ビビリ毛、毛先チリチリのイメージ画像

縮毛矯正に関するアンケートをとりました。

今回アンケートに回答くださった方は、いつも通っている美容室で縮毛矯正をしました。

ただ、いつも行っている美容室でも結果的には失敗をしてしまいました。

どんな経緯でそうなったのか、回答者さんがどんな対処をしたのか、についてご紹介したいと思います。

 

⇒ ビビリ毛・毛先がチリチリになりにくい低ダメージの「弱酸性縮毛矯正」はこちら。

⇒ くせ毛の扱いを少しでもマシにするヘアケア アイテムはこちら。

縮毛矯正失敗で毛先がチリチリのビビリ毛になってしまった30代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

38歳女性、「希林」といいます。

 

◆縮毛矯正で失敗した経緯を教えてください。

年に2回縮毛矯正をかけることが習慣になっており、今回もいつものサロンで縮毛矯正をかけてもらおうと思って来店しました。

薬剤を塗布してもらう前に、いつも美容師さんが髪質チェックをしてくれるのですが、今回はなぜか他の美容師の方も呼んで私の髪を触りながら、二人で相談している感じでした。

そして、何の説明もないまま、「じゃあ始めます」と言っていつも通りに施術終了して鏡を見たところ、部分的にチリチリで明らかに伸びていない部分があり、「ビビリ毛」といわれる髪になってしまいました。

 

◆毛先がビビリ毛になってしまった時は、日々の生活でどんなことに困りましたか?

髪を下ろしていると、そのビビリ毛が目立つので、髪を結って過ごすことになりました。

髪の毛を洗ってドライヤーで伸ばしても、チリチリした毛は治らず手触りも悪いです。

 

◆今回のビビリ毛・チリチリ状態に対して、どのような対処法を取りましたか?

チリチリのところに艶がなくなったので、椿油のヘアクリームを塗って結わくようにしました。

朝はヘアクリームを塗った直後なので、艶もあり目立ちにくいのですが、夕方ごろになると取れてきてしまうのか、チリチリが出てきて目立ってしまいます。

 

◆他の対策じゃなく、今回の改善方法を選んだのはどうしてですか?

なるべく艶をプラスして、チリチリであることを隠したかったからです。

チリチリの部分は髪が切れてしまっているので、長さもなく弱い髪質になっています。

結っても出てきてしまうので、クリームでカバーしたいと思いました。

 

◆今回その対策で、お悩みは改善できましたか?

ヘアクリームでは、根本的な解決はできておりませんが、目立ちにくくすることはできました。

常に持ち歩いて、艶がなくなったら化粧室などで塗るようにしようかと思います。

早く健康な髪が伸びてくれれば、ビビリ毛部分をカットできるので、それまで待つしかないです。

 

◆次は今回のような失敗されないために、どう対処したいですか?

いつも行っている美容室だともう怖いので、他の美容室に変えようかと思います。

もし仮に失敗しても、他の方法を提案してくれる美容師さんにお願いしたいです。

 

◆体験談の要点をまとめると?

信頼して通っていた美容室でも失敗してしまうことがあるので、目利きができる美容師さんに出会うまでいろんな美容室を回ろうかと思います。

少しでも失敗する可能性があるなら、そのリスクをお客に伝えたうえで施術をしてほしかったです。

ビビリ毛になる可能性があったら施術しなかったので。

 

◆同じように縮毛矯正の失敗で困ってる人に何を伝えてあげたいですか?

美容室に行って、美容師さんのされるがままにならず、少しでも疑問や不安に思ったことは、自分のためにも美容師さんに言ってみるべきだと今回のことで教訓になりました。

髪は毎日鏡で見ますし、一番周りからも気づかれやすいところなので。

縮毛矯正でビビリ毛、毛先がチリチリになってしまった体験談 まとめ

  • いつも通っている美容室で縮毛矯正をしたけど、一部ビビリ毛になってしまった。
  • ツヤがないと毛先のチリチリが目立つので、椿油のヘアクリームでツヤを出して、髪を結いてチリチリを隠すようにした。
  • 縮毛矯正に失敗する可能性があるのなら、無理を押してまでしたくなかったので、そのリスクもちゃんと説明してほしかった。

 

いつも通っている美容室でも失敗することは、やっぱりあります。

縮毛矯正に入る前の説明不足、縮毛矯正失敗後の説明不足、同じ美容師として「自分ももっとしっかりしないと」と再認識させられた体験談でした。

髪がビビリ毛になったり、チリチリになってしまったら、手触りも指通りも悪いし、鏡を見るのも嫌な気分になると思います。

たとえどんなベテラン美容師でも、失敗する確率を0%にすることはできません。

やはり失敗しやすい髪の状態だったら、美容師側も無理してしないようにすることも大切だと思いました。

 

「お客様のご要望にはなるべく答えないと!」っていう意識がどの美容師さんにもあると思いますが、今回はその気持が空回りしてしまったケースですね。

お客様のご要望も、髪の状態も100人100様。

美容師の仕事の難しい部分でもあり、やりがいを感じる楽しい部分でもあります。

お客様に喜んでいただけるように、もっと精進しないと、ですね。

 

以上、縮毛矯正失敗で毛先がチリチリのビビリ毛になってしまった30代女性の体験談でした。

⇒ 縮毛矯正に関する他の体験談はこちら

 

⇒ ビビリ毛・毛先がチリチリになりにくい低ダメージの「弱酸性縮毛矯正」はこちら。