美容師から転職のイメージ画像

元美容師の20代男性の方にアンケートをとりました。

今回アンケートに回答いただいた方は、今では違う業界で仕事をしています。

そこで、回答者さんが感じる美容師という仕事への想いや志し、仕事に関する体験談などをご紹介したいと思います。

 

⇒ 美容師で転職を考えるなら、全国の美容室が見つかる美容業界最大手の転職サイト「キレイビズ」へ

(登録無料。良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を仕入れておくことが大切です。)

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

アレルギーや手荒れで美容師辞めることになったが、接客スキル活かしてIT系に転職、トップ営業マンになれた25歳男性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

25歳男性、「拓哉」といいます。

 

◆現在の状態を教えてください。

元美容師です。

また復職はしてもいいかなと考えています。

 

◆もしくは何年美容師をしていましたか?

美容師歴は8年弱で、大阪で3年、東京・渋谷エリアで4年。

そのうちアシスタント2年、フリーランス2年です。

 

◆美容師だった時の収入を教えてください。

月収25万円、年収300万円です。

 

◆自身の働きに対して給料は見合ったものでしたか?給与形態には満足ですか?

練習時間も含めたら長時間拘束されているため、不満です。

部分歩合ですが、微々たる金額でした。

稼ぐなら大手幹部、フリーランス、経営者。

結局は一人で働きやすい環境にならないと厳しいです。

 

◆どうして美容師になろうと思いましたか?その経緯を教えてください。

中学の頃、初めて美容室に切りに行った際、担当のスタイリストさんがかっこよくて純粋に憧れました。

勉強ができるタイプでもなかったため、センスやデザイン作りという業界に「これしかない」と思い、15歳で通信教育を受けながら美容師を目指しました。

 

◆実際に美容師になってみて、なる前と後のギャップはありましたか?想像していたのと比べて何が違いましたか?

接客と技術の対比が2:8じゃないとリピートになりづらいかなと。

結局のところは「技術職」ですね。

カラーもカットも「どうしてそうなるのか?」「どうしたらきれいになるのか?」などの細かい部分、構造を考えられる人でなくては確実に成功しないと思います。

 

◆労働環境に満足でしたか?どんな状況が理想的ですか?

自分は個人店~フリーランスで活動していたため、比較的マーケティングやブランディングが動きやすかったかなと思います。

ただ、アシスタントの時期は個人店で働いていたため、自分でスタイリストまでのカリキュラムを考えて、スキマ時間に行動しないといけなかったため最初は試行錯誤でした。

なので、最初はデザイン力・技術を学んで基礎的なスキルが身についてから現場に出るともっと楽なのかなと思います。

あとは夜中まで練習することも多々ありましたので、本当に好きで美容師業界に入らないと、お金や時間を意識したら続かないと思います。

強いて言うなら、個人店~フリーランスのため、他業界に比べると比較的マーケティングやブランディングが動きやすいかなとは感じています。

 

◆美容師をやめてしまった人に質問です。何が原因ですか?

カラー剤やパーマ液のジアミンアレルギーなどにより、手荒れでハサミが持てなくなりました。

ですが、もともと接客や店販力に長けていたため、方向転換して営業に転職しました。

見極めが早かったため今はITトップ営業マンになっています。

 

◆美容師になりたい人に先輩からのアドバイス、気をつけておいた方がいいことを教えてください。

1、手を大事に。アレルギーになったらハサミも持てなくなります。

2、きっかけはかっこいい、華やかでもいいけど、結局努力して早くスタイリストになることだけ最初に考えないと、一生そのままアシスタントで安月給でこき使われるだけの毎日になります。

急げ。もっと焦ろう。

3、ほかの業界を見て、気持ちと志しがブレないこと。(とくに勤務時間、給与面で)

4、1番最初は技術を身につけることだけに集中するべき。

5、とりあえず、大阪・東京・福岡に行くのもいいけど、誘惑に負けて遊びすぎないこと。

アレルギーや手荒れで美容師を辞めることになった25歳男性の体験談 まとめ

  • 最初は拘束時間と給料を照らし合わせると割に合わないので、他の業界と比較すると気持ちがブレる。
  • まず最初は技術を早く身につけることだけに集中するべき。
  • 独り立ちできるようになるまで頑張ったあとは、フリーランスもしくは、一人で働ける環境に移行する。
  • 接客も大事だけど、技術を磨くことがもっとも大事。
  • 技術を習得するまでは時間がかかるので、本当に美容師の仕事が好きじゃないと続かない。
  • 手が荒れると仕事を続けられないので、手を大切にする。

 

回答者さんはカラーやパーマの薬剤にかぶれ、手荒れがひどい状態になったので美容師の仕事を辞めることになりました。

しかし、美容師の接客技術を活かしてIT業界の営業職に転職し、見事成功し、トップの成績を残すことができました。

美容師の仕事はいろんなスキルが求められる職種です。

技術力、営業力、接客力、セルフマネジメント、マーケティング力、ブランディング力。

美容師免許は他業種では活かせなくなりますが、美容師の仕事に一生懸命取り組んでいると、能力やスキルが高くなるので、転職の際には割とどんな職種でも入っていきやすいのではないかと思います。

仕事に一生懸命取り組むことは、そういった意味でも、自分磨きという意味もあり、とても大切なんだなと思いました。

 

以上、ジアミンアレルギーや手荒れがひどい状態になり美容師を辞めることになったが、接客スキルを活かしてIT系の営業に転職、トップセールスマンになれた25歳男性の体験談でした。

 

 

⇒ 姫路市美容室スタジオ・ココの「フリーランス美容師」募集の詳細はこちら。

(※現在はスタッフ募集を休止しております。)

 

残念ながら当店のスタッフ募集は休止中ですが、良い職場環境の美容室へ転職するためのコツを一つご紹介します。

良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を知っておくことがとても大切です。

いろんな求人情報を知っておくと良い悪いの比較ができるので、有利な条件で就職しやすくなります。

そういった意味でも、美容業界専門の転職サイトは便利です。

無料で求人情報を仕入れられるので、転職を考えているのなら、登録して情報を仕入れておきましょう。

 

⇒ 美容師転職サイト最大手、日本全国の美容室が見つかる「キレイビズ」はこちら

 

また当店でも募集再開した際には、こちらでもお知らせさせていただきます。