薄毛男性のイメージ画像

20歳大学生の頃から地肌が透けて見える若ハゲ状態に悩まされてきた60代男性の方にアンケートを取りました。

 

  • 若ハゲや薄毛に悩むことになった経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが同じような20代での薄毛にお悩みなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ 抜け毛や薄毛に困ったら、体の内側と外側両方のケアで効果を感じやすいと評判の「イクオス」

⇒ 育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

⇒ 抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ

 

抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談

ヘアスプレーをバリバリに使い続け20歳大学生で大量の抜け毛から地肌が透けて見える若ハゲに・・・恥ずかしいので薄毛治療で皮膚科や加美乃素、柑気楼、紫電改、リアップなどの育毛剤を色々試した60代男性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

あきひこ、66歳、男性です。

 

◆若ハゲに悩むことになった経緯を教えて下さい。

  • どの部位、どういった症状、どういったことが気になりましたか?
  • お悩みはいつ頃、どのタイミング、どういった状況から始まりましたか?
  • 悩んでいた時は、どんなことに困りましたか?

 

私が薄毛で悩むようになったのは大学生時代からです。

丁度20歳になったぐらいから抜け毛が気になり出し、頭全体の髪の毛が減りだして、地肌が徐々に透けて見えるようになりました。

当時私は髪型が大変に気になっていて、大学に行く前には、必ずヘアスプレーでバリバリに髪の毛を固めていました。

恐らくこの習慣が頭皮や毛根に悪影響を及ぼしたことが、薄毛を発症した原因ではないかと思っています。

 

ヘアスプレーぐらいでと思われるかもしれませんが、その使用量が尋常ではなかったのです。

頭皮や毛穴が塞がってしまい皮膚呼吸を妨げ、頭皮の新陳代謝が悪くなったに違いありません。

髪の毛が減ってくると、それを隠そうとさらにヘアスプレーで固めて目立たなくしようと悪循環の日々でした。

 

薄くなり始めた頃は「気のせいだ」と気持ちを誤魔化して薄毛を認めようとしませんでしたが、それが地肌が透けて見えるようになると気持ちを誤魔化せなくなり、

「このままどんどん薄毛が進んでいったら・・・」と思うと気持ちが落ち込み、「この現実から逃避したい・・・」と思うようになり、何もやる気がしなくなってしまいました。

当時はまだ若かったので、とにかく女性の目が気になって仕方がありませんでした。

薄毛に困った時、どんな対策・改善方法をとったの?

◆薄毛改善にどのような対策を取りましたか?

  • 商品を使った、サービスを使った、治療を受けたのなら、その内容を教えて下さい。
  • 使用した金額はどれぐらい?
  • 試した方法の詳細を教えてください。具体的にはどんなケアをしましたか?(気をつけたところ、コツ、ポイントなど)

 

私は薄毛の進行を何とか食い止めたくて、最初に取った行動は、ヘアスプレーを止め、そして皮膚科を受診することでした。

まだ当時はAGAなどという言葉もなく、薄毛治療を専門とするクリニックもありませんでした。

皮膚科では脂漏性湿疹と診断され、フロジン液という緑色の外用剤が処方されました。

 

皮膚科には何回か通院し、フロジン液も神にもすがる思いで一生懸命使いましたが、全く効果はなく薄毛は進行するばかりでした。

私は皮膚科の通院をあきらめ、市販の育毛剤を使ってみることにしました。

 

私が試した育毛剤は、加美乃素本舗の加美乃素、はぴねすくらぶの柑気楼、カネボウ化粧品の紫電改、大正製薬のリアップなどです。

価格は大体1本5,000円前後ぐらいだったかと思います。

それを1か月から2か月に1本買っていました。

これらの育毛剤を使う時には、頭皮にすり込むようにしてよくマッサージするようにしていました。

 

◆その対策・改善方法を選んだポイントは何? 他の方法と比べてどこにメリットを感じたから?

 

薄毛が気になり出して、私は先ず皮膚科を受診しましたが、当時はまだ薄毛の治療というものが、それ程盛んに言われていた訳ではありませんでした。

私の知り合いが皮膚科の受付をやっていて、その方の紹介で受診してみることに決めたのです。

育毛剤についてはそれ程効き目があるとは思えなかったのですが、薄毛を何とか改善できないものかと必死だったことと、私にできる選択肢としてはそれぐらいしかなかったからです。

しかし、育毛剤を試している間は「もしかしたら効くのでは?」という期待だけは持つことができました。

これらの対策をして抜け毛や薄毛はどう変わったの? その方法の「メリット・デメリット・感想」を教えてください。

◆それらの改善方法をとって、状況はどう改善しましたか?(良かった点)

 

皮膚科で処方されたフロジンは3か月ぐらい使ってみましたが、何の変化も見られませんでした。

市販の育毛剤として最初に試した加美乃素は、独特の強い匂いがあり、1か月ほどで止めてしまいました。

今は匂いについては改善されたみたいです。

柑気楼は匂いも柑橘系で悪くなく、サッパリとした付け心地だったので気に入っていましたが、やはり髪には変化はなく半年ぐらいで諦めました。

 

紫電改は豚毛のブラシが付いていて、頭に付けた後に、このブラシで頭皮を叩いて刺激するという変わった育毛剤でした。

叩き過ぎて頭皮から血が出てしまい止めました。

最後に試したリアップは価格は高かったのですが、何となく効きそうな気がしていて3年間ほど使っていました。

 

薄毛の対策として皮膚科に通院したり、育毛剤を試したりと色々試みましたが、残念ながら薄毛は改善されず、髪の毛が増えることはありませんでした。

ただ、育毛剤を使っている間は、育毛対策を講じているという多少の安心感のようなものは感じることができました。

 

◆それらの改善方法で気になった点は?(悪かった点)

 

私の場合は薄毛対策のほとんどが育毛剤によるものでしたが、この対策で気になっていた点が3つあります。

 

1つ目は何と言っても効き目に対する不安感です。

風邪薬や胃薬などと違って、必ず治るという確証がないことです。

 

2つ目は育毛剤を購入するときのレジなどでの人目です。

店員が女性だったり、後ろで待っている人がいると大変に恥ずかしかったです。

 

3つ目は育毛剤の価格です。

やはり高いです。

安ければ駄目元でガンガン試すことができたのですが、そういう訳にも行きませんでした。

 

◆それらの薄毛対策の感想を教えてください。

 

私が行った皮膚科への通院と各種育毛剤による薄毛対策では、残念ながら私の薄毛を改善して髪の毛をフサフサに増やすことはできませんでした。

従って、行った対策に対しては全く満足はしていません。

高価な育毛剤を長期間に渡って使用したにも関わらず、大変に不本意な結果しか得られませんでした。

悔しいばかりであり、納得できるものはなにもありません。

 

こんなことになしまうと分かっていたら、ヘアスプレーなどは使わずに、もっと頭皮をいたわり大切にすれば良かったと、今では若い頃の自分自身の外見だけにこだわった軽率な対応を心から後悔しています。

薄毛に対する日々のケア、気をつけていることを教えて下さい

私は現在66歳です。

20歳頃から薄毛が気になり出し、60歳ぐらいまでジワジワと進行してきましたが、何故かそれ以降は進行が止まったみたいです。

かなり薄くはなりましたが、完全にハゲる(スキンヘッド)までには至っていません。

今は育毛剤は使っていませんが、頭皮の健康には気を使っています。

 

先ず第一は、頭皮を清潔に保つことです。

お風呂に入った時には必ず洗髪をして、汗や皮脂、汚れを綺麗に洗い流しています。

その時には、長年ライオンのオクトというシャンプーを使っています。

洗った後のべとつき感がなく髪もサラサラとした感じで、とても気持ちがいいです。

 

また、洗髪をする時には爪を立てずに、指の腹でマッサージするようにして念入りに頭皮を揉み解しています。

また、このシャンプーを使うようになってから頭の痒みがなくなりました。

今後また薄毛が進行し出しても、今以上の対策を講じることは考えていません。

もうかなりな歳なので、若かった頃のような髪に対する執着心はありません。

 

◆同じような20代前半での若ハゲ状態で困ってる人にアドバイスをお願いします

 

私は今ではもう薄毛のことは全く気にはなりません。

60歳を超えるとそういう境地に達するみたいです。

しかし、まだ若い人達にとっては薄毛は大変な大問題です。

私も経験してきたので、その気持ちは痛い程よく分かります。

 

私が薄毛の先輩としてアドバイスできることは、薄毛になりたくなければ、まず頭皮を大切にすることです。

頭皮を清潔に健やかに保つ努力を日々惜しまないことです。

 

薄毛は1日や2日で発症するものではありません。長い時間の不摂生がジワジワと効いてくるのですから。

しかし、それでも万が一薄毛になってしまったら、できるだけ速やかに薄毛専門のクリニックを受診しましょう。

私が若かった昔と違って今は薄毛もきちんと病気として認識され、その治療方法もかなりしっかりと確率されてきていますし、何よりも、きちんと効果が期待できる優れた薬が開発されていて、それを利用することができるのですから。

 

以上、ヘアスプレーをバリバリに使い続け20歳大学生で大量の抜け毛から地肌が透けて見える若ハゲに・・・恥ずかしいので薄毛治療で皮膚科や加美乃素、柑気楼、紫電改、リアップなどの育毛剤を色々試した60代男性の体験談でした。

⇒ 抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談はこちら

本気で育毛に取り組むなら育毛剤&サプリでの「ダブルケア」

本気で育毛を考えるなら体の外側だけじゃなく、インナーケアも大切です。

  1. まずは確かな育毛成分を配合した育毛剤を使う。
  2. 髪の発育に必要な栄養分を、体の内側からもサポートする。

体の内外両方の「ダブルケア」だから効果を感じやすく、また改善スピードを早めることができます。

もうこれでダメなら副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。

⇒ 育毛剤&サプリを使ったダブルケアの詳細

 

育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ