女性のイメージ画像

23歳の時に、おでこのM字や頭頂部の分け目が透けて見えるという薄毛状態になった方に、アンケートを取りました。

 

  • 23歳で薄毛になった問題の背景・経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが同じ20代で薄毛のお悩みを抱えているのなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ 抜け毛や薄毛に困ったら、体の内側と外側両方のケアで効果を感じやすいと評判の「イクオス」

⇒ 育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

⇒ 抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ

 

抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談

23歳で薄毛に…おでこのM字が広がる、頭頂部の分け目が透けて見える状態を、パーマやヘアカラーをやめて育毛シャンプーと育毛剤で改善対策した20代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

アリサ、23歳、女性です。

 

◆20代で薄毛の改善に取り組むことになった背景・経緯を教えて下さい。

 

そもそも私は生まれつきおでこが広く、子どもの頃から友達におでこのことでからかわれることが多かったです。

それもあって、おでこの広さが自分のコンプレックスでした。

 

高校を卒業した18歳の春から生まれて初めてパーマをあてたり、ヘアカラーをするようになりました。

パーマをあてると髪の毛にボリューム感が出て、なんとなくおでこの広さもカバーされる感じがありました。

ヘアカラーのおかげで、顔色が明るく見えるようになった感じがありました。

そんなパーマとヘアカラーの魅力に虜になりました。

 

私はアルバイト代を美容院につぎこみました。

毎月最低一回は美容院に行って、パーマかヘアカラーをしていました。

社会人になってからも同様です。

 

ただ、そんな23歳のある日、鏡を見ていてふと気がつきました。

おでこのMの字が広がっているのと、耳上側と頭頂部の分け目あたりが、明らかに昔よりも透けています。

「髪の毛が減っている」

私は一気に青ざめました。

薄毛でおでこのM字が広がる、頭頂部の分け目が透けて見える時、どんな対策・改善方法をとったの?

◆その時その問題に対して、どのような対策・改善方法を取りましたか? それでどんなケアをしましたか?

 

どうしてこんなに髪の毛が薄くなったのか、原因を思い返してみました。

 

私は敏感肌のようで、パーマをあてるたびに頭皮がしみていました。

また、美容院でパーマをあてるとその日は頭を洗わないように言われていました。

特に夏場は夜に寝る時に、頭をかきむしっていました。

次の日の朝起きると、頭の皮膚と血が爪の間に入っていました。

 

また、ヘアカラーをした時も頭皮がピリピリしていました。

 

直感的にパーマとヘアカラーが、敏感肌の私に合っていないせいだと思いました。

私は23歳でパーマとヘアカラーを卒業する決心をしました。

と言っても、パーマはこのままとれていくのを待つだけで良かったのですが、ヘアカラーはプリン状態になってしまいます。

でも私は、プリン状態をたえました。

 

それに加えて、シャンプーは身内が使っていて評判の良かった「ハウスオブローゼのシャンプー」を使い、「モルティという名前の育毛剤」を使うようになりました。

シャンプーと育毛剤両方で、かかった費用はひと月に換算すると、約1500円ぐらいだと思います。

 

(参考)プリン状態を我慢しなくてもいい方法があります。

美容院での黒染めの場合は、「香草カラーMD」で「頭皮につけないように塗布する」と一発で黒髪に戻すことができます。

⇒ 香草カラーとは? 髪や頭皮に優しい漢方&ハーブの植物性ヘアカラー

⇒ カラー剤を頭皮につけないように塗布するカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しいヘアカラー(白髪染めもおしゃれ染めもOK)

 

セルフで黒染めしたい場合は、複数回にはなりますが、ヘアマニキュア白髪染めカラートリートメントで染めるとプリンの段差を減らすことができます。

 

◆パーマやヘアカラーをやめたり、育毛シャンプーや育毛剤を使った薄毛ケアを選んだポイントは何? 他の方法と比べてどこにメリットを感じたから?

 

私がその対策を選んだポイントですが、頭皮に負担をかけないようにしようと思ったことです。

 

インターネットを検索しても、若い方の薄毛が問題になっているという記事を多く見かけていました。

またそれは、パーマやヘアカラーが原因であるかもしれないと書いてありました。

私は明らかにパーマとヘアカラーで頭皮の異常を感じていたので、これはやめるべきだと思いました。

 

あわせて、頭皮に刺激の少ないシャンプーと、マッサージのための育毛剤を用意しましたが、魅力的な点は「自分だけで簡単に出来る」という点です。

 

(参考)セルフでのヘアケアや薄毛のホームケアに役立つアイテムをまとめました。

その育毛ケアをして薄毛状態はどう変わったの? そのケア方法の「メリット・デメリット・感想」を教えてください。

◆パーマやヘアカラーをやめて、また育毛シャンプーや育毛剤でのケアを始めて、状況はどう改善しましたか?(良かった点)

 

パーマとヘアカラーをやめて、頭皮に良いシャンプーと育毛剤での頭皮マッサージを続けた結果ですが、すぐには効果は出ませんでした。

ですが、諦めずにずっと続けました。

 

続けた結果、一年後ぐらいには耳の上の透け感がなくなってきているようでした。

髪の毛を1つに束ねるとすぐに気がつくところなので、よく分かりました。

 

また、頭頂部の透け感も減ってきているようでした。

合わせ鏡にして確認しましたが、横も後ろも上側も、透け感が目立たなくなりました。

 

◆その薄毛対策・改善方法で気になった点は?(悪かった点)

 

自分の頭皮を健やかにして、健康な髪の毛が育つのを根気よく待たないといけないので、即効性がないところが悪い点だと思います。

あと、ヘアカラーをやめる時のプリン状態に耐えなければいけないのが辛かったです。

 

◆パーマ・ヘアカラーをやめる、育毛シャンプーや育毛剤でのケア方法の、全体的な感想・総合評価を教えてください。

 

薄毛の改善効果は文句なしです。

 

現在、37歳で相変わらずパーマもヘアカラーもしていませんが、髪の毛はフサフサです。

髪の透け感に関しては何も困っていません。

満足度も高いです。

 

自分で簡単に出来ることが1番良いです。

誰でも出来ると思います。

 

改善して嬉しかったことは、髪の毛を結んでも透けているところがないことです。

(女性で髪を1つ結びにしていたら、案外目立つことなんです。)

それが、ないんです。

360度、どこから見られても大丈夫になったことが嬉しいです。

 

残念だったここといえば、パーマとヘアカラーがもう出来ないことです。(やめたことです。)

 

(参考情報)

37歳になると白髪の悩みが出てくると思います。

そういった際には、髪や頭皮に負担をかけない白髪染めで白髪対策すると、若々しい状態をキープすることができます。

⇒ 100%天然の白髪染め「ヘナ」に関する記事

⇒ 頭皮ケアもできて、サラッと仕上がる「白髪染めカラートリートメント」

⇒ 頭皮につけず、髪も痛めない白髪染め「ヘアマニキュア」

またおでこのM字が広がる、頭頂部の分け目が透けて見えるという薄毛のお悩みが出てきたら、今度はどう対応したいですか?

それから、髪の毛を作るのに亜鉛も良いと聞いたので、亜鉛のサプリメントも購入して試してみたいと思います。

良質のタンパク質も多くとるようにして、食べ物からのアプローチも試みたいです。

 

(参考)育毛に関するサプリメントなら「イクオス」が成分的にまとまっているのでおすすめ

同じ20代女性で薄毛にお悩みの人に、アドバイスをお願いします

「多分、これがいけないんだろうな」と直感的に思うことは、合っていると思います。

もしそれが辞められることなら、それを辞めてみるべきです。

私はパーマをあてるのと、ヘアカラーをやめたことだけでも変わったと思います。

 

私のように根気よく、辞めて待つ方法もありますが、今は技術も発展しているので育毛等いろんなやり方があると思います。

ぜひ自分が長く続けられる方法を探してみて下さい。

頑張っていれば、必ず解決策があるはずです。

応援しています。

 

以上、23歳で薄毛になり、おでこのM字が広がる、頭頂部の分け目が透けて見える状態を、パーマやヘアカラーをやめて育毛シャンプーと育毛剤で改善対策した20代女性の体験談でした。

⇒ 抜け毛や薄毛に関するいろんな体験談はこちら

本気で育毛に取り組むなら育毛剤&サプリでの「ダブルケア」

本気で育毛を考えるなら体の外側だけじゃなく、インナーケアも大切です。

  1. まずは確かな育毛成分を配合した育毛剤を使う。
  2. 髪の発育に必要な栄養分を、体の内側からもサポートする。

体の内外両方の「ダブルケア」だから効果を感じやすく、また改善スピードを早めることができます。

もうこれでダメなら副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。

⇒ 育毛剤&サプリを使ったダブルケアの詳細

 

育毛シャンプーやトリートメントなどホームケアに役立つもの集めました

抜け毛・薄毛の原因と予防対策 まとめ