一回で染まる白髪染めトリートメント&やり方◇市販のおすすめ

記事内にはプロモーションが含まれています

髪を触る女性

  • 今使っている白髪染めトリートメントは全然染まらない。
  • 白髪染めトリートメントの種類が多すぎて、どれを選べば良いのかわからない。
  • 不器用な自分にも染めやすい、しっかり染まる白髪染めトリートメントが知りたい。

白髪染めトリートメントを使っていますが、白髪が思ったように染まらないので悩んでます・・・。

 

染まりやすいものがあれば教えて欲しいです。

 

せっかく買った白髪染めトリートメントが思ったように染まらないと、困ってしまいますよね。

市販されているだけでもたくさんの種類がありますので、どれを選べば良いのか本当に迷ってしまいます。

同じ白髪染めトリートメントでもメーカーによって染まりやすいもの、全然染まらないもの、本当にいろいろです。

 

今回はちゃんと染めればしっかりと染まってくれる白髪染めトリートメントと、1回できちんと染めるためのやり方をご紹介します。

この記事内の物を選んでやり方をマスターすれば、白髪染めトリートメントの扱いに困る事はなくなります。

「白髪染めトリートメントがうまく染まらない」と悩んでいる際には、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 白髪染めトリートメントがうまく染まらない原因
    1. 一般的な白髪染めトリートメントの使い方 【お風呂でのやり方】
    2. メーカーが推奨しているやり方のデメリット(=1回で染まらない)
  2. 市販でも一回で染まる白髪染めトリートメントはどれ? ◇おすすめ厳選
    1. 【ケア重視】ダメージにお悩みなら補修効果が高い「デイラルカラー」
    2. 【最短5分の早染め】染毛力と優しさのバランスが◎「ベルタ」
    3. 【天然由来99%】明るめでしっかり染まる「ハーバニエンス」
  3. 白髪染めトリートメントを一回で染めるためのやり方・コツ
    1. セルフカラーする際の基本的な使い方(お風呂で染める方法)
    2. 市販でも1回でよく染まる「上手な染め方&コツ」(乾いた髪へ染める方法)
    3. 染まりにくい「もみあげ」はどう染める?
  4. 一回で染まる白髪染めトリートメントとやり方「まとめ」
  5. 白髪染めトリートメントに関する「Q&A」
    1. 染まらない・染まりにくい場合の対処法
    2. すすぎが大変と感じる場合の対処法
    3. 顔周りや頭皮への色残りが気になる場合の対処法
    4. 低刺激なカラートリートメントでもかゆみが出る・かぶれる場合の対処法
    5. カラートリートメントの使用頻度や間隔はどれぐらいがいい?
    6. カラートリートメントと他のヘアカラーの併用について
    7. カラートリートメントを2種類混ぜても大丈夫?

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でも使用する補修剤を使用したヘアケア効果の高いカラートリートメント。ドライヤー時の熱を利用する仕組みで、補修効果の定着率&持続性アップ。

  • 髪のダメージが気になる
  • 頭皮の荒れを予防しつつ、快適に染めたい
  • 髪のボリュームが気になり始めた
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」
  • 美容院カラーとの併用OK

敏感肌やジアミンアレルギーの方でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のリタッチ染めに使いやすい。

またエイジングの悩みも強く意識したカラートリートメントで、「白髪を染めつつ髪と頭皮をケアしたい」「ボリュームもケアしたい」という方に最適。 レビュー / 他と比較する

>> 70%オフ 送料無料 <<

白髪染めトリートメントがうまく染まらない原因

理由、なぜのイメージ画像

染まりが悪い白髪染めトリートメントを使用するのは言うまでもないですが、もしよく染まるタイプの白髪染めトリートメントを買っているのにも関わらず、「染まらない」ということでしたら、それは使い方が良くないのかも知れません。

上手く染めるポイントとしては、商品に表示されている「説明書通りのやり方ではしっかり染めるのは難しい」ので、使い方を少し工夫して使用します。

一般的な白髪染めトリートメントの使い方 【お風呂でのやり方】

ほとんどの商品は以下のような使い方となっています。

  1. 先にシャンプーを行い、タオルで拭いて、やや湿っている髪の状態にします。
  2. (お風呂場で)白髪染めトリートメントを塗布します。
  3. 5~10分間ぐらいの放置時間をとります。
  4. 放置時間が終わったら、すすぎ水から色が出なくなるまでしっかり流して終了です。(シャンプーはしない)

メーカーが推奨しているやり方のデメリット(=1回で染まらない)

NGのイメージ画像

ほとんどのメーカーが上記に挙げた使い方で説明してあります。

この使用方法でカラーリングをすると、以下のようなデメリットがあります。

  • 一回では染まりにくく薄い色でしか染まらないので、白髪がしっかり染まったと感じるまで毎日する必要がある。
  • 白髪染めトリートメントの使用頻度が高いので、コストも大きくなる。(メーカーが喜ぶ 笑)
  • 先にシャンプーをしないといけない。毎回だとこれが面倒に感じる。

メーカーがこのような使い方を推奨しているのは、以下の理由からではないでしょうか。

  • カラーリングが短時間で済む方がお手軽なイメージで売りやすい。
  • 短時間の方が施術トラブルになりにくい。
  • 毎日カラーリングしてもらう方が使用頻度が増えて、商品がたくさん売れる。

メーカーには悪いですが、「一回で染まる使い方」をマスターしたほうが便利だと思いますので、頑張って練習してみてください。(下記にて説明します)

塗り方の違いによる染まり具合を実験

「お風呂で染める方法」と「一回で染まる方法」では、これぐらいの差がでます。

(左)が一回で染まる方法、(右)がお風呂で染める方法。

カラートリートメント 色見本 0130カラートリートメント 色見本 0105

白髪染めトリートメントで白髪を上手く染める最大のコツは「放置時間を長めにとる」ことです。

白髪染めトリートメントは放置時間が短いとアルカリカラー剤などの白髪染めと違って染まりにくいので、「思ったより染まらないし、すぐ色落ちする」ということになります。

市販でも一回で染まる白髪染めトリートメントはどれ? ◇おすすめ厳選

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

塗り方さえマスターしてしまえば、一回でもしっかり染まる白髪染めトリートメントをご紹介します。

【ケア重視】ダメージにお悩みなら補修効果が高い「デイラルカラー」

美容室でよく使われる補修効果が高い&持続性のある成分を使用しているサロン品質のカラートリートメント。

デイラルカラー(DAYRALCOLOR)のハリコシ・ボリュームサポート成分

  • エルカラクトン、ナノリペア ・・・ ドライヤーの熱で反応し強固に結合。キューティクルのめくれ上がり、うねり、絡まり、ハリコシなどを改善。​シャンプーしても効果が持続する。
  • ペリセア ・・・ 髪にすばやく浸透し、内部からダメージを補修。毛髪の強度・太さ・水分量を回復させる。

詳細はこちら

またエイジングケアとして話題になっている「幹細胞」を4種類配合し、年齢と共に低下する頭皮環境を整え、髪の育成をサポート。

ダメージケア・頭皮ケア・ボリュームケアを強く意識して作られていて、髪の衰えが気になる人には嬉しい処方です。

スカルプケアを強く意識したカラートリートメントとなっています。

 

肌に優しいのに「よく染まる」

職場で度々カラートリートメントの話になることがありますが、その中で「染まりが悪い」という不満をよく聞きます。

その際にこのデイラルカラーを紹介すると、今までのカラートリートメントでは満足いかなかった人も納得される人が多いですよ。

個人的にも「肌に優しくてよく染まるタイプ」はおすすめしやすいです。

 

【追記】デイラルカラーがどれぐらい「よく染まる」のか、他のカラートリートメントと比較してみました

左から順に「デイラルカラー」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

デイラルカラー(DAYRALCOLOR)ダークブラウン(1回10分)DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0105ビゲン カラートリートメント 色見本 0105

(※染色条件:説明書の放置時間、1回染め)

 

明確に差が出ましたね。

最初のデイラルカラーが、やっぱり一番よく染まっていますよね。

よく染まるタイプは塗るのも楽だし、色持ちも良いのでおすすめです。

 

合わせやすい色

自然なブラウン色で、いろんなヘアカラー毛にも合わせやすい色となっています。

カラートリートメントによくありがちなのは赤みが強く出たり、紫っぽい色に染まったり緑色が出てきたりと、「既染部分との馴染みが悪い」ことです。

このデイラルカラーは自然なブラウン色に染まり、色あせる際も他の色が突出して現れるわけではないので、使いやすく仕上がっています。

美容院のカラーリングの妨げにならないので、次までの合間にリタッチ染めしたい際にも最適なカラートリートメントです。

 

以上がデイラルカラーをおすすめする大きなポイントです。

トータルバランスに優れたカラートリートメントなので、多くの人が満足できると思います。

人気美容室オーナーが監修したというだけあってトリートメント性能が高く、仕上がりの質感には満足感があります。

トリートメント&頭皮ケア成分が贅沢なので、すぐに洗い流すのはもったいなく思ってしまいます。気持ち長めの放置時間をおすすめします。

その方が髪質改善効果もしっかりと感じられます。

 

デイラルカラーが適している方

  • より補修効果の高ものを探している。
  • 敏感肌やアトピー体質などの「肌が弱い方」
  • しっかり染まるカラートリートメントを探している。
  • 髪痩せが気になり始めた。
  • 妊娠中でも白髪染めしたい。

 

デイラルカラー 購入先

しっかり染めたい、濃く染めたい場合は「ダークブラウン」、明るい白髪染めのリタッチに使用するなら「ブラウン」がおすすめです。

白髪染めラインナップに「アッシュグレー」があり珍しいですが、これはきれいなグレイヘアにしたい場合に効果的です。

 

【最短5分の早染め】染毛力と優しさのバランスが◎「ベルタ」

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

>> 40%オフ 送料無料 <<

 他と比較する

「W染毛処方」・・・ ダブルのカラー因子がキューティクルを開くことなく(髪のダメージさせないで)、髪の外側と内側の両方からしっかり染毛。

また美容液成分65種類業界トップクラス。3種類のナノ化補修成分も合わせて、髪と頭皮にしっかりと潤いを届けます。

  • 髪と頭皮に優しいph設計
  • 33種の植物由来エキスが潤い&頭皮環境改善
  • ツンとする刺激臭なし

ベルタは育毛剤やシャンプー&トリートメントなどもライナップしてるヘアケア&ヘルスケアメーカーなので、頭皮ケアに関するノウハウは信頼がおけます。(シリーズ累計600万本以上)

「染める」と「ケアする」を意識して作られたのが『ベルタ ヘアカラートリートメント』

放置時間が5分でいい早染めタイプとなっています。

時間が待てない人には嬉しいですね。

なるべくならもう少し長めに置いた方が、もっとよく染まりますけど 笑)

使い勝手がいいので、色によっては生産が追いつかず、売り切れになるほど人気です。

 

ベルタが適している方

  • 早染めタイプのカラートリートメントを探している。
  • 染まりやすいものを探している。
  • 髪のパサツキ、頭皮の乾燥が気になる。

 

ベルタ ヘアカラートリートメント 購入先

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

>> 40%オフ 送料無料 <<

 他と比較する

色は「ダークブラウン」「ソフトブラック」の2つがありますが、大半のケースはダークブラウンでOK。

 

【天然由来99%】明るめでしっかり染まる「ハーバニエンス」

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

>> 35%オフ 送料無料 <<

 他と比較する

ハーバニエンスはボタニカルケアがとても有名です。

天然由来100%、もしくは天然由来99%といった商品が多く、自然派志向の方じゃなくても安心して使い続けられます。

今回のヘアカラートリートメントも豊富なボタニカル成分でスカルプケアが充実しています。

白髪をケアするだけでなく、頭皮や毛根からイキイキ。

いつまでも若々しい髪でいたい方にピッタリです。

 

72種類ものボタニカル成分を使用しています。

また天然色素も使ったトリプルカラー処方なので、明るい色でもしっかり。

明るい髪色に合わせて染めたい場合におすすめ。

ラインナップは「ナチュラルブラウン」「ベージュブラウン」の2色ですが、基本はナチュラルブラウンを選択。(ベージュブラウンは薄めになる)

ボタニカルへの徹底したこだわりが好評で、シリーズでは20冠を達成しています。

 

ハーバニエンスは「乾いた髪に塗るタイプ」となっていますので、カラートリートメントした後にシャンプーできます。

  • すすぐだけでは物足りないと感じていた。
  • 頭皮の色残りが気になっていた。
  • カラトリでも痒みを感じていた。

 

ハーバニエンスが適している方

  • 天然由来や無添加にこだわりたい。
  • 染めるついでにスカルプケアもしたい。
  • 明るめに染まるカラートリートメントを探している。
  • 定番のダークブラウンは暗いと感じている。
  • ベージュ系カラートリートメントを探してる。

 

ハーバニエンス 購入先

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

>> 35%オフ 送料無料 <<

 他と比較する

基本は「ナチュラルブラウン」でOK。かなり明るい髪色なら「ベージュブラウン」。

白髪染めトリートメントを一回で染めるためのやり方・コツ

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

セルフカラーする際の基本的な使い方(お風呂で染める方法)

お風呂で使用します。最初にシャンプーしておいて、タオルで軽く水気を取ります。したたる水分をとる感じです。完全に乾かす必要はありません。

白髪が特に気になる部分から染めていきます。大抵は「頭頂部・分け目・つむじ・顔周り」などです。

気になる部分を塗り終えたら、所定の放置時間をおきます。しっかり染めたい場合は長めの放置時間がおすすめ)

 

流す際は色が出なくなるようになるまでしっかりとすすぎます。シャンプーやコンディショナーをする必要はありません。

タオルで拭いてドライヤーで乾かします。

使用する頻度としては最初の1週間は3日間連続で行い、それ以降は週1~2回間隔でカラーリングするようにします。

 

市販でも1回でよく染まる「上手な染め方&コツ」(乾いた髪へ染める方法)

1回のカラーリングでしっかりと染めるためには「乾いた髪へ使用」して、以下の3つを意識してみてください。

  • たっぷりと塗布する。
  • 塗布後はラップし、染めた部分が浮かないように上から押さえつける。
  • 置き時間は長いほど良い。

この辺りを意識することが上手に染めるコツです。

 

濃く染めるやり方

シャンプーする前の乾いた髪へたっぷり塗布します。

塗布後はラップをします。

カラートリートメントは染める力が弱いので、塗布した部分が浮いていたりするとほとんど染まりません。

なので塗布した部分とカラー剤が密着するようにラップの上から押さえつけます。

 

放置時間を最低30分。

待てるならもっと時間を置く方がよく染まります。

染まりやすい・染まりにくいは髪質によって変わりますので、その辺りの加減は実際に使用しながら自分にぴったりの放置時間を見つけてください。

 

放置時間終了後は、いつも通りにシャンプー&トリートメントを行います。

「乾いた髪へ染める方法」と「お風呂で染めるやり方」では、これぐらいの差がでます

(※左が乾いた髪、右がお風呂)

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130カラートリートメント 色見本 0105

さらに詳しい情報は以下のページをご覧ください。

⇒ 白髪染めカラートリートメントが一回で染まる上手な使い方

白髪染めカラートリートメントが染まらない?上手く染めるコツ/使い方/一回で染まる白髪染めトリートメント
白髪染めカラートリートメントが染まらない場合に「一回で上手く染めるコツや使い方」などのテクニックをご紹介します。またその際に役立つ「一回で染まる白髪染めトリートメント」も合わせてご紹介します。

 

しっかり染めたい場合のカラートリートメントはどれを選ぶ?

デイラルカラー」のダークブラウンがおすすめです。

口コミ評判|デイラルカラーのレビュー◇市販の白髪染めカラートリートメント【アッシュグレー有】
白髪染めしつつ、ダメージケア&エイジングケアまで望むなら、サロン品質の「デイラルカラー」 白髪染めのダメージが気になる。 白髪が気になるので、もっと頻繁に染めたい。 年齢とともに髪のボリュームが気になってきた。頭頂部がペタンとする。 もっと...

 

染まりにくい「もみあげ」はどう染める?

美容室でよく質問されるのが「もみあげの白髪が染まりにくい」ということです。

  • もみあげをしっかり染める対策としては、上記のよく染まる方法と同じですが、もみあげにもたっぷりと塗布した後、ラップして、もみあげが浮かないように上から押さえつけます。
  • 放置時間を待っている間はどうしてもまた浮いてきやすいので、度々押さえつけるようにします。

とにかくカラー剤が染めたい部分に付いてないと染まりませんので、そこを意識してください。

一回で染まる白髪染めトリートメントとやり方「まとめ」

まとめのイメージ画像

市販されている白髪染めトリートメントにはたくさんの種類がありますが、メーカーによって染まり方は様々です。

「よく染まるもの〜ほとんど染まっていない」と言えるものまであります。

そういったハズレ商品をひかないために、ここで紹介している物の中から選んでみて下さい。

しっかり染まる物を厳選しているので、商品選びに悩むことはなくなります。

もしそれでも染まりが悪いということでしたら、染め方をもう一度チェックしてみましょう。

 

ポイントさえ押さえておけば、白髪染めトリートメントは優秀な白髪染めになります。(特に美容院と併用する際など)

ヘアカラーでかぶれる心配もなく、髪のダメージもなく、安全にセルフカラーできるのが、「白髪染めトリートメント」です。

ぜひ上手に使いこなして、快適なセルフカラーライフを過ごしてくださいね。

 

一回でも染まる白髪染めトリートメントは以下になります。

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。しっかり染まるのに肌にも優しい。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。レビューをチェック

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 <<

 

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

最短5分の早染め! ダブルのカラー因子が外側と内側の両方からしっかり染毛。トップクラスの美容成分数(65種類)とナノ化成分が毛髪内部に高浸透、髪だけでなく頭皮も癒やす「美容液カラートリートメント

「ダークブラウン」「ソフトブラック」がありますが、大半のケースはダークブラウンでOK。

>> 40%オフ 送料無料 <<

 

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

天然由来成分99% 豊富なボタニカル成分(72種類)でスカルプケアしながら白髪ケアができる。いつまでも若々しい髪でいたい方に。明るい髪に合わせて染めたい場合におすすめ。

基本は「ナチュラルブラウン」でOK。かなり明るい髪色なら「ベージュブラウン」

>> 35%オフ 送料無料 <<

白髪染めトリートメントに関する「Q&A」

Q&Aのイメージ画像

染まらない・染まりにくい場合の対処法

まずどちらの使い方をするかで、対処法が少し変わります。

  • お風呂で染める方法 ・・・ シャンプー後に塗って、5~10分待つだけの手軽な方法。(短時間で良いが薄く染まり、色落ち早い、頻繁に染める必要有)
  • 乾いた髪に塗る方法 ・・・ 乾いた髪に塗って、長時間おいて、しっかり染める。(長時間必要だけどしっかり染まる、色持ちする、頻繁に染める必要なし)

 

「たっぷり塗る」「浮かないように髪を密着させる」

どちらの塗り方の場合でも「たっぷり塗る」「頭皮に密着させるように塗る(浮かせない)のが大前提です。

カラートリートメントはその性質上、「従来の白髪染めよりも染まりにくい」です。

なので軽く塗っただけでは、染まりません。

 

髪を傷めず、肌トラブルを起こしにくいヘアカラーなので、頭皮にたっぷりと押し付けるように塗布してください。

染めたい白髪部分にたっぷりとカラートリートメントがついていて、なおかつ白髪が頭皮から浮いていない、カラー剤に白髪が浸されている状態にしておく必要があります。

 

乾いた髪に染めるケースでは、塗布後にラップして上から押さえ込み、カラー剤と白髪を密着させることが大切です。(カラー剤に白髪を漬け込むイメージ)

お風呂で染める場合でもラップをして押さえつけた方がいいですが、面倒な場合は「白髪が見えないぐらいにカラー剤をのせる」ことがポイントです。

 

置き時間は長めにする

置き時間も大切です。

お風呂で染める場合でも、乾いた髪に染める場合でも、放置時間を長くおけばおくほどしっかり染まり、色持ちも良くなります。

いつもより長めの時間をおくように心がけてみましょう。

 

ここで紹介しているカラートリートメントは、きちんと塗ればちゃんと染まります。

なのに「染まっていない」「薄染まりになる」という状況なのは、

  • 塗ったつもりでも塗れていない
  • 塗布量が少ない
  • 放置時間が少ない

原因はこれしかありません。

 

色持ち良くするためには「長めの放置時間」がベスト

カラートリートメントは従来の白髪染めと違って髪の中まで染めているわけではなく、表面を染めているヘアカラーです。

なので「髪を濡らす度に少しずつ色落ちする」性質があります。

 

カラートリートメントでしっかり染めて色持ちも欲しい場合は、「乾いた髪に塗る方法」をおすすめします。

髪質にもよりますが30分~1時間ほどおけば、一回でしっかり染まり、色持ちもかなり伸ばすことができます。(それでも少しずつ色落ちはします)

 

お風呂で染める方法は手短に染められる分薄染まりになるので、どうしても早く色落ちしてしまいます。

白髪が十分に染まったと感じるまで毎日連続して使用し、その後は1週間に1~2回使用することで白髪の染まりを継続させることができます。

どちらの方法が最適なのかはご自分の状況に合わせて使い分けてみてください。

<POINT> 時間があるときは乾いた髪に塗る方法をして、時間がない時はお風呂で手短に染めるなど、状況に合わせて使い分けると良いのではないでしょうか。

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でも使用する補修剤を使用したヘアケア効果の高いカラートリートメント。ドライヤー時の熱を利用する仕組みで、補修効果の定着率&持続性アップ。

  • 髪のダメージが気になる
  • 頭皮の荒れを予防しつつ、快適に染めたい
  • 髪のボリュームが気になり始めた
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」
  • 美容院カラーとの併用OK

敏感肌やジアミンアレルギーの方でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のリタッチ染めに使いやすい。

またエイジングの悩みも強く意識したカラートリートメントで、「白髪を染めつつ髪と頭皮をケアしたい」「ボリュームもケアしたい」という方に最適。 レビュー / 他と比較する

>> 70%オフ 送料無料 <<

 

すすぎが大変と感じる場合の対処法

お風呂で染める方法だと、カラートリートメント使用後はすすぐだけで、シャンプーもせずに終了することになります。

メーカーとしてはすすぎが甘いとタオルや枕・衣服への色移りがあり、クレームになってしまいます。

そういったクレームを避けるために、「すすぎ水の色落ちが確認できなくなるまでしっかりとすすいでください」と説明しています。

 

シャンプーなしではすすぎ水の色はなかなかなくならないですし、長時間すすぐ行為は「せっかく染めたカラートリートメントをわざわざ落としている」ようなものです。

ある程度すすぎ水に色が残っている状態でも、それぐらいでよしとするか、もしくは多少面倒でも、「乾いた髪に塗る方法」で長めの時間を置いて、洗い流す際は普通にシャンプーとトリートメントをしてください。

一度シャンプーすれば、衣服や周りへの色移りも同時に減らるのでおすすめです。

 

顔周りや頭皮への色残りが気になる場合の対処法

「お風呂で染める方法」だとその後はお湯ですすぐだけなので、地肌や頭皮にカラー剤が残りやすい状態です。

シャンプーしない場合は、しっかり予防しておくことが大切です。

  • 塗る前には、色残りが気になる部分には保護クリームを塗っておく。
  • 塗り終わった際は、カラー剤が余計な部分についてないかチェック。
  • それでも色残りする場合は、石鹸かシャンプーで軽く洗いましょう。

おすすめは「乾いた髪に塗る方法」で少し長めの時間をおいて、シャンプーとトリートメントをすることです。

 

やはり一度シャンプーしてあげた方が、余計なカラー剤をしっかり落とすことができます。

また敏感肌の方は、お肌や頭皮に余計なカラー剤を残さない方が肌トラブルの回避にもなります。

 

低刺激なカラートリートメントでもかゆみが出る・かぶれる場合の対処法

肌に優しいカラートリートメントですが、それでもかゆみが出るケースがあります。

  • 【地肌のカラー剤が落ちていない】 ほとんどの場合はこのケース。お風呂で使用する場合だとすすぐだけなので、カラー剤が地肌に残っているのかもしれません。
  • 【植物成分が合わない】 ここで紹介しているカラートリートメントは植物成分をたっぷり使用しているので、それが合わないのかもしれません。
  • 【化粧品染料が合わない】 化粧品染料はジアミン染料と違って安全性の高い染料ですが、稀にそれに対しても反応している超敏感肌の方もあります。

かゆみが出る場合は、カラー後はすすぐだけではなくて、シャンプーするようにしましょう。案外それだけで、かゆみが収まることも多くあります。

 

その場合は「乾いた髪に塗る方法」が、シャンプーでの色落ちを軽減できるのでおすすめです。

 

どうしても体質に合わない場合は、残念ですがカラートリートメントは諦めて、「頭皮につけないように白髪染めできるヘアマニキュア」で代用しましょう。

頭皮に付けないと、肌トラブルは解消できると思います。

ジアミンアレルギーOK!市販ヘアマニキュア(白髪染め用)のおすすめ◇セルフカラーのやり方/使い方のコツ
ヘアマニキュアとは?ジアミンアレルギーでも白髪染めできる酸性ヘアカラー。ノンジアミンで髪が痛まない白髪染め。市販のおすすめ、セルフカラーのやり方、使い方のコツ、Q&Aなどをご紹介します。

 

カラートリートメントの使用頻度や間隔はどれぐらいがいい?

お風呂で染める場合のケースでご説明します。(乾いた髪に染める方法ではしっかり染まるので、気になったタイミングでOK)

カラートリートメントを初めて使用する際は染まりが弱いので、間隔を詰めて、白髪が染まったと感じるまで毎日行います。(大体3回ぐらいで染まったと感じる人が多い)

 

その後は白髪が気になるタイミングで染めるようにするといいでしょう。

大抵は週1~2回で続ける人が多いです。

週1ペースで染める際は、いつもより気持ち長めに放置時間をとると、よく染まるようになります。

 

カラートリートメントと他のヘアカラーの併用について

基本的にカラートリートメントと他のヘアカラーの併用は大丈夫です。

  • 美容室ヘアカラーとの併用
  • 市販カラー(白髪染め/おしゃれ染め)との併用
  • ヘアマニキュアとの併用
  • ヘナとの併用

どの組み合わせでも大丈夫です。

 

カラートリートメントを2種類混ぜても大丈夫?

同一メーカーでも他メーカーでも、基本的には混ぜて使用できます。

色の作り方は絵の具を混ぜる感じと一緒なので、作りたい色のカラートリートメントさえ持っていれば、簡単に自分好みの色が作れます。

しかし、こういったことはメーカー保証の範囲ではないので、自己責任で行ってください。

 

以上、白髪染めトリートメントに関する「Q&A」でした。

 

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。しっかり染まるのに肌にも優しい。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。レビューをチェック

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 <<

 

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

最短5分の早染め! ダブルのカラー因子が外側と内側の両方からしっかり染毛。トップクラスの美容成分数(65種類)とナノ化成分が毛髪内部に高浸透、髪だけでなく頭皮も癒やす「美容液カラートリートメント

「ダークブラウン」「ソフトブラック」がありますが、大半のケースはダークブラウンでOK。

>> 40%オフ 送料無料 <<

 

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

天然由来成分99% 豊富なボタニカル成分(72種類)でスカルプケアしながら白髪ケアができる。いつまでも若々しい髪でいたい方に。明るい髪に合わせて染めたい場合におすすめ。

基本は「ナチュラルブラウン」でOK。かなり明るい髪色なら「ベージュブラウン」

>> 35%オフ 送料無料 <<