ヘナカラーで黒髪を明るくしたい◇ヘナでおしゃれ染め(明るく染める)なら2度染めがおすすめ

ヘナカラーのイメージ画像

ヘナで黒髪を明るく染めることできますか?

この質問、案外多くいただきます。

特にまだヘナカラーをやったことない人、ヘナのことをよく知らない人にとても多い質問です。

ヘナっていってもカラー剤なんだから、やっぱりいつものヘアカラーと同じように、明るくできるんでしょ?

ヘナカラーで黒髪を明るくしたい。できますか?

Q&Aのイメージ画像

残念ながらヘナは普通のヘアカラーと違って、髪を明るく染めることはできません。

一般的なヘアカラーアルカリカラー剤と呼ばれるものと違って化学的なものが入っていないので、髪を脱色することができません。

 

天然100%でカラーリングできるのがヘナカラーの良いところです。

天然100%ということは、脱色剤などの化学成分を含まないということです。

それゆえに髪を脱色することができません。(黒髪を明るく染めることができません。)

結果、黒髪にヘナを塗っても黒っぽいままで、明るさを変えることはできません。

ヘナカラーは脱色剤を使用しないその代わりに、髪を傷めることがありません。

また体に優しく、頭皮への刺激もありません。

植物からの天然染料を使用するので、ジアミンアレルギーがある人などへカラーリングすることもできます。

天然100%のヘナの場合です。最近は化学染料を混ぜてあるヘナもありますので、使用する場合は注意が必要です。)

 

ダメージヘアをヘナカラーで改善することもできますし、猫毛や細毛・薄毛の方にハリコシ与えてボリュームをサポートすることもできます。

こういった良さを手に入れられるのが「ヘナカラー」です。

 

化学的なものは、やはり便利さに長けています。

しかしそれと引き換えに髪のダメージであったり、ジアミンアレルギーになったりというデメリットも同時に生じてきます。

ようは何を優先させたいかで選べば良いと思います。

  • 髪を明るく染めたいし、またいろんな色を楽しみたいのなら一般的なヘアカラーをすればいいし、
  • 髪をダメージさせたくない、化学的なものが気になるので天然100%で白髪を染めたいというなら、ヘナカラーをすればいいと思います。

すべての人の要望をたった1つのヘアカラーで実現するのは、残念ながら今のところ無理です。

それゆえに当店はたくさんのカラー剤を扱うようにしています。

そうすることでお客様のご希望に一番近いカラーリングができます。

などなど、お客様のいろんなご要望にお答えできるように、様々なメニューをご用意しています。

ようはどのヘアカラーが良い悪いではなくて、要望に合わせて最適なヘアカラーを選び、最適な方法でカラーリングするのが大切だと思います。

ヘナも使いつつ、おしゃれ染めのように明るく染めるなら「2度染め」がおすすめ

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

ヘナ単発では明るく染められませんが、2度染めすることでヘナカラーしつつも、明るく染められるようになります。

 

ヘナカラーをされる人のニーズは、以下のような内容ではないでしょうか。

  • 天然100%で染めたい(化学的なものを使用したくない)
  • 髪のダメージが気になる。
  • 白髪染めで頭皮がダメージし、髪が痩せていくと思っている。(※個人的にはこの意見には否定的です。)
  • ジアミン染料で髪が痩せていくと思っている。(※個人的にはこの意見には否定的です。)
  • 猫毛・細毛・薄毛なので、ハリコシが欲しい。
  • ジアミンアレルギーがあって通常の白髪染めができない。

なるべくこういったニーズをカバーして、ヘナカラーを続けながら明るくもできる方法が、

3か月~4か月に1回「クリアカラー」や「トリートメントカラー」を使って、地肌につけないようにカラーリングして、明るく染める方法です。

 

天然100%のままで染めたいというニーズだけはカバーできませんが、

  • 髪のダメージは通常のヘアカラーより劇的に減らせますし、
  • 地肌につけないので頭皮への刺激もありませんし、
  • クリアカラーもトリートメントカラーもジアミン染料を使用しないので、ジアミンアレルギーの人やジアミン染料を心配される人へも安心です。
  • またヘナカラーも続けて行いますので、髪のハリコシ・ボリュームアップ効果は継続して得られます。

ヘナカラーはセルフでされる人が多いので、数ヶ月に一度美容院で「ジアミン染料抜きの明るくできるカラー剤」で「頭皮につけないように塗布してもらう」ことで、こういったニーズに対応することができます。

「ヘナをやめたくないけど明るくもしたい」という方は、こういった方法もありますので、一度考慮してみてもいいかもしれませんね。

 

以上、「ヘナを使いつつ黒髪を明るくしたいなら2度染めがおすすめ」ということについてでした。

 

⇒ ヘナカラーのビフォーアフター

⇒ すべてのビフォーアフター

⇒ 各メニューの料金

 

⇒ ヘアカラートラブル体験談

⇒ 白髪染め体験談

⇒ 薄毛体験談

 

 

関連記事です。

ハーブカラーとは? 各種類のメリット・デメリット・違いを解説 ☆ ヘナ/インディゴ/オーガニックカラー/香草カラー/和漢彩染/ジアミンアレルギーなどについて

 【オーガニックカラーとは?】Q&A⇒種類/デメリット/色見本/できる色/茶髪/暗め/明るめ/白髪染め/色落ち/ジアミンアレルギー/妊婦・妊娠中/授乳中について

 「ヘナ、香草カラー、草木染め、オーガニックカラー」の違いとは?

 

 ヘアカラートラブルがある際のセルフカラーには「ノンジアミンカラー」、白髪染めなら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がおすすめ

 

 白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

 ジアミンアレルギーでもかぶれない美容院の白髪染め。かぶれたら選びたいメニューとは?(セルフ用市販カラーも合わせてご紹介)

 妊娠中でも白髪が気になる…妊婦さんでも安心安全なセルフカラー用白髪染めは?おすすめカラートリートメント・ヘナ・ヘアマニキュアと使い方のコツ

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。しっかり染まるのに肌にも優しい。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。レビューをチェック

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 <<

 

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

最短5分の早染め! ダブルのカラー因子が外側と内側の両方からしっかり染毛。トップクラスの美容成分数(65種類)とナノ化成分が毛髪内部に高浸透、髪だけでなく頭皮も癒やす「美容液カラートリートメント

「ダークブラウン」「ソフトブラック」がありますが、大半のケースはダークブラウンでOK。

>> 40%オフ 送料無料 <<

 

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

天然由来成分99% 豊富なボタニカル成分(72種類)でスカルプケアしながら白髪ケアができる。いつまでも若々しい髪でいたい方に。明るい髪に合わせて染めたい場合におすすめ。

基本は「ナチュラルブラウン」でOK。かなり明るい髪色なら「ベージュブラウン」

>> 35%オフ 送料無料 <<

タイトルとURLをコピーしました