草木染め(ボタニカルカラー)とは?

1000年以上も続く、日本古来の草木による染色技術をヘアカラーに応用した、植物生まれのノンジアミンカラーです。

もともと草木に備わる色彩を生かして染めていきます。天然素材100%です。

草木染めは、合成染料では表せない、透明感のある優しい色が特徴です。一般ヘアカラーと違い、染めた後の褐色がゆるやかで、とてもキレイになります。

草木にもともと含まれる、油分、糖質、タンニンなどの成分が髪をケアしながら、弾力やツヤ感、風合いを高めて、上質な髪の質感を与えます。

ノンジアミンカラーの草木染め(ボタニカルカラー)

 

草木染めの原料・成分

ノンジアミンカラーの草木染めの原料・成分

<メーカーホームページより>

 

草木染めでできること

  • 天然草木を利用したヘアケア、トリートメント
  • トリートメントしつつ、色味をチェンジすることができる

草木染めでできないこと

  • 髪を明るく染めること、脱色すること
  • 白髪染め、黒染め、トーンダウン

 

この草木染め単体では、髪を明るくすることができませんので、「クリアカラー」と組み合わせて使用することになりますが、どちらを使用してもジアミンを使用しない「ノンジアミンカラー」になります。

 

クリアカラーで髪を1度明るい状態にしておいて、その後に草木染めで色味を足していきます。

そうすることで、繊細で上品な風合いをより一層楽しめます。

ダメージしてる髪へのトリートメントもできるので、一石二鳥です。

 

もちろん、すでに明るい色で髪をダメージさせずに色をチェンジしたい時や、天然草木によるトリートメントをしたい時などは、草木染めの単品使用もオススメです。

 

植物の天然色素を利用する白髪染めなどは「天然100% ヘナ&ハーブカラー」がオススメです (^o^)

 

 

関連記事