ヘアカラーのイメージ画像

美容院でヘアカラーしたのに、もしくは市販カラーでセルフカラーしたのに、せっかく染めた白髪染めがすぐ落ちる経験ありませんか?

  • シャンプーする度に色落ちしていく。
  • 白髪がキラキラ光って気になる。
  • 退色して、髪が黄色っぽくなってきた。

お金と時間を費やして染めたのに、あっという間に白髪染めが落ちたらとてもショックですよね。

 

できるだけ白髪染めを長持ちさせるには、実は簡単なホームケアでこれらを解決することができます。

などです。

 

もしそれでも色がすぐ落ちる場合は・・・究極の裏ワザがあるので、それも合わせてご紹介します。

この記事では、

  • ヘアカラーの色落ちの原因
  • ヘアカラーに最適なシャンプーについて
  • 色を長持ちさせる方法とヘアケアのポイント
  • 白髪染めがすぐに落ちる場合の対策方法

などについて書いてみたいと思います。

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント 「2020年 金賞受賞」

白髪染めしつつヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが行え、「髪や頭皮を育むことができるカラートリートメント」

  • 業界唯一、徹底した安全性へのこだわり3つもの皮膚刺激テストを実施
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」検証済
  • 美容院カラーとの併用OK
  • 髪のボリュームが気になる時に

敏感肌やジアミンアレルギーの方でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のリタッチ染めに使いやすい。

髪だけでなく頭皮への負担もないので、地肌が気になり始めた方に最適な白髪染め。 レビュー / 他と比較

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<

市販や美容院の白髪染めがすぐ落ちる原因

理由、なぜのイメージ画像

カラーリングしたばかりの髪はとても不安定で、その状態が落ち着くのに約一週間ほどかかります。

髪の状態が落ち着くまでの間に洗浄力が強い市販シャンプーを使用すると、色落ちを促進してしまいます。

 

またヘアカラーしている髪はとてもデリケートな状態です。

ダメージのない健康毛だったら問題にはならないケース、たとえば温水プールの塩素とか、日光の紫外線とか、少しの刺激がヘアカラー毛にとっては大きなダメージになることがあります。

髪は知らないうちにたくさんの外的刺激を受けていますので、そういった刺激から少しでも髪を守ってあげることが、一番お手軽で効果的な色落ち防止方法になります。

市販カラーや美容院の白髪染めを長持ちさせる方法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

洗浄力がマイルドなアミノ酸系界面活性剤のヘアカラー用シャンプーを使う

シャンプーの界面活性剤(洗浄成分)にはいくつもの種類がありますが、簡単に3つをご紹介します。

高級アルコール系シャンプー

石油由来から作られる洗浄成分を使用。洗浄力が強くさっぱりと洗えますがヘアカラーの色落ちがあります。安い市販シャンプーがこれにあたります。高級というのは「価格が高い」という意味ではありません。)

石けん系シャンプー

油脂由来から作られる洗浄成分を使用。お肌に優しく洗えて洗浄力もありますが、シャンプーで髪がアルカリ性に傾くので色落ちがあります。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸由来の洗浄成分を使用。弱酸性で低刺激、優しい洗浄力があります。ダメージしている髪に適切で色落ちを防ぐ効果があります。美容院シャンプーに多い。

一般的にドラッグストアなどで売っている市販シャンプーは、洗浄力の強い石油系シャンプーがほとんどです。

これらのシャンプーは洗浄力が強いので、汚れだけでなく染料まで一緒に落としてしまいます。

また毛髪内部のたんぱく質まで流出させてしまい、髪を痛めることがあります。

 

石鹸シャンプーも色落ちを早めるシャンプーです。

石鹸はアルカリ性であるため、シャンプーするたびにキューティクルが開き、髪に定着している染料が落ちやすいからです。

石鹸シャンプーは無添加で体に優しい場合が多いですが、だからといって髪にも優しく最適なシャンプーということではありません。)

 

こういった「石油系界面活性剤のシャンプー」「石鹸シャンプー」を使用することは、白髪染めの色落ちを早める原因になります。

(それはおしゃれ染めの場合も同じです)

 

白髪染めを長持ちさせたい場合には、

  • 弱酸性のもの
  • 洗浄力の優しいもの
  • ヘアカラー用のもの

を選ぶことをおすすめしています。

(例:ヘアカラー用のアミノ酸系シャンプー)

 

上に挙げた条件はどれも、髪の色落ちを防ぐ作用があるからです。

 

アミノ酸系シャンプーはヘアカラー毛にピッタリのシャンプーですが、その中でもおすすめなのが「ヘアカラー用に開発されているシャンプー」です。

これはアミノ酸系界面活性剤で優しく洗えるのに加えて、ヘアカラー時の残留物質を取り除くことができるからです。

ヘアカラー後に一回シャンプーするだけでは毛髪内の残留物質を完全に取り除くことは困難で、それらの影響もあり、ヘアカラーの色落ちが促進されてしまいます。

そういった残留物質をシャンプーする度に少しずつ取り除けるようにしているのが、ヘアカラー用シャンプーです。

 

またヘアカラー用シャンプーを使用することで色を長持ちさせるだけでなく、ダメージが広がらないように予防することもできますので、カラーリング後にはこういったシャンプーを使用することが効果的になります。

使用に適した髪はなにもヘアカラー毛だけでなく、パーマや縮毛矯正をしている髪やダメージヘアにもおすすめです。)

ヘアカラー用 市販シャンプー&トリートメントを使えば色も長持ち

 

おすすめはこちら。ナプラから発売されているノンシリコン&天然ハーブ配合のヘアカラー用シャンプーやトリートメントです。

ヘマチン入りのシャンプーやトリートメントは髪に残留している物質を取り除く働きがあり、ダメージの広がりを抑えてくれます。

またノンシリコンなのにきしみやごわつきがなく、サラサラに仕上がります。

サロンシャンプー&トリートメントにしてはコストパフォーマンスが良い商品で、最近ではAmazonなどの市販でも手軽に購入することができます。

紫外線ケアができる洗い流さないトリートメントを使用する

髪の表面だけが黄色くなったことありませんか?

その原因は「紫外線」にあります。

髪の内側に比べ表面は紫外線にさらされる時間が多く、表面ばかり痛んで退色し、その結果明るくなってしまいます。

ヘアカラー直後のデリケートな髪は特に、紫外線の影響を受けやすいのでUVケアが大切です。

 

特に紫外線が強くなる春~夏にかけては、

  • 紫外線防止効果のあるヘアスプレーやヘアオイルなどでヘアケアをしたり
  • 帽子をかぶったり、日傘をさす

などを意識して、髪を守るようにすると良いでしょう。

 

紫外線ケアができて、サラサラに仕上がる洗い流さないトリートメントはこちら。

 

お風呂上がりはすぐに髪を乾かす(濡れたままにしない)

髪は「乾燥した状態が刺激に対して一番強い状態」です。

濡れている状態だと引っ張ったり、擦れたり、物理的な刺激に弱くなってしまいます。

また濡れている時はキューティクルが開いているので、毛髪内のたんぱく質やトリートメント成分、ヘアカラーの染料などが流出しやすい状態です。

そういった理由があるので、お風呂上がりなどで濡れている時はそのまま放置せず、できるだけ早く乾かしてあげることが大切です。

 

ちゃんとブローした髪はキューティクルが閉じているので、たんぱく質、トリートメント成分、染料の流出を防ぐことができます。

こういった日々のケアを意識しているとダメージ予防にもなり、ダメージからくる色落ちを抑え、ヘアカラー後のキレイな状態を長続きさせることに繋がります。

 

乾かす際には洗い流さないトリートメントなどでヘアケアをしてあげると、さらに良い状態を保つことができます。

一手間を惜しまずに、日々のケアにワンステップ取り入れてみてください。

洗い流さないトリートメントには紫外線ケアできるものも発売されているので、そういったものを使うと一石二鳥ですね。

それでも色がすぐ落ちる場合は、紫シャンプーで「染める」

ヒント、ポイント、コツのイメージ画像

「紫シャンプー」といって、髪を洗いながら色素を補える紫色のシャンプーがあります。

シャンプーなので、もちろん髪のダメージはゼロです。

こういった紫シャンプーを週一回~週二回ぐらいの間隔で使用すると、色落ちする分を追加で染めていけるので、ヘアカラーを長持ちさせることができます。

 

追加で染め続けていれば、色落ち防げるのは当然ですよね。

もうこれは究極です。

 

紫シャンプーは髪のダメージがないので、気になったらそのシャンプーで染めればいいのです。

カラートリートメントを使うといった方法もありますが、そうせずにカラーシャンプーを使用するメリットは、

  • とにかく手間が楽!
  • シャンプーなので全体を均一に染めやすい。
  • 染めるついでにシャンプーできる
  • カラートリートメントより回数が多いのでコスパが良い

などたくさんのメリットがあります。

 

 

この「紫シャンプー」はおしゃれ染めはもちろん、白髪染めの退色防止にも最適ですので、色落ちが気になる人は使ってみてください。

いつもキレイな状態でいれますよ。

市販や美容院の白髪染めがすぐ落ちる際に長持ちさせる方法「まとめ」

白髪染めを長持ちさせる方法は、この3つを意識してみましょう。

  • シャンプーを洗浄力がマイルドなアミノ酸系のヘアカラー用シャンプーに替える。
  • 紫外線ケアができる洗い流さないトリートメントを使用する。
  • 色落ち防止やダメージ予防のために、お風呂上がりはできるだけすぐに髪を乾かす。(乾かす前に洗い流さないトリートメントを付けるとなお良い)

誰でも簡単にできて効果を感じやすので、ぜひ取り入れてみてください。

いつものシャンプータイムがカラーリングに早変わり。

余計な手間を加えなくて良いので、お手入れを続けていきやすいですよ。

 

こういった日々のケアを意識していると、いつでも染めたてのようなキレイな髪でいることができます。

毎日のちょっとした工夫が「あの人いつもキレイね」って思われる秘訣です。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

以上、市販カラーや美容院の白髪染めを長持ちさせる方法

  • ヘアカラー用シャンプー
  • 紫外線ケアができる洗い流さないトリートメント
  • ヘアケアのポイント
  • すぐ落ちる場合の対処法「紫シャンプー」

についてでした。

 

⇒ ヘアケア体験談

⇒ 抜け毛や薄毛に関する体験談

⇒ ヘアカラートラブル体験談

⇒ 白髪染め体験談

⇒ 産前産後のヘアカラー体験談

 

 

関連記事です。

【市販カラーや美容室の白髪染めを長持ちさせる方法】「すぐ落ちる…」と諦める前にヘアカラー用シャンプー、紫シャンプー、洗い流さないトリートメント、紫外線ケアオイルで対策!

 ヘアケアは美容室よりもセルフの方が大切!市販のおすすめをご紹介 ☆スカルプシャンプー/トリートメント/育毛剤/ヘアオイル/カラートリートメント

 くせ毛改善方法&対策グッズ まとめ

 

 ヘアカラートラブルがある際のセルフカラーには「ノンジアミンカラー」、白髪染めなら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がおすすめ

 

 ジアミンアレルギーでもかぶれない美容院の白髪染め。かぶれたら選びたいメニューとは?(セルフ用市販カラーも合わせてご紹介)

 脂漏性皮膚炎/頭皮湿疹/フケかゆみに効く市販シャンプー「カダソン薬用スカルプシャンプー」

 頭皮ケアとハイダメージ毛を集中ケアできるサラサラ系ヘアケア「ラサーナ プレミオール」

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

しっかり染まるのに肌にも優しい「マイナチュレ」 皮膚刺激テストを3つも行い安全性への配慮がピカイチ。植物由来成分たっぷりで染めつつ、スカルプケアも同時にできたりと、トータルバランスが優秀。どれにしようか迷ったらこの1本。

濃いめなら「ダークブラウン」、明るめなら「ブラウン」を。

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<

 

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でも使用する補修成分配合で、髪痩せといったエイジングの悩みを強く意識したカラートリートメント。「白髪を染めつつダメージケアしたい」「ボリュームケアしたい」という方に最適です。

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 返金保証 <<

 

リニューアルし染色力が更にアップした「ルプルプ」

美容成分をたっぷり94%も配合。また粘り成分に育毛効果のある「ガゴメ昆布フコイダン」を低分子化し配合。髪や頭皮をいたわりつつ染められる白髪染めです。

新色が使い勝手良くておすすめ。濃いめなら「モカブラウン」、明るめなら「ベージュブラウン」

>> 46%オフ 送料無料 <<