美容室のイメージ画像

 

将来的に独立して自分の美容室を持つことを目標に、日々頑張っている美容師さんが多いと思います。

その夢がだんだん近づいてきて独立を真剣に考えるようになる頃、それに対する不安も大きくなりますよね。

独立するにはそれ相応のリスクも伴います。

今は従業員として働いている状況から、美容室の経営者としての立場に180°環境が変わりますので当然ですよね。

 

  • 大きな借金を抱えて失敗したらどうしよう?
  • 経理、事務処理、確定申告、税務申告等、どうすればいいの?
  • 新しい美容室に、今の顧客はついてきてくれるだろうか?
  • 新しくスタッフを確保できるだろうか?
  • 独立後に怪我や病気して、店に出れなくなったらどうしよう?

 

などなど、悩みの種は尽きないと思います・・・

いきなり独立をするのも1つの方法ですが、それ以外にも、「面貸し」している美容室のブースを利用して働いてみることを考えてみてはどうでしょうか?

独立する際のリスクを減らし、自分の美容室を持つことに近い形で働くことができます。

また独立するためのステップを勉強をすることもできます。

 



フリーランスで独立までのステップを学ぶ

自分のお店をオープンするまでのハードルは ずいぶん高い所にあります。

それを3mの高い所に登ることに、たとえて考えてみましょう。

助走してジャンプして登ることもできますが、とても大変です。登れるのはごく一部の人だけでしょう。

それ以外の人はたいてい落ちて怪我をすることでしょう。

 

そうではなく、1度で登ろうとするのではなく、そこに階段を設置してみてはどうでしょうか?

3mの高さも、10段ぐらいの階段を設置すると楽々登れますね。ほとんどの方が登れるのではないでしょうか?

 

独立に対する姿勢も同じです。

フリーランスの美容師として働くということは、その階段を設置することと同じです。

独立前の段階で少しずつ勉強をして、より確実にそのステップへ進めることができます。

 

現在働いている美容室から移転しても、お客様がついてきてくれるかどうか、1度反応を確かめてみてはどうですか?

 

もしお客様がついてきてくれるなら・・・

次に独立をするときも、やはりついてきてくれる可能性が高いです。独立するまでさらに腕を磨いて、お客様により満足していただきましょう。

 

もしお客様がついてきてくれなかったとしたら・・・

自分には何が足らなかったのか、勉強するいい機会です!

 

  • 技術が不足していたのか? それとも接客が悪かったのか?
  • そもそも、その美容室についていたお客様だったのか?
  • だったら次に独立する時は、どんな立地・条件にすれば良いのか?

 

これらのことを見つめなおす良い機会ではないでしょうか?

これが借金&ローンを抱えての独立後だったとしたら・・・考えるだけでも恐ろしいですよね。

 

フリーランスで経理などの事務処理を学ぶ

美容室を経営するということは、経理・事務処理・確定申告等の諸手続きをしなくてはなりません。

  • 営業後や休みに事務手続きを行うことになりますが、一人で作業を進めることに不安はありませんか?
  • 営業活動やさらなる技術の習得などを、これらの作業と並行してやれる自信はありますか?

 

これらを一度模擬体験できる方法が、フリーランスの美容師として働くことです。

分からない時は、他のスタッフに聞くことができます。みんな同じ環境で働く仲間ですので、詳しいアドバイスをもらえることでしょう。

 

フリーランスで独立時のリスクを減らす

自分のお店をオープンした時は、想像以上のプレッシャーやストレスがかかってくることもあるでしょう。

その時に万が一病気や怪我をして営業できない状態が続いたとしたら・・・あなたはその時の対策方法がありますか?

 

フリーランスの美容師だったら、その時は他のスタッフが助けてくれることでしょう。

また借金やローンを抱えていることもないと思いますので、働けない際のリスクが全然違います。

独立し自分の美容室を持つことに近い形で働けるので、独立時のプレッシャーやストレスに自分が対応できるのか、それらを模擬体験することもできます。

フリーランスを経験してからだと、独立を一度経験しているので、実際に独り立ちする際のプレッシャーやストレスを減らすことができます。

そんな前準備をすることもできるんです。

 

面貸し美容室が増えている

昔は「面貸し」をしている美容室が少なく、探すのも大変で、いきなり独立することしか選べない環境でした。

昔の美容師さんは とても大変だったと思います。

今はフリーランスになって「カットスペースを借りて働く」という方法も選べるので、「面貸し」を1度真剣に考えてみてはいかかでしょうか?

 

 

 

関連記事です。

フリーランス美容師とは?

ママ美容師にピッタリ!フリーランスなら子育て・育児に合わせて働ける!

面貸し・フリーランス美容師は行動力と覚悟が肝心! ・・・条件が整わないと迷ってる場合じゃない!

美容室スペースを面貸し/面借りして働くスタイル「フリーランス」

フリーランスを始めるにあたって必要な資金は?

美容師の年収と給与