黒髪女性のイメージ画像

カラートリートメントで黒染めするなら、おしゃれ染め用・白髪染め用問わず、「しっかり染まるタイプ」を選ぶ

  • 髪がだんだん明るくなってきたので、いったん暗くしたい。
  • 髪色を一度リセットし、黒くしたい。だけどまた明るくするかもしれない。
  • 就活、もしくはインターンで黒染めしないといけないが、期間中だけ黒くなればいい。
  • 一時的に黒髪にできるものを探している。
  • 黒染めしても髪が傷まないものを探している。

ヘアカラーしていると、いったん髪色をリセットしたい時ありませんか?

そんな時に役立つのが「黒色のカラートリートメント」です。

 

カラートリートメントは髪を傷めないので、黒染めでダメージが悪化することがありません。

一般的には永久染毛剤であるアルカリカラー剤の黒染めを使用しますが、これは髪のダメージが伴う黒染めになります。

暗くすればいいだけなのに、明るく染める際に使う「脱色剤」も使用しているからです。

黒髪を長期的に維持したい場合は永久染毛剤の方が良いですが、髪のダメージが大きいので最終手段に取っておきましょう。

 

今回は「どういったケースでカラートリートメントの黒染めがおすすめなのか?」

その際に「どのカラートリートメントを使えば一番効率よく染められるのか?」などをご紹介します。

目次

「黒色/ブラック」カラートリートメントを使った黒染めのメリット

ヒント、コツ、ポイント

  • 黒染めしても髪が傷まない
  • ジアミンアレルギーやかぶれといった肌トラブルを起こしにくい
  • カラーリングが簡単
  • ムラムラになっても修正しやすい
  • 一時的/短期的な黒染めに最適
  • 少し日数が経てば明るく染め直しもできる

カラートリートメントで黒染めしても「髪が傷まない」

カラートリートメントはその名の通り「カラーリングができるトリートメント」です。

髪をダメージさせてしまう脱色剤を使用しないので、カラーリングで髪が傷みません。

今回のケースのように「明るい髪を暗く染める場合に適したヘアカラー」といえます。

カラートリートメントは「ジアミン染料不使用」なので かぶれにくい

ヘアカラーでかぶれやアレルギー症状を引き起こすのは「ジアミン染料」です。

カラートリートメントはジアミン染料を使用せず、その代わりに化粧品染料である「HC染料&塩基性染料」を使用します。

この化粧品染料はアレルギーやかぶれといった肌トラブルになりにくく、安全性が高い染料になります。

カラートリートメントでの黒染めはカラーリングが簡単

今回のような明るい髪色から黒染めするケースでは、髪が傷まない&肌トラブルを引き起こしにくいカラートリートメントを使うのが簡単です。

カラートリートメントで黒染めする手順

  • カラートリートメントを手に取り、頭皮についても大丈夫なので、髪にたっぷり塗りたくります。
  • コームで一旦とかして、髪に満遍なくカラー剤がつくようにします。
  • 髪を束ねてその上からラップをし、上から押さえつけて空気を抜くように密着させます。
  • しっかりと放置時間をとります。(長めの放置時間がポイント)

カラートリートメントでしっかり染めるコツ

  • 髪と頭皮を密着させて、「染めたい部分がカラー剤に浸されているような状態」にすることがポイントです。
  • 放置時間は長ければ長いほどしっかり染まり、色持ちも長続きするようになります。

ムラムラに仕上がったとしても修正しやすい(染め直しOK)

カラートリートメントは髪が傷まないですし、もともと毎日使用しても良い仕様になっています。

なのでもし仮にムラムラに仕上がったとしても、もう一度染め直しすれば良いだけです。

染め直しで髪がダメージすることもありませんし、連続使用してもかぶれたりアレルギーになったりという肌トラブルもありません。

カラートリートメントを使った黒染めは一時的/短期間の髪色戻しに最適

カラートリートメントのメリットでもありデメリットにもなりますが、「カラートリートメントはシャンプーするたびに色落ちするヘアカラー」です。

就活やインターンの時期など短期間の間だけ黒髪に戻したい場合などに最適です。

 

もし完全に黒髪に戻してしまう場合には、「ジアミン染料を使用した永久染毛剤の黒染め」をする方が適しています。(肌トラブルリスク有り)

以下の永久染毛剤は泡タイプで染めやすく、ジアミン染料配合なので黒染め効果も長持ちです。(脱色剤不使用で髪も傷まない)

黒髪にするならソフトブラック、自然な黒髪にしたいならダークブラウンを選択。使い方は下記参照

カラートリートメントの黒染めなら、日数が経てば、再び茶髪といった明るく染め直しもできる

カラートリートメントはシャンプーするたびに少しずつ色落ちしていくものなので、黒染めのようにかなり暗く染まった場合でも、毎日シャンプーしていけば少しずつ色落ちして、徐々に明るくなります。

カラートリートメントの色落ちが進んだ状況を見計らって、おしゃれ染めや明るい白髪染めをすれば、もう一度明るい髪色にすることもできます。

 

カラートリートメントで黒染めする際の注意点

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

  • 一回で真っ黒にするのは難しい
  • シャンプーする度に徐々に色落ちする
  • カラートリートメント「直後」に明るく染め直しはできない
  • 明るく染め直す際にはカラートリートメントの残留色素がある

一回のカラーリングで真っ黒にするのは難しい

カラートリートメントはもともと染まりにくいものですし、毎日の使用で少しずつ染めていくように設計されているヘアカラーです。

これを黒染めに応用する際には、メーカーがよく紹介している方法「お風呂で塗って短時間で洗い流す」だけでは、思ったようには染まりません。

「乾いた髪にたっぷり塗って長時間おく」必要があります。※カラートリートメントでの黒染め方法は下記参照

 

カラートリートメントは時間をおけばおくほどしっかり染まりますので、例えば2時間ほど放置時間をとれば、かなり暗く染めることができます。(色持ちもかなり良くなります)

染め方が不慣れな場合や染まりにくい髪質の場合など、一回で真っ黒にまで染めるのは難しい場合もあるかもしれません。

そういった場合にはあまり日を開けずに同じやり方でもう一度染めると、もっと暗く染めることができます。

 

一回で黒染めを完了させると思わずに、2回3回染めるつもりで使うことをおすすめします。

シャンプーするたびに徐々に色落ちする

カラートリートメントはシャンプーするたびに色落ちするヘアカラーです。

しっかり黒染めした場合でも、「だんだんと明るく戻っていく」と理解しておきましょう。

 

どれぐらい色持ちするのかは、どれぐらいしっかり染めたのかによります。

しっかりと長時間置いて染めた場合はかなり色持ちさせることもできます。

 

この徐々に色落ちしていく性質は、逆にいうとメリットにもなります。

短期間だけ黒染めしたい場合などには、髪を傷めずに髪色戻しできるので、ケースバイケースで使い分けると良いでしょう。

  • 【永久染毛剤での黒染め】 長期間しっかりと色持ちさせたい場合に。
  • 【カラートリートメントでの黒染め】 短期間だけ髪色戻ししたい場合や、明るい髪色を少し抑えたい場合などに。

カラートリートメント直後に明るく染め直しはできない

カラートリートメントに使用されている化粧品染料は、ジアミン染料と違ってブリーチなどで取り除くことができません。

したがってカラートリートメントで染めた直後に「明るく染め直したい」と思った場合でも、すぐに元の色に戻すことはできないことを知っておいてください。

ある程度日数が経ってシャンプーで色落ちしてから、そういったヘアカラーを使うようにしましょう。

明るく染め直す際にはカラートリートメントの残留色素がある

日数が経ってカラートリートメントがある程度落ちた状態でも、完全に色素がなくなっているわけではありません。

明るく染める際にもそれらの色が残ることがあります。

ですが、黒色のカラートリートメントならアッシュっぽく仕上がるし、ダークブラウンのカラートリートメントなら茶色系の色なら問題なくできると思います。

 

黒色/ブラックの市販カラートリートメントはどれがおすすめ?(男性女性兼用)

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

カラートリートメントで黒染めする際には「しっかり染まるタイプ」を選ぶことが大切です。

以下に紹介するカラートリートメントは、他と比較してもよく染まるタイプになっています。

カラートリートメントで黒染めする際には、この中から選ぶことをおすすめします。

売上日本一 無添加で髪と肌に優しい「利尻ヘアカラートリートメント」

利尻ヘアカラートリートメント

<Sasttyより>

ヘアカラートリートメント売上日本一のブランド。累計本数 2400万本というとてつもない本数を販売しています。

「利尻」といえば誰でも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。まわりに使っている人きっといると思います。

売れ続けている製品で、リピーターが多いことには安心感があります。

 

ポイントはしっかり染まるのに無添加処方にもこだわりっていて、髪にも頭皮にも負担をかけない仕様となっています。

名前の由来でもある「利尻昆布」をたっぷり使用していて、その独特の粘り成分がうるおいや保湿に役立ちます。(髪と頭皮への美容成分)

明るいヘアカラーで傷んだ髪をいたわりつつ黒染めできるヘアカラートリートメントです。

黒染めに使用する際は長めの放置時間をとることになりますが、安心して時間を置けるヘアカラートリートメントですね。

 

色の配色も「ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン」と4色もあるので、どれぐらいトーンダウンしたいのかに合わせて選べることもポイントです。

 

利尻ヘアカラートリートメント 最安値 購入先

利尻ヘアカラートリートメント

>> 1,000円 オフ <<
利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト

⇒ 黒髪に近い色に染めたい場合は「ブラック」、黒すぎない自然な色に染めたい場合は「ダークブラウン」を。

 

短時間でもしっかり染まる「ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント」

ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

<アートネイチャーより

放置時間が短くてもしっかり染まるカラートリートメント。

髪と頭皮で有名な「アートネイチャー」が開発した白髪染めカラートリートメントです。

ブランド的にも安心感があります。

 

一番のポイントは「放置時間が短いのにしっかり染まる」ことです。

「早く染まる」「よく染まる」というのは、カラーリングのストレスをずいぶん軽減してくれます。

(でも黒染めに使用する場合は、放置時間を30分以上、できれば1時間以上をおすすめします。かなり黒くできますよ。)

 

頭皮ケア成分配合で、敏感肌の方にも低刺激なカラートリートメントとなっています。

保湿成分がたっぷりと配合してあるので、ダメージしてパサツキやすい人に最適です。(髪だけでなく頭皮にも)

 

ラボモ スカルプアロマ 最安値 購入先

ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

>> 20%オフ <<
ラボモ 公式サイト/span>

⇒ 黒髪に近い色に染めたい場合は「ブラック」、黒すぎない自然な色に染めたい場合は「ダークブラウン」を。

 

メンズ用で濃いめの配色「スカルプD ヘアカラーコンディショナー」

スカルプシャンプーで有名な「スカルプD」から発売されているメンズ用カラートリートメント

一応男性用にはなってますが、女性でも問題なく使えます。

ユーカリミントを配合しているので、頭皮につけるとスッキリ清涼感を味わえます(笑)

 

お風呂が苦手なメンズでも素早く染められるように、「5分で染まる 早染め処方」になっています。

とはいってもしっかり黒染めしたい場合には、やはり「乾いた髪に塗って長時間置く」のがおすすめです。

他のカラートリートメントでもよくある無添加処方&美容成分入りなので、スペックとしては問題なしです。

お肌が弱い方でも安心して黒染めすることができますよ。

 

カラートリートメントでしっかり黒染めしたい場合のやり方

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

カラートリートメントの基本的な使用方法は、お風呂でシャンプーした後にカラートリートメントをつけて5分~10分置いて流すというものです。

ですがこのやり方では「薄染まりになる」ので、思ったように黒染めできないと思います。

黒染めにカラートリートメントを使用する際は、従来のヘアカラーと同じように乾いた髪に塗布します。

 

その際に大事なポイントは3つ。

  • たっぷり塗布する
  • ラップをして上から押さえつける
  • 長時間おく(推奨2時間以上)

できるなら先にシャンプーしておいて、タオルで頭を拭いた状態のややウェットな状態にカラーリングする方が塗りやすいので、余裕がある人は前準備としてそのようにしてください。

 

カラートリートメントを手の平に取り、頭皮についても大丈夫なので根元からたっぷりと塗りたくります。

髪全体にカラー剤がついたら一度コームやブラシで髪をとかして、カラー剤をまんべんなく馴染ませます。

その後髪をまとめてラップをして、髪が頭皮から浮かないように(空気を抜くように)ラップの上から押さえつけます。

カラー剤が髪にしっかりつくように、「密着させること」がポイントです。

 

放置時間は最低でも1時間、できれば2時間はおきたいところです。

余裕があれば3時間以上置いてOKです。

カラートリートメントを洗い流す際は、通常通りにシャンプー&トリートメントをしてください。

 

完全に黒髪に戻す場合、黒染め効果を持続させたい場合は「永久染毛剤」がおすすめ

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

カラートリートメントはシャンプーの度に色落ちするので、短期間の黒染めには向きますが、「黒髪に戻してカラーリングを辞めてしまいたいケース」などの長期的に黒髪に戻したい場合には、色持ちの良いヘアカラーを使う必要があります。

そういった際は「ジアミン染料を配合している永久染毛剤がおすすめ」です。(いわゆる一般的な黒染め)

 

 

こういった黒染めが一般的ですが、市販の黒染めにはほとんどと言っていいほど、ジアミン染料だけでなく「脱色剤」も含まれています。

黒染めする際には脱色剤は不要。髪に余計なダメージを与えてしまうので、「脱色剤不使用の黒染め永久染毛剤」がおすすめです。

 

 

こちらの商品は脱色剤不使用で、ジアミン染料を使用しているヘアカラーです。

なので一回のカラーリングでしっかり染まり、髪が傷むこともありません。

泡タイプで塗りやすいというメリットもあります。

泡タイプは全体を染める場合にとても楽なので、黒染めする際には重宝すると思いますよ。

 

ただクリームタイプのヘアカラーと比べると、泡なので色落ちが早いというデメリットがあります。

一度カラーリングして色落ちしてきたら、2回目のカラーリング、3回目のカラーリングと何度かこれを使って黒染めする度に色持ちも良くなります。

脱色剤を使っていないので、髪のダメージを心配する必要はありません。

期間をあけて3回ほどカラーリングするとかなり色持ち良くなると思うので、完全に黒髪に戻してしまいたい場合などはこういったジアミン染料配合の永久染毛剤を使いましょう。

 

しっかり染めるためのポイントをここにご紹介します。

  • たっぷり塗布する
  • コーミングして髪全体にしっかり馴染ませる
  • ラップをして保温&乾燥させないようにする
  • 放置時間は所定時間よりやや長めにする

ジアミン染料配合なので長時間おきすぎも肌トラブルの原因になります。5分~10分ぐらいにしておきましょう。

 

茶髪から黒染めできる(黒色/ブラック)カラートリートメント「まとめ」

まとめのイメージ画像

黒染めする際に「カラートリートメントで代用する」のはおすすめです。

  • 黒染めしても髪が傷まない
  • ジアミンアレルギーやかぶれといった肌トラブルを起こしにくい
  • カラーリングが簡単
  • ムラムラになっても修正しやすい
  • 一時的/短期的な黒染めに最適
  • 少し日数が経てば明るく染め直しもできる

といったメリットがあるからです。

 

しかしカラートリートメントはシャンプーのたびに色落ちするものなので、長期的に黒髪に戻したい場合などには不向きです。

就活やインターンなどの「短期的な間だけ髪色戻ししたい場合におすすめ」です。

 

カラートリートメントは永久染毛剤(従来の黒染め)と違う特徴がありますので、黒染めに使用する際の注意点をここに上げておきます。

  • 一回で真っ黒にするのは難しい
  • シャンプーするたびに徐々に色落ちする
  • カラートリートメント直後は明るく染め直しはできない
  • 明るく染め直す際はカラートリートメントの残留色素がある

 

<黒染めに適したカラートリートメント>

売上日本一 無添加で髪と肌に優しい「利尻」

利尻ヘアカラートリートメント

>> 1,000円 オフ <<
利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト

短時間でもしっかり染まる「ラボモ」

ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

>> 20%オフ <<
ラボモ 公式サイト/span>

メンズ用で濃いめの配色「スカルプD」

 

<カラートリートメントでしっかり黒染めするための塗り方>

  • 乾いた髪にたっぷり塗布する
  • ラップをして上から押さえつける
  • 長時間おく(推奨1~2時間以上)

ここを特に意識して染めるようにしてください。

 

もし「黒髪に戻してしまいたい」などの長期間黒染めを持続させたい場合は、永久染毛剤を使用することをおすすめします。

 

脱色剤不使用で髪が傷まない永久染毛剤タイプの黒染め

こちらは長時間置くと、肌トラブルになるかもしれないので、放置時間を延長するとしても5分~10分程度に留めておきましょう。

 

一口に黒染めといっても、「どういった用途で黒髪に戻したいのか」によって、ヘアカラーを使い分ける必要があります。

そうすることで不要な髪のダメージを避けることができ、ヘアケアに悩まされることもなくなります。

今回は「一時的や短期的の黒染めに向いているカラートリートメントのご紹介と使い方」についてでした。

 

 

関連記事です。

黒染め後に明るくするにはどうするの?市販カラーを使って黒染め落としをする際の方法を解説「ブリーチ/脱染剤/石けんシャンプー」など

白髪染め失敗しました。暗い色を早く落として明るくしたいので、落とし方教えて!

 自分で黒染めする際に最適なものと方法をご紹介 ◇ 緊急時に短期間だけ暗い色にしたい場合、しっかり黒髪に戻したい場合におすすめなヘアカラー

 髪のダメージゼロで黒染めしたいなら「カラートリートメント」がおすすめ

 ヘアカラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします

 ヘアカラー準備グッズ&おすすめ道具で自宅カラーリングを快適に ☆ カラーリムーバー/クシ・コーム・刷毛・ブラシ/手袋/保護クリーム

 

黒染めや黒染め落としで髪のダメージが進んだ時に使いたい、ヘアケア・アイテム。

 頭皮ケアとハイダメージ毛を集中ケアできるサラサラ系シャンプー&トリートメント「ラサーナ プレミオール」

 くせ毛とダメージヘアに最適なシャンプー&トリートメント&洗い流さないトリートメントで髪質改善「クイーンズバスルーム」

 ヘアケアは美容室よりもセルフが一番!ホームケア時のおすすめをご紹介 ☆ スカルプシャンプー/トリートメント/育毛剤/ヘアオイル/カラートリートメントなど