女性のイメージ画像

元美容師の方にアンケートをとりました。

今回アンケートに回答くださった方は、中学生時代に友人にかわいくヘアアレンジをしてもらって感動してから、美容師を夢見るようになりました。

ただ、実際に美容師として働いてみると不満に思うことが多く、結局は美容師の仕事を辞めて復帰する予定もないといいます。

どういう点に不満があったのか、回答者さんのリアルな声をご紹介したいと思います。

 

⇒ 美容師で転職を考えるなら、全国の美容室が見つかる美容業界最大手の転職サイト「キレイビズ」へ

(登録無料。良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を仕入れておくことが大切です。)

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

休みと給料少ない労働環境で、やりがい失い辞めた25歳女性の元アシスタント美容師の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

25歳女性、「真知」といいます。

 

◆現在の状態を教えてください。

元美容師です。

復帰する予定はありません。

 

◆何年美容師をしていましたか?

1年です。

 

◆美容師だった時の収入を教えてください。

約13万円でした。

 

◆自身の働きに対して給料は見合ったものでしたか?

固定プラス店販でしたが、不満がありました。

時給に換算したときに、せめて最低賃金に届くくらいは欲しかったです。

 

◆どうして美容師になろうと思いましたか?その経緯を教えてください。

おしゃれにあまり興味がなかった中学生時代に、友人にヘアアレンジをしてもらい、こんなにも自分は変われるんだと感動したことがきっかけです。

 

◆実際に美容師になってみて、なる前と後のギャップはありましたか?想像していたのと比べて、何が違いましたか?

休みの日にも会社の命令で外部の練習(自費の場合もあり)に参加しないといけないので、本当に休める日が月に4~5日しかなくて大変でした。

 

◆過去の労働環境に満足でしたか?

休日に講習に参加したり、平日の営業時間後にはレッスンするのが決まっており、その時間は無休でした。

他の美容関係の仕事についたときは、レッスンの時間にもしっかりお給料が発生したので、これが普通なんだと思いました。

美容師の世界はそういうものだという固定概念が未だにあると思いますが、おかしなことだと思うのでもっとホワイトな美容室が多くなることを望んでいます。

 

◆美容師をやめてしまった人に質問です。何が原因ですか?

お給料・休みが少なく割が合わなくて、本当に自分がしたかったことなのか分からなくなったため。

 

◆美容師になりたい人に先輩からのアドバイス、気をつけておいた方がいいことを教えてください。

今現在美容師を続けている友人はしっかりとした夢や目標を持っている人ばかりで、夢や目標がなければなかなか続けられる仕事ではありません。

実際私の同級生の半分以上は美容師を辞めて、他の仕事に就いています。

将来の自分のビジョンをしっかりと持って、どのような仕事に就くか考えてみてください。

25歳元美容師の体験談 まとめ

  • 働いていた時は時給に換算すると、最低賃金にも届かなかった。
  • 休日に講習に参加しなきゃいけなかったので、休みが少なかった。
  • 営業後の練習や講習会に参加した時は、お給料が発生しなかった。
  • お給料・休みが少なく「割が合わない」と思うようになり、本当に自分がしたかったことなのか分からなくなってしまった。

 

新人でアシスタントの美容師は、営業後や休日に練習をするという考え方は、今でも一般的です。

給料が安く、労働時間も長く、営業終了後の練習や休日に講習に行ったりなど、本当にブラックです。

なので回答者さんがおっしゃっているように、美容師を続けている人の割合は半分を有に下回ると思います。

この環境ではなかなか続く人がいないのが現状です。

 

ここで踏ん張るのは、やはり夢や目標、やりがいを見つけるなど、かなりのモチベーションが必要になります。

しかし、美容師も悪いことばかりではありません。

たぶんどんな仕事でもそうだと思いますが、一番つらいのは、仕事を覚えるまでの期間です。

美容師でいうと3年ぐらい。

そこを超えてくると、一気に自由度が上がります。

 

一旦技術を習得してしまえば、日本中どこでも働けますし、女性の方だったら育児に合わせてパートで働くことも自由にできます。フルタイムにもすぐに戻れます。

給料も売上に応じて上がっていくだろうし、もし海外で働きたければ、それもできるようになります。

最近ではフリーランスという働き方もできるようになり、ますます手に職系の仕事の強みがクローズアップされています。

 

そういった意味でも最初の3年、スタイリストの技術を覚えてしまうまでは、なんとか踏ん張ってみてほしいなと思います。

最近では少しずつ、ホワイトな美容室も増えてきているので、就職する際は、美容室のホームページをよく確認して見るといいと思いますよ。

働く美容師さんにとってのメリットがいっぱいある美容室は、まずホームページに提示してあると思いますから。

 

以上、休みと給料少ない労働環境で、やりがい失い辞めた25歳女性の元アシスタント美容師の体験談でした。

 

 

⇒ 姫路市美容室スタジオ・ココの「フリーランス美容師」募集の詳細はこちら。

(※現在はスタッフ募集を休止しております。)

 

残念ながら当店のスタッフ募集は休止中ですが、良い職場環境の美容室へ転職するためのコツを一つご紹介します。

良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を知っておくことがとても大切です。

いろんな求人情報を知っておくと良い悪いの比較ができるので、有利な条件で就職しやすくなります。

そういった意味でも、美容業界専門の転職サイトは便利です。

無料で求人情報を仕入れられるので、転職を考えているのなら、登録して情報を仕入れておきましょう。

 

⇒ 美容師転職サイト最大手、日本全国の美容室が見つかる「キレイビズ」はこちら

 

また当店でも募集再開した際には、こちらでもお知らせさせていただきます。