美容師のイメージ画像

フリーランスとは?

フリーランス(フリーランサー)とは会社に所属しないで、自分の才能や能力をいかして、個人事業主として仕事を請け負ったり、業務委託されて働くスタイルです。

分かりやすい例では、フリーのアナウンサーやフリーのカメラマンなどがこれにあたります。

一人前としての実力がつくまではコツコツと下積みを重ね、実力がついて一人でも稼げるようになった時に独立し、個人事業者として働くようになります。

 

完全出来高制との違い

完全出来高制の場合はフリーランスと違って、会社に所属していることが多くあります。その際は会社員と同じように、会社のルールに沿って働くことになります。

一方、フリーランスの場合は、個人事業主として会社から仕事を請け負う形になりますので、契約する際にこちらの意向を伝え、条件を合わせることができます。

完全出来高制は「会社員」と同じで、フリーランスは「個人事業主」

 

フリーランスの美容師とは?

この働き方を美容師に当てはめると、、、

フリーランスで働く美容師とは、お店の従業員として雇用されて働くのではなく、個人事業主として美容室と業務委託契約を締結して、お店のカットスペースなどを利用して働くワークスタイルです。

 

フリーランスで働く場合のメリット

フリーランスの美容師として働く場合のメリットは、報酬制度が明確に設定されているので、働いた分はそのまま自分の収入となって返ってくることです。能力の高い人ほどその見返りは大きいといえます。

また働く日や時間などは自分で決めることができるので、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

 

  • 報酬制度が明確で、売上の大小がそのまま収入に反映される。
  • 働く日や時間は自分で決められることが多いので、ライフスタイルにあった働き方ができる。
  • 収入と直結するのでモチベーションが高く、やりがいを感じやすい。

 

フリーランスで働く場合のデメリット

フリーランスの美容師として働く場合のデメリットは、美容室に雇用されて働く従業員と違い、収入が保証されていないところです。

フリーランサーになることは、個人事業主になるということです。

従業員として働いている場合は、売上があってもなくても労働時間の分は、国が最低限保証している賃金をもらえます。

個人事業主は自分がオーナーの自営業者なので、自分の売り上げは自分で稼がなくてはなりません。

従業員として働いていた頃にはあまり気にする必要がなかった、営業の戦略を考えたりする必要もあるかもしれません。

また確定申告や経理などの手続きは、自分で行う必要があります。

 

  • 従業員として働いている時と違い、給料の保証がない場合もある。
  • ある程度の能力や実力が必要になる。
  • 個人事業者になりますので、確定申告や経理などを各自が行う必要があります。

 

従業員とフリーランスの比較

従業員として働く場合

給料は最低限保証されているが、長期休暇や勤務時間などは自分で決めることができない。また給料も少ない傾向にある。

働く際の自由度は少なく、その美容室の方針にしたがって働くことになる。

 

フリーランスとして働く場合

休みや勤務時間を自分で決めることができ、個人のライフスタイルに合わせて働ける。

報酬制度も明確で、働いたはそのまま自分の収益につながる。

 

スタジオ・ココの求人情報

⇒ スタジオ・ココの「フリーランス美容師」募集の詳細はこちら。(※現在はスタッフ募集を休止しております。)

 

 

関連記事です。

独立だけが自分の美容室を持つ手段じゃない!「フリーランス美容師」になるという選択

ママ美容師にピッタリ!フリーランスなら子育て・育児に合わせて働ける!

面貸し・フリーランス美容師は行動力と覚悟が肝心! ・・・条件が整わないと迷ってる場合じゃない!

美容室スペースを面貸し/面借りして働くスタイル「フリーランス」

フリーランスを始めるにあたって必要な資金は?

美容師の年収と給与