白髪染め頻度が高い場合はアレルギーに要注意!

「従来の白髪染め」でこんな染め方してませんか?

  • 染まりが良くなるからと長時間置いている。
  • すぐ白髪が気になるので、週一ぐらいの頻度で染めてる。
  • 染まりが悪い場合は立て続けに染める。

これら白髪染めの乱用超危険です。

アレルギーになったり、肌トラブルが重篤化するリスクが強いので、今すぐこういった使用方法はやめましょう。

 

マイナチュレならこういった使い方しても大丈夫なので、白髪が気になりやすい方ほど、身の安全のためにマイナチュレをおすすめします。

 

なるほど、マイナチュレがお肌に優しいってことは分かったわ。

 

他のカラートリートメントと比べて、まだ何かメリットはあるの?

 

マイナチュレは「よく染まる」

マイナチュレ カラートリートメントの市場調査回答

<マイナチュレより>

「髪やお肌に優しい白髪染めができる」のも大きな特徴ですが、その他にも以下のメリットがあります。

  • 数ある白髪染めカラートリートメントの中でも「よく染まる」
  • 自然なブラウン色で使いやすい。
  • 既染部分に合わせやすい。

髪のダメージがなくても、ジアミンアレルギーの人が染められても、敏感肌や妊娠中の方が使用できたとしても、「染まらない」と意味ないじゃないですか。

それに「よく染まるということは、色持ちが良い」ことでもあります。

 

せっかく染めるのだから、なるべく色持ちして欲しいですよね。

色が長続きすると頻繁に染めなくてもいいし、染める回数が減らせてコストパフォーマンスもアップします。

よく染まるってのは、とても大切です。

 

マイナチュレ カラートリートメント「96.1%の方が染まりを実感」

<マイナチュレ HPより>

 

マイナチュレがどれぐらい「よく染まる」のか、他のカラートリートメントと比較してみました

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0110DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0105ビゲン カラートリートメント 色見本 0105

(※染色条件:説明書の放置時間、1回染め)

 

最初のマイナチュレが、やっぱり一番よく染まっていますよね。

おすすめの染め方としては、乾いた髪に塗ってから30分放置時間を取る方法です。

そのやり方でも実験してみました。

 

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0130ビゲン カラートリートメント 色見本 0130

(※染色条件:放置時間30分、1回染め)

 

明確に差が出ましたね。

やはり「よく染まる」のはマイナチュレです。

 

自然な感じに染まり、既染部分と馴染みやすい(リタッチ染めに最適)

染めた際の色味についてですが、マイナチュレは緑色や紫色がかった奇抜なブラウン色ではなく、自然な感じに染まります。

白髪染めカラートリートメントはものによって既染部分との馴染みが悪い場合があり、明るい白髪染めと併用する場合は、染めて逆に根元が目立ってしまわないように注意が必要です。

マイナチュレは自然な感じのブラウン色なので既染部分への馴染みが良く、たとえば「美容院の合間に使用するセルフカラー用白髪染め」としては非常に扱いやすいものです。

 

マイナチュレは「スカルプケア」もできる

白髪染めを続けていると「髪痩せ」「薄毛」が気になることありませんか?

マイナチュレで白髪染めすると、地肌のケアも一緒にできます。

白髪染めの時間が頭皮をケアする時間になれば最高ですよね。

 

マイナチュレ カラートリートメント 「スカルプケア成分」

マイナチュレ カラートリートメント 「エイジングケア成分」

<マイナチュレ HPより>

 

マイナチュレなら妊娠中の白髪染めも大丈夫

妊娠、妊婦

妊娠中に白髪染めしたい場合も、マイナチュレだったら大丈夫なの?

 

一般的な白髪染めは妊婦さんへ使用しないように書いてあるの知ってますか?

これは白髪染めが胎児に悪い影響を及ぼすというわけではありませんが、妊娠中はお肌や体質がデリケートになりますので、「脱色剤」や「ジアミン染料」に対してかぶれやアレルギーリスクが高まるからです。

そういったリスクも「マイナチュレ カラートリートメント」なら、いずれも含有していないので大丈夫です。

 

メーカーサイト上のよくある質問にも「妊婦さんの使用はOK」と、きちんと記載があります。

Q. 妊娠中や授乳中に使用できますか?

妊娠中や授乳中の方でもご使用いただけますが、身体がとてもデリケートな状態であるため、香りなどに反応される方もいらっしゃいます。また過去に問題がなかった方でも異常を感じる場合がございますので、念のため主治医にご相談の上、パッチテストを行ってからご使用ください。

※マイナチュレのカラートリートメントは、アレルギーテストや敏感肌向けのスティンギングテストを行っている低刺激な処方です。

<マイナチュレより抜粋>

 

 

マイナチュレ カラートリートメントの口コミ評判

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト

 

市販の敏感肌用白髪染めで人気No.1が「マイナチュレ」 ◇評価を比較

マイナチュレ カラートリートメントの評判

<マイナチュレより>

 

発売開始から1年も経たないうちに累計100万本以上売れている。(現在は200万本突破中)

正直ここまでの数字を短期間で出すには、気に入って使い続けてくれるリピーターさんがいないと到底無理です。

そういった客観的な数字からも、多くの人に受け入れられているということが分かりますよね。

 

敏感肌ヘアケア市場 2019年年間売上 第1位

「頭皮に安心して使用できる」製品 第1位 (楽天リサーチ調べ)

モンドセレクションを6年連続で金賞受賞

モンドセレクション シリーズ累計33個受賞 (2014~2020年)

アットコスメで「ベストコスメアワード2018年 上半期新作 カラトリ部門 第1位」を受賞

こういったポイントも安心材料のひとつにはなりますよね。

 

口コミを比較

マイナチュレ カラートリートメントが一般ではどのように評価されているのか、それを調べるために「口コミサイトでの評価を他の商品と比較」してみました。

客観的な数字を比較して見ると、その商品が市場でどれぐらい評価されているのか分かりやすいですね。

ここでは辛口評価のレビューが多い「アットコスメ」でのデータを参考にしてみます。

<アットコスメでの口コミ評価>

マイナチュレ カラートリートメント ★★★★★☆☆(5.3点)

ルプルプ ヘアカラートリートメント ★★★★★☆☆(5.0点)

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント ★★★★☆☆☆(4.7点)

DHC Q10 プレミアム カラートリートメント ★★★★☆☆☆(5.0点)

利尻ヘアカラートリートメント ★★★☆☆☆☆(3.5点)

ウエラトーン ヘアカラートリートメント ★★★☆☆☆☆(3.2点)

ビゲン カラートリートメント ★★★☆☆☆☆(3.0点)

サロン ド プロ カラートリートメント ★★★☆☆☆☆(3.1点)

シエロ カラートリートメント ★★★☆☆☆☆(3.0点)

POLA グローイング ショット ★★★☆☆☆☆(3.0点)

資生堂 ティアラ トリートメントカラーリンス ★☆☆☆☆☆☆(1.4点)

<調査日:2021年2月>

カラートリートメント業界では一番有名な「利尻ヘアカラートリートメント」よりも、マイナチュレの方が良い評価を得ていますね。

 

美容院で「どのカラートリートメントを使用していますか?」と尋ねると、よく聞くのが「利尻」「DHC」「ルプルプ」などです。

 

マイナチュレはそれよりも好評価を得ています。

こういったところを総体的に考えてみても、マイナチュレはなかなか優秀だと言えますね。

 

マイナチュレ カラートリートメントの口コミ評判はどうなの?

女性のイメージ画像

マイナチュレ カラートリートメント「良い口コミ」

<30代女性> 2週間に1度リタッチしないと結構白髪が目立ちます。頻繁には美容室に行けないので白髪がキラキラ目立つようになったら3日に1回のペースで使うようにしています。1回でしっかり染まるのではなく徐々に染まるので自然な仕上がりです。ツンとした匂いもなく、洗い上がりに軋んだりもしないのでトリートメント感覚で使えます。技術の進歩に感謝です。

<40代女性> カラートリートメントなのでシャンプーをしてタオルで拭きとったあと、トリートメント感覚で白髪染めをしています。10分ほど待ちますが、においが気ならずコラーゲンやAHA配合。仕上がりがやわらかく、ふんわりブラウン。チューブタイプで手にとったり、気になる部分につけてから伸ばしたりしています。混ぜる手間もなし。心地よい色になって嬉しいです。

<50代女性> 少なくても目立つ白髪、そのために頻繁に染めるのは正直髪のダメージが心配です。かといってこの時期、まめに美容院にも行くのはためらうし… で、頭皮への刺激が少ないように無添加で作られたカラートリートメントを愛用中。これなら自宅で簡単、安心してケアできます。 今までのカラートリートメントは染まりづらい、数日続けて行わなくてはいけないなどが面倒でしたが、マイナチュレは割と染まりやすくて部分使いをしても違和感なく染められるところがいいです。髪も傷まないし、使い方のコツが掲載された冊子も丁寧で便利です。

<40代女性> 忙しくて美容院にいけないので、マイナチュレ カラートリートメントを使ってみました。「気休めぐらいにしかそまらないんだろうな」と思っていたのですが、想像より染まって白髪が目立たなくなります。もちろんカラートリートメントなので、完璧にはそまりませんが、香りも悪くないし、使うと髪もしっとりするので気に入っています。

<40代女性> 94%植物由来のカラートリートメントです。ハーブの香りがとても優しいいい香りです。置き時間は10分。その間、ボディスクラブしたりしてます。シャンプーやトリートメントって洗い流すときにどうしても顔や体についてしまうので、お肌に優しい成分でできてるのは安心でいいですね! ダークブラウンを使いましたが、落ち着いた色で気に入りました。褪色防止成分が入ってるので色持ちも良いです。

<30代女性> 無添加処方のカラートリートメントです。今まで美容院でカラーリングしてもらっていましたが自粛生活中に手を出してみたらきれいな仕上がりでとっても気にいりました。肌荒れが怖くて今まで美容院でしか染めていなかったのですが頭皮に影響も出なかったのですごく安心しました。

<50代女性> ダークブラウンを使っています。3回ほど連続して使うと、数週間白髪が目立たず助かります。但し、以下の注意点をご参考まで。

・洗髪前の乾いた髪のほうが効果的。
・10分置くだけでは染まりにくいので、30分は置いた方がいい。
・ケチらず、たっぷりと乗せる。
・シャワーでかなりしっかりと落とした後、シャンプーする。
・シャワーで洗い落とす時、お風呂場のタイルやタイルの目地が染まってしまうので注意が必要。先に十分タイルを濡らしておくか、バスタブの中で落としたほうがいいかもしれない。(バスタブの素材による)
・髪を拭くとタオルに結構つくので、色の濃いタオルを使う。

<40代女性> 美容室で月に一回は染めていたのですが2週間ぐらい経つと根元が気になり、髪用のファンデーション付けたりしていましたが、家で簡単に髪染めできる商品がないか探していたところ、シャンプー前にも使用できるので良いなと思い、ダークブラウンを購入しました。今まで染まらなかったことが多く、不器用だからかなと思っていたのですが、ヘアキャップして時間多めにとったところ、こちらは色の入りが良かったです。

良い口コミをまとめてみると以下のようになります。

  • 思ったより染まり良かった。ちゃんと染まった。
  • ヘアケアと頭皮ケアを同時にできるのが良い。
  • 嫌な匂いがない。匂いが気にならない。
  • 無添加で体に優しい成分使っているから安心して使える。
  • 見た目が普通のトリートメントなので、抵抗なくバスルームの置ける。
  • バスタイムで使用できてヘアケアも兼ねているのは嬉しい。
  • 髪に良い成分がたっぷり入っているので、使ってて安心。
  • 簡単に使用できる。
  • 美容院に行く間隔を伸ばせる。美容院の白髪染めをやめられた。
  • 髪質が少しずつ良くなってきた。
  • 使い心地がいい。
  • テクスチャーが固めで飛び散らなくていい。
  • 1本で染められる回数が多いのでコスパは悪くない。
  • 白髪を染めつつ髪のケアもできて一石二鳥。
  • 頭皮のかゆみが出ない。

マイナチュレ カラートリートメント「悪い口コミ」

<40代女性> 2本目使用で、もうそろそろ終わりそうなので口コミします。白髪染めに使いました。キラ浮きの部分白髪、筋状に何本か目立ちます。まずキレイに染まり髪も頭皮も傷まない、染めた後はトリートメント効果でサラツヤに、まさかの40代後半で「天使の輪」が! しかし色持ちしません。すぐに白髪復活…細く柔らかい髪質のせい? トリートメントなので、週イチか、せめて隔週イチが面倒ではない人向けでは? わたしは面倒がりなので向いていませんでした。あと、バスルームの壁や洗面台の白いとこなどに付着したら、すぐ拭き取ること!染まります!常識? 塗布後に10 分の放置時間もうっかり何かに付着させないように、シャワーキャップは必須です。

<40代女性> ブラウン使用。乾いた髪にビニール手袋で直接塗りました。刺激もなく地肌に優しいと思います。15分ほど放置してから、すすいでいると想像以上に赤っぽい色が流れていったのでビビりました。乾かした後はツヤのある仕上がりになりましたが、白髪よりも地肌と黒髪が茶色に染まってしまいました。赤っぽい茶色のトーンがあまり好きな色ではないのと、地肌が茶色になることが残念です。

<30代女性> 普通のカラーをする際、美容師さんに染まりにくいと言われたことが数回あります。口コミが良いので購入してみましたが、10回連続で使用してある程度染まってきましたが、透けたオレンジ色が多く何故か1番目立つ気になっている分け目が染まらないのです。たっぷり塗って充分に時間をおいても染まりにくいので、私の髪質に問題があるのだと思います。 値段と効果を考えると正直、星1か2ですが、期待していなかったツヤ感が凄くでたので星3にしました。普段から良質なトリートメントを15年以上使って来ましたが、何故か1番ツヤがでました。もしよく染まる方であれば、長期に使用しても痛みにくい成分のようなので良い商品ではないでしょうか。

<30代女性> ダークブラウンを乾いた髪に使っていますが、1回目ではまだまだ色が入らず白髪のまま。2日続けて使うと、やっと白髪がうっすら茶色になります。光に当たるとキラッと目立ってしまいますが、THE白髪という感じではなく、カラーが抜けたような茶色の感じです。しっかり色を入れようとすると、3回~4回続けて使うと良さそう。

<50代女性> 染まりはなかなか良かったのですが、すすいでもすすいでもお湯が茶色ですすぐのがストレスでした。地肌も茶色いし。私の染め方、すすぎ方がよくないのかもしれないけど、再度チャレンジする気は起きず、ヘナに戻ります。

<50代女性> 5日間連続して使いましたが、白髪の染まりは良く、何より嫌な匂いが全くありませんでした。ただ、しっかりすすがないと染料が残ります。キレイなすすぎ水になるのに10分位かかるため使用するお湯の量が気になることと、手と首が大変疲れます。

悪い口コミをまとめてみると以下のようになります。

  • 衣服への色移りがある。
  • すすぐ時に茶色い色がでる。
  • 少し軋む感じがある。
  • 注文と違う色が届いた。
  • 洗い流す時の色落ちが気になる。なかなか洗い流せない。
  • 洗い流しに時間がかかる。
  • 染めた場所の掃除が大変。
  • 一回では薄っすら色がつく程度。キラキラ白髪が気になる。
  • 値段がちょっと高い。
  • 頭皮にかゆみが出た。
  • 染める頻度を上げないと、すぐに目立つ。

悪い口コミの内容を見ていると、カラートリートメントの性質をよく理解せずに使っていることから生じている場合が多くあります。

 

同じような失敗をしないためにも、以下によくある失敗パターンへの対策をご紹介します。

 

悪い口コミから学ぶ「失敗対策&対処法」

OKのイメージ画像

悪い口コミのパターンはだいたい決まっていて、これはマイナチュレだけでなくカラートリートメント全般的にこういった口コミが見られます。

これはカラートリートメントの性質上起こりやすい問題ですので、それぞれの対処法をここに書いておきます。参考にしてみてください。

<悪い口コミによく見られるコメント>

  • 染まらない、染まりにくい
  • すすぎが大変
  • 色落ち問題(色褪せが早い、衣服やタオルへの色移りする)
  • カラー剤を塗布する際や洗い流す際の汚れが気になる
  • 肌に合わない

染まらない・染まりにくい場合の対処法

まずどちらの使い方をするかで、対処法が少し変わります。

  • お風呂で手軽に染めるケース ・・・ 短い待ち時間で白髪が十分に染まるまで毎日使用する。
  • 乾いた髪に染めるケース ・・・ 長めの放置時間を置いて一回でしっかり染める。

「たっぷり塗る」「浮かないように髪を密着させる」

どちらの塗り方の場合でも「たっぷり塗る」「頭皮に密着させるように塗る(浮かせない)」のが大前提です。

カラートリートメントはその性質上、「従来の白髪染めよりも染まりにくい」です。

なので軽く塗っただけでは、染まりません。

 

髪を傷めず、肌トラブルを起こしにくいヘアカラーなので、頭皮にたっぷりと押し付けるように塗布してください。

染めたい白髪部分にたっぷりとカラートリートメントがついていて、なおかつ白髪が頭皮から浮いていない、カラー剤に白髪が浸されている状態にしておく必要があります。

 

乾いた髪に染めるケースでは、塗布後にラップして上から押さえ込み、カラー剤と白髪を密着させることが大切です。(カラー剤に白髪を漬け込むイメージ)

お風呂で染める場合でもラップをして押さえつけた方がいいですが、面倒な場合は「白髪が見えないぐらいにカラー剤をのせる」ことがポイントです。

 

置き時間は長めにする

置き時間も大切です。

お風呂で染める場合でも、乾いた髪に染める場合でも、放置時間を長くおけばおくほどしっかり染まり、色持ちも良くなります。

いつもより長めの放置時間を置くように心がけてみましょう。

 

マイナチュレはきちんと塗ればちゃんと染まるタイプのカラートリートメントです。

なのに「染まっていない」「薄染まりになる」という状況なのは、

  • 塗ったつもりでも塗れていない
  • 塗布量が少ない
  • 放置時間が少ない

原因はこれしかありません。

 

色持ち良くするためには「長めの放置時間」がベスト

カラートリートメントは従来の白髪染めと違って髪の中まで染めているわけではなく、表面を染めているヘアカラーです。

なので「髪を濡らす度に少しずつ色落ちする」性質があります。

 

カラートリートメントでしっかり染めて色持ちも欲しい場合は、「乾いた髪に塗る方法」をおすすめします。

髪質にもよりますが30分~1時間ほどおけば、一回でしっかり染まり色持ちもかなり伸ばすことができます。(それでも少しずつ色落ちはします)

 

お風呂で染める方法は手短に染められる分薄染まりになるので、どうしても早く色落ちしてしまいます。

白髪が十分に染まったと感じるまで毎日連続して使用し、その後は1週間に1~2回使用することで白髪の染まりを継続させることができます。

どちらの方法が最適なのかはご自分の状況に合わせて使い分けてみてください。

<POINT> 時間があるときは乾いた髪に塗る方法をして、時間がない時はお風呂で手短に染めるなど、状況に合わせて使い分けると良いのではないでしょうか。

 

 

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト

 

すすぎが大変と感じる場合の対処法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

お風呂で染める方法だと、カラートリートメント使用後はすすぐだけで、シャンプーもせずに終了することになります。

メーカーとしてはすすぎが甘いとタオルや枕・衣服への色移りがあり、クレームになってしまいます。

そういったクレームを避けるために「すすぎ水の色落ちが確認できなくなるまでしっかりとすすいでください」と説明しています。

 

シャンプーなしではすすぎ水の色はなかなかなくならないですし、長時間すすぐ行為は「せっかく染めたカラートリートメントをわざわざ落としている」ようなものです。

ある程度すすぎ水に色が残っている状態でも、それぐらいでよしとするか、

もしくは多少面倒でも、「乾いた髪に塗る方法」で長めの時間を置いて、洗い流す際は普通にシャンプーとトリートメントをしてください。

一度シャンプーすれば、衣服や周りへの色移りも同時に減らるのでおすすめです。

 

タオル・衣服・枕への色移り 対処法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

カラートリートメントは髪が濡れると色落ちするヘアカラーです。

お風呂上がりの髪が濡れた状態(湿気た状態)で放置すると衣服に色移りしやすいので、髪をすぐに乾かすことが大切です。

髪が乾いた状態だと、カラートリートメントも色移りしません。

 

タオルへの色移り

髪を拭く際はどうしても色移りしやすいので(特に最初の1~2回目お風呂後)、色の濃いタオルを使用するようにしましょう。

もしくは「乾いた髪に塗る方法」で、お風呂でシャンプーすると、タオルへの色移りも大分減らすことができます。

 

枕への色移り

「髪を完全に乾かして寝ること」で軽減できます。

髪の乾かし方が甘くやや湿気た状態で寝ると、枕に色移りしてしまうので気をつけるようにしましょう。

お風呂で塗る方法ではカラーリング後はすすぐだけなので、どうしても色移りがしやすい状態です。

完全に乾かした状態で寝ても色移りしてしまう場合は、乾いた髪に塗る方法に変えて、お風呂でシャンプーしてから寝るようにしてみてください。

 

汗による色移り

運動する場合は汗をかきますので、カラートリートメントも色落ちしてしまいます。

カラートリートメントが濡れた際に色落ちするのを防ぐことは無理なので、襟が汚れても良い服にするか、残念ですがカラートリートメントの使用を止めるかどちらかになります。

運動される場合は従来の白髪染めの方が良いかもしれません。(髪のダメージはありますが)

状況に応じて白髪染めを使い分けるようにしてみてください。

 

顔周りや頭皮への色残りが気になる場合の対処法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

「お風呂で染める方法」だとその後はお湯ですすぐだけなので、地肌や頭皮にカラー剤が残りやすい状態です。

シャンプーしない場合は、しっかり予防しておくことが大切です。

  • 塗る前には、色残りが気になる部分には保護クリームを塗っておく。
  • 塗り終わった際は、カラー剤が余計な部分についてないかチェック。
  • それでも色残りする場合は、石鹸かシャンプーで軽く洗いましょう。

おすすめは「乾いた髪に塗る方法」で少し長めの時間をおいて、シャンプーとトリートメントをすることです。

 

やはり一度シャンプーしてあげた方が、余計なカラー剤をしっかり落とすことができます。

また敏感肌の方は、お肌や頭皮に余計なカラー剤を残さない方が肌トラブルの回避にもなります。

 

カラー剤を塗布する際、洗い流す際、周辺への汚れ 対処法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

これはカラートリートメントだけの問題ではなく、セルフカラーする場合はどのヘアカラーを使用しても必ず起きる問題です。

 

カラートリートメントを塗布する際に壁や床に付いた汚れは、時間を置かずにすぐ拭けばサッと落とすことができますので、飛び散った際にはすぐに対処するようにしてください。

ヘアマニキュアや従来の白髪染めは時間が経つともう二度と落とせなくなりますので、、、むしろカラートリートメントはまだマシな方かと思います。

 

お風呂でカラートリートメントを洗い流す際は、まずは壁や床にシャワーのお湯をかけておくと、色移りを減らすことができます。

洗い流し終わった後は、もう一度壁や床をシャワーで洗い流すようにしましょう。

 

低刺激なマイナチュレでもかゆみが出る・かぶれる場合の対処法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

無添加で肌に優しいマイナチュレですが、それでもかゆみが出るケースがあります。

これはマイナチュレは植物成分をたっぷり使用しているので、その「植物成分に対してかぶれている場合」がたまにあります。

もしくは化粧品染料に対して、反応してしまっている敏感肌の人も稀に見受けられます。

通常化粧品染料はジアミン染料と違って、ほとんどの方にとっては肌トラブルを起こしにくい、安全性の高い染料です。)

 

そういった場合は残念ですがマイナチュレは体質には合わないということですので、使用を中断してください。

こういった場合は「頭皮につけないように白髪染めできるヘアマニキュア」などを使用した方が、肌トラブルを避けつつカラーリングできます。

 

かゆみが出る場合は、カラー後はすすぐだけではなくて、シャンプーするようにしましょう。

 

案外それだけで、かゆみが収まる人も多くあります。

 

その場合は「乾いた髪に塗る方法」が、シャンプーでの色落ちを軽減できるのでおすすめです。

 

カラートリートメントで上手に染める自信がない…

わたし不器用だから、上手に染められる自信がないわ。

 

なんでも最初は不慣れなものです。

最初から希望通りに染められるかどうかは、器用不器用もあるので個人差があると思いますが、1本使い終わるぐらいまでには上手に染められるようになっている人が多いですよ。

 

また一般的な白髪染めと違ってカラートリートメントは、脱色剤によるムラができないことも大きなメリットです。

「明るい部分と暗い部分」ができてしまったムラムラ髪は、美容師でも直すのが大変です。

しかしカラートリートメントの場合は、塗り残しがあった場合はまた染め直しをすればいいですし、それで髪が痛むこともありません。

 

カラートリートメントの塗り方

カラートリートメントの塗り方

<マイナチュレ HPより>

 

【上手く染めるコツ&使い方】染まらない時はココをチェック!

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

上手く染められない場合のチェックポイントをここに挙げておきますので、参考にしてみてください。

ここではお風呂でのやり方ではなくて、「乾いた髪に塗る方法の方がしっかり染められる」ので、そちらの方法でのコツをご紹介します。

「乾いた髪へ染める方法」と「お風呂で染める方法」では、これぐらいの差がでます

(左)が乾いた髪に塗る方法(右)がお風呂で塗る方法

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0110

<上手に染めるポイント>

  • 使用量をケチらずにたっぷりと塗布する。
  • 塗布後は髪の上からラップをして、薬剤が髪にしっかりと付くように抑えつけます。
  • 染まりにくい場合は、放置時間を長めに置きます。(最低30分、できれば1時間以上)
  • 染まりにくい場合は、ダークブラウンなどの濃い色を選択してください。

染まりにくい場合はこのポイントのいずれか、もしくは複数ができていないからです。

ここさえできていれば「必ず」染まりますので、上の4点を意識するようにしてみてください。

 

なるほど。チェックする時はここだけ気をつけておいたらいいのね。それぐらいだったら、なんとかできそうな気がするわ。

読んでるだけだとイメージしにくいので難しく感じますけど、実際染めてみたらそんなでもないですよ。

あら、そうなの(笑)

 

【敏感肌用白髪染め】マイナチュレの比較レビュー「まとめ」

まとめのイメージ画像

話が長くなったので要点をまとめます。

以下のような白髪染めで起こる様々なトラブルは「マイナチュレ カラートリートメント」を使うと、解決できます。

  • お肌のかゆみ、かぶれ、赤み
  • 頭皮がヒリヒリしみる、痛い、フケが出る
  • ジアミンアレルギー
  • 髪のダメージ
  • 妊娠中の白髪染め

白髪染めカラートリートメントにも色々ありますが、トータルバランスに優れたマイナチュレが美容師的にはおすすめ。

 

 

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト

 

マイナチュレをおすすめする理由として大きなポイントを挙げると、

  • お肌への優しさを「特に」意識している
  • 数あるカラートリートメントの中でも「よく染まる」
  • スカルプケアも一緒にできる

ということです。

 

「セルフカラー用の白髪染め」として大変便利なマイナチュレですが、これにもやっぱり「合う/合わない」があります。

合わない条件に合致する場合は他のヘアカラーを探した方がいいので、以下をチェックしてみてください。

 

おすすめできない人

  • 明るい白髪染めが好きな人(脱色剤不使用なので明るくできない)
  • リタッチ染めに使う分には、すでに明るい髪へも使用できます
  • 従来の白髪染めに特に不満を感じていない人
  • 従来の白髪染めと同じ感覚で使用できるものを探している人(使用方法が違うから)

最適な人

  • 白髪染めの際に頭皮がヒリヒリして痛かった人。かゆみが出ていた人。
  • 今までの白髪染めでは肌トラブルがなくならなかった人。
  • ジアミンアレルギーで従来の白髪染めは使えない人。
  • 敏感肌やアトピー体質の人。
  • 妊娠中でも白髪染めできるものをお探しの人。
  • 抜け毛や薄毛が気になっていて頭皮を大切にしたい人。

今までいろいろと理由を挙げてきましたけれど、白髪染めのセルフカラーでお悩みの人は、マイナチュレは最適だと思います。

 

白髪染めカラートリートメントに関しては「安かろう悪かろう」なものが多いので、ある程度品質がしっかりしているものを選ぶようにしてください。

 

あなたの価値は安くないですよね?

身体を大切にしたいなら、それに見合ったものを選ぶようにしましょう。

 

マイナチュレで染めると髪のダメージがなくなるので、お手入れも楽になります。

また染める度にアレルギーやかぶれの心配をしなくてもいいのは、敏感肌の方ならそのありがたみを痛感できるのではないでしょうか。

ほとんどの頭皮トラブルを解消することができますし、安心してセルフカラーを続けていくことができます。

 

【最安値 購入先】キャンペーン利用すると実質1本無料

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト

 

2本が1本以下の価格で買えます。これだけあったら当分は白髪染めの心配しなくてもいいですね。

1本目はタダでゲットできたと思って、練習用にしてみてください。

上手に染めるポイントは3つだけ

  • 自分が思っている以上にたっぷり塗ること
  • ラップして隙間なく密着させること
  • 長めの放置時間を意識すること

そうすれば染まりも色持ちも、染め上がりの髪質にも、きっと満足できると思いますよ。

1本目はタダなので、思い切って練習しましょう。

 

「マイナチュレで染まらなかったら、他のカラートリートメント使ってもダメだな」ぐらいの気持ちで、練習してみてください。

ポイントは「たっぷり、密着、時間」ですよ。

 

マイナチュレ カラートリートメント「Q&A」

Q&Aのイメージ画像

「ダークブラウン」「ブラウン」色選びはどうしたらいいですか?

マイナチュレはダークブラウンとブラウンの2種類のみがラインナップされているので、色選びも比較的容易だと思います。

おおまかな判断基準を載せておきますので、初めて購入される場合は参考にしてみてください。

 

ブラウンがおすすめ

マイナチュレ カラートリートメント 「ブラウン色」

  • 髪色が明るい場合。
  • あまり暗く染めたくない場合。
  • 美容院で明るい白髪染めしてて、合間にリタッチ染めする場合。
  • ヘアカラーの退色が気になり、根元だけでなく全体的に染めたい場合。

 

ダークブラウンがおすすめ

マイナチュレ カラートリートメント 「ダークブラウン色」

  • 白髪カバーをしっかりしたい場合。
  • 色を長持ちさせたい場合。
  • 髪色が黒髪、もしくは暗めの場合。
  • ヘアカラーの退色が気になり、全体的に暗く染めたい場合。

全成分が知りたい

マイナチュレ カラートリートメントで使用されている成分はこちらです。

水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、水添ナタネ油アルコール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、オレンジラフィー油、イソプロパノール、クロルヒドロキシAl、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コレステロール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、デキストリン、ボタンエキス、BG、フユボダイジュ花エキス、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コンフリー葉エキス、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、デキストラン、アセチルヘキサペプチド-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、γ-ドコサラクトン、アシタバ葉/茎エキス、ガゴメエキス、ウコン根茎エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、スギナエキス、ベルガモット果実油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、テレビン油、クスノキ樹皮油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、(+/-)HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2

<マイナチュレより抜粋>

マイナチュレは色落ちはどうなの?

これは染め方や選んだ色、染める時間、染まり具合によって全然違ってきます。

他の白髪染めカラートリートメントと比較してみると(同じ色を使って同じように染めたと仮定して)、マイナチュレの方が染まり良く、色も長続きしてくれます。

他のカラートリートメントよりも色持ちするマイナチュレですが、たとえばお風呂場で短時間で染めた場合などはすぐ色落ちするように感じるかもしれません。

色落ちが気になる場合は「乾いた髪に塗る方法で30分以上放置時間を取る」ようにしてみてください。

マイナチュレは黒髪も染まりますか?

はい、黒髪にも染まります。(着色されます)

使用した色がダークブラウンだったら白髪はダークブラウンに見えますが、黒髪は黒色の方が勝ってしまうので、ダークブラウンには見えず黒色のままです。

なので一見白髪部分だけダークブラウンに染まっているように見えますが、一応黒髪にも色は着色しています。(ただ明るく見えないというだけ)

同じようにブラウンを使用した際も白髪はブラウン色に染まりますが、黒髪は黒色の方が勝ってしまうので、ブラウンには見えず黒色のままです。

 

もしこの質問が「黒髪を明るく染められますか? 明るくできますか?」という意味でしたら、マイナチュレは脱色剤を使用していないヘアカラーですので、答えは「いいえ」となります。

マイナチュレは男性が使用しても大丈夫ですか?

はい。男性でもご使用いただけますが、マイナチュレのカラートリートメントは、女性の好みの傾向に合わせたツヤや髪色になるよう開発しております。

そのため男性の好みの色や、使用目的に合わない場合もございますので、予めご了承ください。

<マイナチュレより抜粋>

との回答がホームページにあります。

参考程度に、男性がマイナチュレを使う場合は、暗くてしっかり染まる「ダークブラウン」がおすすめです。

マイナチュレのダークブラウンなら自然な感じのダークブラウン色に染まるので、男性でも問題なく使用できるかと思います。

 

一般的に男性用の白髪染めカラートリートメントはブラックなどの濃い色がメインで、赤みを感じない調色になっていることが多くあります。

マイナチュレを使用する場合は、ブラックほど黒々したくない場合でしっかり染めたい時に最適です。

 

 

以上、マイナチュレに関する Q&A でした。

 

 

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

64%オフ 実質1本無料 全額返金保証
マイナチュレ 公式サイト