アルカリカラー剤、ヘアカラー剤

「アルカリカラー剤」って聞いたり読んだりしたことありませんか?

ヘアカラーにはたくさんの種類がありますが、アルカリカラー剤もその中の1つです。

といってもアルカリカラー剤とは商品名を表すものではなく、ヘアカラーをジャンル分けしたときの「ジャンル名」です。

今回はそのアルカリカラー剤についてご説明します。

アルカリカラー剤とは?

アルカリカラー剤とは「髪を明るくするためにアルカリ剤が配合されたヘアカラー」の総称です。

ヘアカラーで髪を明るく染められるのは1剤に配合されているアルカリ剤と、2剤に配合されている過酸化水素を混ぜることで髪を脱色する作用が生まれ、明るくできます。

アルカリカラー剤とは、1剤に配合されているアルカリ剤からつけられたヘアカラーの呼び名です。

なのでアルカリ剤を使用しているヘアカラーのことを総して「アルカリカラー剤」と呼びます。

 

これに加えアルカリカラー剤には染料も一緒に配合されているので、脱色しながら色をつけることができます。

そうすることで明るく染めつつも、様々な色の変化を楽しむことができます。

市販のヘアカラー(おしゃれ染め&白髪染め)はほとんどがアルカリカラー剤

アルカリカラー剤は市場で一番使用されているヘアカラーで、「おしゃれ染め」や「白髪染め」もこのアルカリカラー剤のジャンルに入ります。

よくドラッグストアなどで売っている市販のヘアカラーは、大半はこのタイプのものになります。

 

たとえば上記画像のようなヘアカラーです。

CMでよくみる『泡カラー』なんかもアルカリカラー剤になります。

アルカリカラー剤は使用する直前に混ぜるタイプのものですね。

「カラートリートメント/ヘナ/アマニキュア」はアルカリカラー剤ではない

脱色しないヘアカラーはアルカリ剤を使用しないので、アルカリカラー剤ではありません。(脱色作用のないヘアカラー)

酸性カラー剤である「ヘアマニキュア」、最近流行っている「カラートリートメント」、天然100%の植物染め「ヘナ」などはアルカリカラー剤にはあたりません。

 

アレルギーがあっても使用できるアルカリカラー剤がある「ノンジアミンカラー」

アルカリカラー剤を使用した際にかぶれたり、アレルギーになってしまったりというトラブルになることがあります。

かぶれやアレルギーといった反応はアルカリカラー剤に含まれている「ジアミン染料」が原因になっていることが多くあります。

ほとんどのアルカリカラー剤はジアミン染料を使用しているので、カラーアレルギー(ジアミンアレルギー)になってしまうとほぼすべてのアルカリカラー剤が使用できないので、「カラーリングできない」という状況になってしまいます。

ヘアカラーができないとなると困ってしまう人がたくさんいますが、しかし中にはアルカリカラー剤でもジアミン染料を含まないものがあります。

そういったものを使用すれば、引き続きヘアカラーを続けることも大丈夫です。

 

ノンジアミンカラーの一例をご紹介します。

(市販のアルカリカラー剤にはノンジアミンのものがほとんどないので、今回は美容室のヘアカラーでご紹介します。)

美容室のアルカリカラー剤でノンジアミンカラーはどれ?

  • ノンジアミンカラー ・・・ アレルギー要因であるジアミン染料を使用しないノンジアミンのカラー。明るい白髪染めも可。
  • トリートメントカラー ・・・ 安全性の高い化粧品染料を使用するヘアカラー。カラートリートメントとクリアカラーを組み合わせて使用します。ノンジアミンのカラー。
  • クリアカラー ・・・ 同じくノンジアミンのカラー。染料を使用しない脱色剤のみのカラー。
  • 草木染め ・・・ 草木からの天然色素を利用して染めるカラー。透明感のある色合いが特徴。クリアカラーと組み合わせて使用します。

 

ノンジアミンカラートリートメントカラークリアカラー草木染め 「ボタニカルカラー」

アルカリカラー剤ではないが市販でノンジアミンで白髪染めできるタイプ「カラートリートメント/ヘナ/ヘアマニキュア」

いったんジアミンアレルギーになってしまうと、市販のアルカリカラー剤はほとんどがジアミン染料を使用しているので、白髪染めしている場合は特に困ったことになります。

そういった際にも白髪染めできるタイプのものをご紹介します。

市販のアルカリカラー剤でノンジアミンで白髪染めできるタイプは販売されていないので、ここではアルカリカラー剤ではないタイプ(脱色できないタイプ)でノンジアミンの白髪染めをご紹介します。

ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤「白髪染めカラートリートメント」

髪が傷まないカラートリートメントは白髪染めセルフカラーに最適。ダメージヘアだけでなく敏感肌やジアミンアレルギー対策に ◇ おすすめ商品/使い方/コツ/Q&A/よく染まる方法をご紹介

かぶれない白髪染め「ヘナ」

天然100%ヘナカラーならジアミンアレルギーがあっても大丈夫。ヘナ染めする際のおすすめはどれ? ◇高品質ヘナ/使い方/コツ/Q&Aなど

かぶれない白髪染め「ヘアマニキュア」

手軽に短時間で染まるヘアマニキュア。ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ商品、準備したい道具、セルフカラーのコツ、Q&Aなど

アルカリカラー剤のまとめ

アルカリカラー剤とは「髪を明るく染めつつ色も変えられる一般的なヘアカラーのこと」をいいます。

市販されているヘアカラーの大半は、アルカリカラー剤。

アルカリカラー剤には髪を染めるための染料も配合されていて、ほぼジアミン染料を使用している。

かぶれたりアレルギー反応を起こす原因は、アルカリカラー剤に配合されているジアミン染料であることが多い。

アレルギー反応を起こす場合は使用すると危ないので、今後はアルカリカラー剤の使用ができなくなる。

 

中にはジアミン染料を含まないアルカリカラー剤もあり、その場合はジアミンアレルギーであってもヘアカラーできる。

トリートメントカラークリアカラー草木染め

市販ではアルカリカラー剤のノンジアミンカラーはほとんどないので、特殊なヘアカラーを取り扱っている美容室でのみ、そういったアレルギー対応のカラーリングができます。

 

アレルギーがある場合で市販のもので白髪染めしたい場合は、

アルカリカラー剤ではないが「カラートリートメントヘナヘアマニキュア」を使えば白髪を染めることはできる。

※ これらのヘアカラーには脱色作用がないので、髪を明るくできない。

 

⇒ ヘアカラーに関するいろんな体験談

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しい白髪染め!(おしゃれ染めも)

■ ヘアカラートラブルがある場合のセルフカラー(白髪染め)対策には、「カラートリートメント」「ヘナ」「ヘアマニキュア」がおすすめ。

 

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ

ヘアカラートラブルがある際に美容室で染めるなら、こちらのメニュー

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター