髪の毛・毛先のイメージ画像01

お客様と縮毛矯正の話をしていると、たまに「失敗されたことがある」という話になります。

 

その中でもよくあるケースは、

  • ストレートしたのに逆に広がった
  • 毛先がチリチリなった

ってことですね。

 

失敗されると、せっかく大切にしていた髪が台無しになるので、怒りと悲しみと落胆で超ブルーになりますよね。

くせ毛で扱いにくいから縮毛矯正したのに、チリチリなったり、逆に広がったら本末転倒です。

美容師としては本当にそういったことにならないようにしたいものです。

 

今回は、

  • どうしてそんなことになったのか?
  • 失敗後の対処はどうしたらいいのか?
  • 失敗しないための予防対策は?

を考えてみたいと思います。

縮毛矯正が失敗した理由

縮毛矯正したのに髪が広がる理由としては、

「施術でダメージし過ぎたことが原因」で、毛先がチリチリになってしまったからです。

 

  • 薬剤のパワーが強すぎた。
  • 放置時間を置きすぎた。
  • ブローやアイロンで引っ張りすぎた。
  • もともと超ダメージ毛で縮毛矯正に耐えられない髪だった。

などいくつかの要因が挙げられますが、いずれにしても「広がる部分へのダメージが大き過ぎた」ということです。

 

最近ではヘアカラーが当たり前になっているので、カラーリングを何度もくり返している髪へ(特に髪全体のカラーリングをよくしている場合)は、こういう失敗になることがあります。

 

髪は毛先にいくほどダメージしています。

髪が長くなればなるほど、毛先のダメージは大きくなります。

ダメージしている毛先は薬剤に対してものすごく過剰に反応します。

そのダメージ部分に縮毛矯正剤をつける場合は、放置時間の最後にほんのちょっとだけ付けばいいんですね。

それだけで十分効果を得られます。

 

薬剤が過剰に効きすぎてしまった髪は、濡れた状態になると「テロンテロンのもずく状態」になります。

この状態がとっても危険です。

  • ちょっとの力で切れやすい。
  • ゴムみたいに伸びて危険。
  • 乾かす時にものすごく引っかかるのでチリチリになりやすい。

美容師だったら、なるべくこの髪には出会いたくないでしょう。 (^。^;)

 

この状態の髪へ縮毛矯正するということは、いわば高層マンションの間をロープをつなげて、綱渡りしている感じです。

一歩踏み外すと、下へ真っ逆さま。

それぐらい絶妙なコントロールが求められます。

危険ですよね。

 

そんなことをする必要があるのは、世で名を上げたいスタントマンのみ。

普通の人はそんな危険なことをしません。

 

髪にもおんなじことが言えて、普通はそんな危険な状態に縮毛矯正はしません。

縮毛矯正しても大丈夫な状態で施術することが大切です。

超ダメージヘアには縮毛矯正しない

これが大切。

 

どうして縮毛矯正したらダメなのかしっかり説明して、髪の状態が良くなるまで施術を控えるようにお伝えすることも美容師の大切な仕事です。

どんな状態でも、なんでもかんでも施術をするのは、逆にそのお客様のためにならないこともあります。

失敗後の対処

ダメージ部分をカットする

縮毛矯正が失敗して逆に広がる、チリチリになった場合の対処ですが、一番いいのはその部分をカットして取り除くことです。

痛んだ髪は元には戻らないので、カットしても良いなら、ダメージ部分をなくしてしまうのがベストです。

 

再度縮毛矯正をするのはさらにダメージを重ねることになります。

ダメージが原因でそんな状態になっている所にもう一度施術しても、悪化することはあっても、良い状態になることはありません。

「トリートメント&洗い流さないトリートメント」でヘアケアを入念に行う

でも、どうしてもカットしたくない場合もあると思います。

そういった時はトリートメントや洗い流さないトリートメントで髪のひっかかりを抑えつつ、カットしてもいい頃になるまでケアすることです。

髪が伸びてチリチリ部分をカットできるようになると、ようやくそのケアが終了です。

 

トリートメントや洗い流さないトリートメントは、どれだけ良いものを使っても髪が完全に修復し、その効果が持続することはありません。

シャンプーして洗い流せばその効果はなくなります。

なので、毎日ヘアケアを続けることが大切です。

 

⇒ くせ毛とダメージヘアに最適なシャンプー&トリートメント&洗い流さないトリートメントで髪質改善「クイーンズバスルーム」

ストレートアイロンでチリチリを伸ばす

広がる部分、チリチリになっている部分を毎日ストレートアイロンで伸ばす。

これもシャンプーするとその効果はなくなりますので、毎日アイロンする必要があります。

 

しかし、毎日のアイロンにはダメージがつきものです。

最悪、切れ毛になることがあるので、使用する際はそこを注意してください。

 

毛先部分がチリチリになっている場合は、毎日アイロンして切れ毛になっても、カットして手直ししやすいですが、

中間部分などがチリチリになっている場合は、途中で切れ毛になると大変なことになるので、アイロンはしないようにしてください。

もう一度縮毛矯正して直す

毛先のチリチリ部分(ビビリ毛といいます)を手直しする施術をしている美容室もあります。

そこで一か八か挑戦することもできます。

 

しかし、この方法は、わたしとしてはとてもおすすめできません。

その理由としては、

  • ダメージ部分にさらにダメージを与える。
  • 失敗したら更にチリチリになる。
  • 最悪、切れ毛になる。
  • 改善できたとしても、ダメージが酷い状態。
  • 改善したとしてもそれは一瞬で、持続しないこともある。

などです。

 

また、こういった手直しをする際は、「自己責任で施術を受けてください」と説明を受けるはずです。

  • 成功の保証はありません。
  • 失敗しても責任は負えません。
  • チリチリが直ったとしても、それが続くとはいえない。
  • 手触りや濡れている時の状態が直ることはない。

こういった状況で施術をする必要があるのかどうか疑問に思います。

 

そして、もう一つ。

もし、縮毛矯正に再挑戦する場合は、同じ美容室で手直ししない方が良いと思います。

くやしいと思いますが…。

 

ほとんどの美容室が保証期間を設けてるので、そこでやってもらいたいという気持ちはとてもよく分かります。

しかし、毛先がチリチリで広がる状態の髪は、前回よりもさらに難易度が高い施術になります。

1回目より2回目の方がだんぜん難しいのに、1回目で失敗した美容室でもう1度しても、自分が望む仕上がりになるとは思えません。

失敗の予防対策

  • カットする
  • トリートメントでケアする
  • ストレートアイロンで伸ばす
  • 悪化を覚悟で再度縮毛矯正をする

どれも妥協案なので納得いかないかもしれませんが、

「痛んだ髪は直らない」という原則があるので、どうしてもそういう対処しかできません。

 

そういった状況にならないように、まずは美容室や美容師が最善の努力をするのはもちろんです。

利用者側としては、そういった状況にならないためにも、次のポイントを意識して施術する美容室や美容師を決めると良いのではないでしょうか。

価格が安すぎる美容室を避ける

その理由としては、

  • 安い薬剤、強い薬剤を使っている。
  • 価格が安いと数をこなさないといけないので、流れ作業になりやすい。
  • 多人数での接客だと情報共有が難しい。
  • 多人数での接客だと技術の微調整が難しい。
  • 経験の未熟なアシスタントが施術していることも。

縮毛矯正の施術に慣れた美容室や美容師を探す

  • ベテラン美容師だとしても、縮毛矯正の施術をほとんどしていなければ、ビギナーと一緒。
  • 縮毛矯正をほとんどしていない美容室もある。

 

信頼できる美容室や美容師を探す方法としては、

  • 行きつけの信頼できる美容室や美容師にしてもらう。
  • 縮毛矯正している友達や知り合いに聞いて探す。
  • 縮毛矯正を売りにしている美容室を探す。

などしてみてください。

初めて行く美容室で縮毛矯正しない

ベテラン美容師になってくると、大体の髪質や髪の状態から「どういった施術をすれば良いのか」分かるようになってきます。

ですが、それも100%完璧で失敗しないというわけではありません。

中には予想外の髪質や髪の状態があります。

何度か来店して髪質を深く理解してもらってから施術を行うと、失敗の確率がグンと減ります。

縮毛矯正を「中止した方が良い場合は教えてください」と伝える

わたしも以前そうでしたが、「断ったりしたらダメだ」と思っている美容室や美容師さんが多くあります。

お客様からそう言っていただけると、無理して施術することがなくなります。

失敗を避けるためにはそういった一言も、「とても」有効です。

 

以上、縮毛矯正の失敗で髪がチリチリ、広がる場合の対処、予防対策を考えてみました。

 

⇒ ダメージの少ない縮毛矯正をお探しなら「弱酸性縮毛矯正」

 

 

関連記事です。

縮毛矯正がゆるく感じる、うねりがある場合はどうする?

広がる「くせ毛の悩み」を解決!おすすめなスタイリング方法、ヘアケア対策、アイテムをご紹介

選び方のポイントは?「縮毛矯正/ストレートパーマ」の種類・違いについて

カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!

■実は縮毛矯正後の根元のボリュームダウンにも使えます。⇒ 薬用育毛剤「ザクローペリ」の効果は「抜け毛・白髪」予防に最適!