美容師の年収

(※ ここで表示している数字は各サイトや統計調査の数字から算出した推定値です。絶対値ではありませんので、参考程度にご覧ください。)

 

美容師の平均年収は、284万円。

男性の平均年収が307万円、女性の平均年収が270万です。

 

30代男性女性の平均年収が、約244万円。

40代男性女性の平均年収が、約284万円。

50代男性女性の平均年収が、約341万円。

 

年収が高い地域を都道府県別に見てみると、

1位は東京都で、美容師平均年収が397万円。

2位は大阪府で、平均年収が340万円。

3位は神奈川県と愛知県で312万円。

 

 

これを見て、あなたはどう思いますか?

 

美容師平均年収、284万円

平均月収、23万円

 

ビックリでしょ?

少ないでしょ!

 

収入が必要になってくる30代40代50代なんて、とてもこんな給料じゃやっていけません。

家族も養えません。

でも、これが紛れもない現実なんです。

だからみんな技術を習得したあとは独立開業して、自分のお店をオープンするって流れなんでしょうね。

 

これがもし、年収600万!

平均月収、50万だったら、どうです?

しかも完全週休2日制!

夏期休暇、冬季休暇もあり。

 

美容室を勤務やめて独立開業し、自分のお店を持つというリスクを選択する人はずいぶん減るのではないでしょうか?

 

今はたくさんの美容室があふれかえっていて、まして美容室をオープンするには多額の資金が必要になります。

従業員を雇うつもりなら、その分も余裕を持った資金が必要になります。

それには相応のリスクが伴います。

さっき提示された年収600万を蹴ってまで、多額の借金を背負ってまで、やりたい人がどれだけいるでしょうか。

美容業界のこういった状況改善が、これからの課題でしょうね。

 

 

 ・・・ で、スタジオ・ココからの提案です。

 

フリーランス・面貸し契約」にすることで、あなたに多くお支払いすることが可能です。

具体的に言うと、月売上の60%をあなたにお返しできます。

年収で600万稼ぎたい時は、月の売上が84万ぐらい必要になります。

 

これって、無理な金額じゃないですよね。

むしろ真面目に働いていると、数年で到達できる金額です。

サラリーマンで年収600万稼ぐ方がよっぽど大変と思います。

外資系でもない限り、そうそう早く実現できないですよね。

 

美容師の良いところとして、真面目に働いていると売上は安定的なことです。

 

そりゃそうですよね。

売上が上がるということはお客様から認められてるということで、技術や接客レベルが向上しているという証明でもあります。

だったら、あなたが真面目に働いている限り、いきなり売上が下がるのは考えにくいです。

 

月売上84万円までいくと、年収600万。

そこから下がる可能性は低く、そこから更に上がる可能性の方が高い。

美容師として、月売上100万は目指したいですよね。

 

そうなると。。。年収は、、、 ビックリ!

 

(注)あなたが計算してみてください。

100万×60%=? ?×12ヶ月は=!!!

 

 

 

答え、年収720万円になります。

美容師になってから「一人前になれた、まぁまぁのレベルになれた」っていえるのが、月売上100万円ぐらいじゃないでしょうか。

そこを目指して頑張って目標達成したあかつきには、年収が700万円超えることができるんです。

 

美容師の年収は「安い低い」と有名ですが、フリーランスや完全歩合に移行して売り上げを上げることで、もっと良い職場環境を手に入れることができます。

昔はこういった働き方を選べる美容室がとても少なく、独立開業するしかありませんでした。

今ならフリーランスや完全歩合制で働き、働く時間や完全週休2日制にするなど休みの日数を決めるのは、あなた自身で選ぶことができます。

夏季休暇や冬季休暇もあなたが好きに決めていいんです。

 

こういったことは雇われの給料制では厳しいですが、実力がついた際にはフリーランスや完全歩合に移行するのも有効な手立てです。

すでにたくさんの美容室が点在する今の現状からじゃあ、自分のお店をオープンするのはかなりハイリスクになります。

そういった選択よりもフリーランスを選ぶのも、賢い選択の1つですね。

ぜひそういったことを知っておいて、将来の選択肢に入れてみても良いのではないでしょうか。

 

働き方次第では美容師はもっともっと楽しくなります。

きっと美容師をしていて本当に良かったと思うことでしょう。

美容師の可能性はまだまだ広げることができます。

せっかく頑張って技術を習得したんだから諦めてしまわずに、一緒に美容業界を盛り上げていきましょうね。

 

以上、30代40代50代になっても独立せずに年収600万や700万を稼ぐ方法のご紹介でした。

 

⇒ 美容師に関するいろんな体験談(正社員、パート、フリーランス、転職したケースなど色々)

 

 

関連記事です。

フリーランス美容師とは?

独立だけが自分の美容室を持つ手段じゃない!「フリーランス美容師」になるという選択

ママ美容師にピッタリ!フリーランスなら子育て・育児に合わせて働ける!

面貸し・フリーランス美容師は行動力と覚悟が肝心! ・・・条件が整わないと迷ってる場合じゃない!

美容室スペースを面貸し/面借りして働くスタイル「フリーランス」

フリーランスを始めるにあたって必要な資金は?

美容師の年収と給与

 

⇒ 姫路市美容室 スタジオ・ココの「フリーランス美容師募集」詳細はこちら

(※現在はスタッフ募集を休止中)

 

残念ながら当店のスタッフ募集は休止中ですが、良い職場環境の美容室へ転職するためのコツを一つご紹介します。

良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を知っておくことがとても大切です。

いろんな求人情報を知ると良い悪いの比較ができるので、有利な条件で就職しやすくなります。

 

そういった意味でも、美容業界専門の転職サイトは便利です。

無料で求人情報を仕入れられるので、転職を考えている方は要チェックです。

⇒ 美容師転職サイト最大手、日本全国の美容室が見つかる「キレイビズ」

 

⇒ 残念ながら他業種へ転職考えている人は、その際の推定年収をこちらの無料診断で知ることができます。