パーマ 弱酸性パーマ01

 

パーマは1剤と2剤を使用する方法が一般的です。

2つの種類を使用するので、2浴式と呼ばれます。

1剤と2剤を冷たい状態で使用することから、「コールドパーマ」と呼ばれます。

 

ポイント

1剤の役割は、髪の結びつきを緩ませて、新しく形をつけやすい状態に整えます。

2剤でその形を記憶させ、定着させることができます。

 

1剤と2剤の中間で熱処理を行うと、より強力にパーマをかけることができます。

でもダメージもそれにともない、大きくなるので注意が必要です。

 

簡単に説明するとこれだけなんですね。

 

 

 

その他にもまだいろいろありますが、最近はいろんなタイプのパーマができていますね。

「今のパーマのここが不便!」「もうちょっとここが良くなれば!」って思いで開発されてるんでしょう。

行き着くところは、究極にシンプルなパーマシムテムのような気もしますが、まだまだ進化していくと思うとワクワクしますね。

 

スタジオ・ココがおすすめするのは、髪に優しい「弱酸性パーマ」

 

パーマ・弱酸性パーマのツヤ感

 

弱酸性パーマした後の毛先のツヤ感は、こんな感じです。

ダメージにお悩みの方は、1度お試しくださいね。

 

関連記事です。

オーガニック素材を使用する「オーガニックパーマ」とは?

弱酸性パーマのビフォーアフター

カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!

 

関連記事
白髪染めで黒くなった色を明るくするには? 「黒染めした後にもう1度明るく染めるには?」の記事と同じような悩みですね。 白髪染めで暗くなりすぎてしまった場合も、黒染めと同じ方法で明るくすることができます。   白髪染めの落とし方 白髪染めで暗くなりすぎてしまった場合の対処法としては、基本的にはブリーチで一度不要な染料を取り除...
白髪染めカラートリートメントが染まらない? 一回で染まる上手な使い方! カラートリートメントは髪を痛めることなく白髪染めできたり、またカラーアレルギーの心配を最小限に抑えることができる良い商品です。 通販ショップやドラッグストアなどで簡単に購入できることから、お手軽に使用出るようになりました。 白髪染めカラートリートメントがよく使用されるにつれて、お客様から、 ...
「天然100%タイプのヘナ」の特徴とメリット・デメリット 「ハーブカラーとは?種類やメリット・デメリット、違いについてご説明します」で紹介したハーブカラーの一つ、「化学的なものを一切使用しない、完全に天然ハーブのみのヘアカラー」について、もう少し詳しくご説明します。 ハーブカラーにもいろんな種類があるので、大きく3つに分類してみました。   ...
【Q&A】オーガニックカラーって完全に天然のヘアカラーですか? 最近よくオーガニックという言葉を聞きます。 ロハス志向や健康志向が強くなってきてるんでしょうね。 ヘアカラーにも最近は「オーガニックカラー」というものが出てきています。 オーガニックのものをカラー剤に使用するヘアカラーですね。 とは言っても、完全にオーガニックのもの100%で構成され...
オーガニックカラーとは? 「特徴」や「よくある質問」にお答えします 「オーガニックカラーって、オーガニックだけしか使わないヘアカラーですか?」 実は、そうではないんです。 オーガニックカラーって知ってますか? 最近は健康ブームも相まって、ヘアカラーにもナチュラル志向の波が来ています。たまに仕事中に質問を受けることがあり、その呼び名が少し紛らわしいので、ここでオー...