女性のイメージ画像

縮毛矯正の失敗に関するアンケートをとりました。

今回アンケートに回答くださった方は、縮毛矯正をしたかったけど住んでいるところには縮毛矯正をしているお店がありませんでした。

ところが、一人暮らしを始めたときに近所に縮毛矯正しているの美容室を見つけ、あまり調べることなくそのお店で施術を受けたところ、失敗されてしまいました。

その時の体験談を今回ご紹介したいと思います。

 

また体験談の最後のコメントに、初めての美容室で縮毛矯正する場合は、どこに気をつけたら失敗される確率を減らすことができるのかを書きましたので、よろしければご確認ください。

 

⇒ 髪に優しくて失敗されにくい「弱酸性縮毛矯正」

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

初めての美容室で縮毛矯正して失敗、根元折れになった体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

41歳女性、「敦子」といいます。

 

◆縮毛矯正で失敗した経緯を教えてください。

子供の頃から髪が多くうねりの強い、いわゆる縮れ髪でしたので悩みは尽きず、縮毛矯正ができる美容室を探していました。

ですが、田舎でしたのでなかなか縮毛矯正を取り扱う美容室がありませんでした。

その後就職して、一人暮らしを始めたアパートの近くに「縮毛矯正」のメニューがある美容室を見つけ、よく調べもせずに飛びついてしまったのが失敗の始まりです。

 

お店の人はとても若く、年齢も近いことから話は楽しかったのですが、説明などはなく始まり、話しながら施術が進み、休憩なしで5時間ほどかかりました。

出来上がった髪は根元からバキッと折れ曲がってまっすぐになっていました。

伸びてきたら「く」の字になるという状態です。(根元折れ状態)

結局、すぐ直すのは不可能なので、そのまま美容室を出ました。

 

◆縮毛で根元折れの状態だった時は、日々の生活でどんなことに困りましたか?

髪を縛ろうにも、「く」の字に根元折れの状態なので、失敗した場所は上手く縛ることができなかったことと、前髪の分け目もつけることができず、針金のような感じでカッコ悪かったです。

 

◆今回の縮毛矯正トラブルに対して、どのような対処法を取りましたか?

伸びてくるまで根元折れの状態はどうにもならないということで、なにもできませんでした。

縛るときは、少しきつくまとめてムースのまとめ髪フォームを付けて縛り、前髪はワックスやスタイリング剤を付けていましたが、商品名などは覚えていません。

 

◆他の対策じゃなく、その改善方法を選んだのはどうしてですか?

それしか方法がなかったから、伸びてくるまで待っていました。

担当の美容師さんに方法を聞いても「どうにもなりません」と言われました。

 

◆今回そのお悩みは改善できましたか?

その時やった縮毛矯正の薬剤とは違うものを扱っている美容室を探して、やり直して頂きました。

また上から縮毛矯正をかけたので、髪にかなりの負担をかけましたが、伸びて「く」の字になったままでは困るので仕方がないと諦め、毎日その美容室で購入したトリートメントを使ってケアしました。

 

◆次にまた縮毛矯正する時は、どういう風に対処したいですか?

美容室を探すときには、きちんと調べてレビューなども参考にしたいと思います。

 

◆同じように縮毛矯正の失敗で困ってる人に何を伝えてあげたいですか?

縮毛矯正のやり方や薬剤にもいろいろあるので、どんなやり方なのかを調べたり、お店のレビューなども参考にしたりした方がいいと思います。

体験談のまとめと失敗回避の予防策

  • ずっと受けたかった縮毛矯正をしてくれる美容室を見つけて、あまり調べずに施術を受けてしまった。
  • 何の説明もなく施術を受けたところ、ピンとした針金のような仕上がりになってしまった。
  • 根元に薬剤が付いてしまい、その部分が「く」の字に折れ曲がってしまった。
  • どうすることもできなかったため、伸びてくるまで髪を結んで過ごした。

 

縮毛矯正は失敗してしまうと、なかなかやり直すことができません。

回答者さんも、伸びてくるまでは何もできずにやり過ごすしかありませんでした。

美容室の施術ミスの部分がとても大きいですが、予防策としては、初めての施術ではなくても、やはり縮毛矯正を受ける時は施術の説明をしてもらうようにして、内容に納得がいかない部分があれば、施術を受けないようにするのが一番だと思います。

 

あとは施術が気になったら、あまり美容室や担当者を変更しないようにすると、縮毛矯正を失敗される確率がグンと減らすことができます。

一番失敗が起きやすいのは一回目の施術なので、毎回美容室を変更していると、失敗される確率が高いままです。

縮毛矯正の失敗の場合は、美容室や美容師に過失があることが多く、ダメージがひどくない場合はやり直しもできますが、できたら最初からキレイに仕上がる方がいいですよね。

 

そういった意味でも、初めての美容室に行く場合は、

  • 美容室のレビュー
  • お店のホームページ
  • どんなやり方するのか
  • どんな薬剤を使っているのか
  • ビフォーアフター

などを調べてから行くほうが、失敗を減らせます。

 

美容師として1回1回の施術の大切さを、改めて認識させられた縮毛矯正の失敗体験談でした。

今回の体験談が初めて縮毛矯正を受ける方の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

⇒ 髪に優しくて失敗されにくい「弱酸性縮毛矯正」