最近は多くのお客様がリンスやコンディショナーではなく、トリートメントを使う割合が増えましたね。

髪が傷むから、ダメージが気になるから、でしょう。

 

髪が傷む ⇒ トリートメントでヘアケア

の流れですね。

 

ヘアケアすること自体は間違いではありませんが、髪が傷んでしまってからトリートメントするよりも、髪の傷みをこれ以上広げないように、トリートメントして欲しいです。

 

なので、正解は、、、

 

髪の傷みを広げないように、トリートメント!

ですね。(^o^)

 

髪がいったん傷むと、トリートメントでは直せません。

正しく言うと、一時的にはトリートメントで直すことができますが、やがてまた元通りの髪へと戻り、傷みが気になるということです。

 

なので『髪が傷む ⇒ トリートメント』のやり方では、

お手入れに時間もかかるし、お金もかかる。。。

その割には、効果があまり感じられない。。。

という負のスパイラルに陥ります。(ノДT)

 

なので、一番良いのは、髪を傷めない!

もし傷みがあるなら、これ以上ダメージを広げない!

ということが重要になってきます。

 

こういうヘアケアをすることで、髪のお手入れの時間を減らすことができ、でも、傷みのある髪よりもキレイに仕上がります。

髪のツヤもヘアスタイルの持ちもGOODです。

 

スタジオ・ココでは、トリートメントをあまりすすめません。

というか、全然すすめません。

 

むしろ、買わないで、頼まないでって、言ってます。(笑)

 

  • カラーの後にするトリートメント
  • シャンプーの後にするトリートメント

両方です。

 

髪の傷みの大きな原因となる、カラー、パーマ、ストレートパーマなどにものすごく気を配って施術しています。

そうすることで、施術で髪が傷むことが少なくなります。

髪の傷みがないと、トリートメントも必要なくなりますね。

 

スタジオ・ココはカラーパーマストレートパーマといった施術に自信がありますので、トリートメントする必要がないと言い切ります。

トリートメントをおすすめすることも、ありません。

 

カラーやパーマの時に、『一緒にトリートメントはいかがですか?』って聞かれる場合、一度担当美容師さんに訪ねてみては?

『トリートメントしないと、このカラーは傷むんですか?』ってね。

 

たぶん相手は、ビックリしますから。(汗)

私が言われても、ビックリします。(笑)

 

関連記事