パーマのセット、カールアイロンの仕上がり

 

今回はちょっと一風変った洗い流さないトリートメント」をご紹介します。

ムースみたいに使えてセット力もあり、なおかつセラミドを高配合で髪内部から潤いを与え、しっとり保湿し広がりを抑えたり、ハリ・コシ・ボリュームアップにも役立つアイテムです。

 

ふんわりサラサラに仕上げたい時は「ミルボン エルジューダ サントリートメン エマルジョン」を使えば良いので

今回はこの商品を使って、

  • パーマやくせ毛のカールを活かす方法
  • くせ毛の広がり、髪のボリュームを抑える方法
  • ハリ・コシが弱い髪質に、根元の立ち上がりを作る方法

などをご紹介します。

ムースの代わりに洗い流さないトリートメントを使用するメリットは、補修・修復効果があり、髪質改善やダメージの広がりを抑えるといったヘアケアができることです。

 

では、まずは「メセナ CHC セラ」とは、どんなものなのか見てみましょう。

洗い流さないトリートメント | メセナ「CHC セラ」の特徴

メセナ CHC セラ

 

  • セラミドを主成分とした洗い流さないトリートメント。
  • キューティクルケア・トリートメント。
  • ボリュームアップ、ボリュームダウン両方に使える。
  • しっとり潤いを与えながらも、ハリ・コシを作る。
  • ハーブ、ホホバ油、コラーゲン配合。
  • ノンシリコン。
  • 無香料。
  • ムースのように使える。
  • ヘアカラーやパーマなどの施術の前処理・後処理剤として使用できる。
  • スタイリング剤で「かゆみ」や「かぶれ」がでる敏感肌の人へも、優しい処方。
  • 頭皮についても大丈夫。

 

CHC セラに期待できる効果

美容成分「セラミド」が髪の潤いを逃さず包み込み、髪にハリ、コシ、ツヤをあたえます。合成界面活性剤、シリコンなどを使用していないので、美容液として安心してお使いいただけます。

美容師様がお客様のブロー前に、CHC セラを使用するようになってから、手荒れが改善されたという声も多数いただいております。

 

CHC セラ シリーズに配合されていハーブ成分

  • ローマカミツレ ・・・ 消炎、収れん、頭皮代謝活性化、抗菌
  • オドリコソウ ・・・ 消炎、収れん
  • ゴボウ ・・・ 血行促進、保湿、収れん
  • セイヨウキズタ ・・・ 血行促進、消炎、収れん、保湿、抗酸化
  • アルニカ ・・・ 血行促進、保湿、抗酸化、収れん、保湿
  • オランダカラシ ・・・ 頭皮代謝活性化、血行促進
  • ニンニク ・・・ 血行促進、抗菌、頭皮代謝活性化、抗酸化
  • ローズマリー ・・・ 消炎、収れん、殺菌、抗酸化
  • マツ ・・・ 消炎、血行促進、保湿、収れん

メセナ CHC セラメーカー資料より

「CHC セラ」でヘアケア&お悩み解決する方法

【使い方1】 パーマをかけた時、くせ毛を活かす時など「カールを出したい時に使う」

お風呂上がりにタオルドライをして、このCHC セラを毛先に揉み込むようにつけてカールを出し、自然乾燥で乾かします。

もしくは、髪の根元や頭皮を先にドライヤーで乾かし、毛先はややウエットの状態で、このCHC セラを揉み込むようにつけてカールを出し、後は自然乾燥で乾かします。

この時、毛先が乾燥しすぎているようなら、軽く手を濡らし、その手で毛先を揉み込んで、ややウエットな状態をつくります。その後、このCHC セラをつけてカールを出して、自然乾燥します。

 

CHC セラをつけた後、デジタルパーマなどで乾かす時のように毛束を手でねじりながら、カールを作ってドライヤーで乾かしてもOKです。

【使い方2】 猫毛・細毛・薄毛などでトップがペタンとしてしまう場合、「根元の立ち上がりを作りたい場合に使う」

ムースを髪の根元につける時のように、CHC セラを髪の根元付近につけます。

髪の根元が立ち上がるように、上の方に軽く引っ張りながら方向付けを行い、その根元へドライヤーの風をあてて乾かします。

CHC セラはノンシリコン セラミドベースのトリートメントなので、頭皮についても大丈夫です。

ムースと違って、頭皮につかないように心配しなくて良いので、気軽に使用できます。

【使い方3】 くせ毛で広がりやすい、髪が多くボリュームが出る、ダメージが大きく「広がりやすい場合に使う」

くせ毛やダメージなどで広がりやすい場合は、ドライヤーで乾かす前に、CHC セラを根元付近から毛先にかけてつけます。

その後、クセを伸ばすように引っ張りながらブローすると、CHC セラがその形状を記憶しながら乾いていくので、クセや広がりを出にくくする効果があります。

(ソフトムースを使ってブローするのと同じような効果)

【使い方4】 ストレートアイロンやコテで「カールをつける時に使う」

ストレートアイロンやコテを使用する前に、アイロンを使用する部分にCHC セラをつけます。

アイロンの熱から髪を守る効果があるのと、乾いた時の形を形状記憶する効果が(ソフトムースにみたいに)あるので、カールを維持する力やストレートを維持する力がアップします。

コスパ最高!「CHC セラ」のお得な使い方を2つご紹介☆自作しちゃおう! 手作り洗い流さないトリートメント

ここでご紹介する方法は一例なので、髪質やダメージ状況など髪の状態に合わせて作ったり、自分の好みに合わせて希釈倍率を変化させても大丈夫です。

【3倍希釈】トリートメント ローションの作り方

「メセナ CHC セラ」を使った手作りトリートメント

 

CHC セラは原液のまま使用しても良いのですが、水道水で3倍ほどに薄めても同じような効果を得られます。

なので、百均などで100mlのポンプ容器を買ってきて、CHC セラ(1倍)に対し、水道水を(2倍)入れて希釈ローションを作ります。

(※水は精製水ではなく、水道水を使用します。塩素で殺菌され、防腐効果があるからです。)

【例】 CHC セラ(30g)+水道水(60ml)=合計(90g)

これを100mlポンプ式容器に入れ、よく振って均一になるように混ぜます。

このローションを、先ほど上でご紹介した使用方法で使います。

【10倍希釈】寝癖直しウォーター、ブロー用、カール付け用、髪の化粧水の作り方

「メセナ CHC セラ」を使った手作りトリートメント02

 

次は水道水で10倍ほどに薄めた化粧水を作ります。

  • 寝癖直しウォーター
  • ブロー用の化粧水
  • パーマをかけた時や、くせ毛のカールを活かしたい時用の、カール付け化粧水

などに最適ですね。

百均などで250mlぐらいのスプレー式容器を買ってきて、CHC セラ(1倍)に対し、水道水(9倍)の割合で希釈し、髪の化粧水を作ります。

【例】 CHC セラ(20g)+水道水(180ml)=合計(200ml)

これを250mlスプレー式容器に入れ、よく振って均一になるように混ぜます。

この化粧水を寝癖直しウォーターとして使用したり、先ほど上でご紹介した使用方法で使います。

まとめ

「CHC セラ」は洗い流さないトリートメントながら、ボリュームアップやボリュームダウンに使えるムースのようなトリートメントです。

しかも希釈して使用すると、

  • 市販のスタイリング剤
  • 洗い流さないトリートメント
  • 寝癖直しウォーター
  • ブローローション

などを買うよりも、はるかにコスパが良くなります。

コスパが良くなった分惜しげもなくたっぷり使えますし、その分だけセラミドが髪に浸透し、しっとり感や潤いがアップすると思います。

この「CHC セラ」は1本持ってると色々使えて便利なので、ぜひどうぞ。

 

 

以上、セット力もある不思議な洗い流さないトリートメント「CHC セラ」についてでした。

 

他にもいろいろ記事を書いていますので、下の「関連記事」に気になる項目があれば、ご一読ください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

関連記事です。

ダメージヘアに超おすすめ!サロンで人気の髪質改善シャンプー。ノンシリコンで頭皮ケアまでできる「ハホニコ ディスデモカ ヘアクレンジング」

ヘアカラー用おすすめシャンプートリートメントはこれだ!色持ちを長持ちさせるアミノ酸系洗浄成分&ヘマチン配合の「ナプラ ケアテクト HB カラーシャンプー&トリートメント S」

30代・40代・50代におすすめサロントリートメント!ふんわりさらさらに仕上がる「デミ コンポジオ CMCリペア トリートメント」

【ノンシリコン天然系洗い流さないトリートメント】ボディクリームとしても使用可、敏感肌の人におすすめ「デミ ヒトヨニ リラクシング クリームケア」

オーガニック・ホホバオイルはいろいろ使えて超便利!ヘアケアスキンケア頭皮ケア・クレンジング手作りトリートメント