ヘアカラーのイメージ画像

せっかく染めた白髪染めが、すぐに色落ちしてしまったことありませんか?

  • 一週間もしないうちに白髪染めがずいぶん落ちてしまった・・・
  • またすぐに染めるのもダメージが気になる・・・
  • 白髪がキラキラ光って気になるので、あまり出かけたくない・・・

お金と時間を費やして染めたのに、あっという間に白髪染めが落ちてしまったらとてもショックですよね。

 

できるだけ色持ち良くキレイな状態を保つためには、実は、簡単なホームケアでこれらを解決することができます。

  • 髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使う
  • 紫外線対策ができるヘアケアを使う
  • シャンプー後できるだけすぐに髪を乾かす

などです。

 

もしそれでも色落ちが気になる場合は・・・究極の裏ワザがあるので、それも合わせてご紹介します。

この記事では、

  • ヘアカラーの色落ちの原因
  • ヘアカラーに最適なシャンプーについて
  • ヘアケアのポイントについて
  • 色落ちを防ぐ究極の裏ワザ

などについて書いて見たいと思います。



白髪染めが色落ちする原因

染めたばかりの髪はとても不安定で、その状態が落ち着くのに約一週間ほどかかります。

その間に市販の洗浄力の強い石油系界面活性剤のシャンプー(安いシャンプー)を使用していると、色落ちを促進してしまいます。

またヘアカラーしている髪はとてもデリケートな状態ですので、少しの刺激でも髪にとっては大きなダメージになることがあります。

髪は知らないうちにたくさんの外的刺激を受けていますので、そういった刺激から少しでも髪を守ってあげることが、色を長持ちさせる1番のコツになります。

白髪染めの色を長持ちさせる3つのポイント

洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーを使う

シャンプーの界面活性剤(洗浄成分)にはいくつもの種類がありますが、簡単に3つをご紹介します。

高級アルコール系シャンプー ・・・ 石油由来から作られる洗浄成分で、洗浄力が強くさっぱりと洗える。市販の一番安いシャンプーなどがこれにあたります。(高級というのは「価格が高い」という意味ではありません。)

石けん系シャンプー ・・・ 油脂由来から作られる洗浄成分で、お肌に優しく洗えて洗浄力もあります。しかしシャンプー後は髪が一時的にアルカリ性に傾く。

アミノ酸系シャンプー ・・・ アミノ酸由来の洗浄成分。弱酸性で低刺激、優しい洗浄力があります。ダメージしている髪に適切で、美容室などで販売されているシャンプーに多い。

一般的にドラッグストアなどで売っているシャンプーは、洗浄力が強い高級アルコール系シャンプーがほとんどです。

これらのシャンプーは洗浄力が強いので、染めた色まで取り除く力が強いのと、毛髪内部のたんぱく質を流出させるため髪を傷めてしまいます。

そういった要因は、白髪染めの色落ちを早めてしまいます。

 

白髪染めの色を長持ちさせたい場合には、

  • 弱酸性のもの
  • 洗浄力の優しいもの

を選ぶことをおすすめしています。

どちらも髪の色落ちを防ぐ作用があるからです。

美容室でよくアミノ酸系シャンプーが使用されるのは、そういうことも理由の一つです。

 

⇒ ヘアカラーしている髪にぴったりなシャンプー&トリートメント

紫外線対策を意識する

髪の表面ばかり退色し、黄色っぽくなってしまうことありませんか?

その原因は「紫外線」にあります。

髪の表面は内側に比べ紫外線にある時間が多く、その積み重ねにより表面ばかり傷んで退色し、その結果、明るくなってしまいます。

 

紫外線の影響を予防することができれば、ダメージを減らし、しいては退色も減らすことができます。

特に紫外線が強くなる春~夏にかけては、

  • 紫外線防止効果のあるヘアスプレーやヘアオイルなどでヘアケアをしたり
  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす

などを意識して、髪を守るようにすると良いでしょう。

 

⇒ 紫外線ケアができて、さらっと仕上がる「洗い流さないトリートメント」はこちら。

髪が濡れた状態で放置しない

髪は「乾燥した状態が刺激に対して一番強い状態」です。

濡れている状態だと引っ張ったり、擦れたり、物理的な刺激に弱くなってしまいます。

また濡れている時はキューティクルが開いているので、毛髪内のたんぱく質やトリートメント成分、カラーで染めた色などが流出しやすい状態です。

そういった理由があるので、お風呂上がりなどの濡れている状態の時はそのまま放置せず、できるだけ早く乾かしてあげることが大切です。

 

ちゃんとブローした髪はキューティクルが閉じているので、たんぱく質、トリートメント成分、カラーの色の流出を防ぐことができます。

こういった日々のケアを意識していると、ダメージ予防にもなり、ダメージからくる退色を抑え、色持ちを長続きさせることにも繋がります。

 

乾かす際には洗い流さないトリートメントなどでヘアケアをしてあげると、さらに良い状態を保つことができます。

一手間を惜しまずに、日々のヘアにワンステップを取り入れてみてください。

洗い流さないトリートメントには、紫外線ケアできるものも発売されているので、そういったものを使うと一石二鳥ですね。

⇒ 上でも紹介しましたが、サラッと仕上がって紫外線予防もできる洗い流さないトリートメントがおすすめ。頭皮につけても大丈夫な洗い流さないトリートメントなので、寝る際も気になりません。

それでも色落ちしてしまう場合は、シャンプーで「染める」

「ムラシャン」といって、髪を洗いながら色を補えるシャンプーがあります。

シャンプーなので、もちろん髪のダメージはゼロです。

こういったシャンプーを週1~週2回ぐらいの間隔で使用すると、色落ちする分を追加で染めていけるので、ヘアカラーを長持ちさせることができます。

追加で染め続けていれば、色落ち防げるのは当然ですよね。

もうこれは究極です。

 

髪のダメージがないので、気になったらシャンプーで染めればいいのです。

カラートリートメントを使うといった方法もありますが、カラーシャンプーを使用するメリットは、

  • とにかく手間が楽!
  • シャンプーなので全体を均一に染めやすい。
  • 染めるついでにシャンプーできる
  • カラートリートメントより回数が多いのでコスパが良い

などたくさんのメリットがあります。

 

この「ムラシャン」はおしゃれ染めはもちろん、白髪染めにも最適ですので、色落ちが気になる人は使ってみてください。

いつもキレイな状態でいれますよ。

⇒ ヘアカラーの色持ちに最強のアイテム「ムラシャン」

まとめ

白髪染めを長持ちさせるためにはこの3つのポイントを意識してみましょう。

  • シャンプーを洗浄力が優しいアミノ酸系シャンプーに替える。
  • 髪の紫外線対策をする。
  • シャンプー後はできるだけすぐに乾かす。(乾かす前に洗い流さないトリートメントを付けるとなお良い)

誰でも簡単にできて効果を感じやすので、ぜひ取り入れてみてください。

 

これらを試してもまだ色落ちが気になる際は、髪を染められるシャンプー「ムラシャン」がおすすめです。

いつものシャンプータイムがカラーリングに早変わり。

余計な手間を加えなくて良いので、お手入れを続けていきやすいですよ。

 

こういった日々のケアを意識していると、いつでも染めたてのようなキレイな髪でいることができます。

毎日のちょっとした工夫が「あの人いつもキレイね」って思われる秘訣です。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

以上、ヘアカラーの色持ちを長続きさせるポイントについてでした。

 

合わせて読みたい