「ハーブカラーとは?種類やメリット・デメリット、違いについてご説明します」でご紹介したハーブカラーの1つ、「少しの化学染料を配合する『ほぼ天然タイプ』」について、もう少しご説明します。

ハーブカラーにもいろんな種類があるので、大きく3つに分類してみました。

 

ハーブカラー 3つの分類

  1. 化学的なものを一切使用しない、天然ハーブのみのヘアカラー「完全に天然タイプ」
  2. ほとんど天然のものでできていますが、少しの化学染料を配合する「ほぼ天然タイプ」(←今回はココ)
  3. 従来のカラー剤(アルカリカラー剤)にハーブを配合する「エッセンスタイプ」

 



香草カラーMDの特徴とメリット・デメリット

香草カラーMDの特徴

今回は「2、ほぼ天然タイプ」のハーブカラーとして、「香草カラーMD」を例にご説明します。

この「香草カラーMD」はほとんどがハーブや漢方、天然由来のもので構成されていますが、髪を染める部分、着色剤には化学染料を使用しています

ヘナ以外のハーブや漢方が主成分となっていて、ヘナを使用しているわけではありません。

 

「香草カラーMD」がなぜ必要なのか?

上に挙げたハーブカラー3つの分類の「1、完全に天然タイプ」はヘナになりますが、ヘナのみでは弱点も多く使用できる人が限られてくるからです。

 

ヘナのデメリットを挙げてみますと、

  • 染まりにくい。染める力が弱い。
  • 従来の白髪染めと比べて、白髪が目立ちやすい
  • 長い放置時間が必要。(推奨2時間ぐらい)
  • 染まるスピード、色の出方には個人差がある。
  • 選べる色が少ない。
  • パーマがかかりにくくなる
  • ヘナ特有の匂いがある。(草っぽい、抹茶っぽい匂い)

などがあります。

これらの弱点を化学染料を配合することで補うものが、「香草カラーMD」の役割になります。

 

「1、完全に天然タイプ」のヘナのみでは対応しきれなかった場合も、この「香草カラーMD」があるおかげで、

  • 「体に優しいものでカラーリングがしたい」
  • 「髪を痛めたくない」
  • 「白髪をしっかり染めたい」

といったニーズに応えることができます。

 

「天然100%だから良い」「化学染料を使用しているから悪い」というわけではなく、自分の希望や白髪の状況に応じて使用するヘアカラーを選べば良いと思います。

  • 完全に天然のものだけでカラーリングをしたい場合は、「ヘナ」を
  • ヘナだけでは不満がある、物足りない人は、この「香草カラーMD」を

選択をすれば良いですね。

2つのチョイスがあることで、より多くの人がハーブカラーを楽しむことができます。

 

「香草カラーMD」を選ぶ人の傾向

この「香草カラーMD」を選ぶ人は、どのあたりが気に入っているのでしょうか?

 

白髪が多くて、頻繁に染める場合

⇒ 頻繁に染めても髪が痛まないので、キレイな髪を維持できる。

天然100%のヘナだと、白髪の染まりが弱いと感じる。

⇒ 化学染料を使用しているので、しっかり染めることができます。

化学的なものは必要最小限に留めて、優しいヘアカラーがしたい。

⇒ 化学染料を使用してますが、その他の刺激物は取り除いてあります。

などが挙げられます。

 

「香草カラーMD」のメリット

  • よく染まる。しっかり染まる
  • 色持ちが良い
  • ヘナとくらべて、早く染まる。(20~30分でOK)
  • 髪質による染まり具合の変化があまりない。
  • 髪が痛まない
  • 頭皮に対するトリートメント効果 (毛穴の汚れを落とす、新陳代謝を良くする、栄養を与える)
  • 髪に対するトリートメント効果 (毛髪改善、ハリとコシを与える、ツヤUP)
  • パーマがかかりにくくならない。
  • カラー剤の匂いがない

 

「香草カラーMD」のデメリット

  • 脱色剤を使用しないので髪が痛まない代わりに、明るく染められません
  • ジアミンという染料を使用しているので、ジアミンアレルギーがある人へは使用できません

 

ほぼ天然タイプのハーブカラーには、今回ご説明している「香草カラーMD」以外のものもあります。

ジアミン染料にアレルギーがある人は、「化粧品染料を使用するヘナ」や「香草カラー色葉」などを使用することで天然100%のヘナよりもしっかり白髪を染めることができます。

⇒ 香草カラー 色葉とは?

 

まとめ

この「香草カラーMD」は、天然ヘナのみでは対応しきれなかった人に対して開発された製品です。ハーブカラーの良さを残しつつも、白髪をしっかり染めることができるので、従来の白髪染めよりも優しくカラーリングができます。

化学染料を使用するから良い・悪いといった判断をするのではなく、ご自身の希望に応じてどのヘアカラーをするのかを選ぶと良いでしょう。

 

大体のケースでは、

  • 天然100%にこだわるのなら、「ヘナ」
  • 「ヘナ」では白髪の染まりが気になる場合は「香草カラーMD」

といった選択をされている人が多いと思います。

 

以上、ほぼ天然タイプのハーブカラー「香草カラーMD」についてでした。

 

スタジオ・ココのハーブカラー該当メニュー

1、完全に天然タイプのハーブカラー

⇒ 天然100% ヘナ&ハーブカラー

 

2、ほぼ天然タイプのハーブカラー

⇒ ジアミン染料でしっかり白髪をカバー「香草カラーMD」

⇒ ヘナベースに化学染料を使用するタイプ「香草カラー色葉」

 

3、エッセンスタイプのハーブカラー

⇒ オーガニックカラー

 

関連記事
アルカリカラーって、どんなヘアカラーですか? アルカリカラーとは アルカリカラーとは髪を明るくするためにアルカリ剤が配合されたヘアカラーです。永久染毛剤とも呼ばれます。 ヘアカラーで髪を明るく染めることができるのは、1剤に配合されているアルカリ剤と2剤に配合されている過酸化水素(オキシ)を混ぜることで、 脱色する作用が生まれ明るくすることが...
ヘアカラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!... 「カラーリングの頻度はどのぐらいが良いの?」 「パーマの後は最低どれぐらい期間をあけたら、カラーリングしてもいいですか?」 「縮毛矯正(ストレートパーマ)の後のカラーリングは、どれぐらい間隔をあければいいですか?」 「ヘアカラーを失敗したのですが、すぐにやり直しても大丈夫ですか...
選び方のポイントは?「縮毛矯正/ストレートパーマ」の種類・違いについて 「縮毛矯正とストレートパーマの違いを教えて」 「低温ストレートとか、ストカールとか、いろんな種類があるけど特徴を教えて」 「どれを選べば良いか分からない」 などストレートに関する質問をよく受けることがあります。 これらの疑問を感じる人も多いと思いますので、ご説明いたします。...
香草カラーのビフォーアフター  香草カラーのビフォーアフター画像で、仕上がりをチェック! 香草カラー(前) 香草カラーの施術前です。 だいぶん黄色くなってきていますね。 カラーリングも3カ月ぶり。   もともとカラーの色持ちが悪いようで、すぐに色褪せてしまうとのことです。 只今、髪を伸ばしているところなの...
【Q&A】オーガニックカラーって完全に天然のヘアカラーですか? 最近よくオーガニックという言葉を聞きます。 ロハス志向や健康志向が強くなってきてるんでしょうね。 ヘアカラーにも最近は「オーガニックカラー」というものが出てきています。 オーガニックのものをカラー剤に使用するヘアカラーですね。 とは言っても、完全にオーガニックのもの100%で構成され...

 



 

「とにかく時短でオールマイティーにケアしたい」という人へおすすめ! 100%天然由来からできているオールインワン・オーガニックシャンプー。

シャンプーするだけでヘアケア、頭皮ケア、薄毛予防、白髪予防までをカバーできてしまうトリートメント不要のシャンプー。100%天然由来、10の無添加など品質へのこだわりはもちろん、育毛成分ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるキャピキシル配合、その他ヘマチン、欧州ホップエキス、リンゴ果実培養細胞エキスなど挙げたらキリがないぐらいたくさんの有効成分を配合。頭皮の荒れやフケ・かゆみ、薄毛にハリ・コシ・ボリュームアップ、抜け毛・白髪の予防まで、とにかく髪で悩んだら一度は試してみたいシャンプーです。この品質でこの価格はサロンシャンプーではあり得ない。公式サイトをチェックharu 黒髪スカルプシャンプーレビュー記事はこちら

【半額キャンペーン中!】100%天然由来、いろんな用途に使える高品質オーガニック・コンディショナー。1本あれば大活躍間違いなし!

インバスコンディショナーとしてだけでなく、ヘッドマッサージ用クリームや頭皮の保湿、UVケア、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ブローローション、寝癖直しウォーターなど多機能に活躍する無添加コンディショナー。ノンシリコンなのにサラサラ、ふんわり柔らかい質感が気持ちイイ。これ1本あれば他のヘアケアアイテムをぐっと減らせます。コスパ最高!用途別使用方法はこちらで解説><公式サイトをチェック

マイナチュレ カラートリートメント

よく染まる白髪染めカラートリートメント! 染めるだけでヘアケア、白髪ケア、頭皮ケア、エイジングケア、4つの効果!

数あるカラートリートメントの中でもよく染まる一品。お手軽に白髪をカバーすることができ、色も長持ち。染めるだけで手間いらず、4つのケアを同時に行えます。白髪を染める、髪へのトリートメント、頭皮ケアで環境を整える、エイジングケアで年齢の衰えに備えられる、今までにないカラートリートメントです。赤味が出にくいナチュラルなブラウン色に仕上がるので、髪色問わず合わせやすい。公式サイトをチェックおすすめ使用方法はこちら