カラーチャート

ヘアマニキュアって知ってますか?

一時よく流行っていた時もありましたが、最近はアルカリカラー剤やカラートリートメントに取って代わられ、使用する人が減りました。

しかしアルカリカラー剤(一般的なおしゃれ染め/白髪染め)が流行るに連れて、また敏感な体質の人が増えるに連れて、アルカリカラー剤に対するアレルギーも増えてきているように感じます。

アルカリカラー剤でアレルギー反応を起こす多くの場合は、配合されている「ジアミン染料」に対してです。(ジアミンアレルギー)

一度ジアミンアレルギーを起こしてしまうと、ジアミン染料を配合しているヘアカラー剤を今後使用することができなくなります。

そういう場合に一番困るのが、「白髪染め」されている人ではないでしょうか。

ジアミンアレルギーがある人が白髪染めをしたい場合、使用できるヘアカラー剤としては「ヘナ、ヘアマニキュア、カラートリートメント」になります。

今回はヘアマニキュアについて、特徴、メリット・デメリット、市販のおすすめ、セルフでの使い方、よくある質問など、詳しく解説してみます。

 

ヘアマニキュアとは? 「特徴」と「メリット・デメリット」

カラーリングによる髪のダメージゼロ。ヘアマニキュアを、もう一度見直そう!

ヘアマニキュアをアルカリカラー剤の代用として使用すると、カラーリングによる髪の痛みを防ぐことができます。ヘアマニキュアは髪を脱色することがないので、ダメージを与えることがありません。

アルカリカラーと違ってヘアマニキュアは、何度カラーリングをくり返しても髪が痛まないので、白髪が気になり、頻繁にカラーリングされている人にピッタリの白髪染めです。

 

ヘアマニキュアはジアミンアレルギーがある人へ、最適な白髪染め!

ヘアマニキュアはアルカリカラー剤に配合されている「ジアミン染料」を使用していないので、ジアミンアレルギーの人でも安心して染められます。

カラーリングの際には頭皮につけないように塗布するので、アルカリカラー剤で頭皮がピリピリ痛い、しみるといった刺激を感じていた人も、ヘアマニキュアなら大丈夫です。

 

ヘアマニキュアの特徴

ヘアマニキュアの特徴として「髪を脱色できない」ので、基本的には白髪染めに使用することが多くなります。

アルカリカラー剤のように髪の内側まで染めるというものではなく、髪の表面をコーティングする感じです。爪のマニキュアをイメージすると分かりやすいですね。

アルカリカラー剤は永久染毛剤といって色持ちが良いですが、ヘアマニキュアは半永久染毛剤になり、シャンプーの度に少しずつ色落ちしていきます

じゃあ「白髪の多い髪へは使えないのか?」というとそうでもなく、しっかり塗布することでヘアマニキュアも色持ちするようになります。

スタジオ・ココでヘアマニキュアをされている人は、白髪の少ない人で2~3ヶ月間隔、白髪の多い人で1~1.5ヶ月間隔でカラーリングされています。

ほとんどアルカリカラーと同じぐらいの周期で大丈夫ですね。

 

メリット

  • カラーリングで髪が痛まない
  • 髪のコーティングしてくれるのでツヤ感がある仕上りになる
  • 髪のコーティング効果により手触りがサラッと仕上がる
  • カラーアレルギー(ジアミンアレルギー)ある人でも染められる
  • 頭皮への刺激がない
  • 臭いがない
  • カラーの施術時間が早い(放置時間が短い)

 

デメリット

  • 頭皮から直接塗布できないので生え際の1~2mmぐらい、白髪が染められない部分がある(特にもみ上げ・こめかみなどの顔周り)
  • 髪を明るく脱色することができない
  • シャンプーの度に少しずつ色落ちする
  • 濡れた髪の状態では、衣類やタオルなどの色移りに注意が必要(特にヘアマニキュアしたての2~3日間)

 

ヘアマニキュアが最適な人は?

  • 従来の白髪染めで髪のダメージに悩んでいる人
  • 白髪染めの際に髪を痛ませたくない人
  • カラーアレルギー(ジアミンアレルギー)で従来の白髪染めができない人
  • 従来の白髪染めの施術の際に頭皮がヒリヒリしみる人
  • 白髪が気になるので、頻繁に染めたい人(特にセルフカラー)

 

自宅でセルフカラーする際の使い方とコツ!

カラーリング

顔周りが汚れないように準備する

  • 顔周りのはえぎわ、えり足、耳などにクリームを塗ります。(ワセリンがおすすめ
  • 耳にはイヤーキャップをします。(100均で購入できます)無い場合はラップで覆うようにします。
  • 手に付くと取れにくいので、塗布する際は必ず手袋を使います。(100均で購入できます)
  • 服などが汚れないようにカラーリング用のケープがあるといいですね。

 

地肌についた時は

  • ティッシュペーパーで「すぐに」ふき取ります。
  • リムーバーがあればいいですが、無い場合は、石けんや洗顔フォームで代用します。

 

ヘアマニキュアの使い方

白髪の多い部分から塗布します。その際顔につかないように、前から後ろにコームを動かすようにします。(顔の方から後頭部へ)

塗布し終わった部分がお肌につかないように、ヘアクリップなどで留めると塗りやすくなります。

全体を塗り終わったら髪全体にふんわりとラップを巻いておきます。

放置時間は説明書の所要時間を参考にしてください。(ヘアマニキュアは長い時間をおいたからといって染まりが良くなるわけではありません。)

カラーリングの際に使用した手袋をつけたまま、ヘアマニキュアの色が出なくなるまで充分すすぎます。

シャンプーはいつもより丁寧に洗い、コンディショナーなどで仕上げます。

 

よく染めるためのコツ

液ダレしない程度で、たっぷりと塗布した方がよく染まります

1回目のカラーリングが終わった後洗い流す前に、白髪が特に気になる部分へ更にもう1度重ね塗り(2度塗り)します。濃く染まり、色持ちも良くなります。

塗布する際は一方方向だけでなく、いろんな角度からコーミングをする方が染めムラが起こりにくくなります

全体を塗り終わって放置時間の間は、ラップをしましょう。頭皮の地熱で染まりやすくなります。ヘアマニキュアが乾燥すると染まりが悪くなるので、それを予防する効果もあります。また顔や服、まわりを汚さないためにも大切です。

先にシャンプーを行い、スタイリング剤、洗い流さないトリートメント、皮脂など、余分な汚れを先に落としておいた方がよく染まります

 

使用上の注意点

  • ヘアマニキュアは頭皮や地肌に付いてしまうと、汚れがなかなか落ちないので、カラーリングの際には注意が必要です。
  • 髪が濡れている時は色落ちするので注意してください。(シャンプー後にタオルで拭く時。汗をかいた時。雨に濡れた時。プールや海に入った時など。)
  • 衣服につくと汚れが落ちません。カラーリング用のケープを使用するか、無い場合はタオルを肩にかけるようにしましょう。
  • 洗面台、お風呂についた場合も汚れが落ちにくいので、新聞紙やシートを敷くなどすると良いでしょう。

 

市販でおすすめなヘアマニキュアは?

放置時間がたったの5分で染まるヘアマニキュアです。染めた後あまり待ちたくない人におすすめです。

泡タイプのヘアマニキュアです。クシの間から泡で出てくるのでお手軽に塗布できます。

 

カラーリング時にあると便利なグッズ

カラーリング用のケープ、イヤーキャップ、手袋、クシの4点セットです。ヘアカラーの際に必須のアイテムですね。

顔や唇、全身どこにでも使えて、保湿や傷口の保護まであらゆる用途に使える万能クリームです。ヘアカラー時のプロテクトクリームにも最適です。

カラーリムーバーはお肌に刺激を感じる人もあるので、敏感肌の人は注意してください。擦らずに軽く叩くように使用します。使用後は必ず洗い流しましょう。

 

Q&A

Q&A

「ヘアマニキュアに関する質問」にお答えします!

Q. ヘアマニキュアとヘアカラーの違いは何?

正確には、ヘアカラーとは「髪を染めるカラー剤」全般のことを指しますが、たぶん一般的には「アルカリカラー剤」のことをヘアカラーと呼んでいると思います。なのでアルカリカラー剤とヘアマニキュアの違いについて簡単に説明します。

アルカリカラー剤は脱色剤を使用するので、明るく染めることも、暗くすることもできます。おしゃれ染めも白髪染めもできます。染料には「ジアミン染料」を使用してますので、一度染まると色落ちしにくく、長持ちします。ジアミン染料に対してある一定の割合でアレルギー反応を起こす人がいます。

ヘアマニキュアは脱色剤を使用しないので、明るく染めることができません。主に白髪染めに使用します。染料には「酸性染料」を使用していますので、ジアミン染料にアレルギーがある人でも染めることができます。色持ちはジアミン染料ほどはなく、シャンプーする度に少しずつ色落ちしていきます。

Q. 黒髪用のヘアマニキュアってありますか?

まず、ヘアマニキュアは明るく染めることができません。黒髪に使用しても明るくならないことを知っておきましょう。

その上で、少しだけなら色味を感じる様に「赤、オレンジ」といった色を塗布することで、日光や光の加減で少し地毛と違った感じを楽しむことができます。

Q. ヘアマニキュアを混ぜるとどうなりますか?

同じメーカーでしたら大丈夫です。私たち美容師も混ぜて使用することもあります。絵の具の様に考えると分かりやすいと思います。色が濃い場合、例えば「赤、紫、青、アッシュ、グレー、シルバー」などは透明(クリア)と混ぜて薄い色を作って使用することもあります。

Q. ヘアマニキュアの落とし方教えてください!

  • 重曹
  • シャンプー
  • リムーバー
  • ブリーチ
  • パーマ剤

など、色々な方法がネット上で挙げられていますが、ヘアマニキュアを完全にキレイに落とすことはできません。ヘアマニキュアはアルカリカラー剤などの染料とは違う染料を使用しているためです。

ヘアマニキュアは色味のチェンジなども難しいため、おしゃれ染めとして使用する際は注意が必要です。

少し時間はかかりますが、シャンプーを毎日2回するやり方が一番ダメージがなくて良いと思います。

髪の色を暗くしても良い場合は、ダークブラウンやブラックを重ねて塗って、暗さでごまかすという方法もあります。

Q. ヘアマニキュアの色落ちを防止する方法を教えてください!

ヘアマニキュアはその性質上どうしても色落ちしますが、色落ちをゆっくりにする方法をお教えします。

  • シャンプー後はすぐに髪を乾かす。(濡れている時に色落ちが促進されるため)
  • シャンプーの回数を減らす。(シャンプーで色落ちするため)
  • ヘアマニキュア用のシャンプーやトリートメントを使用する。(ヘアカラー用でも良い)
  • リンス、コンディショナー、トリートメントの使用を止める。(これらのものはヘアマニキュアと性質が似ているため、洗い流す時に一緒に落ちやすくなります。)

Q. メンズ用ヘアマニキュアってありますか?

メンズ用ヘアマニキュアもありますが、女性用も男性用も内容は特に変わりはありません。ヘアマニキュアの機能性で選ぶ方がおすすめです。女性用を使用する場合はダークブラウンやブラックなどを選べは問題ありません。

Q. ジアミンアレルギーがあります。ヘアマニキュアしても大丈夫ですか?

ヘアマニキュアは「酸性染料」を使用しており、「ジアミン染料」を使っていないので、ジアミンアレルギーがある人でも染めることができます。

Q. ヘアマニキュアではかぶれは起こらないのですか?

アルカリカラー剤ほどの割合ではないですが、ヘアマニキュアにもかぶれを起こす人がごくまれにあります。

Q. ヘアマニキュアしてもよく染まらないのですが・・・

上記の「よく染めるためのコツ」を参照ください。

 

まとめ

ヘアマニキュアには

  • ジアミンアレルギーがある人でも染められる
  • 髪をダメージさせないで白髪染めができる
  • カラートリートメントよりも早く染まる

といった良い部分があります。

特徴やメリット・デメリットを理解して、正しく使用すれば、キレイに白髪を隠すことができる最高のヘアカラーです。

自分がどんなカラーリングをしたいかで、「アルカリカラー剤」「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」などを選ぶと良い結果になると思います。

この記事がカラー剤を選ぶ際に、また使用に際に、お役に立てれば幸いです。

以上、ヘアマニキュアについてでした。

 

関連記事

ホームカラーとサロンカラーの違いとは? 上手に使い分けるコツもお伝えしています。

「白髪染め」と「おしゃれ染め」の違いとは?注意点、選び方、Q&Aなどを解説しています。

ヘアカラーの頻度と髪の痛みは比例します。ダメージを減らす方法を考えてみました。

カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えしています。

染まりにくいカラートリートメントが一回で上手に染めるコツをご紹介しています。

 

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路の美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター