ひどい抜け毛、薄毛、ウィッグのイメージ画像

20代からのひどい抜け毛で頭頂部や分け目、地肌が透けて見える薄毛にお悩みの方にアンケートを取りました。

 

  • ひどい抜け毛や地肌が透けて見えるほどの薄毛に悩むことになった経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが地肌が透けて見えるといった薄毛にお悩みなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ 抜け毛や薄毛に困ったら、体の内側と外側両方のケアで効果を感じやすいと評判の「イクオス」

⇒ 育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

⇒ 抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ

 

抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談

20代からひどい抜け毛で頭頂部の地肌が透けて見える薄毛に…髪が薄いといわれ屈辱的だったので、目立つ頭皮や分け目をファンデーションやウィッグでカバー、糖質制限で改善傾向の30代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

美杏、体験当時の年齢は30歳、女性です。

 

◆ひどい抜け毛や薄毛に悩むことになった経緯を教えて下さい。

 

頭のてっぺん(頭頂部あたり)の髪の毛が抜けだし、その量もだんだん増えてきて、さらに次第に地肌が透けて見えるようになってきたので、薄毛が気になりだしました。

社会人になった20代からストレスによる抜け毛が多かったのですが、だんだんそれがひどくなってきて、30代になると頭頂部の頭皮が見えだしました。

 

30代になった時に職場の同僚から、「髪が薄い」と指摘されました。

(その人は副業で育毛剤を販売しているらしく、その勧誘のために話を振ってきたようでした。)

 

上記の件でまだ30代だったのに、しかも自分は女性なのに髪の薄さをはっきりと指摘され、しかも育毛剤を売るのが目的だと知った時は、大変屈辱的で怒りを感じました。

それと同時に、他人にもはっきり分かるほどの「薄毛」だったのかと知らしめられたのが悲しかったです。

 

その人にすすめられた育毛剤については、プライドや意地もあったし値段も高かったので購入はしなかったですが、せめて目立つ頭皮を隠すため分け目を工夫したり(同じ分け方をしないなど)しました。

当時はお金もあまりなかったので、金額をかけずにごまかすことをいつも考えていました。

薄毛で分け目や地肌が透けて見える状態で困った時、どんな対策・改善方法をとったの?

  • 薄毛で頭皮が目立つ状態だった時、どのような対策を取りましたか?
  • その対策を選んだポイントは何? 他の方法と比べてどこにメリットを感じたから?

 

最初は髪の分け目をその都度都度変えたりして、薄い頭皮をごまかすなどの対策をしていました。

髪の毛も長く伸ばして、ごまかす時に長さでカバーすることもしました。

 

しかし、だんだんそれも(ごまかす)のも難しくなってきたので、頭皮に黒いファンデーション(本来はたぶん白髪を隠すための商品だったと思う)を塗ったりして、地肌を目立たせないようにすることにしました。

当時はネットなどで振りかけるとボリュームアップする粉みたいなものも販売されていたが、価格が高め(というより自分が安月給だったのだが)だったので一番安い黒のファンデーションを購入してみました。

ブランド名や商品名は覚えていませんが、価格は3000円くらいだったと記憶しています。

 

出かけるときに髪をとかし、目立つ頭頂部の頭皮部分にその黒いファンデーションを塗り、地肌を黒くして地肌が透けて見えるのを目立たなくするようにしたら、一見薄毛は目立たない感じに仕上がっていました。

金欠もあったので、増毛などの対策よりも「見た目のごまかし」に力をいれていました。

黒いファンデーションやポイントウィッグで薄毛の見た目対策して、どうでしたか?

  • 黒いファンデーションやポイントウィッグでの見た目対策で、良かった点/悪かった点は?
  • それら薄毛の見た目対策の全体的な感想を教えてください。

 

黒いファンデーションを頭皮に塗っていたら薄毛だということのごまかしはできましたが、暑いときなどは汗をかいたりしてファンデーションが溶けて流れ落ちてきて「黒い汗」になってしまい、びっくりされたりして恥ずかしくなってきました。

そのあとウイッグを買うことを決意し、購入しました。(頭頂部用のポイントウイッグ、トップピース)

 

ウイッグをつけた外見は、知っている人以外は、うまくごまかしながら一見わからない感じに仕上がったので、満足できました。

 

だた、ポイントウイッグのため、元の髪の毛で抑えるために不自然な部分にヘアピンをつけなけらばならず、たまに「変わったところにピンつけているね」と指摘されることもありました。

ウィッグでの薄毛カバーはそういった不安もありましたが、黒のファンデーションを頭皮に塗るよりは、シャンプーの手間(その都度都度黒いファンデーションを洗い落すのに時間がかかったりしました)や、暑い日の黒い汗が流れる不安からは解放されたことを思うと、良かったのではと思います。

 

こちらも基本ごまかし対策なので、薄毛の改善や髪の毛自体のボリュームアップになっていないのが残念です。

薄毛や抜け毛に対する日々のケア、予防対策、気をつけていることなどを教えて下さい

仕事が変わって在宅メインの仕事になったので、あまり外出することが少なくなり、さらに年齢が重なってきたので同年代の周りの人たちもだんだんと薄毛の人が増えてきて、わたしの薄毛が目立たなくなってきました。

そういったことから次第に薄毛を気にすることも減ってきたため、近所の買い物レベルではウイッグをすることが減ってきました。

 

そのうち体調を崩してしまい糖尿病になってしまったので、その対策として「糖質制限ダイエット」を実践し始めました。

そうすると、心なしが髪の毛が少し増えたような気がしてきました。

 

糖質をカット(基本的に主食の炭水化物をほとんどとらないなどの食事)を心がけていますが、糖尿病のほか、薄毛や皮膚のあれ(ポツポツ)も改善されてきたので、今後もこのような糖質制限食を続けていこうと思っています。

今まではごまかすことをメインに薄毛対策をしてきたましたが、今後はこういった体質改善を試してみて、内部から髪の毛のボリュームアップ対策をしていきたいと思います。

 

◆同じように薄毛で頭皮が透けて見える状態で困ってる人に、アドバイスをお願いします

 

わたしの場合はストレスが原因でひどい抜け毛が始まりましたが、やはりストレス解消が一番の薄毛要因の撲滅になると思いますが、それも自分一人での改善はなかなか難しいです。

そういった場合の対策のひとつとして、糖質制限で糖分を減らしていけば体内部からの変化が見られると思います。

 

今までは頭皮に皮脂が絶えずあふれていて、シャンプーしても半日で髪がべたついていたりしていました。

そういった皮脂の過剰分泌が原因で、髪が抜けていたのかもしれないです。

 

(参考)頭皮の皮脂過剰分泌には専用ローションがおすすめ

⇒ 頭皮脂の過剰分泌を抑えるローション「サニープレイス スッキリスッキリ」◇脂漏性皮膚炎、頭皮湿疹、ベタつくフケ・かゆみ、頭の臭い、抜け毛予防に

 

糖質制限をすると体の余分な皮脂が減ってきて、髪のべたつきもかなり軽減されてきています。

その相乗効果なのか抜け毛も減ってきています。

糖質制限ダイエットで痩せて脂肪分を減らしていくことが、髪の毛のボリュームアップにも関連しているのではないかと思います。

 

 

以上、20代からひどい抜け毛で頭頂部の地肌が透けて見える薄毛に…髪が薄いといわれ屈辱的だったので、目立つ頭皮や分け目をファンデーションやウィッグでカバーしていたが、最終的には糖質制限で徐々に改善している30代女性の体験談でした。

⇒ 抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談はこちら

本気で育毛に取り組むなら育毛剤&サプリでの「ダブルケア」

本気で育毛を考えるなら体の外側だけじゃなく、インナーケアも大切です。

  1. まずは確かな育毛成分を配合した育毛剤を使う。
  2. 髪の発育に必要な栄養分を、体の内側からもサポートする。

体の内外両方の「ダブルケア」だから効果を感じやすく、また改善スピードを早めることができます。

もうこれでダメなら副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。

⇒ 育毛剤&サプリを使ったダブルケアの詳細

 

育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ