「ヘアカラー、白髪染め、リタッチ」のイメージ画像

「毛染めでかぶれたらもう白髪染めは諦めないとダメですか?」

「今まで大丈夫だったんですけど、だんだんとかゆみがひどくなり、アレルギーになってしまいました。

「美容院のヘアカラーならまだ染められますか?」

 

カラーアレルギーになってしまうと、ほんと悩んでしまいますよね。

特に白髪がある場合は放置するわけにもいかないので、対処に困ってしまいます。

 

周りのみんながキレイにしてるのに、自分だけ白髪頭なんて最悪ですから・・・。

 

でも美容院なら市販カラーと違って特殊なカラーも取り扱いがあります。

そういったヘアカラーを使えば、また使い方を少し工夫すれば、アレルギーある人でもかぶれない白髪染めができます。

 

そう、今まで諦めてしまっていた白髪染めができます。

それどころかアレルギー対応白髪染めの方が、髪だけでなく体への配慮もできるので、トータルで優しいカラーリングになります

頭皮への刺激もなくなりますので、将来薄くなりがちな髪への配慮も同時に行えますね。

 

窮地が一転し、他の人より良い毛染めができてしまいます。

今回はそんなヘアカラーやカラーリング方法をご紹介します。

カラーアレルギー(ジアミンアレルギー)の原因は?

何が原因でアレルギーになってしまったのか、簡単にご説明します。

ヘアカラーにはジアミン染料という着色剤が入っています。

ほとんどの場合、そのジアミン染料がアレルギーの原因になります。

なぜほとんどのメーカーは、ジアミン染料を使用しているのか?

このジアミン染料は現在のヘアカラーにはなくてはならない存在で、この染料を使用しないとなると、とても不便になってしまうからです。

例えば、

  • 白髪が染められない。
  • トーンダウンできない。
  • 色持ちが悪い。
  • 染めるのに時間がかかる。

などが挙げられます。

 

こういった不便なカラー剤だとお客様には受け入れられないので、せっかく作っても売れません

そのため使い勝手の良い便利なカラー剤(=ジアミン染料配合ヘアカラー)ばかりになってしまいます。

ジアミン染料配合ヘアカラーばかりなので、それにかぶれたらとても困ってしまうことは、先程も述べた通りです。

かぶれたら選びたい美容院の白髪染めメニュー(&セルフカラーする際に最適な市販カラー)

最近はジアミン染料を使用しないヘアカラーも少しずつ増えてきています。

そういったヘアカラーを使えば、かぶれない白髪染めができます。

また特殊なヘアカラーを少し工夫して使用すれば、幅広い白髪染めができます。

ジアミンアレルギー対応の白髪染め(サロンカラー&市販カラー)

ジアミンアレルギーでもかぶれない美容院のメニューは?

■ ヘナカラー

⇒ 天然100% ヘナ&ハーブカラーとは? 化学薬品を一切使用しない無添加ヘナカラー

■ 香草カラー色葉(いろは)

⇒ 香草カラー色葉とは? お肌に優しい化粧品染料配合で短時間でよく染まるヘナカラー

ヘアマニキュア

 

市販カラーでセルフカラーする際に選びたいもの

◆ カラートリートメント

⇒ 髪が傷まないカラートリートメントは白髪染めセルフカラーに最適。ダメージヘアだけでなく敏感肌やジアミンアレルギー対策に ◇ おすすめ商品/使い方/コツ/Q&A/よく染まる方法をご紹介

◆ ヘナカラー

⇒ セルフでヘナ染めする際のおすすめはどれ?高品質ヘナ/使い方/コツ/Q&Aなど

◆ ヘアマニキュア

⇒ 手軽に短時間で染まるヘアマニキュア。ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ商品、準備したい道具、セルフカラーのコツ、Q&Aなど

 

これらは白髪が染められる上に、髪が痛まない白髪染めになります。

こういった白髪染めなら髪のダメージとは無縁、髪もツヤツヤなままいられます。

白髪染めを何度しても髪がキレイなままというのは、想像以上に嬉しいものです。

 

また、自分の好きなタイミング・好きな間隔で染められるので、白髪がない状態をキープすることもできます。

 

しかしながら、これらの白髪染めには「明るく染められない」といった弱点もあります。

 

そういった際に利用したい美容院のメニューは下記の2つ。

■クリアカラー ・・・ 染料不使用、ノンジアミンで明るさをコントロールするシンプルなヘアカラー

■トリートメントカラー ・・・ ジアミンアレルギーでもカラーリングが楽しめる「化粧品染料」を使用するヘアカラー

もちろんジアミンアレルギーがあっても大丈夫です。

 

単品ではおしゃれ染めしかできませんが、先程の香草カラー色葉、天然100% ヘナ&ハーブカラー、ヘアマニキュアなどを組み合わせて二度染めすることで明るい白髪染めが可能になります。

(例)

クリアカラーやトリートメントカラーを使って髪を明るくした後、香草カラー色葉、天然100% ヘナ&ハーブカラー、ヘアマニキュアなどで白髪を染めます。

 ↓

普段のリタッチは、これらの香草カラー色葉、天然100% ヘナ&ハーブカラー、ヘアマニキュアでしておいて、3ヶ月ほど経って根元の暗いところが伸びてきたら、クリアカラーやトリートメントカラーで再度明るくします。

 ↓

こういったサイクルで毛染めを続けていくことで、白髪を染めつつ明るい色にもできます。

 

※セルフで対応したい場合はブリーチで明るくする方法がありますが、ブリーチでキレイに明るくするのは大変難しいので、かぶれないメニューを置いている美容院でしてもらう方が無難です。

実はジアミンアレルギーだと勘違いしている場合も多くある

カラーリングの際に「頭皮がヒリヒリしたり、しみたり、刺激で痛かっても」実はかぶれているわけじゃないこともあります。(脱色剤が原因の場合)

そういう際には、

  • ノンジアミンカラーという美容院専用の白髪染めが使えたり、
  • 従来の白髪染めも工夫すれば使えます。

ノンジアミンカラーで明るい白髪染め(美容院メニュー)

ジアミン染料不使用で明るい白髪染めができるヘアカラーです。

⇒ ノンジアミンカラーとは? アレルギー要因になる「ジアミン染料」不使用のヘアカラー(おしゃれ染め&白髪染めOK)

 

ジアミンアレルギーでない場合は使用することができます。

そうすれば、このヘアカラー1本だけで、二度染めをすることなく明るい白髪染めができます。

とても便利ですね。

従来の白髪染めを使った対処法(サロンカラー&市販カラー両方)

ジアミンアレルギーじゃない場合は、従来の白髪染めを工夫して使うこともできます。

暗い色を選ぶ

頭皮がヒリヒリしたりしみたりするということは、脱色剤のパワーが強いということです。

明るい色は脱色剤を多く配合しているので、少し控えめな色を選んで脱色剤を減らし、低刺激なカラーリングに変更するのも一つの方法です。

頭皮にやさしい白髪染めを選ぶ

頭皮に刺激を与えにくいマイルドな白髪染めを使うのも一つの方法です。

美容院メニューの場合はこういったものがあります。

■香草カラー ・・・ 髪や頭皮に優しい漢方&ハーブの植物性ヘアカラー

■オーガニックカラー ・・・ 約89%が自然由来成分「安心・安全・クオリティー」がコンセプトのハーブカラー

■イチゴカラー ・・・ ダメージレスに特化した「明るい白髪染め」◇ 特許技術!

カラー剤を頭皮につけないように塗る

美容院で塗布してもらう時も、セルフカラーする際も、なるべく地肌につけないように塗布する方がトラブル回避するためには大切です。

⇒ カラー剤を頭皮につけないように塗布する技法(美容院&セルフ両方でおすすめ)

⇒ グラデーションを入れつつ地肌につけない技法(美容院メニュー)

本当にかぶれたのかどうか正確に判断する

白髪染めにかぶれたと思ったらかぶれないヘアカラーを探すのもひとつの方法ですが、その前にまずはそれが本当にジアミンアレルギーなのか的確に判断する必要があります

(ジアミンが原因の場合と、脱色剤が原因の場合では、使用できるヘアカラーが違ってきます。)

  • 皮膚科医のところで診断を受ける。
  • カラーアレルギーに詳しい美容師に相談する。

ヘアカラー後の症状がどういったものなのか正確に判断できた上で、美容師とどういったカラーリングが行えるのか話し合うことが大切です。

自己判断だけに走ってしまうと・・・

安易にアレルギーではないと自分で決めつけて、白髪染めを続けることも危ないですし、

白髪染めの使い方を工夫すればまだまだ続けられるのに、諦めて我慢し続けるのも損してしまいます。

そういった症状や問題に詳しいスペシャリストに相談することをおすすめします。

まとめ

今までの白髪染めでかぶれたら

  • ヘナ
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

などでまだ白髪染めを続けることができます。

美容院だけでなく、市販でセルフカラーする際も上記のものを選べば大丈夫です。

しかし、これらのヘアカラーは「髪が痛まないメリット」と「明るく染められないデメリット」があります。

 

明るい白髪染めをしたい場合は、美容院メニューにはなりますが、

  • クリアカラー
  • トリートメントカラー

などを使って二度染めすると明るくできます。

 

ジアミンアレルギーでなかった場合は、

  • ノンジアミンカラーで明るい白髪染めができます。
  • また従来の白髪染めも工夫しながら続けることもできます。

 

その際、どういった工夫ができるのかというと、

  • 今までよりも暗い色を選ぶ。
  • カラー剤を頭皮につけないように塗る。
  • 頭皮にやさしい白髪染めを選ぶ。

などです。

 

ヘアカラーでトラブルを抱えたら自分で決めてしまわずに、まずは詳しい人に相談することが大切です。

以上、「白髪染めでかぶれたらどう対処するか、かぶれない白髪染めや塗り方」についてでした。

 

 

関連記事です。

⇒ 白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?