利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

1回10分でしっかり染まる!

カラートリートメント売り上げNo.1メーカーから新発売、「ヘアマニキュア」

 

カラートリートメントの染まりでは物足りませんか?

  • カラートリートメントは手軽に染められるのがいいけど、染まりにくくて色落ち早いのが不満。
  • しっかり染めたい場合に長時間待つのが辛い。
  • かといって従来の白髪染めは髪が傷むので嫌。

お風呂前にサッと塗って手軽に使えるものないの?

 

カラートリートメントは確かに良い商品なんですが、染まりにくくて色落ち早いのが難点ですよね。

ついつい「もっと短時間で染まって、色落ちも少ないものないのかな?」って思ってしまいますよね。

 

そういった際に試してみたいのが、利尻ヘアカラートリートメントでお馴染みの Sastty が新発売する「ヘアマニキュア」です。

カラートリートメントと同じで髪を傷めることがなく、ジアミンアレルギーでも白髪染めができ、なおかつ短時間で白髪染めもできるヘアカラーです。

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

カラートリートメントの弱点をカバーするために作られたのが、この白髪染めです。

  • 染まりやすいので、お風呂に入る前の短時間でOK。
  • 色持ち良いので、カラートリートメントより使用頻度をグッと抑えられる。
  • 髪が傷まないので、白髪が気になるタイミングで染めても大丈夫。

白髪染めは一度塗ったら終わりというものでなく、くり返し使い続けるものですよね。

なるべく簡単に使えて、染める負担を減らしていくことが、セルフケアを続けていく大きなポイントです。

この利尻カラークリームならきっと以前よりも白髪ケアが楽になると思います。

  • いつでも白髪のない状態を保てます。
  • いつでも髪ツヤツヤ、美髪でいられます。

利尻カラークリームで白髪ケア、始めてみませんか?

白髪染め用ヘアマニキュアってどんなもの?

まずは白髪染め用のヘアマニキュア(利尻カラークリーム)がどんなものなのか簡単にご紹介します。

  • 脱色剤を使用しないので、髪が傷まない。
  • ジアミン染料不使用なので、ジアミンアレルギーでも白髪染めができる。
  • 短時間で髪に吸着し、白髪が染まる。
  • 色持ちも3週間前後とそこそこある。
  • ただ1点注意したいのは、頭皮につかないように塗布する必要があること。

◆ヘアマニキュアは脱色剤を使用しないので髪を明るく染めることはできませんが、その代わりに髪の毛も傷むことがありません。

◆そして従来の白髪染めでよく使われている染料「ジアミン染料」を使用しないので、ジアミンアレルギーがある人でもヘアマニキュアなら白髪染めすることができます。

 

◆ヘアマニキュアは比較的の短時間で染まります。

イオン吸着という性質を利用して、髪の表面を中心に染めるヘアカラーです。

また毛髪の中心部分まで浸透させて染める必要がないので、長い放置時間を必要としません。

 

◆ヘアマニキュアの色持ちは改善されている。

ヘアマニキュアが発売された何十年も前は色落ちも早かったのですが、技術の革新もあり少しずつ色持ちするようになってきています。

⇒ 今回の利尻カラークリームでいえば、「色持ち約1ヵ月」とホームページ上に記載されています。

ちなみにですが私がヘアマニキュアで白髪染めすると、2ヵ月は十分に持ちます。その際のテクニックもこの後ご紹介しますね。

 

◆ヘアマニキュアの一番の難点は「頭皮につけられない」ということです。

というのも吸着が良いので、頭皮につくとお肌までよく染まるからです。

従来の白髪染めやカラートリートメントよりも塗布する際は注意が必要です。

頭皮についた際にはお肌に色移りしますが、お肌がかぶれるというわけではないので、そこはご安心ください。

 

利尻カラークリームはカラートリートメントではない

この利尻カラークリームを初めて知った時は私も勘違いしてたのですが、「利尻ヘアカラートリートメントの新商品が出たのかな?」と思っていました。

この利尻カラークリームはカラートリートメントではなく「ヘアマニキュア」です。

そこだけはお間違えのないよう覚えておいてください。

カラートリートメントのように頭皮につけて塗布すると、頭皮が真っ黒になってしまいますので(笑)

カラートリートメントはお風呂で濡れた髪に使用したりしますが、この利尻カラークリームは「乾いた髪に頭皮につけないように塗布するヘアカラー」です。

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

利尻カラークリームの特徴と詳細をレビュー

利尻ヘアカラーシリーズの売上イメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

利尻ヘアカラートリートメントでおなじみの Sastty から新発売された「ヘアマニキュア」

ホームページ上では「1回10分で染まり」「色持ちも1ヵ月」と大きく提示されています。

まあこれはヘアマニキュアと考えると、常識の範囲です。

ちゃんと塗布すればこれぐらいは十分に持つので、そこは安心してください。

 

これはカラートリートメントではありませんので、使用する際は「乾いた髪に」「頭皮に付けないように」塗布します。

そこが大きな違いです。

 

◆カラートリートメントは、

  • 頭皮につけて塗布できる
  • 濡れた髪へも乾いた髪へも使用できる
  • 1回での染まりは弱め、色持ちも弱め

◆一方ヘアマニキュアは、

  • 頭皮につけるように塗布できない
  • 乾いた髪に使用する
  • 1回でもしっかり染まる、色持ちも良い

この違いを知っておくと、どちらが自分に最適なのか判断しやすいと思います。

植物性色素もプラスして染色力UP

利尻カラークリームに含まれる植物性色素

<利尻カラークリーム HPより>

この利尻カラークリームが他のヘアマニキュアと違うところは、ヘアマニキュア染料に加えて「クチナシ・シコン・ウコン・アナトー」などの植物性色素を配合しているところです。

ヘアマニキュアの染色力をより強化しています。

25種類の天然由来成分配合

利尻カラークリームに配合される成分(利尻昆布、フコイダン、アルギニン酸)

<利尻カラークリーム HPより>

利尻ヘアカラーシリーズ共通の「利尻昆布」は今回もしっかり使用されています。(名前の由来でもあります 笑)

◆利尻昆布 ・・・ 北海道利尻産の昆布はねばるのが特徴的で、その中に美容成分がギュッと凝縮されています。利尻昆布に含まれるミネラルは髪をすこやかな状態にし、フコイダンやアルギン酸は髪の潤いを守るのに役立ちます。

利尻カラークリームに配合される成分(その他の天然由来成分)

<利尻カラークリーム HPより>

■ セイヨウキズタ、ローズマリー、ローマカミツレ、オドリコソウ、アルニカ、センブリ、フユボタイジュ、ボタン など。

これらの成分は髪の潤いをアップさせるのに役立ちます。

3種類のハリコシ成分配合

利尻カラークリームに配合される成分(ハリコシ成分等)

<利尻カラークリーム HPより>

白髪染め世代は「髪痩せ」も気になりやすいポイントですが、ハリコシ付与成分を3種類も配合し、ボリュームカバーがしやすいようにしてあります。

■ オレンジラフィーは今注目のダメージ保護成分。ニュージーランドの深海に生息する魚から抽出した髪に親和性の高いオイル。乾燥ダメージから髪を守ります。

安心安全の無添加処方(ジアミン不使用)

利尻カラークリームの無添加処方(ノンジアミン)

<利尻カラークリーム HPより>

利尻ヘアカラーシリーズの特徴である「無添加処方」も引き継いでいます。

かぶれやアレルギーの原因となる「ジアミン不使用」

ジアミンアレルギーがある方でも安心して染められる白髪染めです。

利尻カラークリーム 色の種類と選び方

利尻カラークリームのラインナップ4色

<利尻カラークリーム HPより>

  • 【ライトブラウン】 ・・・ あまり暗くしたくない場合、明るい白髪染めのリタッチ染めに。
  • 【ナチュラルブラウン】 ・・・ 程よいブラウン色が好みの場合に。
  • 【ダークブラウン】 ・・・ しっかり染めたい、控えめな色に染めたい場合に。
  • 【ブラック】 ・・・ 地毛がほぼ黒色の場合、メンズなどに。

※色の好みには個人差がありますので、あくまでも目安としてご参考ください。

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

市販ヘアマニキュア「利尻カラークリーム」の口コミ評判

ホームページ上に記載されている口コミをご紹介します。

■<50代女性> カラートリートメントの長い放置時間と洗髪後のタオルへの色移りが不満点でしたのでコチラを試してみました。結果…着色は満足。放置時間も満足。タオルへの色移りも多くなく満足。地肌への刺激はヘアトリートメントと同様に大満足。髪の仕上がりも満足。

■<50代女性> ヘアマニキュアは白髪が変に光ってしまう事があって敬遠していましたが、新商品の利尻カラークリームは自然な髪色に着色して良いです。リピートしたいと思います。

■<60代女性> 今までは利尻ヘアカラートリートメントを使っていましたが、段々色持ちが短くなったような気がするので、色持ち1ケ月と謳っている新製品のこちらを早速使ってみました。

色持ちがいいというだけあり、ヘアカラートリートメントよりは塗布する時や洗面台に汚れが付かないようにすること等、確かに気を付けなければならないので気持ち面倒かなぁと思いましたが、使ってみたらその点はあまり問題無し。

約10分待つだけでいいのはありがたいですね・・・。あとは次回塗布するまでどれくらい色持ちがするか楽しみにしたいと思います。

やはり髪に優しく白髪染め出来るのは嬉しい商品ですね。

■<60代女性> 今まではカラーシャンプーとカラートリートメントを使用していました。根元の白髪が気になり始めたので カラークリームを試してみました。短い時間でもよく染まり、洗いあがりもパサつかず仕上がりました。あとは色持ち具合がどうか気になるところです。

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

市販ヘアマニキュア「利尻カラークリーム」はどんな人におすすめ?

  • カラートリートメントの染まりに物足りなさを感じている人
  • 白髪染めのダメージに悩んでいる人
  • 傷まない白髪染めがしたい人
  • ジアミンアレルギーで従来の白髪染めができない人
  • 従来の白髪染めでは地肌がヒリヒリしみる、頭皮が痛くなる、敏感肌の人
  • 白髪染めのツンとした刺激臭にお悩みの人
  • 頻繁に白髪染めする人
  • 髪が細くてペタンとしやすい人
  • 頭皮になるべく負担をかけないで白髪染めしたい人
  • 待ち時間が短い白髪染めを探している人
  • 妊婦さんで白髪染めしたい人

 

利尻カラークリームでしっかり白髪を染めるコツ

■ 利尻カラークリーム 使用上の注意点 ・・・ 利尻カラークリームはお肌に色がつくと取れにくいので、顔周りが汚れないように準備しておきましょう。

  • 顔周りの生え際や汚れが気になる部分に保護クリームを塗ります。
  • 耳にはイヤーキャップをします。(100円ショップ等で購入できますが、無い場合はラップで覆うようにします。)
  • 手に付くと取れにくいので、塗布する際は必ず手袋を使います。
  • 服などが汚れないようにカラーリング用のケープがあるといいですね。(100円ショップでも購入可)
  • 顔や地肌についた時は付属のヘアカラーリムーバーですぐに拭き取るようにしてください。(時間が経つほどに落としにくくなります。)

利尻カラークリームの基本的な使い方(リタッチ染め)

白髪の多い部分、気になる部分に塗布します。大抵の場合は「顔周り、分け目、つむじ周り」だと思います。

リタッチ染めの場合は、白髪部分にだけ利尻カラークリームを塗布するようにします。

塗り終わったら全体にふんわりとラップを巻きます。(頭皮の温熱効果で先着力アップ、乾燥を防ぎ先着力アップになります。)

もし髪が長い場合には、ヘアクリップなどで一旦留めておいて、その上からふんわりラップしてください。(利尻カラークリームが顔や首筋・服につかないように予防)

放置時間は説明書の所要時間を参考にしてください。

※利尻カラークリームは長い時間をおいたからといって染まりが良くなるわけではありません。(髪質によって5~10分はプラス可能)

放置時間終了後は色が出なくなるまで充分すすぎ、いつも通りにシャンプー&コンディショナーで仕上げて終了です。

 

利尻カラークリーム 使い方動画

「白髪が染まらない」「色落ちが早い」と悩まないために、上手に染めるコツをチェック

◆液ダレしない程度で、たっぷりと塗布した方がよく染まります。

◆1回目のカラーリングが終わった後、洗い流す前に白髪が特に気になる部分へ更にもう1度重ね塗り(二度塗り)します。

(二度塗りした場合はプラス5分~10分放置時間をおいてから流します。)

その方が濃く染まり、色持ちも良くなります。

 

塗布後は塗った部分を再チェックし、塗った方向と違う角度からクロスさせるようにもう一度コーミングした方が染めムラが起こりにくくなります。

◆全体を塗り終わって放置時間の間は、ラップをしましょう。

  • 地肌の温熱効果で染まりやすくなります。
  • またヘアマニキュアが乾燥すると染まりが悪くなるので、それを予防する効果もあります。
  • 顔や服、まわりを汚さないためにも大切です。

 

◆髪に余計なもの(スタイリング剤や洗い流さないトリートメントなど)がついている場合は先にシャンプーを行います。

余分な汚れを先に落としておいた方がよく染まります。

 

白髪染め利尻カラークリームの比較レビュー「まとめ」

白髪染めをセルフカラーする際に大切なポイントは、

  • 髪が傷まないものを使う
  • 簡単で使いやすいもの、続けやすいものを使う

のが失敗しないためのポイントです。

 

従来の白髪染めで染め続けていると、髪がどんどんボロボロになっていきます。

せっかく染めて白髪がなくなったのに、髪がパサパサ・ゴワゴワ、傷んで見える状態だったらやっぱり残念ですよね。

髪が傷みやすい白髪染めは美容院でプロにお任せするようにして、「自分で染める際はダメージしないものを選ぶことが賢い選択」です。

そうすることで「きれいな髪をキープしつつ、白髪のない状態を保つことができる」ようになります。

 

またセルフカラーするのが大変だったら、続けていくのは難しいですよね。

なるべく手間がかからず、複雑なテクニックも入らずに染められるものが、セルフカラーにはぴったりです。

これらのことを考えると「利尻カラークリーム」がセルフカラーには最適だといえるのではないでしょうか。

 

この利尻カラークリームは髪全体を染めるというよりも、根元の白髪をちょっと隠したいという場合にとても便利です。

美容院の合間のセルフカラーを考えている人にこそ、おすすめしたい白髪染めです。

 

「あの人いつも髪がツヤツヤで綺麗ね。白髪少ないのかしら?」

 

って思われるのにはポイントがあります。

こまめに白髪を染めつつも髪を傷めないことが大切です。

そういったことが可能なのが利尻カラークリームです。

いつまでもきれいな髪を保ち続けるためのアイテムが「利尻カラークリーム」

あなたも始めてみませんか?

【新発売キャンペーン中!初回 ¥2,500】格安購入先はこちら

利尻カラークリームのイメージ画像

利尻カラークリーム「Q&A」

本当に一回で染まるの?

これはカラートリートメントではなくヘアマニキュアです。

なので、きちんと塗れば染まるのは他のマニキュアと同様です。

染まりが弱いとすれば、

  • 白髪にきちんと塗れていないか
  • 塗布量が少ないか

の2点です。

ここを意識して塗布するようにしてみましょう。

色持ちは本当に1ヵ月続くの?

しっかり塗布できれば1ヵ月は十分に持ちます。

色持ちが弱い場合は「白髪にきちんと薬剤が塗布できていない」か、「塗布量が少ない」かのいずれかに問題があると思います。

その点を意識して塗布すれば、十分に納得できる染まりになると思います。

 

ちなみに私がカラーリングすると2ヵ月ほどは持ちますが、その際のポイントもやはり同じです。

  • 塗りムラをなくす
  • たっぷり塗布する
  • (5分~10分プラスしても良い)

 

ヘアマニキュアが白髪についてない場合は、当たり前ですが染まりません。

しっかり染めたつもりでも、内側が塗布できていない場合がよくあります。

塗り終わったら再チェックして違う角度からコーミングするだけで、染まり具合は飛躍的にアップできます。

また塗布量は「これでもか!」というくらいにたっぷりに塗ります。もったいないぐらいに。

この2点を意識して塗布すると、しっかり染まります。

ですがセルフカラーでリタッチ染めをする場合には、2週間間隔ぐらいで根元だけ染め直しする方が白髪が目立たない状態をキープできますので、この期間色持ちするぐらいの塗布量でもいいと思います。

ジアミンアレルギーがありますが利尻カラークリームを使っても大丈夫ですか?

  • ジアミン染料不使用
  • 頭皮に付けないように塗布する

ということから、ジアミンアレルギーがある方でも大丈夫です。

実際当店ではジアミンアレルギーの方にヘアマニキュアをしてトラブルになったことは、今まで一度もありません。

 

しかしご心配な方は、利尻カラークリームのホームページ上でも書いてあります通り、パッチテストを一度してから使用することをおすすめします。

またどれだけ安全性が高いものでも、「すべての人がアレルギー反応やかぶれといった症状を起こさないものはありえない」と思っています。

そういう意味でもこの利尻カラークリームは安全性が高いですが、100%絶対安全とは言い切れないことをご理解の上、使用してください。

<利尻カラークリーム ホームページより抜粋>

【使用上の注意】

パラフェニレンジアミン等の酸化染料を使用していない商品ですが、すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないということではございません。ご使用の際には、毎回必ず48時間のパッチテストを行ってください。特にお肌の弱い方、長時間洗い流さずご使用の場合はご注意ください。

妊娠中ですが利尻カラークリームを使用しても大丈夫ですか?

<利尻カラークリーム ホームページより抜粋>

妊娠中の方、またお薬を服用されている方は、皮膚が敏感に傾きがちです。医師と相談の上、ご使用ください。

ホームページにもこう書いてありますし、一般的にもヘアマニキュアは妊娠中の方にも使用することができます。

体調を考慮して使用するようにしてください。

美容院と併用する場合にはどの色を選べばいいですか?

  • 明るい白髪染めをしている場合 ・・・ 髪色にもよりますが、ライトブラウンやナチュラルブラウンを選んで根元中心に染めるようにすると良いではないでしょうか。
  • 美容院でヘアマニキュアやヘナ、明るくしない白髪染めをしている場合 ・・・ ダークブラウンなどの暗めの色が良いのではないでしょうか。

※色の感じ方には個人の好みや考え方によって大きく変わる場合がありますので、あくまでも目安程度にお考えください。

利尻カラークリームの全成分が知りたい

<利尻カラークリーム ホームページより抜粋>

水、ベンジルアルコール、ポリアクリレート-13、DPG、ポリイソブテン、ベヘニルアルコール、水添ポリイソブテン、エタノール、乳酸、セタノール、PPG-3カプリリルエーテル、エトキシジグリコール、リシリコンブエキス、カホクザンショウ果実エキス、オレイルアルコール、ニンニク根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ゲンチアナ根エキス、ユズ果実エキス、ヤエヤマアオキ果汁、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、デキストリン、センブリエキス、カワラヨモギ花エキス、コンフリー葉エキス、加水分解ケラチン、オタネニンジン根エキス、フェノキシエタノール、BG、ステアリン酸グリセリル(SE)、セチル硫酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、フィチン酸、オレンジラフィー油、乳酸Na、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート20、香料、ウコン根茎エキス、ムラサキ根エキス、加水分解クチナシエキス、水溶性アナトー、黄4、赤227、黒401、橙205、紫401

 

以上、利尻カラークリームについて「Q&A」でした。

利尻カラークリームのイメージ画像