草木染め(ボタニカルカラー)@姫路市駅前の美容室・美容院・ヘアサロン

草木染めは天然の草木を利用する自然派ヘアカラーとなっています。無添加、無香料、防腐剤不使用。化学的な成分は含まれません。それゆえに、髪の脱色作用はありません。

髪を茶色く染めるには、アルカリカラー剤が必要になります。

草木染め+アルカリカラーの組み合わせ(施術方法)が、取り扱いのあるヘアサロンでは一般的です。というか、ほとんどこの使用法になるのではないでしょうか。

スタジオ・ココでは、このアルカリカラーにはクリアカラーといって、化学染料を含まない体に優しいヘアカラーを使用します。草木染め自体が色素を含んでいるので、これを利用していきます。

この『草木染め+クリアカラー』の方法ですと、ジアミンなどの染料を一切含まないので、ヘアカラーでかぶれた方も安心して染めることができます。

興味のある方は、こちらのページで詳しく解説しています。
ビフォー&アフターの写真で仕上がりも見れますよ^^

 

関連記事
「デジタルパーマ」 | パーマの種類を解説 パーマの仕組みについては、こちらをご覧ください。 エアウェーブの説明は、こちらをご覧ください。   デジタルパーマとは? デジタルパーマ、デジパー、デジパーマ、形状記憶パーマなどと呼ばれます。 専用の機器を使用するパーマです。 普通のパーマと違うところは、途中で熱による処理を行...
草木染めの仕上がりをチェック! 《ビフォーアフター 3》 ヘアカラーモデルのご応募ありがとうございます(^o^) 今回は草木染め+クリアカラーのカラダに優しいヘアカラーです。 天然草木の色素を利用してカラーリングしていきます。 傷んだ髪も、しっとりつややかに! 草木染め(ボタニカルカラー)とは。。。 1000年以上も続く、日本古来の草木に...
縮毛矯正のよくある失敗パターン いつも縮毛矯正をされている方の話を聞いてみると、たまに失敗されたケースを聞きます。 その中でもよくあるケースは、「縮毛矯正でストレートヘアにしたのに、逆に広がった! 」ってことですね。   これは髪のダメージが原因で、毛先がチリチリになってしまったからです。 カラーリングを何度もく...
香草カラーMDとは? 特徴とメリット・デメリットをご紹介 「ハーブカラーとは?種類やメリット・デメリット、違いについてご説明します」でご紹介したハーブカラーの1つ、「少しの化学染料を配合する『ほぼ天然タイプ』」について、もう少しご説明します。 ハーブカラーにもいろんな種類があるので、大きく3つに分類してみました。   ハーブカラー 3つ...
縮毛矯正の失敗パターン 2 前回に書いた『縮毛矯正したのに逆に広がった!』って失敗と同じぐらいあるのが、 まっすぐに伸びてない、もしくは伸び方がゆるい場合です。 こちらのケースは、縮毛矯正したのに逆に広がってしまった状況と比べると、対処もやりやすいです。この失敗の場合でしたら、同じ美容院でやり直しをしてもらっても大丈夫かと思...