女性の後姿のイメージ画像

カリスマ美容師がいる青山・原宿の有名店に就職した、元美容師の方にアンケートを取りました。

 

  • 美容師になろうと思った経緯
  • 就職先の美容室を探す際に意識したポイントは?
  • 美容師を始めるまではどんな気持ちだったのか?
  • 実際に美容師をしてみてどうだったのか?
  • 回答者さんからのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが美容師をしている、もしくは美容師を目指しているのなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

⇒ 美容師で転職を考えるなら、全国の美容室が見つかる美容業界最大手の転職サイト「キレイビズ」へ

(登録無料。良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を仕入れておくことが大切です。)

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

手に職目指してカリスマ美容師がいる青山・原宿有名店に就職するも、体育会系が合わず転職した20代女性の体験談

◆あなたのプロフィールを教えてください。

 

翔子といいます。

現在は美容師を辞めて、他業種で育休中です。(元美容師)

美容師だったのは22歳の時で、美容師歴2年です。

当時の月収は、16万です。

 

◆どうして美容師になろうと思いましたか?その経緯を教えてください。

◆美容師を目指したきっかけは?

 

美容室で働くスタッフが素敵に見えたからと、当時は不景気で、高学歴ではない自分が働くには、「手に職」をつけたほうが良いと感じたからです。

 

◆それはいつ頃、どのタイミング、どういった状況で?

 

高校生の頃に通っていた地元の美容室で担当していただいたスタッフさんが素敵だったので、仕事のことをいろいろ相談しました。

やりがいのある仕事で、「努力すればするほど結果に結びつく」という分かりやすいところも良かったです。

 

◆美容師のどんな所に魅力を感じましたか?

 

社会人になっても好きな髪型や髪の色、服装も個性を出すことができてお洒落が楽しめるところが、魅力的に感じました。

自分がつくったヘアスタイルで、その人の人生をも変えることができるかもしれないドラマチックなところもワクワクしました。

美容師として就職する際のことを教えて下さい

◆どうやって就職先の美容室を探しましたか?何を基準に選びましたか?

 

カリスマ美容師ブームということもあり魅力的な就職先はたくさんありました。

一度は業界最先端の青山や原宿のお店で働いてみたいと思い、見学もそちらのエリアに絞って行っていました。

候補の美容室で働いている方と知り合いになって話を聞いたり、当時はネットも発達していなかったので片っ端から電話して見学しました。

電話対応で何となくの雰囲気がわかる部分もあると思います。

 

就職先を決めたポイントはオーナーがカリスマ性があり、その方にまつわる書籍を読んで惹きつけられるものがあり決めました。

お店の雰囲気や働くスタッフも素敵すぎました。

 

◆カリスマがいる青山・原宿の有名美容室に就職する際は、どんな所が気になりましたか?

 

体育会系の業界なので厳しい指導についていけるか、下働き時代は朝早く夜遅く休みもかなり少なく、当然ながら学生時代とはガラリと変わる生活に対応していけるのか、給料が下働き時代は安いので一人暮らしでカツカツでやっていけるのか心配でした。

期待していたのは、きらびやかな世界なので「自分のセンスも磨かれて素敵な大人になれるのではないか」という期待と、スタイリストになったら給料が歩合になるので、頑張れば良い生活ができるのではないかという期待です。

実際にカリスマ美容師の元で、有名店で働いてみてどうでしたか?

◆青山・原宿の有名店で美容師をしていて良かった点を教えて下さい。

 

有名店だったのもあり顧客が素敵な方ばかりで、とても刺激を受けたと同時に、そういう方と接することができて、自分も振る舞いなど勉強させてもらいました。

技術は練習あるのみ、閉店後に同期とその日の愚痴や雑談をしながらも切磋琢磨して、毎日練習に励んでいたのは楽しい思い出です。

毎日いっぱいいっぱいでしたが、頑張りが先輩スタイリストやお客様に認められて結果に結びついたときは嬉しくて、この先も頑張ろうという励みになりました。

休日はヘアカタログや業界紙の撮影アシスタントに同行させてもらい勉強しました。

モデルハントもたくさん行ったので、とにかく可愛い人や綺麗な人と接する機会が多くて、目の保養になったというか綺麗な人が大好きな自分は嬉しかったです。

 

◆有名店で美容師をしていて悪かった点を教えて下さい。

 

入社前からわかってはいたものの、拘束時間の長さや休みの少なさは本当につらかったです。

休むということは皆に抜かされていく、休みを削って練習するのが当たり前という勤務先独特の風潮があり、休んでいても落ち着かなかった記憶があります。

体育会系なので先輩はとても厳しく、いまでいうパワハラは日常茶飯事で、女性の先輩にバックヤードで肩をどつかれたときはとてもショックで怒りを感じました。

セクハラもちらほらあり、逆らえない雰囲気もとても嫌でした。

自分の意見を言おうものなら上から抑えつけられて、上の言うことは絶対なシステムにも怒りを感じました。

 

◆美容師の仕事に対する全体的な感想・総合評価を教えて下さい。

 

たった2年で辞めてしまったので偉そうなことは言えませんが、満足度は30/100くらいです。

きらびやかな面だけ見える業界なのでわかりにくいですが、実際は体力もいるしコミュニケーション能力も必要、ただ髪を切る技術だけ向上させれば良いわけではなく、顧客がつくまで数年かかり多大な時間を費やす必要があるなど、対価に対する代償が大きすぎる気がします。

お客様の髪を綺麗にして喜ばれるのは単純に嬉しいですし、華やかな世界も覗けるなどでとても楽しく刺激的なときを過ごせたので、仕事に就いたことを決して後悔はしていませんが、相当な頑張りを続けないと長く働ける業界ではないのではないかと思います。

他の美容室に転職しようとしている美容師さんに、アドバイスをお願いします

憧れだけで青山原宿を目指そうとしないでほしいです。

地域密着型の美容室や一人でシャンプーから仕上げまで担当するところなど、美容室といっても様々な形態があるので、自分の働き方に合ったお店を見つけてほしいです。

あまり仲良しの美容室だと既にコミュニティができあがってる可能性が高いので、新規店に転職するのもいいかもしれません。

あと、美容師として転職するなら、スタイリストになってからの方がいいです。

アシスタントだと一からやり直しということが多いと思います。

 

以上、手に職目指してカリスマ美容師がいる青山・原宿有名店に就職するも、体育会系が合わず転職した20代女性の体験談でした。

 

⇒ 姫路市美容室スタジオ・ココの「フリーランス美容師」募集の詳細はこちら。

(※現在はスタッフ募集を休止しております。)

 

残念ながら当店のスタッフ募集は休止中ですが、良い職場環境の美容室へ転職するためのコツを一つご紹介します。

良い就職先を見つけるには、とにかく多くの求人情報を知っておくことがとても大切です。

いろんな求人情報を知っておくと良い悪いの比較ができるので、有利な条件で就職しやすくなります。

そういった意味でも、美容業界専門の転職サイトは便利です。

無料で求人情報を仕入れられるので、転職を考えているのなら、登録して情報を仕入れておきましょう。

 

⇒ 美容師転職サイト最大手、日本全国の美容室が見つかる「キレイビズ」はこちら

 

また当店でも募集再開した際には、こちらでもお知らせさせていただきます。